アーカイブ - 2016年 10月 - car

10月 27日

Internet ArchiveとWikimedia財団、ウィキペディア(英語版)のリンク切れをアーカイブされた情報に置き換えた数が100万を超えたと発表

2016年10月26日、Internet Archive(IA)とWikimedia財団は、ウィキペディア(英語版)のリンク切れを、IAが収集したアーカイブ版に置き換えた数が100万を超えたと発表しています。

IAでは、この3年間、英語版のウィキペディアから外部へのリンクを監視し、記事が修正され新たなリンクが追加された場合にはそれらウェブ情報の収集を行なっており、リンク先にアクセスできなくなった際、ウィキペディアンが作成したソフトウェアを用いて、Wayback Machine 内にある収集済のウェブ情報にリンク先を置き換えることをしてきました。

今後は、300あるウィキペディアの各言語版でも同様なことを行なうための方法を検討するとのことです。

More than 1 million formerly broken links in English Wikipedia updated to archived versions from the Wayback Machine(IA,2016/10/26)

立川市立高松図書館(東京都)、「インターナショナル・ゲームズ・デイ@高松図書館」を開催

2016年11月6日、東京都の立川市立高松図書館が、同館と同居する高松学習館において「インターナショナル・ゲームズ・デイ@高松図書館」を開催します。

立川市公認なりそこねキャラクター・ウドラのボードゲーム「にょきにょきウドラ」と、海外でも広く楽しまれている初心者向けの「チケットトゥライド」で遊びます。

会場では、ボードゲームや関連資料の展示も行われます。

対象は10歳以上で、参加費は無料ですが、定員が20名(先着順)です。

Twitter(@tachikawa_lib,2016/10/27)
https://twitter.com/tachikawa_lib/status/791444614116966400

高松図書館のページ お知らせ(立川市 幸・西砂・高松・錦・若葉図書館ホームページ(図書館流通センター))
http://lib-trc-tachikawa.jp/tkm/lib_tkm.shtml#info

チラシ
http://lib-trc-tachikawa.jp/tkm/pdf/tkm_16e_game.pdf

参考:
浜松市立北図書館、「あなたの知らないボードゲームの世界」を開催
Posted 2016年10月26日
http://current.ndl.go.jp/node/32817

米国議会図書館、2016年11月1日に新しいウェブサイトを公開

米国議会図書館(LC)が、2016年11月1日から新しいウェブサイトを公開すると発表しています。

より多くのコンテンツや専門知識を公開し、内容を頻繁に更新するとともに、モバイルフレンドリーなものとなると説明されています。

New Library of Congress Home Page Nov. 1(LC,2016/10/25)
http://www.loc.gov/today/pr/2016/16-A06.html

【イベント】第18回アジア・太平洋電子図書館国際会議(ICADL 2016)(12/7-9・筑波)

2016年12月5日から9日まで、筑波大学において、筑波大学・図書館情報メディア系、図書館情報メディア研究科、知的コミュニティ基盤研究センター主催による第18回アジア・太平洋電子図書館国際会議(18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries: ICADL 2016)および、アジア・太平洋地域情報学大学院フォーラム(the Asia-Pacific Forum of Information Schools: APIS)が開催されます。

この会議のテーマは「オープンアクセス社会における知識、情報、データ」です。ピッツバーグ大学のラーセン教授(Ronald L. Larsen)、京都大学の田中克己教授、シンガポールマネージメント大学のLIM Ee Peng教授による基調講演、下記3件のワークショップ等が予定されています。参加費は有料で早期登録の締切は10/31です。ワークショップは無料ですが、ICADL 2016への参加登録が必要となります。

WS1: NKOS:研究データのためのメタデータモデリングと知識表現
WS2: デジタルコレクションのためのリッチなセマンティクスと直接表現
WS3: オープンアクセスにおけるデータキュレーターの役割と責任

