アーカイブ - 2018年 9月 - car

9月 7日

京都府立図書館、「台風21号による京都府内の図書館の被害について(9月6日公表)」を発表

2018年9月6日、京都府立図書館が、「台風21号による京都府内の図書館の被害について(9月6日公表)」を発表しました。

京都市久世ふれあいセンター図書館、向日市立図書館、久御山町立図書館、京田辺市立中央図書館、井手町図書館、南丹市立図書館八木図書室の被害状況が掲載されています。

京都府立図書館 お知らせ
https://www.library.pref.kyoto.jp/
※2018.09.06欄に「台風21号による京都府内の図書館の被害について(9月6日公表)」とあります。

台風21号による京都府内の図書館の被害について(9月6日公表)(京都府立図書館)
https://www.library.pref.kyoto.jp/?p=15950

9月 6日

北米研究図書館協会(ARL)が報告書シリーズ“SPEC Kit”第360号を公開:ラーニングアナリティクス(Learning Analytics)がテーマ

2018年9月5日、北米研究図書館協会(ARL)が報告書シリーズ“SPEC Kit”第360号を刊行しました。

会員館が、学習履歴を活用して学習・教育活動に活用する「ラーニングアナリティクス」(Learning Analytics)を支援するために、データの収集と管理のバランスをどのように実行しているか、また、職業倫理義務にどのように注意を払っているかを調査したものです。

研究図書館のラーニングアナリティクス事業の計画方法・採用方法・参画方法、データセキュリティやプライバシー保護のための仕組み、ラーニングアナリティクス事業に参画する際に直面する倫理的課題、上記課題の交渉・解決方法等が調査されています。

また、図書館のプライバシーに関する声明やポリシー、研究機関のプライバシーポリシーやデータセキュリティポリシーなども事例も掲載されています。

米国図書館協会(ALA)専門・政府・企業図書館部会(ASGCLA)が発足

2018年9月5日、米国図書館協会(ALA)の専門・政府・企業図書館部会(ASGCLA)が発足しました。

連邦政府および軍図書館に関するラウンドテーブル(FAFLRT)の廃止と専門・企業図書館部会(ASCLA)への合併により発足したものです。

Federal, Armed Forces, Specialized & Cooperative Libraries Merge to Form New Division of ALA(ASGCLA,2018/9/5)
https://www.asgcladirect.org/2018/09/federal-armed-forces-specialized-cooperative-libraries-merge-to-form-new-division-of-ala/

Science Europe、研究成果物の完全で即時のオープンアクセスを実現するための公的助成機関によるイニシアチブ“cOAlition S”の開始を発表

2018年9月4日、欧州の研究助成財団・研究実施機関が加盟するScience Europeは、11の公的助成機関(オーストリア科学財団・ フランス国立研究機構・アイルランド科学財団・イタリア国立核物理学研究所・ルクセンブルグ研究財団・オランダ科学研究機構・ノルウェー研究会議・ポーランド国立科学センター・スロベニア研究機構・スウェーデン環境・農業研究審議会・英国リサーチ・イノベーション)が、欧州委員会(EC)の支援を受けて、研究成果物の完全で即時のオープンアクセス(OA)を実現するためのイニシアチブ“cOAlition S”を開始すると発表しました。

同イニシアチブは、2020年1月1日までの公的助成を受けた成果物の、規約に準拠したOAジャーナルやOAプラットフォームでの公開の義務化という1つの目標と、そのための10の原則からなるPlan Sを中心に構築されており、公的・民間を問わず、世界中の研究助成機関の参加を呼びかけています

What is cOALition S?(Science Europe,2018/9/4)
https://www.scienceeurope.org/coalition-s/

図書館デザインショーケース2018(米国)(記事紹介)

米国図書館協会(ALA)が発行するamerican libraries誌の2018年9月/10月号において、2018年に北米で新しく建てられた、もしくは改築された図書館17館が写真とともに掲載されています。

以下の図書館に関する簡単な説明と、建築家、面積、費用などの情報がまとめられています。

松竹大谷図書館、クラウドファンディングプロジェクト第7弾「世界へ翔んだ、川上音二郎・貞奴の軌跡を未来へ。」を開始

2018年9月4日、松竹大谷図書館が、クラウドファンディングプロジェクト第7弾「世界へ翔んだ、川上音二郎・貞奴の軌跡を未来へ。」を開始しました。

今回のプロジェクトは、同館運営費及び所蔵資料の120年前の「川上音二郎・貞奴アルバム」を修復・デジタル化のための資金調達を目的としています。

募集期間は2018年10月24日までで、目標金額は250万円(図書館運営金180万円、「川上音二郎・貞奴アルバム」修復・デジタル化費用70万円)と設定されています。

松竹大谷図書館 お知らせ
https://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/
※2018/09/04欄に「ネットを通じて当館への支援募集を開始しました」とあります。

