アーカイブ - 2016年 6月 - car

6月 21日

『ダ・ヴィンチ・コード』の著者ダン・ブラウン(Dan Brown)氏、30万ユーロを図書館に寄附:寄付金は資料デジタル化に活用

2016年6月16日、オランダのアムステルダムにあるリトマン図書館は、‘Da Vinci Code’(ダ・ヴィンチ・コード)の著者として有名なダン・ブラウン(Dan Brown)氏が、同館に30万ユーロを寄附したことを発表しました。

同氏は、‘The Lost Symbol’や ‘Inferno’の執筆に当たり、同館を利用したとのことで、寄付金は同館の貴重書・手稿コレクションのデジタル化に充てられるとのことです。

なお、デジタル化される資料は4,600点にのぼり、2017年春にはオンラインで利用可能になる予定です。

Author Dan Brown donates to digitize ancient texts(Ritman Library, 2016/6/16)
http://www.ritmanlibrary.com/2016/06/author-dan-brown-donates-to-digitize-ancient-texts/

Pew Research Center、米国のニュースメディアに関する調査結果”State of the News Media 2016”を公開

2016年6月15日、米国の調査機関Pew Research Centerは、米国のニュースメディアの現状について複数の手法を用いて調査した結果をまとめたレポート”State of the News Media 2016”を公開しました。このレポートではニュースを製作している機関に加え、ニュースを人々に提供している機関の現状についても分析されています。

主な分析結果として、新聞の購読料の減少や、印刷・デジタル双方での広告費の減少等に加え、人々がニュースを得るメディアの変化等もまとめられています。最も多くの人々がニュースに触れているメディアはテレビ(57%)でしたが、次いで多かったのはニュースサイトやアプリ、SNS等のデジタル媒体(38%)で、印刷体の新聞からニュースを得ている米国人は20%にとどまったとのことです。また、デジタル媒体から得られる広告料の大部分は、ニュースを製作しているジャーナリズムの側ではなく、それを提供しているFacebookやGoogle、Yahoo、Twitter等の企業の収入になっているとされています。

State of the News Media 2016(Pew Research Center、2016/6/15付け)

エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館、初めてテレビ放送された大統領候補者のディベート映像をデジタル化 YouTubeで公開

米国エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館がデジタル化した、初めてテレビ放送された大統領候補者のディベート映像が、2016年6月3日からYouTubeで公開されています。

今回公開されたのは1956年5月21日にABCが放送した民主党の大統領候補者同士のディベート映像で、出演しているのはアドレー・スティーブンソン氏とエステス・キーフォーバー氏です。スティーブンソン氏がリンカーン大統領図書館・博物館の前身であるイリノイ州歴史図書館に、1962年に寄贈した16mmフィルムに基づく映像で、現存するコピーは2つしか知られておらず、いずれもこれまで公開されていませんでした。

なお、この年の大統領選挙ではスティーブンソン氏が民主党の大統領候補に指名されましたが、本選では共和党の現職大統領であったアイゼンハワー氏に敗北しています。

Adlai Stevenson and Estes Kefauver - First Televised Debate, 1956(YouTube、2016/6/3付け)
https://www.youtube.com/watch?v=hfoq3wf52YA&feature=youtu.be

ジョージア州グイネット郡図書館 北米で初の開館時間外の「セルフサービス」利用を開始(米国)

2016年6月14日、米国ジョージア州グイネット郡図書館は、Bibliotheca社のシステム”Open+”を導入し、利用者が開館時間外でも「セルフサービス」で図書館を利用できるようにすることを発表しました。Open+を導入した公共図書館は北米では初めてとのことです。

Open+は入退館管理、自動貸出機、利用者向けコンピュータ管理、照明、警報、館内アナウンス、安全管理等を一括して提供するシステムで、英国やデンマークでは導入実績のあったものとのことです。グイネット郡図書館ではまず2016年6月20日より、ローレンスビル分館で試験提供を開始します。

Open+を利用できるのは18歳以上の図書館カードを有する利用者で、登録料として5ドルが必要になります。玄関に備えられたカードリーダーに図書館カードを通し、PINコードを入力すると入館できるようになるとのことです。

Gwinnett County Public Library to Begin Self-Service Access with Launch of open+(Gwinnett County Public Library、2016/6/14付け)

研究データ同盟・国際科学会議世界科学データシステム、研究データと論文の関連情報を情報交換するための新しいフレームワーク“Scholix”を発表

2016年6月20日、研究データ同盟(RDA)と国際科学会議世界科学データシステム(ICSU-WDS)が、研究データと論文の関連情報を情報交換するための新しい国際的な総合運用性フレームワーク“Scholix”を発表しています。