ICADL 2016 & APIS

ジャマイカ国立図書館の機能改善計画を同国政府が発表

2016年10月20日に、ジャマイカの文化・ジェンダー・娯楽・スポーツ担当大臣が、国立図書館の機能改善計画を発表しています。

地域の芸術家や歴史家が作成した作品のコレクションや書誌データを増加させるというもので、短期的には、図書館が、西インド諸島地域のレファレンスライブラリーとして取得した、トリニダードトバゴ、バルバドス、ガイアナの新聞のオフサイトストレージの建設が、長期的には、国内刊行物や同国について書かれたものを保存する国立図書館の義務を果たすために新しい建物を建設することが指摘されています。

また、納本対象となる、あらゆる分野での、著述だけでなく、映像や音楽を含めた地域のコンテンツ作成者の形成を促すことや、それを国立図書館が支援することについても言及しています。

National Library of Jamaica to be Upgraded(Jamaica Informaton Service,2016/10/21)
http://jis.gov.jm/national-library-jamaica-upgraded/

ウズベキスタン、“National Educational Electronic Library Project”のシステム開発において、韓国の企業と契約

2016年10月4日、ウズベキスタンの情報技術・通信開発省が、同国の“National Educational Electronic Library Project”のシステム開発において、韓国のIT企業LG CNS社と契約を結んだことを同社が発表しています。

同国の大統領の支援を受けたプロジェクトの1つで、マルチメディアセンター、デジタル化センター、電子図書館システム、統合型図書館データベースといった統合型図書館システムがウズベキスタン国立図書館に構築されます。

システムが完成すると、国立図書館と、国内20の地域の図書館との連携が可能となり、図書館データのデジタル化とその利用者への提供が容易になると紹介されています。

LG CNS Receives an Order for the Implementation of Digital Library System for the Uzbekistan National Library (LG CNS,2016/10/4)
https://lgcns.com/LGCNS.GHP.Main/News/NewsDetail?SERIAL_NO=1592

【イベント】第21回情報知識学フォーラム「IoT時代の先にあるものは?―情報知識学の新たな展開―」(1/22・東京)

2017年1月22日、東京工業大学田町キャンパスにおいて、情報知識学会は第21回情報知識学フォーラム「IoT時代の先にあるものは?―情報知識学の新たな展開―」を開催します。

このフォーラムは、機械化が進展した社会における人間と機械の関係性を問い直し、情報知識学に関する新たな研究の方向性を議論し、開拓するために実施されます。2件の招待講演と、学会員等からの研究発表(口頭またはポスター発表)で構成されるとのことです。参加費は無料ですが、情報知識学会の非会員は資料代として3,000円(学生は1,500円)が必要です。

第21回情報知識学フォーラム「IoT時代の先にあるものは?―情報知識学の新たな展開―」
http://www.jsik.jp/?forum2016

参考:
【イベント】第20回情報知識学フォーラム「地域情報学における知識情報基盤の構築と活用」(12/12・京都)
Posted 2015年11月24日
http://current.ndl.go.jp/node/30025

トルコ国立図書館、1階に「デジタルライブラリー」を開設

2016年10月25日、トルコ国立図書館の1階に「デジタルライブラリー」が開設されました。

86人の利用が可能で、タブレット、ノートパソコン、プリンター、スクリーン等が備えられています。

韓国・サムスン電子のトルコ法人が担当した事業で、ライブラリー内では、デジタル化された約2万7千点のオスマントルコ語・ペルシャ語・アラビア語の手稿類、オスマン帝国時代の逐次刊行物、1928年以降の逐次刊行物や新聞、オスマン帝国時代の新聞、絵画、映画ポスター、地図、切手、政治ポスター、レコード等を利用することができます。

MİLLÎ KÜTÜPHANE İÇERİĞİ DİJİTAL ORTAMDA(トルコ国立図書館,2016/10/25)
http://basin.kulturturizm.gov.tr/TR,164598/milli-kutuphane-icerigi-dijital-ortamda.html

