男の子にもっと本を読んでもらうために-オックスフォード大学出版の“Project X”

英国では、男の子の41%が「読書は退屈だ」と考えているそうで、こうした男の子(9歳以上)にもっと本を読んでもらうためのプロジェクト、その名も“Project X”をオックスフォード出版が開始しました。これは、男の子が好むようなストーリー、キャラクターを配した冒険小説を刊行していくというもので、2,000名の男の子に調査を行って作られました。ただ専門家の中には、男の子たちの受けが良いように3DのCGでイラストが描かれていること、中身が浅薄であることを批判する人もいるようです。

Project X: The Power of Reading
http://www.oup.com/oxed/primary/projectx/index.html

2009 sees the launch of Oxford University Press’ campaign to get boys reading and writing
http://www.oup.com/oxed/pdf/ProjectX_Press_Release.pdf
(プレスリリース)

BBC NEWS | UK | Education | Computer-esque books to lure boys
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/education/7815268.stm

January 12, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2009/01/computer-esque-books-to-lure-boys.html