アーカイブ - 2016年 10月 24日 - car

Ingenta社、新たにオープンアクセス情報源のプラットフォームサービスIngenta Openを開始

2016年10月20日、電子ジャーナルのホスティングサービス等を手掛けるIngenta社が、新たにオープンアクセス(OA)情報源のプラットフォームサービスIngenta Openを開始すると発表しました。

Ingenta OpenはOA雑誌に限らず図書(章単位・全体の双方)もホスティングの対象とするほか、自身ではホスティングしていないOA雑誌掲載論文についてもDOAJ等からデータを取得し、単なるOA雑誌のホスティングサービスではなく、研究者・学生・一般市民にとってのOA情報源のハブとなることを目指すとしています。

Ingenta launches new Open Access platform(Ingenta、2016/10/20付け)
http://www.ingenta.com/wp-content/uploads/Ingenta-Open-press-release.pdf

Ingenta launches new Open Access platform – Ingenta Open(STM Publishing News、2016/10/21付け)
http://www.stm-publishing.com/ingenta-launches-new-open-access-platform-ingenta-open/

大規模テストコレクションを用いた情報アクセス技術評価ワークショップNTCIR-13タスク参加登録受付開始

2016年10月14日より、情報アクセス技術評価ワークショップNTCIR-13のタスク参加登録受付が開始されています。

NTCIR (エンティサイル、NII Testbeds and Community for Information access Research)は情報検索、質問応答、要約、テキストマイニング、機械翻訳などの情報アクセス技術について、研究者の共同作業により作成したテストコレクションを共通のデータセットとして用い、研究するワークショップです。第13回目のNTCIR-13では“多様なデバイスを用いて蓄積したマルチモダルライフログデータの検索と要約”、“Yahoo!知恵袋の実サービス環境にて評価が行われる質問検索タスク”など5つのコアタスクと4つのパイロットタスクについて、参加を受け付けるとのことです。

タスク概要・参加者募集(NTCIR)
http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-13/tasks-ja.html

NTCIR-13 タスク参加の手引き(NTCIR)
http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-13/howto-ja.html

参考:

リポジトリ収録論文のうち、ORCIDと紐付けられるものは16%強(記事紹介)

2016年10月21日付けの英COREのブログ記事で、リポジトリ収録論文のDOIとORCIDのデータを対照した調査の結果が紹介されています。

COREは英国を中心に、オープンアクセス(OA)リポジトリ・OA雑誌掲載論文のデータを収集し、APIで提供する等しているアグリゲーションサービスです。今回の記事ではCOREで収集している論文データ中、DOIの付与されている約550万本について、ORCIDのAPIを用いてデータを対照した結果が報告されています。分析の結果、196,713人の異なる著者による論文927,645本が、ORCIDとCOREの双方にDOIが収録されており、CORE収録論文を分母とすると、16%強がORCIDと紐付けられる状況にあるとのことでした。

この調査に用いられたデータはGitHubで公開されています。

Analysing ORCID coverage across repositories through CORE(CORE blog、2016/10/21付け)
https://blog.core.ac.uk/2016/10/21/analysing-orcid-coverage-across-repositories-through-core/

oacore/orcid-experiments(データセット、GitHub)

【イベント】科学技術振興機構(JST)、20周年記念フォーラム:未来共創イノベーションを目指して「とてもよい世界の作り方」を開催(11/4・東京)

2016年10月に設立20年を迎えた科学技術振興機構(JST)が、2016年11月4日、東京国際フォーラムにおいて、20周年記念フォーラム:未来共創イノベーションを目指して「とてもよい世界の作り方」を開催します。梶田隆章氏(東京大学特別栄誉教授・宇宙線研究所長/2015年ノーベル物理学賞受賞者)、浅川智恵子氏(日本IBM株式会社東京基礎研究所IBMフェロー)による基調講演のほか、国内外の若手研究者・産業人によるパネルディスカッションを行い、未来共創イノベーションによる社会変革の方向性と、JSTが担うべき役割を考えます。

参加費は無料で、定員は400名(事前登録制・先着順)です。

JST20周年記念フォーラム開催に当たって(JST)
https://www.jst.go.jp/20th/forum.html

Science Europe、加盟機関のオープンアクセス方針に関する調査報告を公開

欧州の研究助成財団・研究実施機関が加盟するScience Europeが、加盟機関のオープンアクセス(OA)方針の状況を調査した結果をまとめた報告書”Open Access Publishing Policies in Science Europe Member Organisations”を2016年10月付けで公開しています。