Samsung Electronics Turkey Presents the Digital Library(サムスン電子,2016/10/25)
https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-turkey-presents-the-digital-library

参考:

毎日新聞社、「第62回学校読書調査」の結果概要を公表

2016年10月26日付けの毎日新聞で、全国学校図書館協議会(全国SLA)と合同で実施した「第62回学校読書調査」の結果の概要が発表されています。

調査は6月に、全国の小学4年生から高校3年生を対象に実施され、8,711人から回答を得たものです。

記事では、学校図書館で働く先生にしてもらいたいことに関する調査に対し、図書館の案内や本の紹介より、「安心できる場」を作ってほしいと望む中高生が多かったことや、小中高ともライトノベルを読む児童・生徒が本を多く読む傾向があったことが指摘されています。

学校読書調査 学校図書館は「安心できる場」に(毎日新聞,2016/10/26)
http://mainichi.jp/articles/20161027/k00/00m/040/101000c

第62回学校読書調査 ライトノベルが人気 おもしろい本、もっと(その1)(毎日新聞,2016/10/27)
http://mainichi.jp/articles/20161027/ddm/010/040/028000c

第62回学校読書調査 ライトノベルが人気 おもしろい本、もっと(その2止)(毎日新聞,2016/10/27)
http://mainichi.jp/articles/20161027/ddm/010/040/029000c

10月 26日

浜松市立北図書館、「あなたの知らないボードゲームの世界」を開催

2016年11月19日、浜松市立北図書館が、「あなたの知らないボードゲームの世界」を開催します。

世界のボードゲームについての理解を深め、実際に遊んでみるもので、対象は小学校高学年以上、定員は12名(先着順)、参加費は無料です。

講座・イベントのご案内(浜松市立図書館)
http://www.lib-city-hamamatsu.jp/info/index.htm
※「【もよおし】あなたの知らないボードゲームの世界(北)」とあります。

参考:
聖学院大学総合図書館、「図書館でゲームをする日」にあわせ、学生を対象にボードゲームやカードゲームを実施
Posted 2016年10月25日
http://current.ndl.go.jp/node/32799

鳥取県、「歴史資料として重要な公文書等の保存等に関する条例の概要」に対する意見を募集中

鳥取県が、2016年11月2日まで、「歴史資料として重要な公文書等の保存等に関する条例の概要」に対する意見を募集中です。

鳥取県では、県民や市町村が保有する歴史資料として重要な公文書その他の文書を適切に管理するための条例を制定することを検討しており、現在検討中の条例の概要に対して意見を募集するものです。

特に、検討中の条例の概要において、歴史資料として重要な価値を持った文書等を所有する県民、県内に事業所を有する法人その他の団体が、県や市町村と協力しながら、保有する歴史公文書等を適切に保存し、できるだけその文化的活用に努める内容となっていることについて意見を求めています。

「歴史資料として重要な公文書等の保存等に関する条例の概要」について意見を募集しています。(鳥取県)
http://www.pref.tottori.lg.jp/260474.htm

八戸ブックセンター、2016年12月4日にオープン

市長の政策公約に掲げられた「本のまち八戸」を推進する拠点施設として整備が計画されていた「八戸ブックセンター」が、2016年12月4日にオープンすると発表されています。

当日はオープニング記念として、八戸ブックセンターのディレクションを担当している内沼晋太郎氏と、八戸市長・小林眞氏のトークイベントが開催されます。

12月4日(日)、八戸ブックセンターOPEN!(八戸ブックセンター,2016/10/21)
https://8book.jp/287/

関連:
八戸ブックセンター(八戸市)
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/9,0,219,513,html

