アーカイブ - 2016年 6月 30日 - car

Text Encoding Initiative(TEI)に日本語テキストなどを扱うSIGが結成される

人文科学のテキストの符号化・交換のための規格を定めるコンソーシアムText Encoding Initiative(TEI)に、P5ガイドラインに日本語のテキストのエンコーディングに関するガイドラインを盛り込み、また、ガイドラインの課題等を明らかにすることなどに取り組む“East Asian/Japanese”のSIG(Special Interest Groups)が結成されています。

TEIのウェブサイトに“East Asian/Japanese”のページも開設されており、今後東アジアのテキストをさらに広範にカバーすべく、中国、韓国、台湾、ベトナムの人々を含めながら、規模を拡大していくことを目指すとされています。

East Asian/Japanese SIG(TEI)
http://www.tei-c.org/Activities/SIG/EastAsian/

TEI: P5 Guidelines
http://www.tei-c.org/Guidelines/P5/

SIG:East Asian(SIG:East Asian, 2016/6/28更新)
http://wiki.tei-c.org/index.php/SIG:East_Asian
※2016/6/22付でページが作成されています。

関連:

今年の公共図書館世界一は?:“Public Library of the Year Award 2016”の候補4館が発表される

デンマークのAgency for Culture and Palacesが、“Systematic - Public Library of the Year Award 2016”に、以下の4館がノミネートされたと発表しています。

・シカゴ公共図書館チャイナタウン分館(米国)
・DOKK1(デンマーク)
・Geelong Library & Heritage Centre(オーストラリア)
・Success Public Library(オーストラリア)

大賞受賞者は、2016年8月15日、米国オハイオ州コロンバスで開催される第82回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会内で発表されます。

同賞は、デンマークのAgency for Culture and Palacesや建築保存協会Realdaniaによる、これからの公共図書館のデザインを模索する“Model Programme for Public Libraries”の一環で、IT企業のSystematic社が支援しています。

選考に当たっては、デジタル化の動向・利用者の要求・地域文化・多様な人々の要望へ対応するために実施している、オープンで機能的な建築表現を考慮に入れています。

国立大学図書館協会、「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択

国立大学図書館協会は、2016年6月16日~17日に開催された第63回総会に於いて、「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択しました。

このビジョンには、「大学図書館の基本理念」と、基本理念を実現するための

1.知の共有:<蔵書>を超えた知識や情報の共有
2.知の創出:新たな知を紡ぐ<場>の提供
3.新しい人材:知の共有・創出のための<人材>の構築

以上3つの重点領域、それぞれにおける戦略的な目標が設定されています。

第63回国立大学図書館協会総会(平成28年6月16日~17日, 仙台市)にて「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択しました(JANUL、2016/06/24)
http://www.janul.jp/
http://www.janul.jp/j/organization/regulations/janul-2020vision.pdf

米コーネル大学、arXivの利用者調査の結果を公開

2016年6月28日、米国のコーネル大学は、物理学分野等で用いられているプレプリントサーバarXivの利用者調査の結果を公開しました。

この調査は、arXivが25周年を迎えるにあたり、コーネル大学図書館のarXivチームが2016年4月に実施したものです。arXivの現在のサービスと今後の方向性に関して、arXivの利用者に尋ねています。

その結果、3万6,000人から回答を得ました。回答者の95%がarXiveに満足しており、72%が、学術論文を迅速に利用可能にすることに今後も注力すべきだと考えています。

その他、現在のサービスの改善点、新規サービスの開発、arXiv収録文献の探し方、収録文献の質の維持、収録分野の新規追加などについて調査しています。

arXiv User Survey Report(Cornell University, 2016/6/28)
https://confluence.cornell.edu/display/culpublic/arXiv+User+Survey+Report

参考:
arXivの収録論文数が100万件を突破
Posted 2015年1月13日
http://current.ndl.go.jp/node/27784

arXivの収録論文数が50万件を突破

HathiTrustと全米視覚障害者連合、HathiTrust収録の全電子化書籍を視覚障害者及びプリントディスアビリティのある人も利用できるようにすると発表

2016年6月29日、HathiTrustは、全米視覚障害者連合(NFB)と連携し、HathiTrustに収録されている全電子化書籍を、視覚障害者及びプリントディスアビリティの人も利用できるようにすると発表しています。

HathiTrust at U-M, NFB to make 14M+ books accessible to blind and print-disabled users(HathiTrust,2016/6/29)
https://www.hathitrust.org/hathitrust_NFB_announcement

参考:
全米視覚障害者連合とAmazonが視覚障害のある生徒の読書環境改善のため連携
Posted 2016年3月3日
http://current.ndl.go.jp/node/30918

【イベント】まちなか図書館(仮称)シンポジウム (8/6・愛知)

2016年8月6日、愛知県豊橋市で、「図書館を通じたまちづくり、ひとづくり」をテーマに、まちなか図書館(仮称)シンポジウムが開催されます。

設置が計画されている「豊橋市まちなか図書館(仮称)」の整備にむけて策定した実施計画の周知を図るとともに、市民が主体となって活動する図書館づくりを手掛けていくため、図書館や本を通じたまちづくりにチャレンジする各方面の第一人者を招き、まちなか図書館が目指す方向性や図書館が果たす役割などについて考えるシンポジウムです。

NPOオブセリズム理事・小布施町立図書館まちとしょテラソ元館長の花井裕一郎氏による基調講演と、花井氏をモデレータとした、ブックカフェ「6次元」店主・ナカムラクニオ氏、京都府立図書館司書・是住久美子氏、市教育委員会教育部次長・金子尚央氏によるパネルディスカッションが行われます。

会場は名豊ビルで、定員は150名、参加費は無料です。
事前の申し込みが必要です。

まちなか図書館(仮称)シンポジウム (豊橋市)
http://www.city.toyohashi.lg.jp/30143.htm#ContentPane

チラシ
http://www.city.toyohashi.lg.jp/secure/44323/symposium_f.pdf

関連:
6次元

常滑市立図書館(愛知県)、公民館とのコラボイベント「THE LIBRARY ~BOOK&CAFE~」の様子を撮影した動画を公開

2016年6月11日に、愛知県の常滑市立図書館が、同市内の南陵公民館と連携して実施したイベント「THE LIBRARY ~BOOK&CAFE~」の様子を撮影した動画が公開されています。

閉館後の図書館で、ピアノの生演奏や図書館スタッフによるブックトークと詩の朗読が行われたほか、オーガニック素材にこだわった自家焙煎コーヒーとスイーツが用意されたとのことです。

THE LIBRARY(YouTube,2016/6/21)
https://www.youtube.com/watch?v=3Pv8SIOu1CM

THE LIBRARY ~BOOK&CAFE~@常滑市立図書館(TRC)
http://www.trc.co.jp/topics/event/e_tokoname_02.html

Facebook (常滑市立図書館)
https://www.facebook.com/%E5%B8%B8%E6%BB%91%E5%B8%82%E7%AB%8B%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8-289885854484173/

参考:
横浜市都筑図書館、開館20周年記念事業のフィナーレとして、音楽と本を楽しむ「ライブラリーナイト」を開催
Posted 2016年3月14日