カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


C&RL News 66(10)

C&RL NewsVolume 66, No. 10, November 2005FeaturesMentoring the untenured librarian Deborah LeeThe research committeeInformation literacy student behaviorsBonnie Gratch-LindauerPotential items for the National Survey of Student EngagementINTERNET RESOURCESThe Polish presence in North AmericaThomas DuszakAn update for electronic resourcesWhy an ACRL blog?ACRL Blog Advisory BoardTHE WAY I SEE …

情報の科学と技術 55(12)

情報の科学と技術Vol. 55 (2005), No.12特集=「国立大学法人化」総論:平成の教育改革:国立大学法人化と評価文化川口 昭彦 法人化後の図書館運営について諸富 秀人山梨大学附属図書館における大学統合と法人化大友 敏明大学の法人化と図書館職員長坂 みどり大学評価と図書館評価永田 治…

情報管理 48(9)

情報管理 Vol. 48 (2005) , No. 9 スキルデータから見た知的財産人材の現状〜経験則に基づく知的財産人材論の検証杉光 一成特許に効く国内誌佐藤 俊彦, 飯田 康人, 石田 裕美子, 今宿 芳郎, 小林 正樹, 関 奈緒子, 大門 良仁, 土居 美緒, 原 忠興, 村上 香子大学評価用データベース:全学的データベース…

Library Resources & Technical Services 49(4)

Library Resources & Technical ServicesVol.49, No.4, October 2005Association for Library Collections & Technical Services Annual Report 2004-2005Carol Pitts DiedrichsThe FRBR Model as Applied to Continuing ResourcesEd JonesScripts, Languages, and Authority ControlJoan M. AliparandSupply and Demand for Cataloger: Present and FutureJoan M. Leysen and Jeanne M.K. BoydstonBeyond Subject Head…

American Libraries 36(10)

American LibrariesVol.36, No.10, November 2005.Special News ReportsPittsburgh Gathering Closes on High NoteBY PAMELA A. GOODESShowing the Way in San JoseBY GORDON FLAGGFeaturesCover Story:Beyond Public Exhibits to PartnershipsBY NORMAN MORTONGathering the Stories behind Our StatisticsBY SANDRA SINGHGenerating Goodwill: Turning No into YesBY KATHY MacMILLANAt the Edge of the NetBY STEVE CISLERHa…

宿題に使えるパスファインダー

Answers.com社は、ニューヨーク公共図書館とともに、学校生徒が宿題などで利用できるような、図書館資料やウェブ上の資料などへのナビゲーションを付けたパスファインダーを公開しています。Answers.com to Provide Reference Resources for Homework Help Website of New York City Public Librarieshttp://www.answers.com/main/ir/pres

情報の消費者に図書館はどう認識されているか?

OCLCが、世界中の情報の消費者(information consumer)に対して行った調査のレポートが出ています。インターネットなどに比べて図書館を利用するのはどういう時か、図書館の有する電子情報源を使っているかなどを訊いているようです。OCLC Reports : Perceptions of Libraries and Information Resources (2005) http://ww

研究図書館におけるデジタル資産に関するARLフォーラム

10月に、ARL、CNI、CLIR、DLFの共催で開かれた、研究図書館におけるデジタル資産に関するフォーラムのプレゼンテーションが公開されています。Managing Digital AssetsStrategic Issues for Research Librarieshttp://www.arl.org/forum05/

BLの年次報告書2004-2005

BLが2004-2005の年次報告書を公開しています。Thirty-Second Annual Report and Accounts 2004-2005 http://www.bl.uk/about/annual/2004to2005/introduction.html

ページ