米国物理学協会の出版部門(AIP Publishing)、著者名変更に関する新たなポリシーを発表

2021年10月12日、米国物理学協会の出版部門(AIP Publishing)は、著者名変更に関する新たなポリシーを発表しました。

AIPの電子コンテンツプラットフォーム“Scitation”上で論文を掲載したことがある著者は、「個人的に、かつ理由を問わず」(privately and for any reason)著者名変更の申請を行うことができる、とあります。

著者からの申請メールを受け取った後、AIP Publishingでは著者名更新、論文の再投稿、サード・パーティーのインデックスサービスへの更新後メタデータの再配信を行います。著者は氏名変更の証明書類を提出する必要はなく、変更に際し共著者等への通知も行われません。

Author name change policy introduced at AIP Publishing(AIP Publishing, 2021/10/12)
https://publishing.aip.org/about/news/author-name-change-policy-introduced-at-aip-publishing/

参考:
E2405 - 学術論文における著者名表記の変更:主に性自認をめぐって
カレントアウェアネス-E No.416 2021.07.08
https://current.ndl.go.jp/e2405