カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


東京大学経済学図書館・経済学部資料室、デジタルアーカイブ化とアーキビスト教育・育成を目的とした基金を設置

2022年6月16日、東京大学経済学図書館・経済学部資料室が、「経済学部資料室支援プロジェクト 〜貴重な資料を次世代に〜」を東京大学基金において開設したことを公表しました。デジタルアーカイブ化や歴史資料の収集・保管を担う専門職であるアーキビストの教育・育成の基盤構築のためのプロジェクトです。

同館は、特に民間の資料は公的保存機関が無く、また、資料の特性上も長期的保存が困難であること、歴史資料をデジタルアーカイブ化することで、資料の破損・劣化防止、より多くの人への共有ができること等を説明しています。

また、アーキビストの育成に関して、背景として、アーキビストには資格が無いこと、専門知識の無い一般職員が資料の収集・保存をしているケースが多いこと、公文書や行政資料に関する制度は整えられつつある一方、企業等民間の資料に関する制度の整備は遅れていること等を述べています。

【ご寄付のお願い】経済学部資料室支援プロジェクト 〜貴重な資料を次世代に〜(東京大学経済学図書館・経済学部資料室, 2022/6/16)
http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=13767

米・NASIG、デジタル保存のポリシーを公開

2022年6月15日、NASIG(前・北米逐次刊行物研究グループ)の“Digital Preservation Committee”が、NASIGのデジタル保存モデルに沿ったポリシーを公開しました。

出版者が学術情報の保存に対する自身の取組を評価し、成長させ、公表できるようにするために設計されたものです。デジタル保存に関して、最初のステップを特定し実行するためのアドバイスや、より高度な選択肢や取組、専門的な経験を共有し洗練させるための機会について、記載されています。

同ポリシーはLibrary Publishing Coalitionや学術出版協会(Society for Scholarly Publishing)との非公式な協力により作成されたと説明されています。

米・Ford Motor Company、写真や製品パンフレットのデータベースを公開:1903年から2003年までの資料5,000件以上を提供

2022年6月16日、米国の自動車メーカーFord Motor Companyが、写真や製品パンフレットのデータベース“Ford Heritage Vault”を公開したと発表しました。

発表によると、1903年から2003年にかけてのFordとLincolnの自動車の写真、製品パンフレット等5,000件以上が提供されており、私的利用のために無料でダウンロードが可能です。

また、公開に先立って、米・ウェイン州立大学の図書館情報学プログラムの大学院生とのパイロットを実施したこと、アクセシビリティへの対応を行っていること、今後もデータベースの拡張・更新を行う予定であること等が述べられています。

米・ブラウン大学図書館、ボーンデジタルの単行書に関するサミットのレポートを公開

2022年6月17日、米国のブラウン大学図書館が、ボーンデジタルの単行書に関するサミットのレポート“Multimodal Digital Publications: Content, Collaboration, Community”を公開したと発表しました。

同サミットは、2021年春に同館と米・エモリー大学が、図書館や人文科学センターで実施されている職員主導の新たな学術出版の形態の調査を目的に開催しました。レポートでは、デジタル学術出版の概観、8つの事例紹介、公平性・多様性・社会正義をはじめとした課題に取り組むための包括的・アクセス可能なデジタル学術出版の取組等がまとめられています。

Brown Library, Together with Emory University, Releases Report on Digital Scholarly Publishing(Brown University, 2022/6/17)
https://blogs.brown.edu/libnews/report-on-digital-publishing/

Clarivate社、OCLCによる起訴に関する声明を公開

2022年6月17日、Clarivate社は、OCLCが同社とその子会社のClarivate Analytics社、Ex Libris社、ProQuest社を起訴したことに関する声明を公開しました。

声明の中では、図書館により作成・所有されているメタデータのための、無料かつオープンコミュニティのプラットフォーム構築に対する今回の起訴を残念に思うと述べられています。その他、訴訟にはメリットがないと考えており、同社の立場を弁護していくとしています。

Clarivate statement on OCLC lawsuit(Clarivate, 2022/6/17)
https://clarivate.com/news/clarivate-statement-on-oclc-lawsuit/

カナダ研究知識ネットワーク(CRKN)、ジャーナルへの永続的アクセスに関するプロジェクト“Perpetual Access Rights Tracking Project”の開始を発表