この報告書は2012年と2014年に実施した質問紙調査の分析結果に基づくもので、さらに2016年6月までの動向の変化も付録に収録されています。調査の結果、加盟機関は義務化の程度や実施済みか計画段階かの差はあれ、OA方針を持っていました。また、ほとんどの機関はリポジトリ等によるOA(グリーンOA)とOA雑誌(ゴールドOA)の双方を取り入れた方針としていて、ゴールドOAを排除してグリーンOAを優先する方針を持つ機関はわずかに存在するものの、グリーンOAを排除しゴールドOAを優先する機関はなかった等としています。

Open Access Publishing Policies in Science Europe Member Organisations: Key Results from Science Europe and Global Research Council Surveys(Science Europe)

デンマーク王立図書館とオーフス国立・大学図書館が統合し、2017年1月1日からデンマーク国立図書館に

デンマーク王立図書館とオーフス国立・大学図書館とが統合し、2017年1月1日から、デンマーク国立図書館となることが発表されています。

現在のオーフス国立・大学図書館館長が、新図書館の館長に就任予定で、現在の両館の建物(オーフス及びコペンハーゲン)がそのまま利用されます。

Denmark to have one national library (デンマーク王立図書館,2016/9/12)
http://www.kb.dk/en/kb/nyheder/nyheder/Fusion.html

Denmark to have one national library (オーフス国立・大学図書館,2016/9/12)
http://en.statsbiblioteket.dk/News/denmark-to-have-one-national-library

国際インターネット保存コンソーシアム、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに関するウェブアーカイブを公開

国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)が、2016年に開催されたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに関するウェブサイト等を収集したコレクションを公開しました。

IIPCの加盟館や一般からの提案を受けたウェブサイトを収集したもので、ウェブアーカイブコレクション構築サービス“Archive-It”を用いて行われました。

2016 Summer Olympics and Paralympics(Archive-It)
https://archive-it.org/collections/7235

via;
New Web Archive from IIPC: 2016 Summer Olympics and Paralympics(LJ infoDOCKET,2016/10/23)
http://www.infodocket.com/2016/10/23/new-web-archive-from-iipc-2016-summer-olympics-and-paralympics-from/

参考:
E1819 - 2016年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>
カレントアウェアネス-E No.307 2016.07.14
http://current.ndl.go.jp/e1819

鳥取看護大学・鳥取短期大学附属図書館、鳥取県中部で発生した地震の影響により10月24日は終日休館

2016年10月21日に鳥取県中部を震源として発生した地震の影響により、鳥取看護大学・鳥取短期大学附属図書館では、資料等が落下し、安全に開館できないため、本館、別館とも10月24日は終日休館すると発表しています。

また、10月22日・23日に開催予定であったイベント「第3回 本の世界を楽しもう【TRICK or TREAT!】」も休止となっています。

Twittter(@torikantanlib,2016/10/22)
https://twitter.com/torikantanlib/status/789756626253127680

Twittter(@torikantanlib,2016/10/21)
https://twitter.com/torikantanlib/status/789395904885239808

東京大学附属図書館、オープンアクセスウィーク2016「今日からはじめるオープンアクセス」を開催

2016年10月24日から10月30日まで、東京大学附属図書館は、「国際オープンアクセスウィーク2016」の開催にあわせて、「今日からはじめるオープンアクセス―あなたの研究を世界に開く」と題してさまざまな企画を行っています。

ポスター掲示やパンフレット配布、パネル展示などを各図書館・室で実施しています。また、東京大学学術機関リポジトリ(UTokyo Repository)では、特設サイトを開設しています。

東京大学附属図書館オープンアクセスウィーク2016「今日からはじめるオープンアクセス」のお知らせ(東京大学新図書館計画公式ウェブサイト、2016/10/21)
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/4395
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2016/10/oaw2016.jpg
※2つめのリンクは、ポスターです。

UTokyo Repository in Action
オープンアクセスウィーク特設ページ:平成28年10月24日~10月28日(UTokyo Repository)
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/OAW2016/

参考:
2016年のオープンアクセスウィークのテーマは“Open in Action”