フレームワークは、概念モデル、情報モデル、情報標準及びエンコーディングガイドライン、交換プロトコルのためのオプション、から構成され、(1)データおよび文献の可視性や発見可能性の拡大(2)データを再利用可能な状況にする(3)クレジット帰属メカニズムの支援、を主要な目的としており、ディスカバリーサービス・インパクトファクターといった第三者によるサービスでも活用できるように設計されています。

このフレームワークは、RDAとICSU-WDSのData Publishing Servicesが、Crossref、DataCite、OpenAIRE、PANGAEA、International STM Association、Australian National Data Service、Elsevierと共同でおこなったワーキンググループの成果です。

Crossref、DataCite、OpenAIREでは、既に、このフレームワークを用いたサービスの開発を進めていると発表されています。

小郡市立図書館(福岡県)、カーリルの市町村立図書館向けサービス「Unitrad ローカル」を全国初導入:「Unitrad ローカル」提供開始

2016年6月21日、株式会社カーリルは、横断検索API「カーリルUnitrad API」を活用した市町村立図書館向けサービス「Unitrad ローカル」の提供開始と、同サービスを福岡県の小郡市立図書館が全国で初めて導入したことを発表しています。

小郡市立図書館では6月20日からサービス(「小郡市・広域連携横断検索」)を稼働しています。

カーリル社の発表によれば、佐賀県との県境に位置する同館において、都道府県立図書館が整備する横断検索サービスだけではカバーできなかったとされる横断検索が可能となったとのことで、「小郡市・広域連携横断検索」では、小郡市立図書館が相互協力協定を締結する福岡県下の10の図書館と佐賀県の2つの図書館が検索可能となっています。

なお、「Unitrad ローカル」は、株式会社富士通マーケティングの公共図書館業務システム「iLiswing V3」に組み込まれています。また、「カーリル Unitrad API」を採用した図書館としては京都府立図書館に続き2館目となります。

小郡市・広域連携横断検索
https://ogori.calil.jp

【プレスリリース】「Unitrad ローカル」の提供を開始しました(カーリルのブログ, 2016/6/21)

臨床試験データと論文をリンクさせるCrossrefのプロジェクトにElsevier社が参加

2016年6月20日、Elsevier社は、Crossrefが提供するサービスである“CrossMark”上で臨床試験データと論文をリンクさせるというプロジェクトに参加したことを発表しました。

Elsevier社の発行する20の保健医学に関する雑誌の論文について臨床試験番号(clinical trial number:CTN)やデジタルオブジェクト識別子(DOI)をCrossrefに提供することになります。

Crossrefのブログによれば、論文と臨床試験番号を関連付けることで、それぞれの臨床試験番号から、関係する論文を検索できるようにする仕組みとのことです。

Pilot project uses technology to increase clinical trial transparency(Elsevier, 2016/6/20)
https://www.elsevier.com/connect/pilot-project-uses-technology-to-increase-clinical-trial-transparency

スミソニアン協会、学習支援機能を備えたデジタルアーカイブ“Smithsonian Learning Lab”を公開

2016年6月20日、スミソニアン協会は、Smithsonian Center for Learning and Digital Access (SCLDA) が、“Smithsonian Learning Lab”を公開したと発表しています。

教師及び児童・生徒・学生等の様々な教育ニーズを支援できるように設計されており、デジタル化されたスミソニアン協会のミュージアム資料を検索できるほか、それら資料等を用いた自分自身のコレクションの作成・メタデータ(注釈)付与・一般公開の機能があり、その他、ソーシャルメディアを使った情報共有や、ウェブ上で宿題(課題)を作成することもできるようになっています。

Times Higher Education社、アジアの大学ランキング2016年版を公開:東京大学は7位へ

2016年6月20日、Times Higher Education社(THE)は、アジアの大学ランキング2016年版を公開しました。

2015年版に1位であった東京大学は7位となり、替わって1位にはシンガポール国立大学がランクインしています。また、2位もシンガポールの南洋理工大学となっています。

上位200大学には、中国(香港、マカオ、台湾等は除く)から39大学、日本から39大学がランクインしています。

THEの発表ではロンドン大学インスティチュート・オブ・エデュケーションのSimon Marginson氏のコメントが紹介されており、

・日本の大学がここ20年予算削減されてきた一方、中国では「九校联盟」が創立されるなどしていること
・日本の国際競争や国際化に関する財政支援プログラムは、小規模になっており、予算削減の穴埋めにしかなっていないこと
・中国の高等教育や科学に関する評価が高まっている状況にあり、これが調査の評価において中国に追い風となったこと

などに言及し、中国の台頭と日本の相対的地位の低下を指摘しています。

なお、このランキングは、世界大学ランキングと同様の方法に基いて集計されています。

Asia University Rankings 2016: results announced(THE, 2016/6/20)

