アーカイブ - 2016年 6月 - car

6月 30日

Text Encoding Initiative(TEI)に日本語テキストなどを扱うSIGが結成される

人文科学のテキストの符号化・交換のための規格を定めるコンソーシアムText Encoding Initiative(TEI)に、P5ガイドラインに日本語のテキストのエンコーディングに関するガイドラインを盛り込み、また、ガイドラインの課題等を明らかにすることなどに取り組む“East Asian/Japanese”のSIG(Special Interest Groups)が結成されています。

TEIのウェブサイトに“East Asian/Japanese”のページも開設されており、今後東アジアのテキストをさらに広範にカバーすべく、中国、韓国、台湾、ベトナムの人々を含めながら、規模を拡大していくことを目指すとされています。

East Asian/Japanese SIG(TEI)
http://www.tei-c.org/Activities/SIG/EastAsian/

TEI: P5 Guidelines
http://www.tei-c.org/Guidelines/P5/

SIG:East Asian(SIG:East Asian, 2016/6/28更新)
http://wiki.tei-c.org/index.php/SIG:East_Asian
※2016/6/22付でページが作成されています。

関連:

今年の公共図書館世界一は?:“Public Library of the Year Award 2016”の候補4館が発表される

デンマークのAgency for Culture and Palacesが、“Systematic - Public Library of the Year Award 2016”に、以下の4館がノミネートされたと発表しています。

・シカゴ公共図書館チャイナタウン分館(米国)
・DOKK1(デンマーク)
・Geelong Library & Heritage Centre(オーストラリア)
・Success Public Library(オーストラリア)

大賞受賞者は、2016年8月15日、米国オハイオ州コロンバスで開催される第82回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会内で発表されます。

同賞は、デンマークのAgency for Culture and Palacesや建築保存協会Realdaniaによる、これからの公共図書館のデザインを模索する“Model Programme for Public Libraries”の一環で、IT企業のSystematic社が支援しています。

選考に当たっては、デジタル化の動向・利用者の要求・地域文化・多様な人々の要望へ対応するために実施している、オープンで機能的な建築表現を考慮に入れています。

国立大学図書館協会、「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択

国立大学図書館協会は、2016年6月16日~17日に開催された第63回総会に於いて、「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択しました。

このビジョンには、「大学図書館の基本理念」と、基本理念を実現するための

1.知の共有:<蔵書>を超えた知識や情報の共有
2.知の創出:新たな知を紡ぐ<場>の提供
3.新しい人材:知の共有・創出のための<人材>の構築

以上3つの重点領域、それぞれにおける戦略的な目標が設定されています。

第63回国立大学図書館協会総会(平成28年6月16日~17日, 仙台市)にて「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて~国立大学図書館協会ビジョン2020~」を採択しました(JANUL、2016/06/24)
http://www.janul.jp/
http://www.janul.jp/j/organization/regulations/janul-2020vision.pdf

米コーネル大学、arXivの利用者調査の結果を公開

2016年6月28日、米国のコーネル大学は、物理学分野等で用いられているプレプリントサーバarXivの利用者調査の結果を公開しました。

この調査は、arXivが25周年を迎えるにあたり、コーネル大学図書館のarXivチームが2016年4月に実施したものです。arXivの現在のサービスと今後の方向性に関して、arXivの利用者に尋ねています。

その結果、3万6,000人から回答を得ました。回答者の95%がarXiveに満足しており、72%が、学術論文を迅速に利用可能にすることに今後も注力すべきだと考えています。

その他、現在のサービスの改善点、新規サービスの開発、arXiv収録文献の探し方、収録文献の質の維持、収録分野の新規追加などについて調査しています。

arXiv User Survey Report(Cornell University, 2016/6/28)
https://confluence.cornell.edu/display/culpublic/arXiv+User+Survey+Report