倉吉博物館(鳥取県)、鳥取県中部で発生した地震の影響によりしばらく休館

2016年10月21日に鳥取県中部を震源として発生した地震の影響により、鳥取県の倉吉博物館がしばらく休館すると発表しています。イベントも当面中止されます。

倉吉博物館
http://www1.city.kurayoshi.lg.jp/hakubutsu/

武雄市図書館(佐賀県)、武雄を舞台にしたテーブルトークアールピージー(TRPG)を実施

2016年11月13日、佐賀県の武雄市図書館で、武雄を舞台にしたテーブルトークアールピージー(TRPG)が行われます。

TRPGとは、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲームです。

対象は、中学生及び高校生(成人も可)で、参加費は無料ですが、定員は10人です。

【イベント】武雄を舞台にしたTRPG【11月13日】(武雄市図書館)
https://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/info-detail.do;jsessionid=0EDCF45CB6930B7BB9957B75BACAE8B0?idx=3

参考:
なぜ図書館は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を所蔵していないのか(記事紹介)
Posted 2015年10月6日
http://current.ndl.go.jp/node/29587

山中湖情報創造館、ボードゲームの館内貸出し開始 あわせて月1回ペースで「ボードゲームの日」も実施
Posted 2015年7月17日
http://current.ndl.go.jp/node/28944

倉吉市立図書館、10月28日より開館予定 町立みささ図書館(三朝町)は、11月1日より

2016年10月21日に鳥取県中部で発生した地震の影響で休館していた倉吉市立図書館と倉吉市立せきがね図書館は、10月28日より開館の予定です。
また、町立みささ図書館(三朝町)は、11月1日より開館の予定です。

一方、北栄町図書館と北栄町図書館北条分室は依然として当面休館となっています。

倉吉市立図書館
http://www.lib.city.kurayoshi.lg.jp/
※「10月28日(金)から、倉吉市立図書館・せきがね図書館は開館します。」とあります。

地震に伴うイベント中止・休館情報(三朝町, 2016/10/24)
http://www.town.misasa.tottori.jp/1266/20280.html

緊急災害情報(北栄町)
http://www.e-hokuei.net/
※震災に伴うイベント等の中止、施設の閉館等(10月24日9時更新)

10月21日の地震による鳥取県内図書館の被害状況、ボランティアの受入状況等(鳥取県立図書館)
http://www.library.pref.tottori.jp/info/1121.html
※平成28年10月23日(日曜日)午後4時30分現在

参考:
倉吉市立図書館と北栄町図書館等(鳥取県)、地震の影響により当面の間休館

国際図書館連盟、第3回国連人間居住会議での「ニュー・アーバン・アジェンダ」採択を受け、図書館が果たすことができる役割を示す文書を公表

2016年10月17日から10月20日まで、エクアドルの首都キトで開催されていた、人間居住に関わる課題解決に関する会議、第3回「国連人間居住会議」(HABITAT Ⅲ)において、幅広い人間居住に係る課題の解決に向けた国際的な取組方針「ニュー・アーバン・アジェンダ」(キト宣言)が採択されたこと受け、国際図書館連盟(IFLA)は、2016年10月21日、それらアジェンダを各国政府が達成するにあたって図書館が果たすことができる役割等を示した“IFLA brief on the HABITAT Ⅲ New Urban Agenda”を公表しました。

IFLA brief on the HABITAT Ⅲ New Urban Agenda(IFLA,2016/10/21)
http://www.ifla.org/node/10949

IFLA brief on the HABITAT Ⅲ New Urban Agenda (IFLA)
http://www.ifla.org/files/assets/hq/topics/libraries-development/documents/ifla_welcomes_the_habitat_iii_new_urban_agenda.pdf

関連:
第三回国連人間居住会議-ハビタット3について―(国土交通省)

山陰歴史資料ネットワーク、Facebookのページを開設

2016年10月21日、鳥取県中部を震源として発生した地震をうけ、山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット)がFacebookのページを開設しました。

地震による歴史資料や地域文化財の被災情報の収集と保全の呼びかけを行うために運営するとのことです。

Facebook(山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット))
https://www.facebook.com/sanin.siryou.net/

参考:
CA1743 - 被災資料を救う:阪神・淡路大震災からの歴史資料ネットワークの活動 / 川内淳史
カレントアウェアネス No.308 2011年6月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1743

文部科学省、「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」(第8回)の配布資料を公開

文部科学省が、2016年10月13日に開催した「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議」(第8回)の配布資料を公開しました。

文部科学省 新着情報
http://www.mext.go.jp/
※平成28年10月21日更新欄に「学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議(第8回) 配付資料」とあります。

学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議(第8回) 配付資料(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/115/shiryo/1378326.htm