アーカイブ - 2017年 10月 5日 - car

Internet Archive、Wayback Machineにウェブページを構成する要素をタイムスタンプ付きでリスト表示させる機能を追加

2017年10月5日、Internet Archive(IA)が、Wayback Machineに、収集されたウェブページを構成するファイル等の要素をタイムスタンプ付きでリスト表示させる機能を追加したと発表しています。

リストには、画像、CSSといった当該ページを構成するファイルなどの要素のURLや日付、現在のページと比較しての時差が表示されます。

リストにカーソルを合わせると強調表示され、クリックするとそのファイルのみが表示されます。

ツールバーの右側にある“About this capture” をクリックすることで利用することができます。

Wayback Machine Playback… now with Timestamps!(IA,2017/10/5)
http://blog.archive.org/2017/10/05/wayback-machine-playback-now-with-timestamps/

米・コロラド州ジェファーソン郡公共図書館、地元のビール醸造所と連携したイベントを開催:18歳から35歳までの図書館利用促進が目的

米・コロラド州のジェファーソン郡公共図書館が、地域の20のビール醸造所と連携し、“Stouts & Stories, Ales & Tales”を開催しています。

地元紙の報道によると、18歳から35歳までの図書館利用が少ない層に対して、彼らが子どものころの図書館と現在の図書館とは異なっていることを理解してもらい、図書館の利用を促進することが目的です。

2017年10月1日から11月15日にかけては、図書館等でパスポートを入手し、醸造所でクーポンを利用して試飲すると、スタンプがもらえる“Jeffco Passport Beer Tour”が実施されます。所定の数のスタンプを集めると、クージー(保冷・保温性のあるドリンクカバー)やボトルオープナー、パイントグラスといった限定品がもらえます。

また、10月11日には、ラマーストリートセンターにおいて、地元のクラフトビールの試飲会や醸造所関係者による講演が行われ、会場には移動図書館車も停車します。

LC法律図書館、法情報や同館の調査ガイド・外国法に関する報告書を紹介するチャットボットを公開

2017年10月4日、米国議会図書館(LC)の法律図書館が、法情報や同館の調査ガイド・外国法に関する報告書を紹介するチャットボットを公開しました。

同館Facebookの「メッセージ送る」(Send Message)を押下すると利用可能で、“yes” や“no” 、もしくは限られた数のコマンドを入力すると、求めている情報が紹介される仕組みとなっています。

We are Excited to Announce the Release of the Law Library of Congress Chatbot(LC,2017/10/4)
http://blogs.loc.gov/law/2017/10/we-are-excited-to-announce-the-release-of-the-law-library-of-congress-chatbot/

陸前高田市(岩手県)、2017年11月末をもって「震災拾得物等返還促進事業(思い出の品)」を一旦終了:写真類約7万2,000枚・物品約2,500点を保管中

岩手県の陸前高田市は、同市が三陸アーカイブ減災センターに委託して実施している事業「震災拾得物等返還促進事業(思い出の品)」を、2017年11月末をもって一旦終了すると発表しています。

現在も、写真類が約7万2,000枚、物品が約2,500点が保管されています。

震災拾得物等返還促進事業(思い出の品)について(陸前高田市)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/shisei/kakuka-oshirase/kikaku/omoidenosina/omoidenosina.html
※「"11月末で一旦終了"のお知らせ」とあります。

全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局、今後の全国遺跡報告総覧へのデータ登録等に関する基本方針を公開

2017年9月25日付けで、全国遺跡報告総覧プロジェクト事務局が、今後の全国遺跡報告総覧へのデータ登録等に関する基本方針を公開しています。

同日付けで、文化庁記念物課より【「埋蔵文化財保護行政におけるデジタル技術の導入について2(報告)」の送付について】が事務連絡として全国の都道府県教育委員会埋蔵文化財保護行政主管課長宛に送付されたことを受けたものです。

今後は発行主体による直接登録(セルフアーカイブ)とし、事務局や連携大学でのPDFへの電子化作業や全国遺跡報告総覧への代行登録は原則として実施しないこと、窓口を事務局(奈良文化財研究所、島根大学附属図書館)に一本化すること、文化庁の事務連絡で実施されている「全国遺跡報告総覧登録意向調査」において登録の意向を示した地方公共団体に意向調査の締切日以降に全国遺跡報告総覧のログインIDを一斉配布すること、登録に関するブロック説明会(5ブロック)を開催予定であること、が示されています。

【イベント】IIIF (International Image Interoperability Framework) ワークショップin九州(10/20・福岡)

2017年10月20日、九州大学中央図書館において、「IIIF(International Image Interoperability Framework)ワークショップin九州」が開催されます。

米国のIIIFコミュニティの主要メンバーによる、IIIFの概要、APIやビューアーなどIIIFが持つ機能、日本の研究資料を対象にしたIIIF導入の事例の講演(英語)のほか、実習(日本語)が行なわれます。

参加費は無料です。事前の申込が必要です。

14:00-14:35 IIIFの概要 [英語]
 Sheila Rabun (IIIF),Tom Cramer (Stanford University)
14:35-15:10 IIIFの機能 [英語]
 Jack Reed (Stanford University)
15:25-16:00 IIIFと日本研究資料のデジタル化 [英語]
 Dr. Reagan Murphy Kao (Stanford University)
16:00-17:00 IIIFの実習 [日本語]
 永崎研宣(人文情報学研究所)