参考:
arXivの収録論文数が100万件を突破
Posted 2015年1月13日
http://current.ndl.go.jp/node/27784

arXivの収録論文数が50万件を突破

HathiTrustと全米視覚障害者連合、HathiTrust収録の全電子化書籍を視覚障害者及びプリントディスアビリティのある人も利用できるようにすると発表

2016年6月29日、HathiTrustは、全米視覚障害者連合(NFB)と連携し、HathiTrustに収録されている全電子化書籍を、視覚障害者及びプリントディスアビリティの人も利用できるようにすると発表しています。

HathiTrust at U-M, NFB to make 14M+ books accessible to blind and print-disabled users(HathiTrust,2016/6/29)
https://www.hathitrust.org/hathitrust_NFB_announcement

参考:
全米視覚障害者連合とAmazonが視覚障害のある生徒の読書環境改善のため連携
Posted 2016年3月3日
http://current.ndl.go.jp/node/30918

【イベント】まちなか図書館(仮称)シンポジウム (8/6・愛知)

2016年8月6日、愛知県豊橋市で、「図書館を通じたまちづくり、ひとづくり」をテーマに、まちなか図書館(仮称)シンポジウムが開催されます。

設置が計画されている「豊橋市まちなか図書館(仮称)」の整備にむけて策定した実施計画の周知を図るとともに、市民が主体となって活動する図書館づくりを手掛けていくため、図書館や本を通じたまちづくりにチャレンジする各方面の第一人者を招き、まちなか図書館が目指す方向性や図書館が果たす役割などについて考えるシンポジウムです。

NPOオブセリズム理事・小布施町立図書館まちとしょテラソ元館長の花井裕一郎氏による基調講演と、花井氏をモデレータとした、ブックカフェ「6次元」店主・ナカムラクニオ氏、京都府立図書館司書・是住久美子氏、市教育委員会教育部次長・金子尚央氏によるパネルディスカッションが行われます。

会場は名豊ビルで、定員は150名、参加費は無料です。
事前の申し込みが必要です。

まちなか図書館(仮称)シンポジウム (豊橋市)
http://www.city.toyohashi.lg.jp/30143.htm#ContentPane

チラシ
http://www.city.toyohashi.lg.jp/secure/44323/symposium_f.pdf

関連:
6次元

常滑市立図書館(愛知県)、公民館とのコラボイベント「THE LIBRARY ~BOOK&CAFE~」の様子を撮影した動画を公開

2016年6月11日に、愛知県の常滑市立図書館が、同市内の南陵公民館と連携して実施したイベント「THE LIBRARY ~BOOK&CAFE~」の様子を撮影した動画が公開されています。

閉館後の図書館で、ピアノの生演奏や図書館スタッフによるブックトークと詩の朗読が行われたほか、オーガニック素材にこだわった自家焙煎コーヒーとスイーツが用意されたとのことです。

THE LIBRARY(YouTube,2016/6/21)
https://www.youtube.com/watch?v=3Pv8SIOu1CM

THE LIBRARY ~BOOK&CAFE~@常滑市立図書館(TRC)
http://www.trc.co.jp/topics/event/e_tokoname_02.html

Facebook (常滑市立図書館)
https://www.facebook.com/%E5%B8%B8%E6%BB%91%E5%B8%82%E7%AB%8B%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8-289885854484173/

参考:
横浜市都筑図書館、開館20周年記念事業のフィナーレとして、音楽と本を楽しむ「ライブラリーナイト」を開催
Posted 2016年3月14日

6月 29日

オランダ・アムステルダム国立美術館、同館のデジタルコレクション20万点をGoogle Arts & Cultureで公開

2016年6月22日、アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)は、Google Cultural Instituteと連携し、同館のデジタルコレクション20万点をGoogle Arts & Cultureで公開したと発表しています。Google Cultural Instituteを通じて最もデジタルコレクションを公開している機関になるとのことです。

