アーカイブ - 2016年 4月 - car

4月 28日

県立長野図書館、県下の様々な館種の図書館等の場所を示した「信州のとしょかんマップ」を公開

2016年4月28日、県立長野図書館が、県下に約350館・室ほどある図書館・図書室などの場所を示した「信州のとしょかんマップ」を公開しています。

「Google マイマップ」を使用し、作成されたもので、2016年4月現在の情報をもとに、

・公共図書館(116館(本館:70、分館:46)
・公民館図書室(22室)
・所蔵検索が可能な図書館以外の施設(66施設)
・移動図書館(15館)
・大学、短期大学、高等専門学校図書館(21館)
・高校図書館(公立:87館、私立:16館)
・点字図書館等(4館)

の、一般に公開されていない図書館・室等も含め、さまざまな館種が掲載されています。

信州のとしょかんマップ(県立長野図書館)
http://www.library.pref.nagano.jp/lib/librarymap

県立図書館から「信州のとしょかんマップ」公開のお知らせ(長野県立図書館, 2016/4/28)
http://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/bunsho/toshokan160428.html
http://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/bunsho/documents/toshokan160428.pdf
※2つ目のリンクはプレスリリースの資料です。

熊本地震で被災した図書館の一部が開館・サービス再開等を表明

2016年4月14日および16日に熊本県熊本地方を発生した地震などの影響により、臨時休館していた図書館のうち、いくつかの図書館が4月中下旬から5月上旬にかけ、開館または部分開館、開室することを発表しています。これらの状況を、ウェブサイトで公表されている情報をもとにまとめました。

【熊本県の公共図書館】

七城公民館図書室 開室のお知らせ(菊池市図書館)
http://www.kikuchi-lib.jp/?q=news/480
※4/28付で情報が掲載されており、4/28から開室しています。

中央公民館図書室 開室のお知らせ(菊池市図書館)
http://www.kikuchi-lib.jp/?q=news/479
※4/28付で情報が掲載されており、4/28から開室しています。

【震災情報】図書館を4月30日(土)から再開します(阿蘇市, 2016/4/27)

滋賀県立図書館、地下書庫の見学とチェンソーアートの実演を同時開催

2016年5月4日、滋賀県立図書館は、同館の地下書庫の見学と「チェンソーアートライブ」を開催します。

「チェンソーアートライブ」は、地元のチェーンソーによる彫刻、ベンチづくりなどをおこなう団体「高取チェンソーCLUB」が実施するものです。

5月4日に地下書庫探検とチェンソーアートライブを開催します(滋賀県立図書館, 2016/4/27)
http://www.shiga-pref-library.jp/archives/news/20160427/

関連:
「森の感謝祭 in たかとり2015」ありがとうございました。(高取チェンソーCLUB公式サイト)
http://www.takatori.cc/

SCOAP3、3年間の期間延長を決定

2016年4月19日、2014年から2016年の3年計画であった、高エネルギー物理学分野のオープンアクセス(OA)プロジェクト“SCOAP3”が、プロジェクトの3年間の延長(2017年1月から2019年12月まで)を決めたと発表しています。

SCOAP3 initiative extended for three more years(SCOAP3,2016/4/19)
https://scoap3.org/scoap3-initiative-extended-for-three-more-years/

参考:
SCOAP3、オープンアクセス論文が10,000件に達したことを発表
Posted 2016年3月22日
http://current.ndl.go.jp/node/31068

東京大学附属図書館、障害のある利用者(大学構成員)への資料電子化サービスを試行

東京大学附属図書館が、2016年4月1日から、障害のある利用者(大学構成員)に対して、資料電子化サービスを試行しています。

障害者差別解消法の施行に伴い、著作権法第37条第3項及び、「図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン」に則って行われるもので、東京大学の学生・教職員で、視覚障害、肢体不自由などのため、紙媒体の資料の利用が困難な方のうち、部局を通してバリアフリー支援室に同サービスの利用に関する登録をしている方が対象となっています。

