アーカイブ - 2018年 9月 - car

9月 4日

美馬市立図書館(徳島県)、毎月第1・第3日曜日に将棋サロンを開設

徳島県の美馬市立図書館が、2018年9月から、世代や性別を超えた交流の場とすることを目的に、毎月第1・第3日曜日に将棋サロンを開設します。

対象は、小学生から一般の人で、参加費は無料、事前の申込も不要です。

美馬市は十二世名人・小野五平氏の出身地とのことです。

美馬市立図書館(Facebook,2018/8/24)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=914782842055510&id=170181613182307

小中学生ら大人と勝負 美馬市立図書館が将棋サロン開設(徳島新聞,2018/9/3)
http://www.topics.or.jp/articles/-/94797

【イベント】第5回全国史料ネット研究交流集会(11/17-18・新潟)

2018年11月17日と18日に、 新潟大学中央図書館において、第5回全国史料ネット研究交流集会が開催されます。

2018年に発生した様々な災害を前提に、資料保全活動は複合災害・広域災害にどのように対処するかという問題を考えることが喫緊の課題となっており、同集会ではこの課題について、2004年の中越地震以降今日まで資料保全活動が続けられてきた新潟で、これまでの各地での経験をふまえつつ、2018年に発生した災害に直面した各ネットの具体的な経験と実践を受けとめ、研究交流を深めることを目的とするとしています。

参加費は無料で、事前の申し込みも不要です。

第5回 全国史料ネット研究交流集会のお知らせ(新潟・11/17-18)(歴史資料ネットワーク,2018/9/3)
http://siryo-net.jp/event/20181117-18-koryusyukai5-niigata/

大阪市立図書館、「神ファイブ画像できたぞ選手権」の投票結果を発表

2018年9月3日、大阪市立図書館が、「神ファイブ画像できたぞ選手権」において応募のあった20作品に対して7月6日から8月31日にかけて館内・同館ウェブサイト・各種イベントで行なった投票の結果を発表しました。

神ファイブ画像できたぞ選手権-投票編ー結果発表!(大阪市立図書館,2018/9/3)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jog7e0wzo-510#_510

オープンデータの活用事例 神ファイブ画像できたぞ選手権-投票編ー結果発表!(大阪市立図書館,2018/9/3)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jojiu84ss-9509#_9509

「アーカイブサミット2017 in 京都」の報告書が公開

2018年9月3日、文化資源戦略会議が、「アーカイブサミット2017 in 京都」の報告書を、同会議のウェブサイトで公開しました。

アーカイブサミット2017 in 京都の報告書を掲載しました! (文化資源戦略会議,2018/9/3)
http://archivesj.net/news/post-1128/

アーカイブサミット2017 in Kyoto報告書 [PDF:123ページ]
http://archivesj.net/wp-content/uploads/2018/09/archivesummit2017.pdf

参考:
E1973 - アーカイブサミット2017 in 京都<報告>
カレントアウェアネス-E No.337 2017.11.16
http://current.ndl.go.jp/e1973

9月 3日

京都市図書館、ビブリオバトル大会異世代交流戦を開催

2018年10月20日から11月4日にかけて、京都市図書館が「第3回京都市図書館ビブリオバトル大会 異世代交流戦」を開催します。

同企画では京都市に存在する4つの中央図書館(京都市中央図書館、右京中央図書館、伏見中央図書館、醍醐中央図書館)で予選を行い、各図書館の予選を勝ち抜いたチャンプが11月4日に京都市中央図書館で開催される決戦に進出することのことです。出場資格は京都市に在住・在学・在勤している、もしくは図書館カードを登録している小学5年生以上とされています。

米国議会図書館(LC)、2018年の“Library of Congress Literacy Awards”受賞団体を発表

2018年8月31日、米国議会図書館(LC)が、2018年の“Library of Congress Literacy Awards”の各賞の受賞団体を発表しました。

・David M. Rubenstein Prize :Reading Is Fundamental(米・ワシントン,D.C.)
1966年に創設された子どものリテラシー向上に焦点を当てた活動を行っている非営利団体。

