カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


「ドイツ国立図書館」発足とネットワーク電子出版物の法定納本制度

ドイツではドイツ(国立)図書館の設置根拠法であった『ドイツ図書館に関する法律』(Gesetz uber die Deutsche Bibliothek)が、『ドイツ国立図書館に関する法律』(Gesetz uber die Deutsche Nationalbibliothek)へと改正されました。これに伴い、6月29日から名称が「ドイツ国立図書館」(Deutsche Nationalbibliothek)…

政府機関の政策研究成果を一元提供するサイト「PRISM」(韓国)

韓国の行政機関・行政自治部は2006年から、各政府機関で行われている政策研究の成果を一元的に提供するサイト「政策研究情報サービスシステム」(Policy Research Information Service & Management: PRISM)を公開しています。PRISMは、各政府機関の政策研究について、研究計画、中間報告書、最終報告書の各…

図書館員のためのメタデータ入門(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)北東地域センターが2006年4月に行ったイベント“Cataloguing online resources: an introduction to metadata for librarians”(オンライン資源の目録を取ること: 図書館員のためのメタデータ入門)の資料が、UKOLNから公開されています。2ファイル3本の資料によって、メタデータ…

オープンアクセス誌の与えた影響に関する講演集(英国)

Oxford University Press社は2006年6月5日に"Oxford Open Access Workshop"を開催しましたが、このたびその講演集"Assessing the Impact of Open Access"が刊行されました。この講演会はオープンアクセス誌の影響について、具体的な数値を基に論じることを目的に開催され、ワークショップの講演者3名による論文が掲載さ…

ローラ・ブッシュ大統領夫人、図書館員の養成に助成

ローラ・ブッシュ大統領夫人はニューオリンズで開催されているALAの年次総会の席上、図書館員の補充や養成のためにあわせて約2,000万ドル(約23億円)を、IMLS(博物館・図書館サービス機構)に拠出すると発表しました。First Lady Laura Bush Announces More Than $20 Million in Librarian Recruitment and Education Grant…

動画・音声ファイルのアーカイビングに関する研究(英国)

2005年9月から2006年5月まで、Arts and Humanities Data Service(AHDS)を中心とする研究グループが、英国情報システム合同委員会(JISC)からの助成を受けて動画・音声ファイルのアーカイビングに関する調査研究を行ってきました。このほど、報告書(アーカイビングに関する提言を含む)の最終ドラフ…

RCUK、OAポリシーを改訂

英国研究会議(Research Councils UK)は、2005年6月に発表したオープンアクセスに対する立場を改訂しました。OA出版やセルフ・アーカイブの影響力を評価するプロジェクトを行うようです。また、これに伴って、RCUKの傘下にある個々の研究領域の研究会議がオープンアクセスに対するポリシー、リポ…

グィネット郡、スペイン語小説の購入予算を復活

スペイン語の小説の購入を中止させる決定をした米国ジョージア州グィネット郡の図書館委員会が、その決定を撤回しました。購入中止の決定が新聞で報道されると、カリフォルニア、さらにはニュージーランドからも、委員会宛てに手紙とメールが寄せられたとのことです。賛否は半々だった…

「プライバシー」はどうするの?−Library2.0の課題

米国ミネソタ・ドゥルース大学図書館の副館長、リトウィン(Rory B. Litwin)氏のブログ“Library Juice”に掲載された“The Central Problem of Library 2.0: Privacy”(Library2.0の核心の問題: プライバシー)が、米国の図書館系ブログを中心に注目を集めています。リトウィン氏は、1996年からウェブにかかわり…

中間段階における集中管理及び電子媒体による管理・移管・保存に関する報告書

内閣府が開催している「公文書等の適切な管理、保存及び利用に関する懇談会」が6月22日、「中間段階における集中管理及び電子媒体による管理・移管・保存に関する報告書」を取りまとめ、各機関の公文書等を中間段階において集中管理するシステムの必要性と、電子媒体による公文書等の管…

ページ