カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


オーストラリアの図書館、OCLCにデータ提供

オーストラリア国立図書館および同館の総合目録事業に参加する800の図書館のデータが、OCLCに提供されることになりました。各館がOCLCのサービスを利用できるようにもなりました。Australian libraries get access to global library catalogue - National Library of Australiahttp://www.nla.gov.au/pressrel/media-release-110507.html

男子生徒をもっと図書館に!(英国)

英国教育技能省(DfES)は5月16日、学校図書館協会(SLA)と協力して、11歳〜14歳の男子生徒が女子生徒よりも読書をしない傾向を改善すべく各学校図書館に20冊の男子生徒向け図書を無償配布し、男子生徒の読書を推進するキャンペーン“Boys Into Books”を発表しました。20冊の本は、各学校図書館…

文化庁、著作権セミナーの実施要項を発表

文化庁が、著作権セミナーの実施要項を発表しています。平成19年度著作権セミナー - 文化庁http://www.bunka.go.jp/chosakuken/seminar/19_chosaku_seminar.html

2006年からのRUSQの変革に関する進捗報告

米国図書館協会(ALA)のレファレンス及び利用者サービスに関する査読誌RUSQ(Reference & User Services Quarterly)は、2006年からウェブ上でフルテキストをPDF及びHTMLフォーマットで公開し始めたほか、旧来の冊子体についても、デザインの変更、新しいコラム(「Accidental Technologist」、「Management」等)の追…

ユーザ・エクスペリエンスを評価する

Intel Technology Journal(2007年2月号)に掲載されたユーザ・エクスペリエンスの質の評価に関する記事について、“Designing Better Libraries”(DBL)でコメントされています。なお、DBLは、テンプル大学図書館のSteven Bell氏らが協同で運営している、より良い図書館をデザインすることを目指すブログです…

本に書かれた題辞を集める企画

本に記された題辞(inscription)を集めたウェブサイトを構築する企画が、LISNewsで紹介されています。The Book Inscriptions Projectウェブサイトhttp://bookinscriptions.com/books/紹介(LISNews)http://lisnews.org/articles/07/05/13/1738231.shtml

PubMed Central医学雑誌バックナンバー電子化事業の経過

米国国立医学図書館(NLM)のNLM Technical Bulletin 355 (2007 MARCH–APRIL)に、英国情報システム合同委員会(JISC)やウェルカム・トラスト(Wellcome Trust)の助成を受けて進められている医学関係ジャーナルのバック・ナンバーをデジタル化しPubMed Centralに収録する事業の経過が報告されています。それ…

愛媛県立図書館で「図書館が四国を救う!?」開催

経済産業省四国経済産業局と愛媛県立図書館は、ビジネス支援セミナー「図書館が四国を救う!?」を5月22日に開催するとのことです。ビジネス支援セミナー「図書館が四国を救う!? 〜自治体の商工部門と図書館の連携による地域経済活性化を考える〜」の開催についてhttp://www.shikoku.meti.go.jp/soshik

NII、機関リポジトリポータル“JuNii+”を試験公開

国立情報学研究所(NII)が、全国の大学、研究機関が公開している機関リポジトリに収録されているコンテンツを統合検索できるポータルサイト“JuNii+”を試験公開しています。JuNii+ 機関リポジトリポータルhttp://juniiplus.csc.nii.ac.jp/

文化審議会著作権分科会 過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会(第3回)

文化庁の文化審議会著作権委員会に設置された「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会」第3回が、2007年5月16日に開催されました。5月17日時点で、文化庁のウェブサイトにはまだ情報がありませんが、いくつかのコンピュータ系ニュースサイトが委員会の様子を報じています。著作権保…

ページ