電子化を希望する資料名等を電子化申請書に記入、又はメール本文に記入して、所属部局のあるキャンパスの拠点図書館(総合図書館・駒場図書館・柏図書館)に申込み、電子化作業が終わった後、申請した方法(Webからのダウンロード、CD-ROM受取等)で電子化データを受け取ることができます。

電子化には、図書1冊あたりPDF化で1週間、テキストデータ化で1か月程度かかるとのことです。また希望するすべての資料が電子化できるとは限らないとされています。

障害のある利用者(本学構成員)への資料電子化サービス試行のお知らせ(東京大学附属図書館,2016/4/27)

米国議会図書館、DPLAfest2016のセッション“Welcome to DPLAfest 2016”の動画を公開

米国デジタル公共図書館(DPLA)が、2016年4月14日・15日の両日にワシントンD.C.で開催したアウトリーチ活動“DPLAfest2016”のうち、14日に米国議会図書館(LC)を会場に開催されたセッション“Welcome to DPLAfest 2016”の様子を撮影した動画がYouTubeのLCのチャンネルで公開されています。

セッションのスピーカーは、DPLA事務局長コーエン(Dan Cohen)氏、LC館長代理マオ(David S. Mao)氏、全米人文科学基金書記長アダムス(William D. Adams)氏、米国国立公文書館長フェリエロ(David Ferriero)氏、ナイト財団副理事長兼CEOマルチネス(George Martinez)氏、博物館・図書館情報サービス機構次長マークス(Maura Marx)氏、スミソニアン協会事務局長スコートン(David J. Skorton)氏です。

Welcome to DPLAfest 2016 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=_pYGy0k-Dog

[DPLAfest 2016] Agenda(DPLA)
http://dp.la/info/get-involved/dplafest/april-2016/agenda/

参考:

文化庁、北欧5か国や英米について調査した「拡大集中許諾制度に係る諸外国基礎調査報告書」を公開

文化庁は、一般財団法人ソフトウェア情報センターに委託して、2015年10月から2016年3月まで実施した「拡大集中許諾制度に係る諸外国基礎調査報告書」(平成28年3月付)を同庁のウェブサイトで公開しています。

拡大集中許諾(Extended Collective License:ECL)について、北欧5か国(アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド)及び英国、導入を検討している米国の現状に関し、文献調査、現地調査を含むヒアリング及び有識者による委員会における検討などにより、基礎調査を実施し、まとめたものです。

拡大集中許諾制度に係る諸外国基礎調査報告書(平成28年3月)
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/chosakuken/pdf/h28_kakudai_kyodaku_hokokusho.pdf

著作権各種報告(懇談会・検討会議・調査研究)(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/chosakuken/

関連:
一般財団法人 ソフトウェア情報センター
http://www.softic.or.jp/

米国の大学・研究図書館協会、学生の知識や学業面での達成度への学術図書館の貢献を明らかにした報告書を公開

米国図書館協会(ALA)傘下の大学・研究図書館協会(ACRL)が、学生の知識や学業面での達成度への学術図書館の貢献を明らかにした報告書“Documented Library Contributions to Student Learning and Success: Building Evidence with Team-Based Assessment in Action Campus Projects”を公開しています。

報告書では、その証拠として以下の4点を確認しています。

1.図書館活用(情報リテラシー)教育が学生の能力を向上させていること。
2.図書館の利用が学業達成度(成績評価・在籍率)を増進させていること。
3.図書館が大学内の他組織と共同して行う教育プログラムが学生の知識を強化(進学面、学術面での自信、在籍率)していること。
4.情報リテラシー教育が学生の教養の成果(問題解決能力)を強化していること。

ACRL report shows compelling evidence of library contributions to student learning and success(ALA,2016/4/27)

日本図書館協会、被災図書館向けの対応方法などを示した「被災図書館の方へ」をウェブサイトに掲載

2016年4月27日付(更新日)で、日本図書館協会図書館災害対策委員会が、ウェブサイトに「被災図書館の方へ」と題し、図書館内の点検や資料保全、復旧作業・資料レスキューなどの方法や、市民の読書環境の確保、サービスの再開、震災の記録などについての考え方、被災地周辺地域の図書館への注意事項などを掲載しました。