中国国家図書館、中国の古籍に関する2つのデータベースを公開

2016年9月28日、中国国家図書館(NLC)が、データベース「全国古籍普查登记基本数据库」「中华古籍资源库」を公開しています。

「全国古籍普查登记基本数据库」はNLCが2012年から実施した中国全土で現存する古籍の調査結果をもとに作成された目録で、13州の96の機関が所蔵する38万タイトル・約350万冊のデータが公開されています。今後、調査の進展とともに内容が更新されます。

「中华古籍资源库」は、デジタル化された古籍を閲覧できる電子図書館で、閲覧には利用者登録が必要です。デジタル化された善本1万タイトル・610万ページの閲覧が可能で、2016年末までには、第2弾として、約6,200タイトルの画像が追加され、2017年末までには、2万3千タイトルの古籍が公開される予定です。

“全国古籍普查登记基本数据库”“中华古籍资源库”正式发布(NLC,2016/9/28)
http://www.nlc.cn/pcab/zx/xw/201609/t20160928_131010.htm

National Library of China launches digital database of ancient books(中国文化,2016/9/30)
http://en.chinaculture.org/2016-09/30/content_883359.htm

米国議会図書館、英国王ジョージ3世の文書類のデジタル化に関し、英・ロイヤル・コレクション・トラスト及びキングス・カレッジ・ロンドンと覚書を締結

2016年10月24日、米国議会図書館(LC)は、英国のロイヤル・コレクション・トラスト(Royal Collection Trust)及びキングス・カレッジ・ロンドンと米国独立時の英国王ジョージ3世の文書類のデジタル化を支援するための資源を共有することに関して覚書を締結したと発表しています。

LCが、王室図書館(Royal Library)、王室文書館(Royal Archives)、キングス・カレッジ・ロンドンによる、ジョージ3世の文書を含む王室文書館の所蔵資料35万点をデジタル化してオンラインで公開することを目的とした5年間のプロジェクト“Georgian Papers Programme”に参加するものです。

LCでは、それら資料の様々な機関での相互協力的な利用を可能にするための会議の開催や、展覧会の実施(2020年もしくは2021年)が計画されています。

Library of Congress, Britain’s Royal Library, King’s College to Collaborate on Papers of King George Ⅲ(LC,2016/10/24)
http://www.loc.gov/today/pr/2016/16-188.html

Georgian Papers Programme

米国のニューメディア・コンソーシアム、高等教育におけるデジタルリテラシーに関する特別報告書を公開

2016年10月25日、米国のニューメディア・コンソーシアム(NMC)が、報告書“Digital Literacy: An NMC Horizon Project Strategic Brief”を公開しています。

高等教育における「デジタルリテラシー」の発展を探ること目的としており、報告書では、この分野での進捗具合と欠けている点を分析することを通じて、学生を、単なる消費者ではなく、コンテンツ作成を通じて学ぶ作成者として位置付けるために、高等教育の指導者や企業のニーズを確認しているほか、大学が、最新の技術やツールへのアクセスを学生に提供するため、産業界、政府、図書館と連携することを推奨しています。

Twitter(@NMCorg,2016/10/25)
https://twitter.com/NMCorg/status/790871780789481472

NMC Releases Horizon Project Strategic Brief on Digital Literacy(NMC)
http://www.nmc.org/news/nmc-releases-horizon-project-strategic-brief-on-digital-literacy/

韓国・文化体育観光部、「2016司書就業実態調査」の結果を発表

2016年10月25日、韓国の文化体育観光部は、韓国図書館協会と共同で行った、「2016司書就業実態調査」の結果を発表しています。

同調査は、就職時の問題点、現場で必要とされる能力などを把握し、必要な人的資源の養成及び活用に関連した戦略や改善事項を検討するために実施したもので、文献情報学科の学生、現役の司書、類似の職種の従事者約1,300人を対象に7月から9月にかけて行われました。

