アーカイブ - 2017年 8月 - car

8月 2日

米国政府印刷局、米国議会図書館と共同で、1940年代の連邦議会議事録をデジタル化し“govinfo”で公開

2017年8月1日、米国政府印刷局(GPO)が、米国議会図書館(LC)と連携し、1941年から1950年までの連邦議会議事録をデジタル化し、連邦政府の情報を利用できるデータベース“govinfo”で公開したと発表しています。

公開したものは、第77議会から第81議会までの議事録で、フランクリン・ルーズベルト大統領が連邦議会に対し対日宣戦を求めた演説、ドイツ・日本の降伏、復員、マーシャル・プラン、冷戦の開始に関するもの等が含まれます。

Digitized Bound Congressional Record 1941 - 1950 Now Available(govinfo,2017/8/1)
https://www.govinfo.gov/features/crecb-1941-1950-now-available

岐阜県図書館、企画展示「数奇な運命をたどった外邦図―参謀本部陸地測量部の地図を中心に―」を開催

岐阜県図書館が、2017年8月5日から10月9日まで、企画展示「数奇な運命をたどった外邦図―参謀本部陸地測量部の地図を中心に―」を開催します。

同館が所蔵する約1万4千点の外邦図の中から、東南・南アジア、太平洋地域のものを中心に22点展示し、外邦図(海図も含む)や同館の収集経緯を解説します。

県図書館所蔵地図展「数奇な運命をたどった外邦図―参謀本部陸地測量部の地図を中心に―」(岐阜県図書館)
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/event/kikaku-tenji/top.html#28

関連:
外邦図(岐阜県図書館)
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/map/worlddis/mokuroku/out_japan/out_japan.htm

文部科学省、第9期学術情報委員会(第3回)の配布資料を公開

文部科学省が、2017年6月21日に開催された、科学技術・学術審議会学術分科会 第9期学術情報委員会(第3回)の配布資料を公開しています。

文部科学省 新着情報
http://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
※平成29年08月01日に「第9期学術情報委員会(第3回) 配付資料」とあります

第9期学術情報委員会(第3回) 配付資料(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/040/shiryo/1387142.htm

タブを開く毎にEuropeana収録の芸術作品を表示させる“Art Up Your Tab”、Firefoxにも対応

Europeanaが、タブを開く毎にEuropeana収録の芸術作品を表示させる“Art Up Your Tab”のFirefox版が公開されたことを発表しています。

Firefox用のプラグインのために選ばれた作品は、狐(Fox)や火(Fire)に関連するもので、火に関する作品の例として、明治時代の版画家・小林清親の「久松町ニ而見る出火」(アムステルダム国立美術館所蔵)が紹介されています。

既に公開済みのChrome拡張機能は、2,000人以上にインストールされ、100万以上のタブが開かれたと紹介されています。

Art Up Your Tab now available for Firefox(europeana pro,2017/8/2)
http://pro.europeana.eu/blogpost/art-up-your-tab-now-available-for-firefox

文部科学省、「科学技術・学術分野の国際展開について-我が国の国際競争力の向上に向けて-」を発表

2017年8月1日、文部科学省が、「科学技術・学術分野の国際展開について-我が国の国際競争力の向上に向けて-」を発表しました。

2017年2月に発表された科学技術・学術審議会国際戦略委員会の報告書において、日本の研究者の国際流動性不足やトップ10%論文の国際シェアの低下という課題や、国際的な潮流になりつつあるSDGsへの対応が必要である旨が指摘されました。

そのことを受け、2017年5月に「科学技術・学術分野における国際的な展開に関するタスクフォース」が設置され、「基礎科学力の強化に関するタスクフォース」での議論も踏まえ、科学技術・学術分野における国際的な展開に関して、2018年度に取り組むべき新施策や既存施策の活用方策について検討した結果をまとめたものです。

【イベント】シンポジウム「地域歴史資料救出の先へ」(9/2・いわき)

2017年9月2日、福島県のいわき市文化センターにおいて、人間文化研究機構広領域型基幹研究プロジェクト国文学研究資料館ユニット「人命環境アーカイブズの過去・現在・未来に関する双方向的研究」シンポジウム「地域歴史資料救出の先へ」が開催されます。

福島県内の歴史資料の保全と継承に関する以下の報告が行われます。

参加費は無料で、事前の申し込みは不要です。

・「民俗資料の保全をめぐる限界と可能性―福島県における民具の救出を事例に―」 
内山大介氏(福島県立博物館主任学芸員)

・「「地域の記憶」を記録する―浪江町請戸地区における大字誌編纂の取り組み―」 
泉田邦彦氏(東北大学大学院生)

・「救出した歴史資料の射程―福島県浜通りから未来へ―」
西村慎太郎氏 (国文学研究資料館准教授)

・「被災の記憶と資料を未来へ伝える試み―双葉町と筑波大学の震災資料保全活動―」
白井哲哉氏(筑波大学教授)

倉吉博物館(鳥取県)、再開館

鳥取県中部地震による被災で臨時休館し、2016年12月3日から一部開館していた鳥取県倉吉市の倉吉博物館が、2017年8月1日に再開館しました。

地震により中止となった美術部門の展示「新収蔵品展」や、考古部門の常設展示「復元なった古代の美」等が8月1日から8月18日まで開催されています。

また、例年5月から6月に実施している倉吉市美術展覧会を9月に開催するほか、地震発生から1年を迎える10月には、企画展「倉吉博物館復興祈念展」が開催されます。

博物館周辺駐車場の修繕など災害復旧工事全体は、10月末完了を目途に継続中とのことです。

倉吉博物館
http://www1.city.kurayoshi.lg.jp/hakubutsu/
※「平成29年8月1日 再開館しました」とあります。

8月 1日

フランス国立図書館が実験中のツール“ISNI Demande”(記事紹介)