図書館災害対策委員会(日本図書館協会, 2016/4/27)
http://www.jla.or.jp/committees//tabid/600/Default.aspx

被災資料救済・資料防災情報源(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/597/Default.aspx
※日本図書館協会資料保存委員会のページです。

米OverDrive社、DCコミックスのマンガやグラフィック・ノベル150作品の電子書籍を同社プラットフォームで提供開始

2016年4月20日、米国OverDrive社は、同社のプラットフォームで、米国のマンガ出版社・DCコミックスのマンガやグラフィック・ノベル150作品あまりのデジタルコンテンツを同社のプラットフォームで提供開始することを発表しています。

これらは米国の電子書籍配給会社Trajectory社が提供するもので、DCコミックスとTrajectory社が提携を結んだことにより、OverDrive社のプラットフォームでも提供され、学校や公共図書館へも配信されることになります。

提供されるコンテンツには、‘Batman’(バットマン)や、‘Superman’(スーパーマン)、‘Justice League’(ジャスティス・リーグ)などがあります。

Holy new content, Batman! DC Comics have arrived at OverDrive(OverDrive Blogs, 2016/4/20)
http://blogs.overdrive.com/general/2016/04/20/holy-new-content-batman-dc-comics-have-arrived-at-overdrive/

千葉市中央図書館に、ドトールコーヒーがオープンへ:公立図書館施設内に初出店

2016年5月3日、千葉市中央図書館と千葉市生涯学習センターの複合施設内に「ドトールコーヒーショップ千葉市中央図書館・生涯学習センター店」がオープンすることが発表されています。

株式会社ドトールコーヒーの発表によると、公立図書館施設内へのドトールコーヒーショップの出店は初とのことです。

5/3「ドトールコーヒーショップ千葉市中央図書館・生涯学習センター店」がオープン!オープニングキャンペーン 5/8まで。(千葉市生涯学習センター, 2016/4/28)
http://chiba-gakushu.jp/information/index.php?era=h28&id=6

公立図書館施設内に初出店 ドトールコーヒーショップ 千葉市中央図書館・生涯学習センター店がオープン!(株式会社ドトールコーヒー, 2016/4/27)
https://www.doutor.co.jp/news/newsrelease/detail/20160427134324.html

関連:
千葉市図書館
http://www.library.city.chiba.jp/

館内のご案内(千葉市生涯学習センター)
http://chiba-gakushu.jp/know/know_03.html

参考:

慶應義塾大学、英国のMOOCs“FutureLearn”で、講座(「Japanese Culture Through Rare Books」)を初提供

2016年4月27日、慶應義塾大学は、英国のMOOCsである“FutureLearn”で、「Japanese Culture Through Rare Books」という講座を提供し、4月25日から受講登録を開始したことを発表しています。

「Japanese Culture Through Rare Books」は、同学の斯道文庫の佐々木孝浩教授と一戸渉准教授による講義で、斯道文庫所蔵資料をはじめ、慶應義塾図書館所蔵資料が取り上げられます。

7月18日に公開され、全3回、3週間となっています。言語は日本語(英語字幕)で、受講者同士でのディスカッションが英語で行なわれる予定です。受講料は無料です。

Japanese Culture Through Rare Books - Keio University(Future Learn)
https://www.futurelearn.com/courses/japanese-rare-books-culture

Keio University(Future Learn)
https://www.futurelearn.com/partners/keio-university

英国の通信教育媒体Future Learnでの受講登録を開始(慶應義塾, 2016/4/27)

4月 27日

日本出版取次協会、熊本地震被災地域の書店の状況を公開:日販グループは、被災書店の復旧を支援

2016年4月20日から、一般社団法人日本出版取次協会が、「平成28年(2016年)熊本地震」で被災した地域の書店の状況の一覧(地区、書店名、被災状況)を公開しています。株式会社トーハン、日本出版販売株式会社、株式会社大阪屋栗田、株式会社中央社からの情報を集約したもので、2016年4月27日現在、最新版は4月26日付です。