米国議会図書館、連邦官報の1936年の創刊号から1993年刊行分までをデジタル化して公開

2016年6月20日、米国議会図書館(LC)が、連邦官報の1936年の創刊号から1993年刊行分までをオンラインで公開したと発表しています。

同コレクションは、法律系学術出版社のWilliam S. Hein & Co., Inc社からオンライン公開を目的にLCの法律図書館が取得したものです。

なお、1994年以降分は、電子版が、米国政府印刷局(GPO)の政府刊行物提供サイト“Federal Digital System”(FDsys)で閲覧することができます。

Federal Register Volumes Now Available Online(Law Librarians of Congress,2016/6/20)
http://blogs.loc.gov/law/2016/06/federal-register-volumes-now-available-online/

Digital Collections > Federal Register
https://www.loc.gov/collections/federal-register/about-this-collection/
https://www.loc.gov/collections/federal-register/

米国図書館協会(ALA)、ビジネス支援を行う図書館に関する報告書“The People’s Incubator: Libraries Propel Entrepreneurship”を公開

2016年6月20日、米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局(OITP)が、ビジネス、起業のあらゆる場面で活用される公共図書館、学術図書館の事例を示した報告書“The People’s Incubator: Libraries Propel Entrepreneurship”を公開しました。

・ビジネスプランを立てるための講座や助言を行う図書館
・起業家のための仕事場としての役割を果たす3Dプリンター、デジタル黒板、ビデオ会議室などを備えた図書館
・米国中小企業庁(Small Business Administration:SBA)や、SBAの支援を受けて退職者の企業を支援するNPOであるSCORE(Service Corps of Retired Executive)と連携する図書館

等の事例が挙げられています。

The People’s Incubator: Libraries Propel Entrepreneurship
http://www.ala.org/advocacy/sites/ala.org.advocacy/files/content/ALA_Entrepreneurship_White_Paper_Final.pdf

Springer Nature社のナノテクノロジー・ナノ科学に関するプラットフォーム“Nano”

2016年6月15日、Springer Nature社は、ナノテクノロジー・ナノ科学に関するデータや合成法、文献等を検索できるプラットフォーム“Nano”の立ち上げについて発表しました。

データベース機能とディスカバリツール機能(アブストラクト、索引など)を併せもつものとなっています。

2015年5月のSpringer Nature社創立後初の雑誌以外のプロダクトとなります。

Nano
http://nano.nature.com/

6月 20日

総務省、AIネットワーク化検討会議の報告書2016「AIネットワーク化の影響とリスク-智連社会(WINSウインズ)の実現に向けた課題-」を公表

2016年6月20日、総務省情報通信政策研究所は、報告書2016「AIネットワーク化の影響とリスク-智連社会(WINSウインズ)の実現に向けた課題-」を公表しました。

2016年2月から開催されてきた「AIネットワーク化検討会議」において、AIネットワーク化について検討を行ってきた内容をまとめたものです。

AIネットワーク化とは、AIネットワークシステム(人工知能(AI)を構成要素とする情報通信ネットワークシステム)の構築及びAI相互間の連携等AIネットワークシステムの高度化のことを指します。

第1章 AIネットワーク化をめぐる最近の動向
第2章 「智連社会」における人間像
第3章 AIネットワーク化に関する評価指標
第4章 リスク・シナリオ分析(ロボットを題材にして)
第5章 今後の課題

の5章からなります。

AIネットワーク化検討会議 報告書2016 の公表(総務省, 2016/6/20)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000050.html

報告書2016「AIネットワーク化の影響とリスク-智連社会(WINSウインズ)の実現に向けた課題-」
http://www.soumu.go.jp/main_content/000425289.pdf

オランダの研究データに関する国内調整拠点・LCRDM(記事紹介)

ヴァーヘニンゲン大学のウェブサイトで、同学の図書館も参加するオランダの研究データに関する国内調整拠点(National collaboration on Research Data Management:LCRDM)について記事が掲載されています。

LCRDMは2015年10月1日から2017年12月31日までの期間限定で、オランダのSURF財団によって設立された、オランダにおける学術研究に関する研究データ管理方針の開発、導入の支援などを行う拠点です。

記事によれば、LCRDMはオランダ科学研究機構が2014年9月に開催した研究データ管理に関するセミナーで、国内共同について呼びかけられたもので、最終的にオランダ大学協会(VSNU)の求めにより設立されたものとなっています。

2015年11月30日付で、活動のロードマップも示されており、今夏から、LCRDMの5つのワーキンググループ(設備・データの基盤、法的側面・所有権、財政面、研究者支援、啓発・参画)の活動が本格化することが示されています。

National collaboration on Research Data Management(Wageningen UR, 2016/6/15)

カナダ政府の研究助成機関3機関が、研究データ管理の指針を採択

2016年6月15日、カナダ政府の研究助成機関である社会・人文科学研究会議(Social Sciences and Humanities Research Council:SSHRC)が、カナダ保健研究機構(Canadian Institutes of Health Research:CIHR)及びカナダ自然科学・工学研究会議(Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada:NSERC)と3機関共同でデジタルデータ管理の指針に関する声明を採択したことを発表しました。

