アーカイブ - 2019年 6月 13日 - car

米国議会図書館(LC)、CIPデータベースをリニューアル

2019年6月12日、米国議会図書館(LC)が、CIP(Cataloging in Publication)データベース“PrePub Book Link (PPBL)”の公開を発表しています。

2003年に公開したシステムを1年半以上の作業を経て全面的にリニューアルしたもので、小規模出版社向けに米国議会図書館管理番号(LCCN)の付与を行うPreassigned Control Number(PCN)プログラムも新しいデータベースに統合されました。

新しいデータベースは処理が高速されており、出版社は複数のアカウントでログインし出版する本のPDFファイルを添付することができます。またプロセスの合理化のため自動入力のデータボックスが提供されています。

【イベント】岐阜市立中央図書館開館4周年記念トーク「新たな知の広場を創り続けるために~ユーモアと身振り手振り、豊かな対話あふれる図書館をめざして~」(7/14・岐阜)

2019年7月14日、みんなの森ぎふメディアコスモス(岐阜県岐阜市)において、岐阜市立中央図書館開館4周年記念トーク「新たな知の広場を創り続けるために~ユーモアと身振り手振り、豊かな対話あふれる図書館をめざして~」が開催されます。

劇作家の平田オリザ氏をゲストに招き、豊かな対話あふれる広場としての図書館をつくるためにできることを語り合う内容です。参加無料、定員200名(要申込み・先着順)であり、申込みの受付は6月20日から開始されます。

プログラムは次のとおりです。

・1部 「広場としての図書館」
 トーク:平田オリザ氏
・2部 「図書館という文化装置をめぐって」
 トーク:平田オリザ氏、聞き手:吉成信夫氏(岐阜市立図書館館長)

新たな知の広場を創り続けるために ~ユーモアと身振り手振り、豊かな対話あふれる図書館をめざして~(岐阜市立図書館)
https://g-mediacosmos.jp/lib/information/2019/06/post-668.html

Google Arts & Cultureでアンネ・フランクが幼少期を過ごした家のバーチャルツアーが公開:アンネ・フランク生誕90年を記念して

2019年6月12日、Google社はアンネ・フランク生誕90年を記念し、Google Arts & Cultureにおいてアンネ・フランクに関するバーチャルツアーとオンライン展示を公開したことを発表しました。

バーチャルツアーでは、一家が隠れ家に移り住む前、アンネ・フランクが幼少期を過ごしたオランダ・アムステルダムのMerwedeplein37番地にある家の内部が閲覧できます。

オンライン展示では、唯一存在が知られているアンネ・フランクの動画や、アンネ・フランク一家に関する写真等が公開されています。

韓国・議政府市に、2019年11月、公共美術図書館が開館

2019年6月13日付の韓国・聯合ニュースが、韓国・京畿道の議政府市に11月開館予定の公共美術図書館について報じています。

報道によると、同館は、韓国初の公共美術図書館で、一般的な図書館サービスに加え、既存の作家や新進の作家を発掘・育成し、美術を専攻しようとする青少年の夢を実現するための芸術教育の基盤とするために2018年3月に着工され、先月竣工しました。

建設費は217億ウォン、地下1階・地上3階で総面積は6,5375平方メートルです。

建物は、地下1階は書庫・作品収蔵庫・駐車場、1階は展示スペース(多様な展示会を実施)、2階は一般・児童図書館、3階はプログラム室・多目的室・作業室・事務スペースという構成になっているとのことです。

また、現在同市では開館に向け準備中で、展示を担当するキュレーターを選考しているとのことです。

국내 첫 미술 전문 공공도서관 11월 의정부에 개관(国内初美術専門公共図書館11月議政府に開館)(聯合ニュース,2019/6/13)
https://www.yna.co.kr/view/AKR20190612138300060

韓国国会図書館(NAL)、国会と地方議会間の情報交流活性化を目指し、全国17の広域市・道議会と「韓国議政情報協議会」を創設

2019年6月12日、韓国国会図書館(NAL)が、全国17の広域市・道議会と「韓国議政情報協議会」を創設したと発表しています。

同会の参加議会を243の地方議会全体に拡大し、既存の「国会・地方議会議政情報ポータル」を「大韓民国議政情報ポータル」として充実させる計画です。

NALの館長は「韓国学術情報協議会」「韓国法律情報協議会」「韓国議政情報協議会」の3大全国ネットワークを通して、開放・共有・協力を拡大すると述べています。

国会図書館 プレスリリース
http://www.nanet.go.kr/libintroduce/bododata/selectBodoDataList.do
※「281 국회도서관, 전국 17개 시도의회 참여 「한국의정정보협의회」 설립
2019-06-12」(国会図書館・全国17の市道議会が参加し「韓国議政情報協議会」設立)とあります。

県立長野図書館、郷土資料ゾーンの展示「信州の食」にあわせ「山菜」「端午の節句のごちそう」に関するおすすめレシピを募集中

県立長野図書館が、2019年6月12日付けのブログで、郷土資料ゾーンの展示「信州の食」にあわせ、「山菜」「端午の節句のごちそう」に関するおすすめレシピを募集していることを紹介しています。

寄せられた各家庭の季節にちなんだレシピ・子どもに伝えていきたいレシピは、ボードに掲示したり、ブログで紹介していくとしています。

信州のレシピ募集中(よむナガノ 県立長野図書館ブログ,2019/6/12)
https://blog.nagano-ken.jp/library/2019/06/12/%E4%BF%A1%E5%B7%9E%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94%E5%8B%9F%E9%9B%86%E4%B8%AD/

中国の文化・観光部、2018年の文化・観光発展統計公報を公表:公共図書館に関する統計も掲載

2019年5月30日、中国の文化・観光部は、2018年の文化・観光発展統計公報の公表について発表しています。

公報の中には、以下のような全国の公共図書館に関する統計情報(2018年末時点)も含まれています。

米・Ithaka S+R、イシューブリーフ“What’s a Collection Anyway?”を公開

米・Ithaka S+Rは、2019年6月6日付けのブログ記事において、イシューブリーフ“What’s a Collection Anyway?”の公開を紹介しています。

学術図書館においてこれまで重きが置かれていた「コレクション」という概念が、ネットワーク化・分散化され、ライセンス契約による資料提供が進む現在の環境の中でどのように変わりつつあるのかを、変化の要因とそれらがコレクションという概念に与える影響に焦点を当てつつ分析しています。

Legacy Missions in Times of Change:New Issue Brief on Library Collections(Ithaka S+R, 2019/6/6)
https://sr.ithaka.org/blog/legacy-missions-in-times-of-change/