アーカイブ - 2011年 1月 - story

1月 20日

『カレントアウェアネス-E』186号発行

1月 4日

2010年にアクセスの多かった記事(「カレントアウェアネス-R」)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された「カレントアウェアネス-R」記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. 2010年の国民読書年のキャッチフレーズは、「じゃあ、読もう。」(2009-10-20)【22,730】

2. 総務省、平成21年「通信利用動向調査」の結果を公表(2009-04-09)【10,644】

3. Apple社、“iBookstore”で電子書籍の販売を開始へ(2010-01-28)【7,154】

4. 「嵐」が全国の全ての小・中・高校等へ図書『ニッポンの嵐』を寄贈(2010-09-13)【6,334】

2010年にアクセスの多かった記事(『カレントアウェアネス-E』)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された『カレントアウェアネス-E』記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. E1035 - 「カーリルの中の人」が語る「カーリル」の裏側(2010-03-24)【6,992】

2. E967 - 福井県立図書館「覚え違いタイトル集」ができるまで(2009-09-02)【3,907】

3. E1055 - スタンフォード大学,本のほとんど無い図書館を計画(2010-06-10)【2,734】

4. E574 - 図書館ネコ「デューイ」,その生涯を終える(米国)(2006-12-06)【2,619】

2010年にアクセスの多かった記事(『カレントアウェアネス』)

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された『カレントアウェアネス』記事のうち、2010年1月1日から12月31日までの期間でアクセスの多かった上位10記事は以下のものです。

※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いたものです。

1. CA1538 - Ask a Librarian (UK)の概要と協同事業としての課題 / 依田紀久(No.282 2004年12月20日)【7,199】

2. CA1683 - 光/磁気ディスク、フラッシュメモリの劣化と寿命 / 大島茂樹(No.299 2009年3月20日)【5,673】

3. CA1672 - マンガ同人誌の保存と利活用に向けて -コミックマーケットの事例から- / 里見直紀,安田かほる,筆谷芳行,市川孝一(No.297 2008年9月20日)【4,264】

2011年もどうぞよろしくお願いいたします

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は、本日2011年1月4日より、更新を再開いたします。
本年も、コンテンツの充実などに努めてまいりますので、引き続きご愛読いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。