アーカイブ - 2019年 3月 7日 - car

ORCID, Inc.、2018年の年次報告書を公開

2019年3月6日、ORCID, Inc.が、2018年の年次報告書を公開しました。

報告書の公開を発表しているブログ記事では、登録数が500万件に、会員数が1,000に達したこと、API 3.0のベータ版を公開したこと、12月には9の助成機関がORCID実装のために努力することを表明する公開書簡に署名したことなど、報告書の概要が紹介されています。

ORCID Annual Report for 2018 Now Available!(ORCID, 2019/3/6)
https://orcid.org/blog/2019/03/06/orcid-annual-report-2018-now-available

2018 Annual Report
https://doi.org/10.23640/07243.7811459.v1

神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ『上海』『上海週報』の公開画像が事前申請なしで二次利用が可能に

2019年3月5日、神戸大学附属図書館は、デジタルアーカイブ『上海』『上海週報』で公開している画像について、事前申請なしで二次利用が可能になったと発表しています。

『上海』は、1913年から1945年まで上海で発行された日本語雑誌です(1928年から1933年までは『上海週報』)。

著作権保護期間内の記事画像はマスキングした上で公開されています。

また、併せてデータベースのリニューアルを行い、ファイル閲覧にビューアが不要となりました。

附属図書館デジタルアーカイブ『上海』『上海週報』二次利用自由化について(神戸大学附属図書館,2019/3/5)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/12758/

上海,上海週報(神戸大学附属図書館)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000003shanghai

米国公共図書館(PLA)、金融リテラシー教育に関する資源の公共図書館への提供に関しキャピタルワン・フィナンシャル社と提携

2019年3月6日、米国図書館協会(ALA)の米国公共図書館(PLA)は、金融リテラシー教育に関する教育資源の公共図書館への提供に関するキャピタルワン・フィナンシャル社との提携を発表しました。

キャピタルワン・フィナンシャル社が高齢者向けに開発した、モバイルバンキングに関する基本的なスキル取得のための動画“Ready, Set, Bank”を、全国の公共図書館に提供する内容です。スペイン語での受講も可能です。

米国国立医学図書館(NLM)、PubMedの更新版を“PubMed Labs”で公開

2019年3月4日、米国国立医学図書館(NLM)が、生物医学分野の文献の増大に対応するための検索品質等の向上を目指して作業中のPubMedの更新版を“PubMed Labs”のプラットフォーム上で公開したと発表しています。

機械学習アルゴリズムに基づく新しいソート機能“Best Match”、検索結果画面におけるスニペット表示、レスポンシブデザインの採用、Solr・MongoDB・Djangoといった技術の採用、利用者主導型の開発、といった特徴が紹介されています。

An Updated PubMed Is on Its Way. NLM Tech Bull. 2019 Mar-Apr;(427):e1.
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/ma19/ma19_pubmed_update.html

米国デジタル公共図書館(DPLA)、コネチカット州のサービス・ハブからのコンテンツの提供を開始

2019年3月6日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、コネチカット州のサービス・ハブ(州単位で複数機関のデータを集約する連携先)である“Connecticut Digital Archive ”からのコンテンツの提供を開始したと発表しています。

“Connecticut Digital Archive”は、コネチカット大学図書館の事業で、州内の40以上の文化遺産機関からの多様な資料が含まれています。

ブリッジポート公共図書館及びバーナム博物館所蔵の興行師P・T・バーナムのコレクション、コネチカット州立図書館所蔵の19世紀の新聞、ハートフォード公共図書館所蔵のブラックパンサー党の1960年代後半の活動を記録した動画コレクション、コネチカット大学及びコネチカット歴史協会所蔵の同国の進歩主義時代(1890年代から1920年代)に成功した繊維会社の記録、ハートフォード医学協会歴史図書館所蔵の18世紀から20世紀の同地域の医師に関する記録等、7万5,000点を超えるコンテンツがDPLAから閲覧できるようになりました。

流山市立おおたかの森こども図書館(千葉県)、R.E.A.D.プログラム「こころの情操教育 わんわん読書会」を開催

千葉県の流山市立おおたかの森こども図書館が、おおたかの森センターにおいて、2019年度、「こころの情操教育 わんわん読書会」を開催すると発表しています。

米国で始まった、子どもが犬に本を読み聞かせることで楽しみながら読書力・読書意欲を増進させるプログラム「R.E.A.D.プログラム」に基づくイベントで、2019年4月から2020年1月にかけて9回開催されます。

流山市おおたかの森センター、どんぐり学童クラブとの共催で、公益社団法人日本動物病院協会の協力を得て実施されます。

対象は、一人で絵本を音読できる幼児から小学生までで、定員は各回8人です。
参加には事前の申し込みが必要です。

イベントや講座等のご案内 (流山市おおたかの森)
http://otakanomori.city/event.html
※「わんわん読書会こころの情操教育」の案内があります。