平成30年7月豪雨で被害を受けた福知山市立図書館大江分館(京都府)、臨時図書館を開設

平成30年7月豪雨で被害を受けた福知山市立図書館大江分館(京都府が)、2018年9月7日、臨時図書館を開設します。

臨時図書館の開設場所は大江町総合会館2階の成人教室で、元の大江分館の場所(1階)から、同じ建物の2階に移動したものです。

福知山市立図書館
https://www.lib100.nexs-service.jp/city-fukuchiyama/
※2018/08/31欄に「【おしらせ】大江分館の臨時図書館 開設のおしらせ」とあります。  

参考:
平成30年台風第7号と前線等による大雨の図書館への影響
Posted 2018年7月9日
http://current.ndl.go.jp/node/36293

9月 5日

平成30年台風第21号による博物館等への影響

平成30年台風第21号の影響により、臨時休館となっている博物館等があります。
※今後、情報を追加する場合があります。

・博物館

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、「NISTEP大学・公的機関名辞書」(ver.2018.2)及び「Scopus-NISTEP大学・公的機関名辞書対応テーブル」を公開

2018年8月31日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、「NISTEP大学・公的機関名辞書」(ver.2018.2)及び「Scopus-NISTEP大学・公的機関名辞書対応テーブル」を公開しました。

「Scopus-NISTEP大学・公的機関名辞書対応テーブル」は、科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業(SciREX事業)の一環として、1996年から2016年の期間にScopusに採録された論文のうち、日本の機関に所属する著者を含む論文のデータ(約235万件)を対象に、国内の機関の名称の名寄せを行った成果です。

Scopus-NISTEP大学・公的機関名辞書対応テーブルの公開について(NISTEP,2018/8/31)
http://www.nistep.go.jp/archives/37914

平成30年台風第21号による図書館への影響

平成30年台風第21号の影響により、暫くの間休館、もしくは復旧が未定の図書館があります。また、停電による休館や、窓ガラスの破損、雨漏り等の被害を受けた図書館もあります。
※今後、情報を追加する場合があります。

・公共図書館

北海道立図書館
https://www.library.pref.hokkaido.jp/web/news/vmlvna0000009gsw.html
※「本日、台風の影響による停電のため、ホームページを含めた図書館システムが停止していましたが、復旧いたしました。ご迷惑をおかけしました。」(北海道立図書館,2018/9/5)とあります。

Wikipedia、ブラジル国立博物館の火災被害を受け、Wikimedia Commonsへの同館コレクションの写真のアップロードを呼びかけ

2018年9月5日、Wikipediaが、ブラジル国立博物館(Museu Nacional)の火災により同館のコレクションに被害が出たことを受け、同館コレクションの写真を持つ人に対し、Wikimedia Commonsへのアップロードを呼びかけています。

@Wikipedia(Twitter,2018/9/5)
https://twitter.com/Wikipedia/status/1037066123869483008

関連:
NOTA AO PUBLICO (Museu Nacional)
http://www.museunacional.ufrj.br/destaques/notaimprensa.html
※火災を受けてブラジル国立博物館が発表したプレスリリース(ポルトガル語)

西予市(愛媛県)、「愛媛県西予市役所の水損行政文書レスキューと関連資材支援のお願い」を公表

2018年9月3日、平成30年7月豪雨の被害を受けた愛媛県の西予市が、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)のウェブサイトで「愛媛県西予市役所の水損行政文書レスキューと関連資材支援のお願い」を公表しました。

肱川の氾濫により水損被害を受けた市役所の行政文書数千点の修復作業を実施するにあたり、ボランティアによる作業支援と、作業に必要な資材(送風機、新聞紙、段ボールサンド)の送付による支援を呼びかけるものです。

全史料協 新着情報
http://jsai.jp/
※2018. 9. 3欄に「愛媛県西予市役所の水損行政文書レスキューと関連資材支援のお願い」「西予市より全史料協ホームページを御覧の皆様へ」とあります。

愛媛県西予市役所の水損行政文書レスキューと関連資材支援のお願い [PDF:4ページ] 
http://jsai.jp/rescueA/NishinihonHR2018/20180830request_from_Seiyo.pdf

陸前高田市(岩手県)、震災拾得物等返還促進事業「思い出の品」を再開

復興庁の被災者支援総合事業(心の復興事業)として、三陸アーカイブ減災センターが陸前高田市からの委託を受けて実施している震災拾得物等返還促進事業「思い出の品」が、2018年9月4日、再開しました。

常設の竹駒会場(旧市立図書館事務所)のほか、市内・市外・県外(東京都・仙台市)での出張返却会も予定されています。

@takata.omoide(Facebook,2018/9/1)
https://www.facebook.com/takata.omoide/posts/2685196988172672

@takata_omoide(Twitter,2018/9/2)
https://twitter.com/takata_omoide/status/1036068986994098176

