アーカイブ - 2019年 6月 12日 - car

【イベント】第5回中産研セミナー「社史の魅力とその活用法」(7/6・豊橋)

2019年7月6日、愛知大学豊橋校舎(愛知県豊橋市)において、愛知大学中部地方産業研究所による第5回中産研セミナー「社史の魅力とその活用法」が開催されます。

社史研究家の村橋勝子氏を講師に迎え、社史の魅力やその活用術に関する講演が行われます。
申込不要・入場無料です。

第5回中産研セミナー「社史の魅力とその活用法」(愛知大学中部地方産業研究所)
http://www.chusanken.jp/symposium.php?nendo=2019&type=symposium#SymposiumID81
http://www.chusanken.jp/pdf/20190612100117-pdf.pdf
※二つ目のリンクはチラシです。[PDF:1ページ]

【イベント】セミナー「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」(7/28・大阪、8/2・東京)

日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会は、セミナー「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」の開催を発表しています。

同委員会が「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」を近く公表することから、セミナーではガイドラインについて解説を行い、今後の図書館サービスの現場で具体的に活用されることを目指すとしています。

第1回は2019年7月28日に大阪私学会館(大阪市都島区)で、第2回は8月2日に日本図書館協会(東京都中央区)において開催され、第1回、第2回は同一内容とあります。また、参加に当たっては資料代として500円が必要です。

日本図書館協会(JLA)非正規雇用職員に関する委員会、「公共図書館における非正規雇用職員に関する実態調査 調査結果(速報)」を公表

日本図書館協会(JLA)非正規雇用職員に関する委員会が、「公共図書館における非正規雇用職員に関する実態調査 調査結果(速報)」(2019年5月付け)を公表しています。

公共図書館に勤務する非正規雇用職員の労働条件、担当業務、能力開発、キャリア形成について、それぞれの実態を明らかにすることを目的として実施された調査であり、2018 年12 月から2019 年1 月にかけて、神奈川県の全公共図書館に勤める非正規雇用職員を対象に質問紙調査が行われました。

今回公開された調査結果(速報)では、回収できた調査票 547 のうち、選択肢で回答可能な項目を単純集計した結果が示されています。

公共図書館における非正規雇用職員に関する実態調査 調査結果(速報)[PDF:6ページ]
https://www.jla.or.jp/Portals/0/data/iinkai/seisakukikaku/hiseikiankehto.pdf

剽窃判別ソフトTurnitin、英国の機関リポジトリアグリゲーターCOREとの連携を発表:テキストの類似性をチェック

2019年5月31日、剽窃判別ソフトTurnitinは、英国の機関リポジトリアグリゲーターCOREとの連携を発表しています。

COREのFastSyncサービスを用いて、TurnitinのウェブクローラーがCOREのオープンアクセス(OA)のコンテンツとメタデータを検索し、テキストの類似性のチェックを行います。

PressTurnitin Partners with CORE, the World’s Leading Aggregator of Open Access Research Articles(Turnitin,2019/5/31)
https://www.turnitin.com/press/turnitin-partners-with-core

東洋文庫、「東洋文庫所蔵和書分類検索」の増補分の公開を開始

2019年6月11日、東洋文庫が、「東洋文庫所蔵和書分類検索」の増補分3,000点の公開を開始したと発表しています。

【ライブラリ】東洋文庫所蔵和書分類検索の増補分(3千件)の公開を開始しました(東洋文庫,2019/6/11)
http://www.toyo-bunko.or.jp/oshirase/oshirase_showeach_db.php?tgid=80

和書分類検索
http://124.33.215.236/wasyocat/wasyocat.php

参考:
東洋文庫、「東洋文庫所蔵和書分類検索」を公開
Posted 2018年4月23日
http://current.ndl.go.jp/node/35894

英国図書館(BL)によるビジネス・知財センター(Business&IP Centre)ネットワークとNPOが連携し、女性起業家のためのイベントを国内の図書館で巡回実施

2019年6月10日、英国図書館(BL)は、BL及び国内13の図書館に設置されているビジネス・知財センター(Business&IP Centre)のネットワークとNPO・Make It Your Businessが連携し、女性起業家のためのインフォーマルな講演会と交流会によるイベントを、英国内の図書館で巡回実施すると発表しました。

Make It Your Businessは、起業を望む女性が、名声のある地元の女性起業家と知り合いその知見から学ぶとともに、他の地元の女性起業家と交流する機会を提供するプログラムを実施している団体で、今回の巡回イベントは、ビジネス・知財センターのネットワークの卒業生として成功した女性起業家等を招いての企画です。

6月28日にバーミンガム図書館から開始されます。

Digital Science社、オープンアクセス(OA) の単行書に関する現状調査報告書を公表

2019年6月11日、Digital Science社が、オープンアクセス(OA)の単行書に関する現状を調査した報告書“The State of Open Monographs An analysis of the Open Access monograph landscape and its integration into the digital scholarly network”を公表しました。

得られた主な知見として以下の点等が指摘されています。

・単行書においてはOAまだ比較的小さな位置を占めるに過ぎず、OAの単行書のダイレクトリDOABに掲載されているものは2万点以下である(世界の年間の単行書の出版点数(推計)は8万6,000点)

・Knowledge UnlatchedやTOMEといった事業が、単行書のOAが標準となるような新しいビジネスモデルを試みている

・単行書は人文社会科学分野で中心であり続けているが、その出版技術は、印刷業界や雑誌業界の二ーズによって主導されているため、単行書の大部分は成長するデジタル学術情報基盤から外れている

千葉県、「新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)」に係る意見募集を実施

2019年6月11日、千葉県は、「新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)」を策定し、同案に対する意見募集を行うと発表しました。

同県が2018年1月に策定した「千葉県立図書館基本構想」において、現在の県立図書館3館体制を1館に機能集約し、知識基盤社会における「知の拠点」となる新たな県立図書館を整備するとともに、類似施設との複合化の可能性を検討することとしたことから、今回、同構想を具体化するために、文書館との複合施設とする「新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)」を策定し、同案への意見を募集するものです。

募集期間は6月12日から7月2日までです。

新千葉県立図書館等複合施設基本計画(原案)の策定及び意見募集について(千葉県,2019/6/11)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/iken/2019/toshokeikaku.html