アーカイブ - story

3月 26日, 2020

『カレントアウェアネス-E』388号を発行

『カレントアウェアネス-E』388号を発行しました。

■E2242■ 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2020/3/20現在)
関西館図書館協力課調査情報係

■E2243■ 作り手と読者の交流を促すフリーペーパー・オブ・ザ・イヤー
奈良県立図書情報館・乾聰一郎

■E2244■ 情報ナビゲーター交流会:第8回開催までの歩み
ビジネス支援図書館推進協議会/鳥取県立図書館・小林隆志

■E2245■ 愛媛県議会における議会図書室機能強化の取組について
愛媛県議会図書室・天野奈緒也

3月 12日

『カレントアウェアネス-E』387号を発行

『カレントアウェアネス-E』387号を発行しました。

■E2237■ 第28回京都図書館大会<報告>
京都府議会図書館・芦田栄

■E2238■ 文化遺産の意図的な破壊―人はなぜ本を焼くのか―<報告>
文化遺産国際協力コンソーシアム事務局・五嶋千雪

■E2239■ 大学の研究データサービス/研究インパクト指標<報告>
九州大学附属図書館・宮崎祐汰

■E2240■ NDL,国会会議録など4つの検索サービスをリニューアル
調査及び立法考査局議会官庁資料課

■E2241■ 優れた研究データ管理(RDM)実践の24の事例集<文献紹介>
関西館図書館協力課・宮田怜

2月 27日

『カレントアウェアネス-E』386号を発行

『カレントアウェアネス-E』386号を発行しました。

■E2231■ ミライon図書館(長崎県)のオープンについて
長崎県教育庁生涯学習課新県立図書館整備室・吉田和弘
長崎県立長崎図書館/ミライon図書館・渡邉斉志

■E2232■ 田原市図書館の行政・議会支援サービスについて
田原市中央図書館・河合美奈子

■E2233■ リーフレット「研究データにDOIを付与するには?」の製作
名古屋大学宇宙地球環境研究所・能勢正仁
東京大学大学院人文社会系研究科・大向一輝
国立環境研究所環境情報部・尾鷲瑞穂
東京学芸大学附属図書館・高橋菜奈子
情報通信研究機構戦略的プログラムオフィス・村山泰啓

イベントの中止・延期についてご確認ください

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、このところイベントの中止・延期が相次いで発生しています。

当ポータルでもイベントに関する記事を掲載していますが、それらも中止・延期となっている可能性がございます。記事中に記載した情報源等を通じ、最新の情報をご確認ください。

・イベントの記事一覧
https://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/702

2月 13日

『カレントアウェアネス-E』385号を発行

『カレントアウェアネス-E』385号を発行しました。

■E2226■ 米国図書館界とマクミラン社との電子書籍をめぐる攻防戦
獨協大学経済学部・井上靖代

■E2227■ SPARC Japanセミナー2019特別編<報告>
小樽商科大学附属図書館・中筋知恵

■E2228■ 研究データ同盟第14回総会<報告>
電子情報部電子情報企画課・中川紗央里

■E2229■ IFLA,資料の寄贈に関するガイドライン増補版を公開
収集書誌部収集・書誌調整課・柴田洋子

■E2230■ 持続可能なデジタルキュレーションおよびデジタル保存の研修
関西館図書館協力課・東郷陽介

1月 30日

『カレントアウェアネス-E』384号を発行

『カレントアウェアネス-E』384号を発行しました。

■E2220■ 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2020/1/20現在)
関西館図書館協力課調査情報係

■E2221■ 島根大学附属図書館デジタルアーカイブのライセンスの改定
島根大学附属図書館・青柳和仁

■E2222■ 第67回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム<報告>
白百合女子大学基礎教育センター・今井福司

