カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示


米国で最もリテラシーの高い都市は?

セントラル・コネチカット州立大学から、米国の都市(人口25万人以上)のリテラシー・ランキングの2006年版が発表されました。このランキングは、本の売り上げ、教育の達成度、インターネット資源、図書館資源、新聞の発行部数、雑誌の刊行の6つのカテゴリーでスコアを出すというもので、…

CDNLAO Newsletter (57)

CDNLAO NewsletterNo.57, November 2006http://www.ndl.go.jp/en/publication/cdnlao/057/57ind.htmlSpecial topic: Rare Books and Their Management・Result of Questionnaire Survey on Rare Book Collections ・Australia ・Japan ・Mongolia ・Philippines ・Taiwan・[Japan] Rare Book Collection and its Storage in the National Diet LibraryNews・[Singapore] 10th IFLA International Interlendin…

NLM、dbGaPを公開

米国医学図書館(NLM)が、ゲノムワイド関連解析の研究に関するデータベース『dbGaP』(the database of Genotype and Phenotype)を公開しています。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=gapNIH Launches dbGaP, a Database of Whole Genome Association Studieshttp://www.nlm.nih.gov/news/press_releases/dbgap_launchPR06.html

IFLA、『インターネット宣言指針』を公表

IFLAがUNESCOとともに『IFLA/UNESCOインターネット宣言指針』(IFLA/UNESCO Internet Manifesto Guidelines)を公開し、公告しました。このガイドラインは、2002年に採択された『IFLAインターネット宣言』(IFLA Internet Manifest)の原則に基づくものであり、図書館、政治家等が、図書館におけるネットワーク情報へのア…

Amazon、Q&Aサイト『Askville』のベータ版公開

Amazon.comが、新しいQ&Aサイト『Askville』のベータ版を公開しています。http://askville.amazon.com/askville/参考:Welcome to Askville!(Askville blog)http://askville-blog.amazon.com/2006/12/welcome_to_askv.htmlAmazonのQ&Aサービス「Askville」β公開(ITmedia 2006年12月12日)http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/12/news013.html

オープンソースの図書館システムKoha ZOOM

オープンソースの図書館システムであるKohaをアップグレードしたKoha ZOOMという製品をOSS図書館システム企業LIBLIMEが発表しています。米イリノイ州のネルソンビル公共図書館がいち早くKoha ZOOMを実装しています。Koha ZOOM Goes Live, and It Rockshttp://liblime.com/news-items/press-releases/koha-zoom-goes-live-and-it-rocks/Ne

公共図書館の経済効果は?オハイオ州9館の調査

オハイオ州の9つの公共図書館は、運営資金の約4倍の経済効果をもたらしているとの調査報告が出され、地元のニュースでこれが報じられています。9館の資金の90%以上がオハイオ州からまかなわれていますが、景気の低迷のために5年前に削減されていました。この資金難の状況下でも図書館サ…

グルジア国立図書館の資料保存の課題

グルジア国立議会図書館(National Parliamentary Library of Georgia)の館長が、記者会見で、資料保存の実情を伝えています。同図書館では、約400万冊の書籍を含む750万点の資料を所蔵していますが、書庫の換気が悪く、温度・湿度が適正な状態に保てず、貴重な資料が危険な状態にあるそうです。Cartu Gr…

『書誌コントロールの将来』WGのサイト始動(米国)

米国議会図書館(LC)が設置している書誌コントロールの将来に関するワーキンググループのサイトが立ち上がりました。11月2、3日に行われた第1回会議の議事録も公開されています。http://www.loc.gov/bibliographic-future/http://www.loc.gov/bibliographic-future/meetings/参考:http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=

“レファレンスチームの再構成-日曜日への6つの道のり-"

SLA(専門図書館協会)次期会長に就任予定のStephen Abram氏が、“レファレンスチームの再構成-日曜日への6つの行程-"(Reconstructing the Reference Team: 6 Ways to Sunday)と題したコラムを掲載しています。21世紀のレファレンスサービスの基盤となる5つのツール(ブログ、タグ、Wiki、インスタットメッセー…

ページ