・American Prize:イーストサイドコミュニティスクール(米・ニューヨーク州・ニューヨーク市)
年平均40冊以上の図書を読み、リテラシー技術を改善させ、文学を通した、生徒の社会・情緒的、政治的ニーズに対処し、読書好きになる読書プログラムを独自に実施。

・International Prize:Instituto Pedagogico para Problemas del Lenguaje(メキシコ・メキシコシティ))
教育プログラムや放課後支援を通した、主に貧困家庭の、聴覚に障害がある児童や言語障害や学習障害のある児童のリテラシー向上を支援する非営利団体。

その他、ベストプラクティスとして選ばれた15団体も表彰されています。

内閣府、「生涯学習に関する世論調査(平成30年7月調査)」を公表

2018年8月31日、内閣府が、「生涯学習に関する世論調査(平成30年7月調査)」を公表しました。

6月28日から7月8日にかけて、全国18歳以上の日本国籍を有する者3,000人を対象に行った調査です(有効回収数1,710人(回収率57.0%))。

図書館に関する調査結果では、ここ約1年間での学習場所・学習形態に関する質問(複数回答可)において「学習した」と回答した人(58.4%)のうち、図書館・博物館・美術館で学習したと回答した割合は13.8%でした。

なお、上記質問で学習したことが無いと答えた707人を対象にその理由を尋ねた質問(複数回答可)では、仕事が忙しくて時間がないと回答した割合が33.4%で、特に必要がない31.1%、きっかけがつかめない15.8%、家事・育児・介護等が忙しくて時間がない15.0%、と続きます。

その他、生涯学習のための情報の収集方法に関する質問では「公民館や図書館などでのポスター、チラシ」で収集すると回答した割合が18.2%、社会人となった後の大学・大学院・短大・専門学校などでの学習に関する質問では、講座が開講されると学習しやすい場所として、図書館や公民館などの社会教育施設と回答した割合が45.4%となっています。

国立国会図書館(NDL)と国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)、連携協力に関する協定を締結

2018年8月31日、国立国会図書館(NDL)と国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)は、9月1日の「防災の日」に先立ち、連携協力に関する協定を締結しました。

両機関は、これまでも国立国会図書館東日本大震災アーカイブプロジェクトにおいて連携してきました。この協定締結により、両機関が保有する資料やデータを相互に活用し、防災に関するデジタルアーカイブシステムの構築を進め、発展させるとともに、両機関で様々な防災教育・研究活動を支援していくことで、広く国民の防災・減災対策に寄与することを目指します。

2018年9月3日 防災科学技術研究所との協定の締結について(付・プレスリリース)(NDL, 2018/9/3)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/180903_01.html

東京大学文書館、「東京大学文書館デジタル・アーカイブ」を本公開

2018年8月31日、東京大学文書館が「東京大学文書館デジタル・アーカイブ」を本公開しました。

東京大学文書館 トピックス
https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/history/
※「2018.8.31 東京大学文書館デジタル・アーカイブを本公開しました」とあります。

東京大学文書館デジタル・アーカイブ
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/UTArchives/uta/s/da/

参考:
東京大学文書館、「東京大学文書館デジタル・アーカイブ(ベータ版)」を試用公開
Posted 2017年10月16日
http://current.ndl.go.jp/node/34832

電子出版制作・流通協議会(電流協)、「電子図書館(電子貸出サービス)実施図書館(2018年7月1日)」を公表

2018年8月31日、電子出版制作・流通協議会(電流協)は、電子図書館(電子書籍貸出サービス)を導入している公共図書館をまとめた資料「電子図書館(電子貸出サービス)実施図書館(2018年7月1日)」を公表しました。

電子図書館名とURL、実施自治体、利用している電子図書館サービス、サービス開始年月が表でまとめられています。

電流協 お知らせ
https://aebs.or.jp/
※「2018年08月31日 電子図書館(電子貸出サービス)実施図書館(2018年7月1日)公表の件」とあります。

電子図書館(電子貸出サービス)実施図書館(2018年7月1日)(電流協)
https://aebs.or.jp/Electronic_library_introduction_record.html

ページ