アーカイブ - 2016年 3月 - story

3月 30日

『カレントアウェアネス』327号掲載

3月 18日

日本図書館研究会第319回研究例会「「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の概要と調査結果の利活用」の資料を公開しました

2016年3月3日に開催された日本図書館研究会第319回研究例会「「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の概要と調査結果の利活用」について、当日の配布資料を公開しました。

発表では、国立国会図書館が実施した「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」について、調査と調査結果の概要やその利活用事例を紹介しました。また、毎日新聞社の「読書世論調査」や、総務省が東京大学の橋元研究室との共同研究として実施した情報行動に関する調査など、類似調査と調査結果を比較しました。

図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査 > 本調査結果の利活用事例
http://current.ndl.go.jp/node/28543

このサイトについて > カレントアウェアネス・ポータルに関する文献・資料
http://current.ndl.go.jp/about

3月 17日

『カレントアウェアネス-E』300号の刊行にあたって

メールマガジン『カレントアウェアネス-E』(CA-E)は,今号で300号を迎えます。そこで今号では,CA-Eを含め,国立国会図書館(NDL)のウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」(CAポータル)で提供している各コンテンツについて,それぞれ紹介する記事を掲載します。各記事では,各コンテンツの紹介のみならず,各コンテンツで取り上げている記事の傾向や,過去アクセス数が多かった記事などにも言及しています。さらに,これらの紹介記事を英訳し,併せて掲載することで,CAポータルを広く国外に紹介することも意図しています。これらの記事を通して,CAポータルについての理解をさらに深めていただけると幸いです。

□目次□
■E1777■ 「カレントアウェアネス・ポータル」とは
■E1778■ 「カレントアウェアネス-R」とは:2015年の記事から
■E1779■ 『カレントアウェアネス-E』とは:2013~2015年の記事から

3月 11日

東日本大震災発生から5年 カレントアウェアネス・ポータルは震災関連情報を提供してきました

本日2016年3月11日、東日本大震災の発生から5年を迎えました。2011年3月11日から本日までにカレントアウェアネス・ポータルに掲載した、東日本大震災を含む災害関連の記事数は、次のとおりです。

 調査研究            1本
 カレントアウェアネス     6本
 カレントアウェアネス-E    61本
 カレントアウェアネス-R    1,209本

これらの記事の一覧は、次のページでご覧いただけます。

東日本大震災関連記事
http://current.ndl.go.jp/sinsai

また、『カレントアウェアネス-E』の災害関連記事を28本、英語に翻訳して公開しています。

disaster
http://current.ndl.go.jp/en/taxonomy/term/721

カレントアウェアネス・ポータルでは、今後も引き続き災害と図書館に関する情報を提供してまいります。

3月 3日

『カレントアウェアネス-E』299号を発行