アーカイブ - 2011年 3月 14日 - story

国立国会図書館東京本館は、3月15日は時間を短縮して開館いたします。(11-17時)

国立国会図書館東京本館は、3月15日(火)は、11:00~17:00の間の開館となります。また、書庫に被害が発生しているため、一部に当分の間ご利用いただけない資料があります。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

◎ご利用できない資料
・図書資料のうち、おおむね1988年(昭和63年)以降受入の和図書、及び1968年(昭和43年)以降受入の洋図書

◎書庫出納資料が利用できない資料室
・人文総合情報室

◎通常どおりご利用できる資料・資料室
・図書資料のうち、上記以外のもの
・雑誌資料
・科学技術・経済情報室、古典籍資料室、地図室、憲政資料室、音楽・映像資料室、電子資料室、議会官庁資料室、新聞資料室

※計画停電の実施等の事情により、開館等の状況が変更になる可能性があります。
※3月16日(水)は、資料整理休館日となっています。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館いたします。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館いたします。3月15日以降の開館については未定です。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館します。明日以降の開館は未定です。(国立国会図書館 2011/3/14付けお知らせ)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191289_1531.html

参考:
国立国会図書館、大地震による被害のため一部資料の利用を停止
http://current.ndl.go.jp/node/17753