あわせて、Googleストリートビューで館内を「散策」できるようにもなっています。

200,000 Rijksmuseum Works of Art to See via Google(Rijksmuseum,2016/6/22)
https://www.rijksmuseum.nl/en/press/press-releases/200,000-rijksmuseum-works-of-art-to-see-via-google

launch video
https://drive.google.com/file/d/0B_kK3R9DDhZuWERiX0pheDlYVjg/view

Rijksmuseum(Google Arts & Culture)
https://www.google.com/culturalinstitute/beta/partner/rijksmuseum

韓国国立中央博物館で「活字の国、朝鮮」展が開催中

韓国の国立中央博物館で、2016年6月21日から9月11日まで、「活字の国、朝鮮」展が開催中とのことです。

同館が収蔵する15世紀に鋳造されたハングルの金属活字約30点を含め、銅活字「整理字」作成にあたって参考とするために清から輸入した木活字約32万点、17~20世紀に製作された金属活字約50万点など合計約82万点の朝鮮時代の活字が公開されています。

朝鮮の記録文化を覗く「活字の国、朝鮮」展(KOREA.net,2016/6/22)
http://japanese.korea.net/NewsFocus/Culture/view?articleId=137883&pageIndex=1

欧州連合、ブックレット“E-infrastructures: making Europe the best place for research and innovation”を公開

2016年6月28日、欧州連合(EC)が、ブックレット“E-infrastructures: making Europe the best place for research and innovation”を公開しています。

ECでは、2014年から2020年にかけて、Horizon2020の“e-Infrastructure”プログラムを通じて、デジタルインフラ整備に8億5,000ユーロ以上を拠出していますが、このブックレットでは、“e-Infrastructure”プログラムが、研究者の社会的課題への取組みを支援していることを解説する内容になっています。

オープンアクセスリポジトリ連合、2015/2016年年報を公開

2016年6月付けで、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)が、2015/2016年の年報を公開しています。

COAR Annual Report 2015-16
https://www.coar-repositories.org/files/COAR-Annual-Report-2015-16_public.pdf

参考:
オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、2013/2014年年報を公開
Posted 2014年9月22日
http://current.ndl.go.jp/node/27061

宇佐市民図書館(大分県)で、地域資料の収集等を目的として地元企業の寄付金によって運営される「三和文庫」の資料展を開催中

大分県の宇佐市民図書館・渡綱記念ギャラリーで、2016年5月24日から7月10日まで、「三和文庫資料展2016」が開催されています。

三和文庫は、地元の酒造メーカー三和酒類株式会社からの寄付金で運営されている文庫で、1985年から続くものです。

寄付金の総額は4,000万円に達しており、宇佐地域の歴史・文化・民俗に関する資料の収集や、この地域に関わる歴史等の書籍を出版・販売するために使われています。これまで購入した資料は、古文書・書画が40種、書籍が約1千冊、出版した書籍は7種になります。購入・出版された資料は宇佐市民図書館で保管されています。

今年の展示では、昨年度収集し、初めて一般公開する賀来飛霞の動植物画(3点)をはじめ、古文書・書画を中心に89点が展示されています。

三和文庫資料展2016(宇佐市民図書館)
http://www.usa-public-library.jp/gallery/event.html

チラシ
http://www.usa-public-library.jp/pdf_mainte/attach/728/pdf_file/pdf_file.pdf

三和文庫 出版物ご案内(宇佐市)
http://www.city.usa.oita.jp/soshiki/43/607.html

参考:

W3C、2016年10月に仮想現実(VR)に関するワークショップを開催(米国)

2016年6月27日、インターネットにおける様々な技術の標準企画を定める非営利組織であるWorld Wide Web Consortium(W3C)は2016年10月19日と20日に、米国カリフォルニア州マウンテンビューで、仮想現実(VR)に関するワークショップを開催することを発表しました。

ブラウザにおけるVRの活用を困難、不可能にしている課題について議論し、VRに携わる人々の知見を共有し、VRのプラットフォームとしてのウェブの未来を模索することを目的としたものです。