また、日本出版販売株式会社は、4月27日、グループ会社とともに被災書店の復旧を支援していることを発表しており、復旧作業の様子などが写真とともにウェブサイトに掲載されています。

平成28年(2016年)熊本地震(日本出版取次協会)
http://www.torikyo.jp/h28kumamoto/index.html

日本出版取次協会ホームページ
http://www.torikyo.jp/
※2016/4/20付で、「平成28年(2016年)熊本地震」書店被災状況」とあります。

日販グループ 平成28年(2016年)熊本地震 被災書店の復旧支援を実施(日本出版販売株式会社, 2016/4/27)
http://www.nippan.co.jp/news/20160427/

関連:
「平成28年(2016年)熊本地震」(トーハン, 2016/4/25)

福島県、東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設と復興記念公園を近接して整備へ

2016年4月26日から5月25日まで、福島県は「福島県における復興祈念公園のあり方(基本構想への県提言)」に関するパブリックコメントを実施しています。

この提言では、福島県における「復興祈念公園」について、別途同県が検討を進める、東日本大震災の災害の記録と教訓を後世に伝えるためのアーカイブ拠点施設(東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設有識者会議による仮称は「ふるさとふくしま再生の歴史と未来館」)と近接して整備することなどが示されています。

なお、「復興祈念公園」は、東日本大震災の犠牲者への追悼・鎮魂、震災の記憶と教訓の伝承、復興への強い意志の発信等を目的に、岩手県、宮城県、福島県の各県に、整備されるものです。

「福島県における復興祈念公園のあり方(基本構想への県提言)」に関するうつくしま県民意見公募(パブリック・コメント)について(福島県, 2016/4/26)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41055b/hukkoukinennikenkoubo.html

福島県における復興祈念公園のあり方(基本構想への県提言) (PDF:3.47MB)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/162495.pdf

マレーシア・クアラルンプール国際空港、利用者へ無料で電子書籍の提供を開始

2016年4月23日、マレーシア空港ホールディングスが、クアラルンプール国際空港の利用者に対して、無料で電子書籍を利用できるようにしたと発表しています。

Bluetoothビーコンを利用して、利用者のスマートフォンから、電子書籍の仮想図書館にアクセスできるようにしたもので、空港のメインターミナルとKLIA2ターミナルに40個のビーコンが設置されているとのことです。

英語・マレー語・中国語(Mandarin)からなる800タイトルの電子書籍が用意され、利用者は同時に2タイトルダウンロードすることができます。

ダウンロードした電子書籍は、スマートフォンを含む個人のデバイス内に2日間保存できるようになっています。

Inaugural eBook Library facility using Bluetooth Beacon at KLIA Passengers at KLIA & klia2 can now download free ebooks for their travels(マレーシア空港ホールディングス,2016/4/23)
http://www.klia.com.my/index.php?m=media_centre&c=news&id=555

参考:

電子書籍フォーマットEPUB 3.1のEditor's Draftの第2版が公開

2016年4月26日、国際電子出版フォーラム(IDPF)が、電子書籍の規格EPUBの新バージョンEPUB3.1のEditor's Draftの第2版を公開しています。

Second Editor's Draft of EPUB 3.1 Available for Review(IDPF,2016/4/26)
http://idpf.org/news/second-editors-draft-of-epub-31-available-for-review-0

EPUB 3.1 Editor's Draft 26 April 2016(IDPF)
http://www.idpf.org/epub/31/spec/epub-spec.html

フランスとオーストラリアの国立公文書館が連携協定を締結:両国間の「歴史を共有する」プロジェクトの一環として

2016年4月27日、フランスの文化省において、オーストラリア総督(Governor-General of Australia)が“Imagination, exploration, memory: French-Australian shared histories”プロジェクトの開始を発表しています。

