アーカイブ - story

2月 18日, 2021

『カレントアウェアネス-E』408号を発行

『カレントアウェアネス-E』408号を発行しました。

■E2353■ みんなで翻刻:歴史資料の市民参加型翻刻プラットフォーム
国立歴史民俗博物館・橋本雄太
東京大学地震研究所・加納靖之

■E2354■ アンフォーレと安城市図書情報館の挑戦
安城市アンフォーレ課・市川祐子

■E2355■ アマビエでつながる地域と図書館:信頼性のある情報発信
くまもと森都心プラザ図書館・石本美夏

■E2356■ コロナ禍におけるオンライン学会:日本図書館情報学会の場合
日本図書館情報学会技術ワーキンググループ

■E2357■ ウィズ・コロナ時代の北米の大学図書館サービス<報告>
早稲田大学図書館・御園和之

■E2358■ ロックダウン下の英国公共図書館レポートに見る図書館の貢献
筑波大学大学院人間総合科学学術院・土屋深優

1月 29日

カレントアウェアネス・ポータルの利用者アンケートを実施します(2021年2月1日から3月26日まで)

2021年2月1日から3月26日まで、カレントアウェアネス・ポータルの利用者アンケートを実施します。
カレントアウェアネス・ポータルをより充実したものとするため、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートページ(2021年2月1日午前10時頃からアクセス可能となります)
https://enquete.ndl.go.jp/292228
※アンケートの回答は統計的に処理され、特定の個人・機関が識別できる情報として公表されることはありません。また、回答データを本アンケートの目的以外に使用することはありません。

お問い合わせ先:国立国会図書館関西館図書館協力課調査情報係(chojo@ndl.go.jp)
(@は半角に直してください)

「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」(令和2年度)の成果を公開しました

国立国会図書館は、2020(令和2)年度に実施したアンケート調査「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の成果を公開しました。

当館総務部企画課が企画した調査であり、図書館を利用していない人々も含めた情報行動の傾向及び図書館への意識調査を実施し、主に、図書館政策立案者、各図書館及び図書館情報学研究者等へ今後の図書館の在り方の検討に資する基礎的な情報を提供することを目的としています。

なお、アンケート設計にあたっては、当館が2019(令和元)年度に実施した「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」をベースとし、新型コロナウイルス感染症の流行が情報行動に与える影響を把握するという意図のもとに一部質問項目を変更しています。

ぜひご活用ください。

図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査(令和2年度)
https://current.ndl.go.jp/FY2020_research

・本調査に関するお問い合わせ先
国立国会図書館総務部企画課企画係
電話:03-3581-2331(代表)

1月 28日

『カレントアウェアネス-E』407号を発行

『カレントアウェアネス-E』407号を発行しました。

■E2347■ マンガ『夜明けの図書館』完結記念インタビュー
協力:『夜明けの図書館』作者・埜納タオ,監修者・吉田倫子
編集・聞き手:関西館図書館協力課調査情報係

■E2348■ 公民連携ブックストアとの連携協力:大阪市立港図書館の取組
大阪市立中央図書館・戸倉信昭
日本図書館協会認定司書1063号

■E2349■ 専門図書館と公共図書館の連携はなぜ進まないのか<報告>
ビジネス支援図書館推進協議会/目黒区立八雲中央図書館・椛本世志美

■E2350■ 「探究的な学び」を支える鳥取東高等学校の図書館活動
鳥取県立鳥取東高等学校・三好明美

■E2351■ 透明で公正なディスカバリーサービスのために
筑波大学学術情報部・松野渉

1月 14日

『カレントアウェアネス-E』406号を発行

『カレントアウェアネス-E』406号を発行しました。

■E2341■ 東京大学アジア研究図書館の開館
東京大学附属図書館・石川一樹

■E2342■ 須賀川特撮アーカイブセンターについて
須賀川市文化交流部文化振興課・高橋侑大

■E2343■ <失われた公演>を記録する:コロナ禍とエンパクの取組
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館・後藤隆基

■E2344■ ドイツ・ベルリン国立図書館における日記調査
利用者サービス部サービス運営課・丸本友哉

■E2345■ 英国の国家プログラム“Towards a National Collection
電子情報部電子情報企画課・藏所和輝

■E2346■ 著作権とライセンスからみるオープンアクセスの現況
北海道大学附属図書館・山形知実

1月 4日

2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は2021年1月4日より、更新を再開いたします。本年もコンテンツの充実により一層努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

12月 28日, 2020

2020年もご愛読いただき、ありがとうございました。

2020年もカレントアウェアネス・ポータルをご愛読いただき、ありがとうございました。本日12月28日が、年内最後の記事更新日となります。本年は、カレントアウェアネス-R 2,772本、カレントアウェアネス-E 127本、カレントアウェアネス 23本を掲載しました。

2021年は1月4日より記事更新を再開いたします。今後もより一層コンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年を。

12月 25日

『カレントアウェアネス』346号掲載

『カレントアウェアネス』346号(2020年12月20日発行)の記事を掲載しました。

12月 24日

『カレントアウェアネス-E』405号を発行

『カレントアウェアネス-E』405号を発行しました。

■E2336■ 図書館情報学文献目録BIBLIS PLUSについて
実践女子大学図書館・伊藤民雄

■E2337■ 青少年のための電子図書館サービスの誕生と小さな一歩
広島県立図書館・友石泰二

■E2338■ コロナ禍の学外者向け図書館サービス:神戸国際大学の取り組み
神戸国際大学情報センター(図書館)/丸善雄松堂株式会社・宮川かほり

■E2339■ 韓国図書館界,ポストコロナの図書館を考えるフォーラム開催
利用者サービス部政治史料課・藤原夏人

■E2340■ 感情労働者たる図書館職員を保護するための指針(韓国)
関西館図書館協力課・武田和也

12月 10日

『カレントアウェアネス-E』404号を発行

『カレントアウェアネス-E』404号を発行しました。

■E2331■ 日本古典籍研究国際コンソーシアムの設立について
日本古典籍研究国際コンソーシアム事務局・山本嘉孝

■E2332■ 消滅するOAジャーナルと長期保存のための取り組み
京都大学附属図書館・西岡千文

■E2333■ 第1回SPARC Japanセミナー2020<報告>
神戸大学附属図書館・久我彩乃

■E2334■ 米国議会図書館の検索ツールNewspaper Navigatorについて
電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室・木下貴文

■E2335■ カナダ国立図書館・文書館の2019-2020年活動報告
総務部管理課・福岡雅史

11月 26日

『カレントアウェアネス-E』403号を発行

『カレントアウェアネス-E』403号を発行しました。

■E2325■ 広島県における学校図書館環境整備の推進
広島県教育委員会・寺田純子,岡田真由,班石由佳

■E2326■ 福島における震災アーカイブズの構築と資料収集の方針
東日本大震災・原子力災害伝承館・瀬戸真之

■E2327■ カナダの冊子体資料共同管理に関するプロジェクト最終報告書
名古屋大学附属図書館・村西明日香

■E2328■ 米国国立農学図書館によるデータレスキュープロジェクト
岡山大学附属図書館・大園隼彦

■E2329■ 研究支援における社会的相互運用性に関するOCLCの報告書
大阪大学附属図書館・小村愛美

■E2330■ 第8回 マイクロ・ライブラリーサミット<報告>
一般財団法人森記念財団/大阪府立大学観光産業戦略研究所・礒井純充

11月 12日

『カレントアウェアネス-E』402号を発行

『カレントアウェアネス-E』402号を発行しました。

■E2320■ コロナ禍の博物館等を支援する3D&VRボランティア撮影
一般社団法人VR革新機構・横松繁

■E2321■ JADS第99回研究会「新型コロナ資料の収集」<報告>
東京国立博物館・阿児雄之

■E2322■ オランダ・ILP Labによるウェブサイト収集への提言
関西館電子図書館課・福島優寿

■E2323■ 諸外国における読書習慣調査と読書推進活動
関西館図書館協力課・木下雅弘

■E2324■ Asia OA Meeting 2020<報告>
オープンアクセスリポジトリ推進協会事務局・安原通代

10月 29日

『カレントアウェアネス-E』401号を発行

『カレントアウェアネス-E』401号を発行しました。

■E2315■ 移動図書館がつくるウィズコロナでの豊かな日常の可能性
佐倉市資産管理経営室・榊田大輔

■E2316■ University Journals:出版を大学や研究者に取り戻す挑戦
京都大学東南アジア地域研究研究所・設樂成実

■E2317■ ジャパンサーチ正式版の機能紹介
電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室

■E2318■ 第4回デジタルアーカイブ産学官フォーラム<報告>
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館・中西智範

■E2319■ CMSを利用したデジタルアーカイブの構築<報告>
筑波大学附属図書館・大久保明美

10月 16日

カレントアウェアネス・ポータルに英訳コンテンツを追加しました。

2020年10月16日、カレントアウェアネス・ポータルで新しく英文記事2件を公開しました。

新しい英語のコンテンツは、メールマガジン(CA-E)における、国立国会図書館に関する記事を翻訳したものです。

今回公開した2つの新しい記事に加え、今後も新しい記事を公開していく予定です。

E2240e - NDL Updates Four Search Services including Minutes of the Diet
https://current.ndl.go.jp/en/e2240_en

E2257e - Completion of Storage Annex at Kansai-kan of the National Diet Library
https://current.ndl.go.jp/en/e2257_en

10月 15日

『カレントアウェアネス-E』400号を発行

10月 1日

『カレントアウェアネス-E』399号を発行

9月 30日

『カレントアウェアネス』345号掲載

『カレントアウェアネス』345号(2020年9月20日発行)の記事を掲載しました。

9月 17日

『カレントアウェアネス-E』398号を発行

9月 3日

『カレントアウェアネス-E』397号を発行

■E2293■ 八王子市(東京都)のオーディオブック配信サービスについて
八王子市生涯学習センター図書館・藤原頼晶

■E2294■ フロッピーディスク保存の新デバイス「ポリーヌ」について
ゲーム保存協会・ルドン・ジョゼフ

■E2295■ 「京都大学研究データ管理・公開ポリシー」採択の経緯
京都大学附属図書館・西岡千文,藤原由華,吉田弘子

■E2296■ データリポジトリの信頼性に関するTRUST原則
国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター・南山泰之

■E2297■ 韓国国立中央図書館の新型コロナウイルス対応
利用者サービス部政治史料課・河村真澄

■E2298■ 南欧の国立図書館における複写貸出サービス
関西館文献提供課・加藤大地

9月 1日

カレントアウェアネス・ポータルの「図書館関係雑誌目次RSS集(国内)」へのタイトルの追加等を行いました

「カレントアウェアネス・ポータル」は、国立国会図書館(NDL)の雑誌記事索引から、国内の図書館関係雑誌の目次情報のRSSフィードを取得して配信するアグリゲーションサービスを「図書館関係雑誌目次RSS集(国内)」のページで提供しています。

この度、以下の10誌を追加するとともに、RSSのフィードが行われていないタイトルなどを整理しました。引き続きご活用くださいますと幸いです。

〇追加したタイトル
・沖縄県図書館協会誌(沖縄県図書館協会)
・国文学研究資料館紀要. アーカイブズ研究篇(国文学研究資料館)
・デジタルアーカイブ研究所年報(岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所)
・デジタルアーカイブ学会誌(デジタルアーカイブ学会)
・同志社図書館情報学(同志社大学図書館司書課程) 
・南葵音楽文庫紀要(和歌山県立図書館)
・未来の図書館研究所調査・研究レポート(未来の図書館研究所)
・立正大学図書館司書課程年報(立正大学文学部図書館司書課程)
・Journal of I-LISS Japan(国際図書館情報学会日本支部)
・St.Paul's librarian(立教大学学校・社会教育講座司書課程)

ページ