陸前高田市立図書館(岩手県)、移動図書館はまゆり号の運行再開

岩手県の陸前高田市立図書館が、2018年9月から、新館開館のために運行を休止していた移動図書館はまゆり号の運行を再開しました。

移動図書館の運行再開のお知らせ(陸前高田市立図書館)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/tosyokan/main/osirase/2018/0824/idou-tosyokan.html

移動図書館(陸前高田市立図書館)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/tosyokan/main/idou/idou.html

Library of the Year 2018の優秀賞とライブラリアンシップ賞の受賞機関が発表

2018年8月31日、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)によるLibrary of the Year 2018(LoY2018)の優秀賞とライブラリアンシップ賞の受賞機関が発表されました。

各賞の受賞機関は以下の通りです。

・ライブラリアンシップ賞
白山市立松任図書館・学校図書館支援センター(石川県)

・LoY2018優秀賞 ※順不同
甲州市立勝沼図書館(山梨県)
3.11オモイデアーカイブ
バリューブックス
小山市立中央図書館(栃木県)

10月30日に第20回図書館総合展内で開催予定のLibrary of the Year2018最終選考会において大賞およびオーディエンス賞が決定されます。

LoY2018 二次選考会結果発表!(IRI,2018/8/31)
https://www.iri-net.org/loy/loy2018second/

9月 4日

国立国会図書館(NDL)、国際シンポジウム「イノベーションと公共部門の役割」の記録集を刊行

2018年8月31日、国立国会図書館(NDL)は、東京本館(新館講堂)において3月1日に開催した国立国会図書館支部図書館制度創設70周年記念国際シンポジウム「イノベーションと公共部門の役割」の記録集を刊行し、ウェブサイトで公開しました。

新着情報(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※2018年8月31日欄に「国立国会図書館支部図書館制度創設70周年記念国際シンポジウム「イノベーションと公共部門の役割」記録集を刊行しました。」とあります。

国立国会図書館支部図書館制度創設70周年記念シンポジウム「イノベーションと公共部門の役割」記録集(NDL)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11125683

2018年8月27日に発生した豪雨により館内の一部が利用できなくなっていた世田谷区立深沢図書館(東京都)が全面開館

2018年9月4日、8月27日に発生した豪雨による浸水被害で館内の一部が利用できなくなっていた東京都の世田谷区立深沢図書館が全面開館しました。

ただし、一部の図書が利用できなくなっています。

また、東京都の杉並区立高井戸図書館でも、8月27日の豪雨により一部浸水被害がありましたが、翌日から開館しています。

深沢図書館が全面開館しました(世田谷区立図書館,2018/9/4)
https://libweb.city.setagaya.tokyo.jp/main/0000001114/article.html

@TakaidoLibrary(Twitter,2018/8/28)
https://twitter.com/TakaidoLibrary/status/1034322380691103747

米・国立航空宇宙博物館 、スペースシャトル・ディスカバリーをテーマとした“Space Shuttle Discovery”を“Google Arts & Culture”で公開

2018年8月30日、米・スミソニアン協会は、同協会が運営する国立航空宇宙博物館が、スペースシャトル・ディスカバリーをテーマとした“Space Shuttle Discovery”を“Google Arts & Culture”で公開したと発表しました。

1984年8月30日のディスカバリー初飛行を記念して同日付で公開したもので、200点以上のスペースシャトルに関する歴史的資料や電子展示のほか、博物館内部のバーチャルツアー、ディスカバリー内部の360度動画などが掲載されています。

Knowledge Unlatched (KU) 、2018年度のアクセス数が100万件を超す:昨年比25%増

2018年8月28日、Knowledge Unlatched (KU) は、KUで提供している950タイトルを超す人文・社会科学分野のオープンアクセス(OA)の単行書に対して、2018年8月時点で100万回以上のアクセスがあったと発表しています。

2017年1年間と比較してアクセスが25%増加しており、OAPEN経由で57万件の全文ダウンロードが、JSTOR経由で49万件の章ごとのダウンロードがあったとしています。

Knowledge Unlatched titles reach over 1 million downloads in 2018(KU,2018/8/28)
http://www.knowledgeunlatched.org/2018/08/1-million-downloads/

【イベント】没年調査ソン in 京都 Vol.3(9/22・京都)

2018年9月22日、京都府立図書館において、「没年調査ソン in 京都 Vol.3」が開催されます。

京都府立図書館の自主学習グループ「ししょまろはん」が主催するこのイベントは、京都にゆかりのありそうな人物の没年調査をひたすら行うものです。国立国会図書館関西館職員による没年の調べ方の講義、前回参加者によるコメント、府立図書館の使い方等の説明ののち、短時間で集中して没年調査を行います。

没年調査ソンvol.3開催のお知らせ(ししょまろはんラボ, 2018/8/30)
http://libmaro.kyoto.jp/?p=602

没年調査ソンvol.3が当館で開催されます(京都府立図書館)
https://www.library.pref.kyoto.jp/?p=15880

ページ