■E2223■ 第1回SPARC Japanセミナー2019<報告>
一橋大学附属図書館・寺島久美子

■E2224■ デザイン図書館というデザイン<報告>
九州大学大学院芸術工学研究院・古賀徹

1月 16日

『カレントアウェアネス-E』383号を発行

『カレントアウェアネス-E』383号を発行しました。

■E2214■ 佛教大学図書館デジタルコレクションのリニューアルと目的
佛教大学図書館・飯野勝則

■E2215■ 大図研京都セミナー「メディアドクター研究会 in京都」開催
大学図書館問題研究会京都地域グループ・山下ユミ
メディアドクター研究会・佐藤正惠

■E2216■ 北海道立図書館を研究拠点にした資料系同人誌製作<報告>
資料性博覧会準備会・國澤博司

■E2217■ 図書館総合展2019フォーラムin大阪<報告>
宮津市立図書館・有山尚利

1月 6日

2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は2020年1月6日より、更新を再開いたします。本年もコンテンツの充実により一層努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

12月 27日, 2019

2019年もご愛読いただき、ありがとうございました。

2019年もカレントアウェアネス・ポータルをご愛読いただき、ありがとうございました。本日12月27日が、年内最後の記事更新日となります。本年は、カレントアウェアネス-R 2,320本、カレントアウェアネス-E 122本、カレントアウェアネス 27本(創刊40周年記念号掲載の特別寄稿記事3本を含む)を掲載しました。

2020年は1月6日より記事更新を再開いたします。今後もより一層コンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年を。