調査からは、

・文献情報学科や専門大学の卒業者の就職率は減少傾向にある
・公共図書館の非正規職の割合が増加傾向である
・学生の就職希望先の第1位は公共図書館
・学生の志望業務の第1位は「文化プログラムの運営」
・大学のカリキュラムについて、学生は「適切である」と答える割合が高い一方、現役の司書は「不適切である」と答える割合が高い。
・追加されるべきカリキュラムとして、学生は「電子情報の組織化及びサービス」「ビックデータ分析」を、現役の司書は「文化プログラム」「広報マーケティング」を挙げる
・就職のための最も大きな問題点として、学生も現役の司書も就職情報がない点を指摘する

といった点が明らかになったとしています。

倉吉市(鳥取県)、民間所在の歴史資料の保全を呼びかけ

鳥取県の倉吉市が、鳥取県中部で発生した地震で被害を受けた、古文書や民俗資料といった民間所在の歴史資料の保全を呼びかけています。

被災建物にある古文書等を処分する前にご一報ください(倉吉市,2016/10/25)
http://www.city.kurayoshi.lg.jp/gyousei/div/kyouiku/bunkazai/3/p111/

参考:
山陰歴史資料ネットワークと鳥取地域史研究会が連名で、「鳥取県中部地震による被災歴史資料の保存に関する緊急アピール」を発表
Posted 2016年10月25日
http://current.ndl.go.jp/node/32807

【イベント】第3回全国史料ネット研究交流集会(愛媛・12/17-18)

2016年12月17日と18日に、愛媛県松山市にある愛媛大学で、第3回全国史料ネット研究交流集会が開催されます。

「神戸宣言」をふまえ、地域の歴史資料を保全する実践に向けての連携を発展させるとともに、保全した資料を活用して、災害に強い地域社会をどのように創っていくかについても検討するとのことです。

入場は無料で、事前の申し込みも不要です。

第3回 全国史料ネット研究交流集会 (12/17(土)・12/18(日)開催)のお知らせ(歴史資料ネットワーク)
http://siryo-net.jp/event/20161217-18-koryusyukai3-ehime/

10月 25日

オープンアクセス(OA)雑誌掲載論文は非OA雑誌掲載論文に比べてWikipedia英語版からの引用が47%多い(文献紹介)

Journal of the Association for Information Science and Technology誌に掲載予定の論文、”Amplifying the impact of open access: Wikipedia and the diffusion of science”の早期公開版が2016年10月13日付けで公開されています。著者はシカゴ大学のMisha Teplitskiy氏らです。同誌掲載論文の閲覧には通常、料金がかかりますが、この論文はオープンアクセス(OA)で公開されています。

この論文ではScopusに採録されている雑誌を対象に、26の分野ごとに、最もよく利用されている雑誌各250誌を特定し、その掲載論文約1,940万本について、Wikipediaからの引用状況と、OA状況等の関係を分析したものです。分析の結果、雑誌のインパクトファクターとOA状況のいずれもがWikipediaからの被引用数と関係していました。さらにインパクトファクターを統制した場合には、OA雑誌掲載論文は、非OA雑誌掲載論文に比べ、Wikipedia英語版からの被引用数が47%多かったとのことです。

山陰歴史資料ネットワークと鳥取地域史研究会が連名で、「鳥取県中部地震による被災歴史資料の保存に関する緊急アピール」を発表

2016年10月25日、山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット)と鳥取地域史研究会が連名で、「鳥取県中部地震による被災歴史資料の保存に関する緊急アピール」を発表し、被災した家財を処分する際に、保存すべき資料の選択や、保存方法等について困った場合、地元の教育委員会や山陰史料ネット、鳥取地域史研究会に相談するよう呼びかけています。

Facebook(山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット),2016/10/25)
https://www.facebook.com/sanin.siryou.net/posts/684845065004097

参考:
山陰歴史資料ネットワーク、Facebookのページを開設
Posted 2016年10月24日
http://current.ndl.go.jp/node/32781

ページ