このオーストラリアとフランスの間で共有する歴史的な経験を祝うプロジェクトの一環として、フランス国立公文書館とオーストラリア国立公文書館(NAA)が、両機関の連携強化の協定を締結しています。

「歴史を共有する」というアイデアは、2014年にフランスのオランド(Francois Hollande)大統領が、キャンベラのフランス系オーストラリア人の高校を訪問し、オーストラリア国立公文書館が所蔵する記録を用いて同校の生徒が第1次世界大戦中のオーストラリア帝国軍に参加したフランス人140名を同定する共同プロジェクトを見学した際に思いついたもので、このアイデアが両国の国立公文書館での6年間の協働プログラムに発展したとのことです。

この他、フランスの歴史家のオーストラリア訪問、国際セミナー、展示なども企画されているほか、プロジェクト開始にあたり、オーストラリア国立公文書館長のフリッカー(Fricker)氏はフランスの芸術文化勲章(シュヴァリエ)を授けられています。

国立国会図書館、電子展示会「写真の中の明治・大正」に東北の写真を追加

2016年4月27日、国立国会図書館は、電子展示会「写真の中の明治・大正」に東北の写真約330点を追加しました。あわせて、すでに公開している「東京編」「関西編」と併せてサイトを1つにまとめ、横断して検索できるようにしました。

電子展示会「写真の中の明治・大正」に東北の写真を追加(国立国会図書館,2016/4/27)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2016/1215499_2754.html

プレスリリース
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2016/__icsFiles/afieldfile/2016/04/12/shashinmeiji.pdf

大阪府立図書館、メールによるレファレンスの受付対象を熊本地震の被災地域の住民にも拡大

2016年4月27日、大阪府立図書館が、同館のメールを通じたレファレンスサービスである「e-レファレンス」のサービス対象を、当分の間、熊本地震被災地域(熊本県、大分県)の住民に拡大すると発表しています。

同サービスでは、通常、近畿圏以外の住民からのレファレンスについて、「大阪に関するご質問」「大阪府立図書館で所蔵する古典籍、国際児童文学館の資料など、他館で所蔵していないような資料に関するご質問」のみ受け付けていますが、熊本地震被災地域(熊本県、大分県)の住民からは「全分野」のレファレンスを受け付けるとしています。

大阪府立図書館 お知らせ
http://www.library.pref.osaka.jp/
※「熊本地震にともない、インターネットによる調査相談サービス「e―レファレンス」の質問受付範囲を拡大します。(2016年4月27日更新)」とあります。

景福宮内の国王(皇帝)の書斎を朝鮮王朝の歴史が体感できる「小さな図書館」に改修(韓国)

韓国・文化体育観光部は、文化財庁と連携し、朝鮮王朝の王宮・景福宮内に1891年に建設された朝鮮国王/大韓帝国皇帝・高宗(1852-1919)の書斎・集玉斎を「小さな図書館」として改修し、2016年4月27日の「文化のある日」にあわせて開館式とトークイベントを開催すると発表しています。

集玉斎内には、朝鮮時代の歴史・人物・文化関連の図書(1,000冊)や、集玉斎旧蔵資料の影印本(350冊)のほか、韓国文学の翻訳書(英語・中国語・日本語)230冊も備えられ、景福宮を訪れた国内外の観光客が歴史空間を体験できるように改修されたとのことです。

この他、集玉斎に連結して建てられている八隅亭においてブックカフェを運営し、宮中茶菓や韓国文学の翻訳本を販売するするほか、集玉斎旧蔵資料を所蔵する韓国学中央研究院(蔵書閣)が、集玉斎において展示や王室文化講座を開催する計画となっています。

궁궐 속 작은도서관 ‘집옥재(集玉齋)’ 개관(韓国文化体育観光部,2016/4/26)
http://www.mcst.go.kr/web/s_notice/press/pressView.jsp?pSeq=15155

高宗の書斎「集玉斎」、市民の図書館に生まれ変わる(東亞日報,2016/4/27)

ページ