アーカイブ - 2013年 - story

5月 23日

『カレントアウェアネス-E』237号発行

4月 25日

『カレントアウェアネス-E』236号発行

4月 15日

4/15のカレントアウェアネス・ポータルのメンテナンス作業は終了しました。

2013年4月15日(月)の午後7時半から実施していた、カレントアウェアネス・ポータルのメンテナンス作業は終了いたしました。

4月 11日

『カレントアウェアネス-E』235号発行

4月 4日

「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(図書館調査研究リポートNo.14)について、質問紙調査の集計表及び回答データを公開しました。

2013年3月に刊行した報告書「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(図書館調査研究リポートNo.14)について、集計表及び回答データを、以下のURLに公開しました。

報告書では、第1章「図書館におけるレファレンスサービスの実態はどうなっているか?」において全国の図書館に対する質問紙調査の結果を掲載していますが、今回公開した集計表は、この本文から適宜参照できるようになっています。

報告書とあわせてご活用ください。

「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(図書館調査研究リポートNo.14)
http://current.ndl.go.jp/report/no14

参考;
「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(図書館調査研究リポートNo.14)を公開しました。Posted 2013年4月1日
http://current.ndl.go.jp/node/23226

4月 3日

メンテナンス作業のお知らせ(2013年4月15日19時半~21時半頃)

2013年4月15日(月)19時半~21時半頃に、「カレントアウェアネス・ポータル」のメンテナンス作業を実施するため、サイトに接続できなくなります。メンテナンス作業が終了次第お知らせいたします。ご迷惑をおかけしますがどうぞご了承ください。

4月 1日

「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(図書館調査研究リポートNo.14)を公開しました。

国立国会図書館(NDL)は、2013年3月に『図書館調査研究リポート』No.14として「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」を刊行しました。カレントアウェアネス・ポータル上でPDF版を公開しています。

この調査研究は、図書館の情報サービスの核とされるレファレンスサービスについてその実態を把握するとともに、国民のこのサービスに対する認識を明らかにする調査を実施し、これからの日本社会に図書館が貢献するための方策を導きだせるよう、得られたデータや見解を分析し、課題の指摘を試みたものです。

海外の読者向けには、「研究の趣旨と構想」、「調査結果の概要」「レファレンスサービスの展望:おわりに代えて」の英訳“English Summary”を掲載しています。

どうぞご活用ください。

「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」(『図書館調査研究リポート』No.14)
http://current.ndl.go.jp/report/no14

3月 28日

『カレントアウェアネス-E』234号発行

3月 26日

『カレントアウェアネス』315号にカレントアウェアネス・ポータル担当者の“思い”を刻みました!

この度刊行しました『カレントアウェアネス』315号(2013年3月20日刊行)に、『カレントアウェアネス』および「カレントアウェアネス・ポータル」に関する記事を2本掲載しました。これらの記事は、『カレントアウェアネス』の編集業務が東京本館から関西館へ移って10年が経過したことを踏まえ、今後の『カレントアウェアネス』とそれを含む「カレントアウェアネス・ポータル」全体で、どのような情報発信のあり方を目指すべきか、批判的に再検討するものです。ぜひご高覧いただき、ご意見等お寄せいただければ幸いです。

  • 村上泰子. 『カレントアウェアネス』の10年: レビュー誌への道、課題、そして展望. カレントアウェアネス. 2013, (315), CA1787, p. 2-4.
    http://current.ndl.go.jp/ca1787
  • 依田紀久, 林豊, 菊池信彦. カレントアウェアネス・ポータルのいまを“刻む”:情報収集活動と未来へのアイデア. カレントアウェアネス. 2013, (315), CA1788, p. 5-9.
    http://current.ndl.go.jp/ca1788

『カレントアウェアネス』315号掲載

3月 8日

「図書館の『いま』を届ける『カレントアウェアネス』」(『LISN』第150号)を掲載しました

カレントアウェアネス・ポータルに、「図書館の『いま』を届ける『カレントアウェアネス』」を掲載しました。これは、2011年12月に情報誌 『LISN』第150号(キハラ株式会社発行)に寄稿した記事を、同社の許諾を得て転載したものです。

なお、同号では「編集者が語る私たちとこれからの図書館」特集として、図書館系メディアの編集者13人がそれぞれの媒体について紹介しています。

どうぞご覧ください。

図書館の「いま」を届ける「カレントアウェアネス」 / 田中敏
http://current.ndl.go.jp/lisn150

『LISN』第150号目次(PDF:1ページ)
http://www.kihara-lib.co.jp/image/lisn/150lisn.pdf

3月 7日

『カレントアウェアネス-E』233号発行

2月 21日

『カレントアウェアネス-E』232号発行

2月 20日

メンテナンス作業のお知らせ(2013年2月26日19時半~21時半頃)

2013年2月26日(火)19時半~21時半頃に、「カレントアウェアネス・ポータル」のメンテナンス作業を実施するため、サイトに接続できなくなります。メンテナンス作業が終了次第お知らせいたします。ご迷惑をおかけしますがどうぞご了承ください。

2月 15日

「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」 最終報告会開催のお知らせ(3/21・京都) (更新)

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」を運用している国立国会図書館関西館図書館協力課では、平成24年度の図書館及び図書館情報学に関する調査研究として、「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」を株式会社シィー・ディー・アイに委託して実施しております。

この調査研究では、基礎調査として国内約5,000の図書館を対象としたアンケート調査を実施いたしました。また、発展調査として、震災ボランティア、若手の研究者、環境問題や地域再生等に取り組む農林水産業従事者等に対するヒアリングを実施しました。

こうして得られた成果につきまして報告し、情報・調査ニーズに応える図書館に向けて何を志向すべきかについて考える最終報告会を、国立国会図書館関西館で開催します。開催日は2013年3月21日(木)です。是非ご参加ください。

2月 6日

『カレントアウェアネス-E』231号発行

1月 23日

『カレントアウェアネス-E』230号発行

1月 8日

「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」 中間報告会開催のお知らせ(1/31・東京)

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」を運用している国立国会図書館関西館図書館協力課では、平成24年度の図書館及び図書館情報学に関する調査研究として、「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」を株式会社シィー・ディー・アイに委託して実施しております。 この調査研究につきまして、標記の中間報告会を、平成25年1月31日(木)に、国立国会図書館東京本館で開催します。

是非ご参加ください。

お申込み方法等、詳しくは、こちらのご案内(PDF)をご覧ください。

※なお、この調査研究の最終報告会は、平成25年3月21日(木)に国立国会図書館関西館(京都)で開催する予定です。

1月 4日

2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は2013年1月4日より、更新を再開いたします。本年もよりいっそうのコンテンツ の充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

ページ