カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


オープンアクセス出版社・PLOS、オープン査読について3年間を振り返る(記事紹介)

2022年6月14日、オープンアクセス出版社・PLOSが、オープン査読について3年間を振り返る記事を掲載しました。

PLOSは、査読について、基本は匿名としつつ、オプトインで、査読が公開される場合に自身の署名を掲載するかを査読者が選択し、論文が受理された後、著者が査読を公開するかどうかを選択するという方式をとっています。記事では、上記の方式におけるオープン査読の状況について2019年5月から2022年の5月にかけての3年間を振り返っています。

PLOSの出版物において、査読の公開が選択された割合は各年ともに40%でした。オプトアウト方式を採用しているEMBO Press社では、95%の査読が公開されている(95%の著者がオプトアウトしなかった)のに比べ低い割合ではあるが、PLOSは出版総数が多いことから、40%の公開であっても、オープン査読の論文の総数には大きく貢献していると述べています。

また、査読者が署名を選択した割合は全体の17%でした。公開割合も署名の割合も、分野やジャーナルによって違いがあることが説明されています。

コンピューティングとデータサービスへのユーザーエクスペリエンスを改善するための図書館の役割(記事紹介)

2022年6月13日、米・Ithaka S+Rは、コンピューティングとデータサービスへのユーザーエクスペリエンスを改善するための図書館の役割についての記事“The Library’s Role in Facilitating Users’ Experiences Navigating Computing and Data Services”を掲載しました。

記事の冒頭では、ビッグデータ手法の普及に対し、大学は研究支援サービスの提供を拡大してきたが、図書館、情報技術担当、研究コンピューティングセンター、学部等多くのユニットが分散化された方法でサービスを開発・提供しており、混乱が生じていると説明されています。

上記を踏まえ、記事では、図書館、情報技術担当、研究イノベーション担当で連携して研究者に対する単一の窓口を設置する研究促進サービス“Research Facilitation Service (RFS)”を試行中の米・ノースカロライナ州立大学のSusan Ivey氏へインタビューを行っています。RFSの発足経緯、課題、人員配置、資金調達、評価指標、今後について、また、RFSにおける図書館の役割について等の質問がなされています。

saveMLAK、「COVID-19の影響による専門図書館の動向調査(2022/06/19)」の結果を発表

2022年6月19日、saveMLAKは、「COVID-19の影響による専門図書館の動向調査(2022/06/19)」の結果を発表しました。

6回目にあたる同調査は、6月11日から6月17日にかけて、日本の専門図書館892館を対象に実施されました。

62館の図書館が休館、675館が開館、13館が廃止、15館が状況を確認できなかったと述べられています。なお、休館している62館のうち、19館は新型コロナウイルス感染症以外の理由で休館していました。発表の中では、休館する図書館の数は大幅に減少し、オンラインコンテンツを公開する機関は引き続き多く見られ、デジタルシフトを進める図書館の活動が増えていると指摘されています。

その他、前回調査からの動きや、新型コロナウイルス感染症対応として各館が行っている取組がまとめられています。

調査のデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。

米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)、全米博物館・図書館サービスメダル2022を発表

2022年6月7日、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、全米博物館・図書館サービスメダル2022の受賞館6館を発表しました。同賞は、市民や家庭、コミュニティの改善に著しい貢献を果たした博物館・図書館を称えて贈られる賞です。

受賞館は以下の通りです。

図書館
・Amistad Research Cente(ルイジアナ州ニューオーリンズ)
・St. Louis County Library(ミズーリ州セントルイス)
・Wilmington Institute Free Library(デラウェア州ウィルミントン)

博物館
・Asheville Art Museum(ノースカロライナ州アシュビル)
・Burke Museum of Natural History and Culture(ワシントン州シアトル)
・Oakland Museum of California(カリフォルニア州オークランド)

欧州連合(EU)理事会、研究における国際協力やオープンサイエンス等に関する政策指針を採択

2022年6月10日、欧州連合理事会(Council of the EU)が、研究・イノベーションにおける国際協力やオープンサイエンス等に関する政策指針(political guideline)を採択したことを発表しました。

発表の中で、研究・イノベーションにおける国際協力については、学術的自由、ジェンダー平等、知的財産権の保護と強化を含む、指針となるべき価値観と原則が定められているとあります。あわせて、研究・イノベーション分野におけるロシアのウクライナへの軍事侵攻の影響に関する声明も採択されています。

オープンサイエンスについては、研究評価システムの改革、学術出版と科学コミュニケーションに関する能力育成、EUの研究成果の認知度を向上させるための多言語主義の推進に取り組むことが定められていると述べています。

その他、研究資金助成プログラム“Horizon Europe”における、気候変動・がんといった課題の解決を目指す“European missions”について、評価の枠組み、市民参加等に関する政策指針も採択されています。