・立体的なコンテンツの表示
・VRのアプリケーション間のアクセシブルなインターフェースと相互運用性への配慮
・立体音響

などVRに関する様々なトピックを議論することが予定されています。

Upcoming Workshop: Web and Virtual Reality(W3C News, 2016/6/27)
https://www.w3.org/blog/news/archives/5502

W3C Workshop on Web & Virtual Reality(W3C)
https://www.w3.org/2016/06/vr-workshop/

参考:
CA1768 - 多元的デジタルアーカイブズのVR-ARインターフェイスデザイン手法 / 渡邉英徳

【イベント】神奈川県立川崎図書館、社史フェア in SHIBUYAを開催(東京・7/8-9)

2016年7月8日と7月9日の両日、神奈川県立川崎図書館が、社史フェア in SHIBUYAを開催します。

同館が2014年から開催している社史フェアを、流行の発信地「渋谷」で出張開催するもので、社史フェア2015、2016で展示した社史から、特徴のあるものなど100点が展示されます。

会場は、朝日新聞社メディアラボ渋谷分室で、7月8日には、医学書院取締役副社長・金原俊氏による『医学書院の70年』の編纂に関する講演会が、7月9日には、同館司書による展示社史の見どころ紹介が行われます。

社史フェア in SHIBUYA(神奈川県立川崎図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/osirase16008.htm

参考:
【イベント】神奈川県立川崎図書館、社史フェア2016を開催(神奈川・6/22-25)
Posted 2016年6月13日
http://current.ndl.go.jp/node/31785

【イベント】神奈川県立川崎図書館、社史フェア2015を開催(川崎・6/24-27)
Posted 2015年5月14日
http://current.ndl.go.jp/node/28464

神奈川県立川崎図書館、バーチャル「社史室」(β版)を開設

6月 28日

地域資料保全プログラムを活発に維持するためには(米国)(記事紹介)

2016年8月に開催される第82回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会の資料として、米・ピッツバーグ大学図書館機構のNIXON, Miranda氏とカーネギーメロン大学図書館のCHISNELL, Jillian氏による“Sustaining an Active Local Disaster Preparedness Program: Best Practices of Alliance for Response Pittsburgh ”と題する記事が公開されています。

この記事は、米国の保存専門家の全国組織“Foundation of American Institute for Conservation of Historic and Artistic Works”傘下の災害時の資料保全に関するイニシアチブ“Alliance For Response”(AFR)の地域組織の一つである“Alliance For Response of Pittsburgh” (AFR Pgh)の活動を紹介するものです。

国立国会図書館サーチ、J-STAGEのメタデータのAPI提供を開始

国立国会図書館サーチに収録されているJ-STAGEのデータについて、外部提供インタフェース(API)により、データの検索とハーベストが可能となりました。

データの検索は、SRU、SRW、OpenSearch、Z39.50、ハーベストは、OAI-PMHの各APIで可能です。また、対象となるデータ件数は約250万件、OAI-PMHでのデータの起点日(datestamp)は2016年6月23日です。

ただし、定期的なデータの更新は、2016年度下半期に開始する予定です。 

「J-STAGE」メタデータのAPI提供を開始しました(2016年6月27日)(国立国会図書館サーチ, 2016/6/27)
http://iss.ndl.go.jp/information/2016/06/27_announce_1/

参考:
国立国会図書館サーチ、全国書誌データのOAI-PMH形式での提供を開始
Posted 2014年3月26日
http://current.ndl.go.jp/node/25770

国立国会図書館の「NDL新着図書情報」、API(OAI-PMH)による提供を開始
Posted 2011年7月4日
http://current.ndl.go.jp/node/18579

E1759 - NDL,技術文書「OAI-PMHの要点」を公開

筑波大学中央図書館に第24回参議院議員選挙期日前投票所が設置される 学生の働きかけがきっかけ

2016年6月27日から6月29日にかけて、筑波大学の中央図書館2階集会室に、第24回参議院議員選挙の期日前投票所が設けられています。投票時間は11時から19時で、筑波大学生、教職員以外の市民も投票可能です。