2017年8月にポーランドのヴロツワフで開催される第83回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会での発表資料として、フランス国立図書館(BnF)のBOULET, Vincent氏等による“At Home among Strangers: Overcoming Tensions between Publishers’ and Library Data: The National Library of France’s Experimental Tool for Automated ISNI Attribution”と題する記事が公開されています。

BnFが実験している “ISNI Demande”と呼ばれるツールを紹介するもので、出版社から提供された著者に関する情報を取り込んで典拠レコードの暫定版を作成し、それを国際標準名称識別子(ISNI)のデータベースに送信するとともに、改めてISNIを出版社に送信することで、図書館が外部データを利用して、情報源に対する典拠コントロールを確立できるよう設計されたものです。

米国図書館協会、地方の公共図書館の現状を分析した報告書を公開

2017年7月31日、米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局(OITP)が、ICT技術やその他リソースに関する、米国の地方の公共図書館(以下、図書館)の現状を概観した報告書“Rural Libraries in the United States: Recent Strides, Future Possibilities, and Meeting Community Needs”を公開しました。

ALAとメリーランド大学情報政策アクセス・センターによるデジタル包摂に関する調査と、博物館・図書館サービス機構(IMLS)の公共図書館調査のデータの最新版を総合的に分析して得られた結果をまとめたものです。

報告書では、

・60%の図書館は、その行政システムの一環として単一の場所のみにサービスを提供しており、スケールメリットが阻害されている。

・人口密集地帯から遠く離れた図書館は、ほぼ単一館で、ほとんどの運営評価基準において立ち遅れている。

・図書館のブロードバンドの容量は、米国の家庭での基準より遅く、人口密集地帯から離れた図書館ほどより遅くなっており、1/10の図書館は利用者のニーズを満たせていない。

フランス国立図書館、オープンデータ画像の額装した複製物作成のためのオンデマンド端末を設置したと発表

フランス国立図書館(BnF)は2017年7月25日、同館のオープンデータ画像を紙やキャンバスに複製し額装するためのオンデマンド端末を、館内に2台設置していることを発表しました。

この端末から、利用者はオンデマンドで同館の著作権の保護期間の満了した資料の画像の複製物を作成することができます。

印刷する画像は日本の浮世絵やボタニカルアートなど、テーマに沿って用意されています。印刷する媒体は紙かキャンバスのいずれかをタッチパネルで選び、額縁も選択します。館内の書店で料金を支払うと印刷が開始され、その場で額に入った複製物を受け取ることができるとのことです。

Bornes de tirages à la demande(BnF,2017/7/25)
http://www.bnf.fr/fr/la_bnf/bibliotheque_haut-de-jardin/s.hdj_bornes.html?first_Art=non

鹿児島大学、図書館を含む保有施設等を対象としたネーミングライツ・パートナーの募集を開始

2017年7月31日、鹿児島大学が、ネーミングライツ・パートナーの募集を開始しています。

大学が対象施設等の財産を特定して、ネーミングライツ協定を結ぶ財産特定型と、建物屋内外(教室の入口等)にネーミングライツの提案を受け、協定を結ぶ提案募集型の2種類を募集しており、財産特定型の対象施設には、中央図書館・図書館桜ヶ丘分館・図書館水産学部分館が含まれています。

鹿児島大学ネーミングライツ・パートナー募集(鹿児島大学,2017/7/31)
https://www.kagoshima-u.ac.jp/information/2017/07/post-1198.html

国立大学法人鹿児島大学ネーミングライツ・パートナー募集要項(鹿児島大学)
https://www.kagoshima-u.ac.jp/information/namingbosyu.pdf

国文学研究資料館と株式会社PFU、可搬型ブックスキャナを用いた歴史的典籍の電子化実証実験を実施

2017年8月1日、 国文学研究資料と株式会社PFUは、可搬型ブックスキャナを用いた歴史的典籍の電子化実証実験の結果を発表しています。

両者は、同館の「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」(歴史的典籍NW事業)の一環として、歴史的典籍に特化したブックスキャナの共同研究を行なっており、今回の実証実験は、PFU社が開発中の可搬型ブックスキャナを、和歌山県田辺市の鬪雞神社に持ち込んで、同社が所蔵する古典籍「今昔物語集(写本)」の電子化を行なったものです。

実証実験の結果、日本各地に点在し、所蔵場所から持ち出すことが難しい古典籍についても、可搬型ブックスキャナを用いることで、大幅に電子化作業時間が短縮され、生産性を向上させることが検証されたとのことです。

今回の実証結果をもとに可搬型ブックスキャナのさらなる改良をおこない、歴史的典籍NW事業への参加大学や、日本各地の古典籍所蔵機関、個人所有者の協力を得て、実地評価を進め、書籍の読み取りに関する様々な業務への適応を拡大し、2018年度中の提供開始を目標に開発を進めるとのことです。

池田文庫、雑誌記事索引にシアター・ドラマシティ広報誌「Drama city」の記事を追加

2017年7月30日、池田文庫が、蔵書検索サービスで公開している雑誌記事索引に、大阪市にある劇場シアター・ドラマシティが1992年から2004年まで発行していた広報誌「Drama city」の記事を追加したと発表しています。

シアター・ドラマシティ広報誌「Drama city」の記事索引の採録を完了しました(池田文庫,2017/7/30)
http://www.hankyu-bunka.or.jp/ikedabunko/topics/258/

関連:
雑誌記事索引 採録誌一覧(池田文庫)
http://www.hankyu-bunka.or.jp/ikedabunko/library-search/index/

ページ