アーカイブ - 2011年 - story

3月 17日

3月24日講演会中止のおしらせ

国立国会図書館で2011年3月24日(木)に開催を予定しておりましたインターネット・アーカイブ創設者ブリュースター・ケール氏による講演会「あらゆる知識へのユニバーサルアクセス」は、諸般の事情により中止させていただきます。何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20110324lecture.html

3月 16日

東北地方太平洋沖地震による、国立国会図書館の遠隔複写サービスへの影響について

東北地方太平洋沖地震によって国立国会図書館東京本館の書庫に被害が発生しており、図書資料の大半がご利用いただけません。このため、遠隔複写サービスへのお申込みについて、複写作業や複写物の発送作業ができない場合がございます。また、交通機関の乱れにより、既に複写作業を終え、発送済みの複写物の到着が大幅に遅れる可能性がございます。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

「東北地方太平洋沖地震」の遠隔複写サービスへの影響について(国立国会図書館 2011/3/15付けのニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191300_1531.html

3月 15日

国立国会図書館(東京本館・国際子ども図書館)の3月17-23日の期間の開館時間は、10時から17時までとなります。

2011年3月17日(木)から23日(水)までの期間の、国立国会図書館の東京本館と国際子ども図書館の開館時間は、10時から17時までとなります。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。なお、東京本館は16日・20日・21日が休館日、国際子ども図書館は16日・21日が休館日となっています。

2011年3月17日(木)から23日(水)まで、国立国会図書館東京本館の開館時間は、10:00~17:00です。(国立国会図書館 2011/3/15付けのお知らせ)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191309_1531.html

3月17日(木)から3月23日(水)まで、午前10時からの開館といたします。(国際子ども図書館 2011/3/15付けのお知らせ)
http://www.kodomo.go.jp/news/2011-08.html

東北地方太平洋沖地震による、国立国会図書館の図書館間貸出サービスへの影響について

東北地方太平洋沖地震によって国立国会図書館東京本館の書庫に被害が発生しており、図書館間貸出の対象となる図書資料の大半がご利用いただけません。このため、図書館間貸出サービスへのお申込みについて、対応できない場合がございます。また、交通機関の乱れにより、発送済みの貸出資料の到着が大幅に遅れる可能性がございます。各図書館のご担当者様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

「東北地方太平洋沖地震」の図書館間貸出サービスへの影響について(国立国会図書館 2011/3/15付けのニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191297_1531.html

3月 14日

国立国会図書館東京本館は、3月15日は時間を短縮して開館いたします。(11-17時)

国立国会図書館東京本館は、3月15日(火)は、11:00~17:00の間の開館となります。また、書庫に被害が発生しているため、一部に当分の間ご利用いただけない資料があります。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

◎ご利用できない資料
・図書資料のうち、おおむね1988年(昭和63年)以降受入の和図書、及び1968年(昭和43年)以降受入の洋図書

◎書庫出納資料が利用できない資料室
・人文総合情報室

◎通常どおりご利用できる資料・資料室
・図書資料のうち、上記以外のもの
・雑誌資料
・科学技術・経済情報室、古典籍資料室、地図室、憲政資料室、音楽・映像資料室、電子資料室、議会官庁資料室、新聞資料室

※計画停電の実施等の事情により、開館等の状況が変更になる可能性があります。
※3月16日(水)は、資料整理休館日となっています。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館いたします。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館いたします。3月15日以降の開館については未定です。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館します。明日以降の開館は未定です。(国立国会図書館 2011/3/14付けお知らせ)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191289_1531.html

参考:
国立国会図書館、大地震による被害のため一部資料の利用を停止
http://current.ndl.go.jp/node/17753

3月 9日

メンテナンス作業終了のお知らせ(3/9)

カレントアウェアネス・ポータルはメンテナンス作業のため2011年3月9日の10時からサービスを一時停止しておりましたが、作業が終了したためサービスを再開いたしました。ご迷惑をおかけしました。

3月 7日

メンテナンス作業に伴うサービス停止のお知らせ(3月9日10時~12時)

「カレントアウェアネス・ポータル」は、メンテナンス作業のため、2011年3月9日(水)10時~12時の間、システムを一時停止いたします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。

3月 3日

『カレントアウェアネス-E』189号発行

2月 17日

『カレントアウェアネス-E』188号発行

2月 3日

『カレントアウェアネス-E』187号発行

1月 20日

『カレントアウェアネス-E』186号発行

1月 4日

2010年にアクセスの多かった記事(「カレントアウェアネス-R」)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された「カレントアウェアネス-R」記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. 2010年の国民読書年のキャッチフレーズは、「じゃあ、読もう。」(2009-10-20)【22,730】

2. 総務省、平成21年「通信利用動向調査」の結果を公表(2009-04-09)【10,644】

3. Apple社、“iBookstore”で電子書籍の販売を開始へ(2010-01-28)【7,154】

4. 「嵐」が全国の全ての小・中・高校等へ図書『ニッポンの嵐』を寄贈(2010-09-13)【6,334】

2010年にアクセスの多かった記事(『カレントアウェアネス-E』)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された『カレントアウェアネス-E』記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. E1035 - 「カーリルの中の人」が語る「カーリル」の裏側(2010-03-24)【6,992】

2. E967 - 福井県立図書館「覚え違いタイトル集」ができるまで(2009-09-02)【3,907】

3. E1055 - スタンフォード大学,本のほとんど無い図書館を計画(2010-06-10)【2,734】

4. E574 - 図書館ネコ「デューイ」,その生涯を終える(米国)(2006-12-06)【2,619】

2010年にアクセスの多かった記事(『カレントアウェアネス』)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された『カレントアウェアネス』記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. CA1538 - Ask a Librarian (UK)の概要と協同事業としての課題 / 依田紀久(No.282 2004年12月20日)【7,199】

2. CA1683 - 光/磁気ディスク、フラッシュメモリの劣化と寿命 / 大島茂樹(No.299 2009年3月20日)【5,673】

3. CA1672 - マンガ同人誌の保存と利活用に向けて -コミックマーケットの事例から- / 里見直紀,安田かほる,筆谷芳行,市川孝一(No.297 2008年9月20日)【4,264】

2011年もどうぞよろしくお願いいたします

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は、本日2011年1月4日より、更新を再開いたします。
本年も、コンテンツの充実などに努めてまいりますので、引き続きご愛読いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページ