アーカイブ - 2020年 7月 - car

7月 15日

山陰歴史資料ネットワーク、令和2年7月豪雨をうけ、「島根県西部豪雨水害に際する歴史資料の保存について」を公表

2020年7月15日、山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット)が、令和2年7月豪雨による、江の川中下流域での氾濫をうけ、「島根県西部豪雨水害に際する歴史資料の保存について」を公表しています。

被災者に対し、家財を処分する際に、古い記録や民具等が含まれていないか確認のうえ、処分する前に、専門家に相談するよう呼びかけています。また、保存すべき資料の選択や保存方法等について、山陰史料ネットにおいて相談を受け付けるとしています。

@sanin.siryou.net(Facebook,2020/7/15)
https://www.facebook.com/sanin.siryou.net/photos/a.973598616128739/1643806562441271/

国立国会図書館デジタルコレクションで資料2点が臨時的にインターネット公開:著作権者・出版者及び一般社団法人日本出版者協議会の協力により実施

2020年7月15日、国立国会図書館デジタルコレクションは、資料2点を臨時的にインターネット公開したことを発表しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、多くの図書館においてサービスが制限され、図書館利用者が不便な状況に置かれていることに対する緊急的な措置として、著作権者・出版者及び一般社団法人日本出版者協議会の協力により臨時公開が実施されました。

2020年7月のお知らせ(国立国会図書館デジタルコレクション)
https://dl.ndl.go.jp/information?targetInformationMonth=2020-07
※2020年7月15日付けのお知らせで、資料2点を臨時的にインターネット公開したことを発表しています。

鹿児島歴史資料防災ネットワーク、「歴史資料保全のお願い」を掲載

2020年7月11日、鹿児島歴史資料防災ネットワークが、「歴史資料保全のお願い」を掲載し、水害で被害を受けて汚損した資料であっても、破棄せずに保管するよう呼び掛けています。

また、鹿児島歴史資料防災ネットワーク事務局の連絡先や「歴史資料保全情報提供フォーム」へ連絡することを求めています。

歴史資料保全のお願い(鹿児島歴史資料防災ネットワーク, 2020/7/11)
http://kagoshima-shiryounet.seesaa.net/article/476142188.html

参考:
熊本県、令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始
Posted 2020年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/41496

【イベント】オンライン会議「Zoomで繋がる専門図書館」(7/21・オンライン)

2020年7月21日、専門図書館協議会が、オンライン会議「Zoomで繋がる専門図書館」を開催します。

新型コロナウイルス感染症や、度重なる水害を踏まえ、専門図書館のサービスや対策の状態や、課題、今後などについて、報告が行われます。

同会議は、オンライン会議ツールZoomを用いて実施され、参加者の質問をチャット等で受け付けるとしています。参加費は無料であり、7月21日の午後1時までに申込が必要です。

プレゼンターは以下の通りです。

・九州経済調査協会BIZCOLI 岡野氏

・大阪産業労働資料館 エル・ライブラリー 谷合氏

・大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)情報ライブラリー スタッフ 久野氏

・トヨタ博物館図書室 小室氏

・日本交通公社 旅の図書館 大隅氏

・機械振興会館 BICライブラリ 結城氏

米・アイオワ大学、“Black Lives Matter”に関する大学構内のスプレーペイントの写真を保存

2020年7月9日、米国のアイオワ大学が、“Black Lives Matter”に関する大学構内のスプレーペイントを写真に撮り、保存を行うことについて記事を掲載しました。

同大学では、建築年数や建材への特別な処置の必要性を踏まえて、建物におけるスプレーペイントの除去作業が進められています。記事の中では、スプレーペイントが持つメッセージを残し、偏見やバリアを取り除くためのガイドとすることを今回の取組の目的として挙げられています。写真は、同大学図書館が運営するアーカイブに保存される予定としています。

Libraries preserving images of spray-painting from Black Lives Matter protests(University of Iowa, 2020/7/9)
https://now.uiowa.edu/2020/07/libraries-preserving-images-graffiti-black-lives-matter-protests

新潟歴史資料救済ネットワーク、令和2年7月豪雨の資料保全活動に対し新潟県立歴史博物館が提供可能な支援物資等のリストを公表

2020年7月10日、新潟歴史資料救済ネットワークが、令和2年7月豪雨の資料保全活動に対し新潟県立歴史博物館が提供可能な支援物資等のリスト(7月9日付)を公表しています。

支援資材の品名・数量のほか、同館で資材輸送が可能であること(公用車にて現地まで輸送) 、梱包・輸送要員として同館職員等を2、3名派遣可能であることや、資料の仮保管場所の提供が可能であることが示されています。

日本図書館協会(JLA)図書館災害対策委員会、令和2年7月豪雨に関する情報を掲載

日本図書館協会(JLA)図書館災害対策委員会が、2020年7月14日付で同会のウェブページを更新し、令和2年7月豪雨に関する情報を掲載しています。

被災館および会員に対し、安全の確保ができた後、被災状況がわかるような写真を撮影すること、公共図書館であれば域内の県立図書館や日本図書館協会(図書館災害対策委員会)に被害の一報をすることを求めるとともに、今後の対応で困った場合には、日本図書館協会(図書館災害対策委員会)で相談を受け付けるとしています。

また、被災地以外の図書館に対しては、被災館の図書館員の多くが、災害応急対応や通信障害などにより、被災情報の発信や支援の要望をあげる余裕がないことが予想されることから、図書館の被災情報が得られ場合、日本図書館協会(図書館災害対策委員会)に情報を寄せるよう求めています。

図書館災害対策委員会(JLA)
http://www.jla.or.jp/tabid/600/Default.aspx
※2020年7月14日付の更新で、令和2年7月豪雨に関する情報が掲載されています。

7月 14日

文部科学省及び厚生労働省、「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する基本的な計画」を公表

2020年7月14日、文部科学省及び厚生労働省は、「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する基本的な計画」を公表しました。

同計画は、2019年6月に施行された視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律(読書バリアフリー法)の第7条に基づき、関連施策の総合的かつ計画的な推進を図るために、文部科学大臣及び厚生労働大臣が初めて策定したものです。

本計画の公表にあわせ、文部科学省及び厚生労働省が2020年4月14日から5月13日まで実施していた同計画(案)に関するパブリックコメントの結果も公表されています。

「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する基本的な計画」の決定について(文部科学省, 2020/7/14)
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00265.html
※同計画、パブリックコメントの結果がPDF及びテキスト形式で公開されています。

【イベント】シンポジウム「漢籍デジタル化公開と中国古典小説研究の展開」(8/8・オンライン)

2020年8月8日、東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門 (U-PARL)と東京大学アジア研究図書館の主催により、シンポジウム「漢籍デジタル化公開と中国古典小説研究の展開」が、Zoomウェビナーを利用したオンライン形式で開催されます。

当初2020年3月21日に開催を予定し、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み延期となっていた同名の公開シンポジウムを、一部プログラムを変更してオンラインシンポジウムとして開催するものです。

視聴は無料ですが、申し込みフォームによる事前の申し込みが必要です。当日のプログラムは以下のとおりです。

・開会の辞・趣旨説明
上原究一氏 (東京大学 准教授、U-PARL副部門長)

・『水滸伝』版本研究から何がわかるのか―白話文学における校勘の意義
小松謙氏(京都府立大学教授)

・『水滸伝』百二十回本の所在調査と諸本の相違
中原理恵氏(京都大学研修員)

・アジア研究図書館デジタルコンテンツ「水滸伝コレクション」の現状と展望
荒木達雄氏(U-PARL特任研究員)

・デジタル化資料を用いた中国古典小説版本研究
中川諭氏(立正大学教授)

Open Preservation Foundation(OPF)、フランス語・イタリア語・日本語・スペイン語・ポルトガル語によるメンバー募集パンフレットを公開

2020年7月9日、デジタル資料の長期保存を目指す非営利団体Open Preservation Foundation(OPF)は、メンバー募集パンフレットが6か国語で利用可能になったことを発表しました。

英国図書館(BL)のスタッフによって、英語パンフレットのフランス語・イタリア語・日本語・スペイン語・ポルトガル語への翻訳が行われ、英語を含めた6か国語によるパンフレットがOPFのウェブサイト上で公開されています。

OPFのメンバー募集パンフレットには、加入による特典の概要・加入機関からの声・メンバーの種別と年会費の概略などが案内されています。

New OPF membership brochure now available in six languages(OPF,2020/7/9)
https://openpreservation.org/news/new-opf-membership-brochure-now-available-in-six-languages/

英国図書館(BL)、16世紀末頃に成立しシェイクスピアが一部関与したとされる戯曲『サー・トーマス・モア』の原稿をデジタル化しオンライン公開

英国図書館(BL)は、2020年7月9日付のMedieval manuscripts blogで、エリザベス朝期の16世紀末頃に成立した戯曲『サー・トーマス・モア(The Booke of Sir Thomas Moore)』の原稿“Harley MS 7368”をデジタル化し、同館ウェブサイト上で公開したことを発表しました。

BLは公開された『サー・トーマス・モア』について、同作品の主たる作者はマンディ(Anthony Munday)だが、1871年にその筆跡から一部についてウィリアム・シェイクスピアの関与が指摘されたこと、シェイクスピアの自筆が残る現存唯一の戯曲原稿であること、などをデジタル化された画像とともに紹介しています。

欧州研究図書館協会(LIBER)、テキスト認識処理に関心のある図書館員にとって有用な文献のリストを公開

2020年7月8日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、光学文字認識(OCR)・手書きテキスト認識(Handwritten Text Recognition:HTR)といった、テキスト認識処理に関する文献リストを公開したことを発表しました。

LIBERは、テキスト認識処理の詳細、テキスト認識処理分野における新しい動向、品質の低いテキスト認識がデジタルコレクションに与える影響といった話題に関心のある図書館員に有用な文献を紹介する目的でリストを公開しました。LIBERのデジタル人文学・デジタル文化遺産ワーキンググループでは、メンバー宛に有用な文献の推薦を募って文献管理ツールZoteroへの集約を行っており、公開された文献リストは、このZoteroに集約された文献から抜粋されたものです。リストには以下のような文献が含まれています。

・米国のノースイースタン大学の報告書“A Research Agenda for Historical and Multilingual Optical Character Recognition”。印刷テキストや手稿を対象とした歴史的・多言語資料のOCRの品質改善に関する9つの提言などが含まれている。

American Archive of Public Broadcasting、1968年から1977年までに放送されたテレビ番組“Black Journal”の59エピソードをオンライン公開

米国議会図書館(LC)とボストンの公共放送局であるWGBHが共同で運営する、米国の公共放送の歴史的コレクションを提供するデータベース“American Archive of Public Broadcasting(AAPB)”は、2020年7月8日付けのブログ記事において、1968年から1977年までに放送されたテレビ番組“Black Journal”の59エピソードをオンライン公開したことを発表しました。

“Black Journal”は、アフリカ系米国人が自らのために自ら製作した初めての全国放送のテレビ番組であり、主に米国黒人社会の公共問題を取り扱っています。放送当初は、米国の公共放送サービス(PBS)の前身に当たる“National Educational Television(NET)”が製作し、後にニューヨークの系列局WNETへ製作が引き継がれました。

熊本県、令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始

2020年7月14日、熊本県が、令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始したと発表しています。

県文化課が装飾古墳館・鞠智城温故創生館と合同で事業主体となり、熊本県立美術館、熊本県立図書館職員、熊本県博物館ネットワークセンター、熊本被災史料レスキューネットワーク(熊本史料ネット)等の協力を得て実施するとしています。

実施期間は7月13日から3週間程度が予定されており、対象地域は人吉・球磨地域、八代・芦北地域としています。

令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始しました(熊本県,2020/7/14)
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34440.html

参考:
特定非営利活動法人映画保存協会、令和2年7月豪雨により水損被害を受けた視聴覚資料の洗浄に関する相談を受け付け
Posted 2020年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/41495

特定非営利活動法人映画保存協会、令和2年7月豪雨により水損被害を受けた視聴覚資料の洗浄に関する相談を受け付け

2020年7月8日、特定非営利活動法人映画保存協会が、同会の災害対策部において、令和2年7月豪雨により水に濡れたり土砂をかぶったりした8mmフィルムやビデオテープ等の視聴覚資料の洗浄に関する相談を受け付けると発表しています。

[災害対策部]2020 九州豪雨の被害について(映画保存協会,2020/7/8)
http://filmpres.org/whatsnew/11630/

参考:
天草市(熊本県)、ウェブサイトに「歴史資料保全のお願い」を掲載し、古い記録・美術工芸品等を捨てないよう呼びかけ
Posted 2020年7月13日
https://current.ndl.go.jp/node/41491

令和2年7月豪雨による被害を受け、大牟田市(福岡県)の三川地区公民館・駛馬地区公民館が臨時休館:図書コーナーの利用・貸出が当分の間中止

2020年7月9日、大牟田市立図書館(福岡県)は、令和2年7月豪雨の影響により、三川地区公民館・駛馬地区公民館が臨時休館し、両公民館の図書コーナーの利用・貸出ができないと発表しています。

同市の発表によると、両公民館については、令和2年7月豪雨により床上浸水するとともに、電気機器等が繋がらない状況となっており、図書館の貸出については、7月8日からは当分の間中止するとしています。

大牟田市立図書館 図書館からのお知らせ
http://www.library.city.omuta.fukuoka.jp/
※2020/07/09欄に「<三川地区公民館・駛馬地区公民館図書コーナー休止のお知らせ>」とあります。

7月 13日

ニュースパーク(神奈川県)、緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」を開催

神奈川県のニュースパーク(日本新聞博物館)が、2020年7月18日から9月27日まで、緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」を開催します。

同企画展は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う情報の氾濫「インフォデミック」が発生したことを踏まえて、情報リテラシーとメディアの役割を考えるものです。発表によると、新型コロナウイルス感染症に関する報道を振り返る新聞紙面と報道写真、過去に流行した感染症がどのように報じられたかを紹介する当時の新聞紙面、情報との付き合い方を考えるためのジャーナリズムや公衆衛生学等の研究者からのコメント等が展示されます。

緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」(ニュースパーク)
https://newspark.jp/exhibition/ex000208.html

米・コネチカット大学の図書館と工学部による手書き文字の認識技術開発(記事紹介)

2020年7月9日付で、米国のコネチカット大学が、同大学図書館と同大学工学部による、機械学習を用いた手書き文字の認識技術開発の取組に関する記事を公開しています。

同館が運営するデジタルアーカイブ“Connecticut Digital Archive”では、歴史的資料がオンラインで提供されています。しかし、手稿は光学文字認識(OCR)処理を行えないため、デジタル化後も検索ができない状況であり、米国の図書館等のネットワークLYRASISからの助成を受けて、同館は解決に取り組んでいます。

同館はマサチューセッツ歴史協会や同大学工学部等と協力し、22種類の文字の1万6,000枚以上の画像を2019年の夏に作り、そのパターンを識別するための、ニューラルネットワークを構築するアルゴリズムを作成しました。結果として、22文字すべてを対象とした際には86パーセント、4文字を対象とした際には96パーセント以上の正確さで、文字を認識できたとしています。

取組の目標としては、データセットの拡充、ニューラルネットワークの調整、改良版の一般公開が挙げられています。

天草市(熊本県)、ウェブサイトに「歴史資料保全のお願い」を掲載し、古い記録・美術工芸品等を捨てないよう呼びかけ

2020年7月10日、熊本県の天草市は、令和2年7月豪雨をうけ、ウェブサイトに「歴史資料保全のお願い」を掲載し、古い記録・美術工芸品等を捨てないよう呼びかけています。

災害復旧ボランティアに対して、被災した建物から古文書や美術工芸品などが出てきた際に、処分する前に所蔵者に確認することや、所蔵者に対して、安易に廃棄・売却などをせず、市文化課または熊本被災史料レスキューネットワークに連絡するように、としています。

歴史資料保全のお願い(天草市,2020/7/10)
https://www.city.amakusa.kumamoto.jp/kiji0037224/index.html

参考:
歴史資料ネットワーク(史料ネット)、「2020年九州豪雨被災地のみなさま、ボランティアのみなさまへ(歴史資料保全のお願い)」を発表
Posted 2020年7月8日
https://current.ndl.go.jp/node/41451

人吉城歴史館(熊本県)、令和2年7月豪雨により、展示品・収蔵品の水没等の被害

2020年7月10日に熊本県災害対策本文会議が開催した「令和2年7月豪雨に係る熊本県災害対策本部会議(第8回)」の会議資料によると、人吉城歴史館は、床上浸水、展示品・収蔵品の水没、窓ガラスの破損等の被害を受けたとのことです。

令和2年7月豪雨に係る情報について(熊本県)
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34110.html
https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=34110&sub_id=46&flid=242879
※二つ目のリンクが「令和2年7月豪雨に係る熊本県災害対策本部会議(第8回)」の会議資料[PDF:7.53MB]です。58ページ目に人吉城歴史館の被害状況の記載があります。

ページ