『カレントアウェアネス』342号掲載

『カレントアウェアネス』342号(2019年12月20日発行)の記事を掲載しました。

12月 19日

『カレントアウェアネス-E』382号を発行

『カレントアウェアネス-E』382号を発行しました。

■E2208■ 令和元年台風第15号・第19号等による図書館等への影響
関西館図書館協力課調査情報係

■E2209■ 石巻市図書館の移動図書館車「ひより号」の運行終了について
石巻市図書館・阿部美子

■E2210■ ABDという新たな読書法:本は人を結ぶ縁結びの神様
島根大学図書館コンシェルジュ・田中絵梨
島根大学附属図書館・昌子喜信,三村のぞみ

■E2211■ 第16回電子情報保存に関する国際会議(iPRES2019)<報告>
関西館電子図書館課・工藤哲朗

12月 5日

『カレントアウェアネス-E』381号を発行

『カレントアウェアネス-E』381号を発行しました。

■E2202■ 大阪市立中央図書館のネーミングライツ協定締結について
大阪市立中央図書館・宮田英二

■E2203■ 第30回日本資料専門家欧州協会(EAJRS)年次大会<報告>
関西館文献提供課・大島康作
利用者サービス部政治史料課・鈴木宏宗

■E2204■ 環太平洋研究図書館連合(PRRLA)2019年総会<報告>
東北大学附属図書館・三角太郎

■E2205■ 世界図書館情報会議(WLIC):第85回IFLA年次大会<報告>
収集書誌部収集・書誌調整課・村上一恵

11月 21日

『カレントアウェアネス-E』380号を発行

『カレントアウェアネス-E』380号を発行しました。

■E2196■ 古代の甘味料「あまつら」の復元とその試食
国文学研究資料館・入口敦志

■E2197■ 独・Library of the Year受賞のベルリン中央州立図書館
利用者サービス部図書館資料整備課・大久保玲

■E2198■ Code4Lib JAPANカンファレンス2019,大阪にて開催<報告>
高森町立高森北小学校・宮澤優子

■E2199■ 都道府県立図書館サミット2019<報告>
都道府県立図書館サミット実行委員会・子安伸枝

11月 7日

『カレントアウェアネス-E』379号を発行

『カレントアウェアネス-E』379号を発行しました。

■E2190■ 三角コーンが結ぶふたつのまち:小樽・渋川コラボ展示の経緯
渋川市立図書館公式Twitter中の人

■E2191■ IFLA“The 10-Minute Library Advocate”の紹介
関西館総務課・伊藤響

■E2192■ 第9次地方分権一括法による図書館法等の改正
調査及び立法考査局文教科学技術課・澤田大祐

■E2193■ 子どものための図書館サービス専門職養成の国際動向<報告>
藤女子大学図書館情報学課程・下田尊久

11月 1日

カレントアウェアネス・ポータルに英訳コンテンツを追加しました。

2019年11月1日、カレントアウェアネス・ポータルで新しく英文記事2件を公開しました。

新しい英語のコンテンツは、メールマガジン(CA-E)における、日本の図書館の最新の動向に関する記事を翻訳したものです。

今回公開した2つの新しい記事に加え、今後も新しい記事を公開していく予定です。

E2102e - A Special Library in Kingdom of Grapes and Wine: Koshu City Katsunuma Library
https://current.ndl.go.jp/en/e2102_en

E2154e - The National Diet Library Releases Next Digital Library
https://current.ndl.go.jp/en/e2154_en

10月 31日

「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」(令和元年度)の成果を公開しました

国立国会図書館は、2019(令和元)年度に実施したアンケート調査「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の成果を公開しました。

当館総務部企画課が企画した調査であり、図書館を利用していない人々も含めた情報行動の傾向及び図書館への意識調査を実施し、主に、図書館政策立案者、各図書館及び図書館情報学研究者等へ今後の図書館の在り方の検討に資する基礎的な情報を提供することを目的としています。

なお、アンケート設計にあたっては、当館が2014(平成26)年度に実施した「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」をベースとし、同志社大学免許資格課程センターの佐藤翔准教授にアドバイスを頂きました。

ぜひご活用ください。

図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査(令和元年度)
https://current.ndl.go.jp/FY2019_research

・本調査に関するお問い合わせ先
国立国会図書館総務部企画課企画係
電話:03-3581-2331(代表)

10月 24日

『カレントアウェアネス-E』378号を発行

『カレントアウェアネス-E』378号を発行しました。

■E2184■ 都城市の青少年の居場所とアイデンティティ形成の場づくり
都城市立図書館(指定管理者:MAL運営共同事業体 代表企業 株式会社マナビノタネ)・森田秀之

■E2185■ 2019年ALA年次大会におけるジャパンセッションの開催<報告>
ビジネス支援図書館推進協議会・豊田恭子

■E2186■ 情報メディア学会第18回研究大会<報告>
関東学院大学社会学部・千錫烈

■E2187■ IAML日本支部40周年記念シンポジウム<報告>
関西館電子図書館課・工藤哲朗

10月 10日

『カレントアウェアネス-E』377号を発行

『カレントアウェアネス-E』377号を発行しました。

■E2179■ AI技術を取り入れた「くずし字翻刻学習・指導システム」
立命館大学アート・リサーチセンター・赤間亮

■E2180■ その先の,道へ:図書館総合展フォーラム2019in札幌<報告>
市立小樽図書館・鈴木浩一

■E2181■ カタログ・レゾネ:国立西洋美術館国際シンポジウム<報告>
東京国立近代美術館・長名大地

■E2182■ 2019年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>
関西館電子図書館課・大山聡

9月 30日

『カレントアウェアネス』341号掲載

『カレントアウェアネス』341号(2019年9月20日発行)の記事を掲載しました。

9月 25日

9/25(水)の常時SSL/TLS化への対応に伴うメンテナンス作業は終了しました。

2019年9月25日(水)の午前10時から実施していた「カレントアウェアネス・ポータル」の常時SSL/TLS化への対応に伴うメンテナンス作業は終了し、通常通り接続していただくことが可能になりましたので、お知らせします。

なお、この対応に伴う変更点は、以下の通りです。

〇カレントアウェアネス・ポータル全ページのURLの変更
カレントアウェアネス・ポータル全ページのURLが、httpからhttpsに変わりました。

・変更前後のURL(トップページの場合)
 (変更前)http://current.ndl.go.jp/
 (変更後)https:// current.ndl.go.jp/
 ※httpによるアクセスはhttpsへリダイレクトいたします。

ページ