アーカイブ - 2016年 6月 16日 - car

トムソン・ロイター社、Journal Citation Reports(JCR)の2016年版をリリース

2016年6月13日、トムソン・ロイター(Thomson Reuter)社が、学術誌評価分析データベース“Journal Citation Reports”(JCR)の2016年版をリリースしました。

2016年版では、自然科学と社会科学の論文の2015年の引用データを含んでおり、81か国、234分野における11,365タイトルの学術雑誌の情報が収録されています。今回は239の学術雑誌に初めてインパクトファクターが付与されました。

また、57%の学術雑誌では昨年からインパクトファクターの増加がみられ、42%では減少がみられるとのことです。

Thomson Reuters Unveils 2016 Ranking of Most Influential Scientific Journals(Thomson Reuter,2016/6/13)
http://thomsonreuters.com/en/press-releases/2016/june/thomson-reuters-unveils-2016-ranking-of-most-influential-scientific-journals.html

参考:
トムソン・ロイター社、Journal Citation Reports(JCR)の2015年版をリリース

諸機関との連携による市民の医療リテラシーの強化(クロアチア)(記事紹介)

2016年8月に開催される第82回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会の資料として、クロアチア・コプリヴニツァ市の公共図書館“Fran Galović”の職員SABOLOVIĆ-KRAJINA, Dijana氏による“Collaborative programs in the public library - a way to encourage access to health information”と題する記事が公開されています。

市民の医療リテラシー向上を目的に、同館が公立病院の医師・看護師、保健所、NGO・患者団体、幼稚園の教諭と連携して行っている、図書展示、講座、医療相談、ワークショップ、ストーリーテリングなどが紹介されています。

Collaborative programs in the public library - a way to encourage access to health information
http://library.ifla.org/1364/
http://library.ifla.org/1364/1/167-sabolovic-krajina-en.pdf

参考:
E1656 - 長崎市立図書館「がん情報サービス」PV作成に込めた想い

電子情報保存連合(DPC)、トランザクション・データの保存に関するレポート“Preserving Transactional Data”を公表

2016年6月15日、英国の電子情報保存連合(DPC)が、トランザクション・データの保存に関するレポート“Preserving Transactional Data”を公表しました。

このレポートは、データ保存のための要件や、データの再利用に伴う課題について解説しており、また、データ保存を実践する際の問題や戦略についても言及しています。データ保存の事例も紹介しています。

Digital Preservation Coalition
http://www.dpconline.org/
※「Latest News」に「‘Preserving Transactional Data’: new DPC Technology Watch Report now available 15 Jun 2016」とあります。

‘Preserving Transactional Data’: new DPC Technology Watch Report now available(DPC)
http://www.dpconline.org/newsroom/latest-news/1706-preserving-transactional-data-new-dpc-technology-watch-report-now-available

Wiley社とHindawi社が提携し、2017年1月からWiley社の9つの雑誌がオープンアクセスに

2016年6月15日、Wiley社はHindawi社との提携について発表し、2017年1月からWiley社の9つの雑誌がオープンアクセス(OA)雑誌となることを発表しました。それぞれの雑誌についてHindawi社は編集制作のワークフローを担うことになります。

Nine journals to become open access under partnership between Wiley and Hindawi(Wiley, 2016/6/15)
http://as.wiley.com/WileyCDA/PressRelease/pressReleaseId-126202.html

The Wiley Hindawi Partnership(Hindawi)
http://www.hindawi.com/wiley.hindawi/

【イベント】「研究倫理シリーズ第4回 発表倫理を考える」(7/9・仙台)

2016年7月9日、東北大学川内北キャンパスにおいて、「研究倫理シリーズ第4回 発表倫理を考える」が開催されます。

責任ある研究活動を進める上で、コアとなるのは発表倫理ですが、国際的な動向と日本の動向とは大きなずれもあります。また、盗用についても英語圏と非英語圏では、解釈に違いがあります。これらの問題を、

・「発表倫理を考える」愛知淑徳大学人間情報学部教授・山崎茂明氏
・「生命科学における発表倫理」東北大学医学系研究科教授・大隅典子氏
・「人文社会科学における発表倫理―私的経験からー」東北大学高度教養教育・学生支援機構教授・羽田貴史氏
・「言語学習から盗用を考える」東北学院大学文学部英文学科教授・吉村富美子氏

の4名で、フロアを含めた議論を行います。

PDプログラム「研究倫理シリーズ第4回 発表倫理を考える」(7/9開催)(東北大学高度教養教育・学生支援機構大学教育支援センター)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/06/event20160603-02.html
https://www.ihe.tohoku.ac.jp/pd/index.cgi?program_num=1464915212

参考:

文部科学省、「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」(第5回)の配布資料を公開

文部科学省が、2016年5月26日に開催した「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」(第5回)の配布資料を公開しました。

文部科学省 新着情報
http://www.mext.go.jp/
※平成28年06月15日更新欄に「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議(第5回) 配付資料」とあります。

学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議(第5回) 配付資料(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/115/shiryo/1372283.htm

大津町立おおづ図書館(熊本県)、「災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!」を開催

2016年6月18日、大津町立おおづ図書館(熊本県)で、「災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!」が開催されます。

熊本地震で住民が心身ともに大きなストレスを受けたことから、家庭でもできるストレスチェックや簡単な体ほぐし運動を行なうとのことです。

災害ストレスから家族のココロとカラダを守ろう!(大津町立おおづ図書館,2016/6/7)
http://www.ozu-lib.jp/event/2016/3424/

Open Knowledge International(OKI)、世界の政府のオープンデータの技術的・法的な「オープンさ」を調査する“Global Open Data Index”の変更案を提示

2016年6月16日、Open Knowledge International(OKI)が、世界規模でのオープンデータ現況調査にもとづいて2013年から毎年発表している、政府のオープンデータの技術的・法的な「オープンさ」を調査する“Global Open Data Index”について、調査項目等の変更を提案しており、ブログでは変更案が提示されています。

・オンラインで政府データをどのくらい簡単に探せるか
・データの公開形式や公開場所が様々な政府データをどのように評価するか
・分析の確からしさの改善(例えば、データを「一括で利用できるか」という質問を「1つのURLから1度に全てのデータをダウンロードできるか」と変更する等)

などが今回の変更のポイントとされています。

オープンデータのコミュニティであるGitHub上で、寄せられた意見等を参考に改善を図るものとされ、草案への意見も募集されています。

Introducing The New Proposed Global Open Data Index Survey(Open Knowledge International Blog, 2016/6/15)