【イベント】路線バスのりつぎ旅第1弾:東浦町と大府市のバスを乗り継いで、貸出冊数日本一に輝いた「おおぶ文化交流の杜」に行ってみよう!(7/27・東浦、大府)

2022年7月27日、愛知県の東浦町と大府市の主催により、「路線バスのりつぎ旅第1弾:東浦町と大府市のバスを乗り継いで、貸出冊数日本一に輝いた「おおぶ文化交流の杜」に行ってみよう!」が開催されます。

東浦町と大府市がそれぞれ運行するコミュニティバスを乗り継いでおおぶ文化交流の杜(大府市)を目指すもので、目的地であるおおぶ文化交流の杜では館内案内、図書利用者カード作成・貸出方法の説明(希望者のみ)等が予定されています。また、イベント当日、同施設では、読み聞かせや人形劇が行われる「図書館子どもまつり」も開催予定とあります。

東浦町内在住か在勤の人が対象で、事前申し込みが必要です(先着15人)。参加は無料ですが、バス運賃がかかります。

英・デジタル保存連合(DPC)、ボーンデジタルのデザイン・建築資料の保存に関するレポート“Preserving Born-Digital Design and Construction Records”を公開

2022年6月6日、英・デジタル保存連合(DPC)が、ボーンデジタルのデザイン・建築資料の保存に関するレポート“Preserving Born-Digital Design and Construction Records”を公開したと発表しました。

発表の中では、アーカイブの専門家、デザイナー、施設管理者を支援することを目的としており、デザイン・建設・施設維持の過程で作成される幅広いボーンデジタルのデザイン・建築関係の記録における、技術的・文化的要素に関するアプローチを提供するとあります。ボーンデジタル・デザインの歴史、主な取組、ケーススタディ、最近の活動や研究、参考資料等がまとめられています。

同レポートは、DPCの出版物“Technology Watch”シリーズのうち、特定のコンテンツやデータタイプに関する詳細なレファレンスガイドを提供する“Technology Watch Reports”シリーズに分類されています。

米・メトロポリタン美術館(MET)、同館スタッフの作品展示を初めて一般に公開

2022年6月6日から6月19日にかけて、米・メトロポリタン美術館(MET)において、同館スタッフの作品展示が初めて一般に公開されています。

METでは1935年から同館で働くスタッフの作品展示を定期的に開催してきましたが、今回初めて一般に公開されました。警備員、技術者、ライブラリアン、ボランティア等を含む同館スタッフによる絵画、写真から彫刻、デジタルメディアに至る幅広い芸術表現が展示されているとあります。

@metmuseum(Twitter, 2022/6/11)
https://twitter.com/metmuseum/status/1535307715035246593

文部科学省、令和4年版科学技術・イノベーション白書を公表

2022年6月14日付で、文部科学省が「令和4年版 科学技術・イノベーション白書」を公表しました。

概要によると、本白書は、科学技術・イノベーション基本法に基づき、政府が科学技術・イノベーション創出の振興に関して講じた施策を報告するもので、年ごとの話題を特集する第1部と、年次報告である第2部の二部構成となっています。

第1部「我が国の研究力~科学技術立国の実現~」では、論文指標、研究時間、研究人材、研究開発費、国際頭脳循環、特許等に関するデータから、日本の研究力の現状と課題を分析しています。その ほか、研究力を支える人材育成・研究環境整備として、大学ファンド、総合振興パッケージ等の大学の研究力強化に向けた新たな事業、博士後期課程学生を含む若手研究者支援等の研究人材に関する施策の強化等の取組を紹介しています。

新着情報(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
※令和4年6月14日欄に「令和4年版 科学技術・イノベーション白書」とあります。

米・Ithaka S+R、北米の学術図書館におけるストリーミングメディアへの対応に関する調査結果を公開

2022年6月9日、米・Ithaka S+Rが、北米の学術図書館におけるストリーミングメディアへの対応に関する調査結果“Streaming Media Licensing and Purchasing Practices at Academic Libraries”を公開しました。大学においてストリーミングメディアへの学生や教員の需要が高まっていることを背景に実施された調査です。

ストリーミングメディアについて、提供しているベンダーや、購読モデル、ライセンス、予算を調査しています。また、図書館自身による物理メディアのデジタル化についても調査しています。北米の4年制の大学の図書館でコレクション管理・開発を担当する1,493人に対し依頼を行い、米国297件、カナダ12件、計309件の回答を得ています。

調査結果に対する洞察として、教育への影響がライセンス購入・更新に関する意思決定を促す最大の要因となっていること、図書館の教材予算の中で占める割合が増加しており、今後5年間で倍増すると予測されること、図書館はVHSテープやDVDのデジタル化には大きな投資をしていないこと、米国とカナダにおいて同様のアプローチが取られているが、パンデミックにおいてその対応に違いが生じたこと、等が述べられています。

ページ