2022年6月16日、カナダ研究知識ネットワーク(CRKN)が、ジャーナルへの永続的アクセスに関するプロジェクト“Perpetual Access Rights Tracking Project”の開始を発表しました。

同プロジェクトは、CRKNの参加機関に、ジャーナルへの永続的アクセス権に関する正確かつ検証済みのレポートを提供するものであり、11の主要な出版社とCRKNのライセンス契約を対象としているとあります。プロジェクトのページでは、概要に関する資料やガイド、ユーザが独自のレポートを作成するためのテンプレート等も公開されています。

CRKN Launches Perpetual Access Rights Tracking Project(CRKN, 2022/6/16)
https://www.crkn-rcdr.ca/en/crkn-launches-perpetual-access-rights-tracking-project

三重短期大学附属図書館、「『たね』の図書館」を実施

2022年6月20日、三重県の津市が、三重短期大学附属図書館の「『たね』の図書館」の実施に関する報道資料を掲載しました。

図書館利用者にひまわり、コスモス、ルッコラなどの植物の種を貸し出し、栽培後に採取した種を返却してもらい次年度に新たな利用者に貸し出す、利用者参加型の取組とあります。また、植物を育てることにより、環境問題に関心を持ってもらうことを目的としているとあります。

対象者は同学の学生と教職員で、種の貸出期間は6月20日から7月15日まで、返却期間は2023年1月31日です。

報道発表資料(津市)
https://www.info.city.tsu.mie.jp/www/index.html
※2022年6月20日付の報道発表資料に「三重短期大学附属図書館「『たね』の図書館」実施について」とあります。

韓国・国立障害者図書館、公共機関等で発行した電子出版物のEPUB3.0化を支援

2022年5月26日付で、韓国・国立障害者図書館が、「2022年図書館資料(電子出版物)アクセシビリティ支援事業」の参加機関募集を開始したことを発表しました。

発表によると、国の機関、公共機関、大学等で発行した電子ファイル形態の公的な刊行物、学術資料を、障害者がアクセスしやすい電子出版国際標準フォーマットであるEPUB3.0に変換し、それを提供し、共同で活用することとされています。

なお、韓国では、2022年5月13日に、国家規格として「読書障害者のための電子書籍アクセシビリティ : 第1部 著作指針」(KS X 6201-1)が制定されています。

공지사항(国立障害者図書館)
https://www.nld.go.kr/ableFront/notice_board/list.jsp
※2022年5月26日付で「2022년 도서관자료(전자출판물) 접근성 지원사업 참여기관 모집공고」と掲載されています。

アラブ首長国連邦・ドバイのムハンマド・ビン・ラシド図書館がオープン:本を開いたような外観

2022年6月16日、アラブ首長国連邦・ドバイのムハンマド・ビン・ラシド図書館(Mohammed Bin Rashid Library:MBRL)が一般向けにオープンしました。

同館は一見すると本を開いたような構造になっています。これはコーランを置くための伝統的な木製の台(rehl)を模してデザインされたものとあります。

知識への情熱を刺激し、若い世代が学び、成長し、未来を形作るよう促すことが同館の使命であるとし、ドバイの文化・文学の中心地としての役割を強化し、読書、研究、創作、アラビア語文学作品の出版を積極的に奨励することによって、これを実現するとしています。

7階建ての同館は、一般図書館、ヤングアダルト図書館、子ども図書館、情報センター、地図図書館等の10の主要な図書館コレクションで構成されています。

2022年6月14日付け Siasat Daily誌のオンライン英語版の記事によると、同館は100万冊以上の書籍と600万冊の研究論文の他に、約7万3,000点の楽譜、7万5,000点のビデオ、5,000誌以上の歴史的な紙およびデジタルの雑誌等を所蔵しているとあります。

全国文学館協議会、ウェブサイトを公開

2022年6月15日、全国文学館協議会がTwitterにてウェブサイトの公開を発表しました。

発表によると、全国106館の会員館の情報、各館の資料検索ページのリンク集、ミュージアムグッズ・刊行物販売ページのリンク集を掲載しています。

@zenbunkyo(Twitter, 2022/6/15)
https://twitter.com/zenbunkyo/status/1536886150903697409

全国文学館協議会
https://zenbunkyo.com/

参考:
全国文学館協議会、第10回(2021年度)共同展示「3.11 文学館からのメッセージ」を全国の31の文学館で開催
Posted 2022年2月18日
https://current.ndl.go.jp/node/45663

ページ