この指針は何らかの義務を課すものではなく、各ステークホルダー(研究者や研究機関、研究コミュニティ、研究データ管理に関する資金を提供する者など)ごとに期待されるべき役割及びその責務を定めたものです。

Tri-Agency Statement of Principles on Digital Data Management(Science.gc.ca)
http://www.science.gc.ca/default.asp?lang=En&n=83F7624E-1

国立国会図書館、来館せずに利用できるサービス(ホームページや各種コンテンツ)に関し、アンケートを実施中(6/20-9/23)

国立国会図書館は、国立国会図書館ホームページと、ホームページから利用できる以下のコンテンツについてのアンケートを実施しています。

実施期間は、2016年6月20日から9月23日までです。

利用者アンケート(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete/index.html

平成28年度 国立国会図書館ホームページアンケート
https://enq1.csview.jp/question/ndlhyoka/H28HPEnquete/H28HPEnquete.cgi

国会会議録検索システム
https://enq1.csview.jp/question/ndlhyoka/kokkai/kokkai.cgi

日本法令索引
https://enq1.csview.jp/question/ndlhyoka/hourei/hourei.cgi

全国書誌データ提供
https://enq1.csview.jp/question/ndlhyoka/jnb/jnb.cgi

Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
https://enq1.csview.jp/question/ndlhyoka/NDLA/NDLA.cgi

リサーチ・ナビ

地元の中小企業を支援する“SCLSNJ Business Kits”(米国)(記事紹介)

2016年6月8日、米・ニュージャージー州サマセット郡図書館システムが、中小企業の経営者や起業を目指す人を支援する新しいコレクション“SCLSNJ Business Kits”の提供を開始しています。

郡経済に果たしている中小企業の重要性を認識し作成されたもので、権威あるビジネス書、オーディオブック、ビジネス雑誌、その他最新の情報を含みます。テーマは、人事、ビジネスプラン、リーダーシップ、人材育成、マーケティング、サイバーセキュリティ、財務管理など多岐にわたります。

“SCLSNJ Business Kits”は、ウォーレン郡区分館にのみ所蔵されていますが、サマセット郡図書館システムの図書館からは利用の申込ができ、6週間の貸出が可能となっています。

Facebook (Somerset County Liblary System NJ,2016/6/6,2016/6/8)
https://www.facebook.com/SCLSNJ/posts/954672764645571
https://www.facebook.com/SCLSNJ/photos/a.329532250492962.75268.250274301752091/956340507812130/?type=3&theater

冊子体雑誌の共同保存に関するデータベースPAPRにダッシュボード機能(β版)が追加

冊子体雑誌の共同保存に関するデータベース“Print Archives Preservation Registry”(PAPR)に、ダッシュボード機能(β版)が追加されました。

北米での冊子体雑誌のアーカイブの進捗状況を概観できるもので、主要な分野ごとの保存タイトル数、タイトルの重複度、信頼性指標(Trust metrics)といった情報を見ることができます。

PAPR Launches @Risk Dashboard Beta(CRL,2016/6/14)
http://www.crl.edu/news/papr-launches-risk-dashboard-beta

参考:
冊子体雑誌の共同保存に関するデータベース“Print Archives Preservation Registry”が公開
Posted 2012年8月7日
http://current.ndl.go.jp/node/21556

保健医療系の図書館員によるウェブサイト「LITERIS」が閉鎖へ

2016年6月2日、保健医療系を中心とする図書館員によって2001年に開設されたウェブサイト「LITERIS」(Health Science Librarians' Desk)が2016年9月30日をもって閉鎖されることが発表されています。

「LITERIS」サイト閉鎖のお知らせ(LITERIS, 2016/6/2)
http://plaza.umin.ac.jp/~literis/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi?page=BBS-LITERIS+TALK%2B%2F99

参考:
「リテリス:図書館員によるウェブ医学医療情報リソース選集」リニューアル
Posted 2007年9月13日
http://current.ndl.go.jp/node/6472

※タイトルに誤植があったため修正しました(2016/6/20)。

“Bike to the library”ウィーク(米国)

2016年6月19日から25日まで、米国のウィスコンシン州の75の図書館が参加する“Bike to the library”ウィークです。

ウェブサイトによれば、期間中は各図書館が設定する日付に図書館に自転車で来館すると、くじをひいて栞をもらうことができるというもので、ウィスコンシン大学マディソン校にあるGlobal Health Instituteが提供するMOOC(massive open online courses)の気候変動政策と公衆衛生に関する講座の一環として2015年に始められたプログラムとのことです。

Bike to the Library
http://biketothelibrary.org/

ページ