カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


RCUK、OAポリシーを改訂

英国研究会議(Research Councils UK)は、2005年6月に発表したオープンアクセスに対する立場を改訂しました。OA出版やセルフ・アーカイブの影響力を評価するプロジェクトを行うようです。また、これに伴って、RCUKの傘下にある個々の研究領域の研究会議がオープンアクセスに対するポリシー、リポ…

グィネット郡、スペイン語小説の購入予算を復活

スペイン語の小説の購入を中止させる決定をした米国ジョージア州グィネット郡の図書館委員会が、その決定を撤回しました。購入中止の決定が新聞で報道されると、カリフォルニア、さらにはニュージーランドからも、委員会宛てに手紙とメールが寄せられたとのことです。賛否は半々だった…

「プライバシー」はどうするの?−Library2.0の課題

米国ミネソタ・ドゥルース大学図書館の副館長、リトウィン(Rory B. Litwin)氏のブログ“Library Juice”に掲載された“The Central Problem of Library 2.0: Privacy”(Library2.0の核心の問題: プライバシー)が、米国の図書館系ブログを中心に注目を集めています。リトウィン氏は、1996年からウェブにかかわり…

中間段階における集中管理及び電子媒体による管理・移管・保存に関する報告書

内閣府が開催している「公文書等の適切な管理、保存及び利用に関する懇談会」が6月22日、「中間段階における集中管理及び電子媒体による管理・移管・保存に関する報告書」を取りまとめ、各機関の公文書等を中間段階において集中管理するシステムの必要性と、電子媒体による公文書等の管…

IFLA Express 第2号

IFLAソウル大会の情報誌“IFLA Express”の第2号がウェブサイトで刊行されました。基調演説をキム・デジュン(金大中)前大統領が行うことが発表されているほか、展示ブースを出す機関の紹介、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団による「学習へのアクセス賞」授賞式のお知らせ、北朝鮮から…

Scandinavian Public Library Quarterly. 39(2)

Scandinavian Public Library QuarterlyVol.39, No.2http://www.splq.info/issues/vol39_2/splq2_06.pdfEditorial: The power of projects. Leikny Haga Indergaard The road to greater seamless library services. Sidsel Hindal Viewpoint: Service profiles and patterns of use. Niels Ole Pors Finland’s public library strategy implemented in projects. Kristiina Kontiainen and Hannu Sulin Strategic use of gov…

オーストラリア図書館協会、家庭への無償インターネットフィルター導入には賛成

オーストラリア図書館協会(ALIA)は6月21日、政府が進めている各家庭への無償インターネットフィルターの導入、安全なインターネット利用に関するコミュニティでの教育について、賛成の意を発表しました。一方で、図書館へのインターネットフィルターの導入については、反対の意を表明し…

近ごろ話題の図書館技術−DRM、オープンアクセスなど

米国図書館協会(ALA)の図書館情報技術部会(LITA)は、現在話題を呼んでいる図書館関連技術のトップ10を選考しているところです。まだ中間報告の段階のようですが、OPACの機能改善、ネットの中立性、Flickrなどの画像共有サイトやソーシャルネットワークサイト(SNS)の普及とプライバシーの…

国立子ども青少年図書館、本日開館(韓国)

韓国国立中央図書館の一組織として、国立子ども青少年図書館が2006年6月28日13時、オープンします。6月28日は開館の式典で、一般利用は6月29日からです。もともと本館とは別の場所にあった学位論文館をリモデリングした国際子ども青少年図書館は、地上4階、地下2階、延べ面積2,435坪(約8,000平…

トレーラー図書館に1万冊の電子本−復興に向かうニューオーリンズに出版社の支援

ProQuest社は、ハリケーン「カトリーナ」の被害を受けた米国・ニューオーリンズ市に図書館の機能を備えたトレーラーを寄贈し、米国図書館協会(ALA)の年次大会で表彰を受けました。このトレーラーは14フィート×56フィート(4.3m×17.1m)という大きなもので、中には書架のほか13台のコンピュー…

ページ