電子図書館やデジタルリポジトリを生態学のメタファーで語ると?

各生物の複雑で動的な相互作用およびその過程を総合的に見る学問、生態学のメタファーを用い、そのアナロジーで、電子図書館やデジタルリポジトリと呼ばれる各システムを理解しようという試みが、英国情報システム合同委員会(JISC)の研究プロジェクトとして行われています。このほど、その最終報告書が刊行されました。

Robertson, Robert and Mahey, Mahendra and Allinson, Julie (2008) An Ecological Approach To Repository And Service Interactions. Other. UNSPECIFIED.
http://ie-repository.jisc.ac.uk/272/

Main Articles: 'A Bug's Life?: How Metaphors from Ecology Can Articulate the Messy Details of Repository Interactions', Ariadne Issue 57
http://www.ariadne.ac.uk/issue57/robertson-et-al/
(Ariadne誌に掲載された、このプロジェクトを紹介する論考。)

Ecological modelling for repositories: an overview | John's JISCCETIS blog
http://blogs.cetis.ac.uk/johnr/2009/01/20/ecological-modelling-for-repositories-an-overview/

January 20th, 2009付けDigitalKoansの記事
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2009/01/20/final-version-released-an-ecological-approach-to-repository-and-service-interactions/

参考:
リポジトリの生態学的研究(英国)
http://current.ndl.go.jp/node/6143