この投票所設置は筑波大学の学生主体プロジェクト(T-ACT)の一つ、投票率向上プロジェクトによる働きかけの結果、設置されたとのことです。

第24回参議院議員通常選挙に係るお知らせ -学内期日前投票所のご案内-(筑波大学)
http://www.tsukuba.ac.jp/news/n20160617.html

投票率向上プロジェクト(T-ACT)
https://www.t-act.tsukuba.ac.jp/tact/project/show/684

【News】筑波大学にて期日前投票・不在者投票開始!(Facebook 筑波大学|University of Tsukuba、2016/6/27付け)
https://www.facebook.com/univ.tsukuba.ja/posts/1084648188291966

参考:
図書館友の会全国連絡会、「「公立図書館の振興・発展に関する政策」についての公開質問状」を10政党に送付
Posted 2016年6月27日

ギリシアの新国立図書館が完成 完全公開は2017年半ばを予定

ギリシアの首都アテネの南部、カリテア地区に、新国立オペラ劇場と、新国立図書館をあわせた施設、スタブロス・ニアルコス文化センター(Stavros Niarchos Cultural Center)が完成したことが報じられています。

同センターは仏ポンピドゥ・センターの共同デザイナーでもあるイタリアの建築家、レンゾ・ピアノ氏がデザインしたもので、構想から完成まで7年の期間と約6億ユーロを費やしたとのことです。経済危機に苦しむギリシアの人々に希望を与えることを意図したデザインとされています。

建築費用はスタブロス・ニアルコス財団が支出しました。同財団はギリシアの資産家スタブロス・ニアルコスを記念し設立されたものです。建物は政府に寄付され、運営も国に任されますが、開館後も引き続き財団による財政支援が行われる予定であるとのことです。

図書館として運用を開始し、完全に公開されるのは2017年半ばを予定しています。

Greek foundation unveils new Athens opera, national library(ahram online、2016/6/25付け)

【イベント】矯正と図書館サービス連絡会第4回研究会「施行1年を迎えた新少年院法・少年鑑別所法と矯正施設における読書」(7/28・東京)

2016年7月28日、千代田区立日比谷文化館で、「施行1年を迎えた新少年院法・少年鑑別所法と矯正施設における読書」をテーマに、矯正と図書館サービス連絡会第4回研究会が開催されます。

施行されて1年が経過した新少年院法・少年鑑別所法の概要と施行状況、とりわけ初めて明文化された「書籍等の閲覧」の運用について、矯正行政の担当者から話しを伺う内容となっています。

参加費は無料で、事前の申し込みも不要です。

第4回研究会(矯正と図書館サービス連絡会,2016/6/18)
http://kyotoren.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-117c.html

参考:
少年院法、少年鑑別所法が成立
Posted 2014年6月12日
http://current.ndl.go.jp/node/26337

米ハンティントン・ライブラリー、クラウドソーシングで南北戦争時の暗号化された電信を復号化するプロジェクト ”Decoding the Civil War”を開始

2016年6月21日、米国の非営利の民間教育機関、ハンティントン・ライブラリー(Huntington Library)が、同機関が所蔵する南北戦争時の電信をデジタル化し、クラウドソーシングで内容を解読するプロジェクト”Decoding the Civil War”の開始を発表しました。

”Decoding the Civil War”はハンティントン・ライブラリーとクラウドソーシングでの研究プラットフォーム大手であるZooniverse、ノースカロライナ大学のDigital History and Pedagogy Project、エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館の協同の下で実現したプロジェクトです。2012年にハンティントン・ライブラリーに寄贈されたリンカーン元大統領と閣僚、北軍の将校らの間で交わされた電信約16,000件がデジタル化されており、そのうち約3分の1は暗号化されています。”Decoding the Civil War”プロジェクトではボランティア参加者がこの暗号化された電信と、符号表を参照し、復号化に協力することができるとのことです。

ページ