アーカイブ - 2015年 - car

1月 14日

ヤフー株式会社、トップページと特集ページで「阪神・淡路大震災から20年」の公開を予定

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が、阪神・淡路大震災発生より20年の節目となる2015年1月17日に、写真や映像、阪神・淡路大震災に関する統計データを用いたコンテンツで過去の大震災を振り返り、未来の防災・減災への備えや具体的な行動につなげるための企画「阪神・淡路大震災から20年」をYahoo! JAPANのトップページおよび特集ページにて公開すると発表しています。

・Yahoo! JAPANのトップページ
2015年1月17日(0:00~23:59)、写真で当時の被害状況や復興の様子を振り返ることができるデザインに切り替えるとのことです。

・特集ページ
2015年1月17日から2015年2月13日まで、写真や映像、阪神・淡路大震災に関する統計データを組み合わせたインフォグラフィックスを公開するとのことです。

なお、この企画の写真は神戸市震災写真オープンデータサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」やアフロ、映像は毎日放送、統計データは「阪神・淡路大震災の経験に学ぶ」(国土交通省 近畿地方整備局)や、神戸市、兵庫県、消防庁などのデータを使用しているとのことです。

戦後最大級の都市型災害「阪神・淡路大震災」から20年 当時の“記憶”と“記録”を未来へ(Yahoo! JAPAN, 2015/1/9)

【イベント】第1回U-PARLシンポジウム「むすび、ひらくアジア:アジア研究図書館の構築に向けて」開催(1/31)

2015年1月31日、東京大学にて、東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)が、第1回U-PARLシンポジウム「むすび、ひらくアジア:アジア研究図書館の構築に向けて」が開催されます。

U-PARLは、東京大学の「アジア研究図書館」の実現のために設立された研究部門とのことですです。今回のシンポジウムでは、アジア研究図書館の実現に向けて、アジアとアジアをめぐる知のあり方を考えるとのことです。

参加費は無料ですが、事前にサイトから申し込むと当日の受付がスムーズとのことです。

第1回U-PARLシンポジウム「むすび、ひらくアジア:アジア研究図書館の構築に向けて」開催のお知らせ(U-PARL)
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/sympo2014

国際図書館連盟(IFLA)、日本ペンクラブ等、パリ新聞社襲撃事件に関する声明を発表

2015年1月7日に、フランス・パリの新聞社“Charlie Hebdo”がテロに襲撃された事件に関して、国際図書館連盟(IFLA)、国際出版連合(IPA)、米国図書館協会(ALA)、日本では日本ペンクラブ等が声明を発表しています。

IFLA releases statement regarding Charlie Hebdo attack(IFLA, 2015/1/13)
http://www.ifla.org/node/9309

An Affirmation of Artistic Freedom in Response to the Charlie Hebdo Tragedy(IFLA, 2015/1/8)
http://www.ifla.org/node/9295

ALA President Courtney Young releases statement regarding Charlie Hebdo attack(ALA, 2015/1/7)
http://www.ala.org/news/press-releases/2015/01/ala-president-courtney-young-releases-statement-regarding-charlie-hebdo

図書館のためのデザイン思考:利用者志向デザインのためのツールキットが公開

デザイン会社IDEOが、シカゴ公共図書館およびオーフス公共図書館と協力し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の助成を得て、図書館のためのデザイン思考のツールキット“DESIGN THINKING FOR LIBRARIES: A TOOLKIT FOR PATRON-CENTERED DESIGN”を作成し、2014年12月31日付で公開しました。

このツールキットは、デザイン思考(Design Thinking)により、図書館で毎日発生する課題の解決方法を見つけだす手引きとなるものとのことです。IDEOでは、デザイン思考等の手法で、新しい製品やサービス、スペース等を生み出すための設計をしてきており、今回、特に図書館に特化したツールキットを作成したとのことです。

ツールキットは、デザイン思考の三つのフェーズ「インスピレーション(Inspiration)」、「アイデア創出(Ideation)」「繰り返し(Iteration)」を取り扱うもので、課題を自身のものとして組み立てる事から始めて、より効果的にするにはどのようにアイデアを広げるのかについて紹介しているとのことです。

なお、ツールキットのダウンロードには、メールアドレスや名前の登録が必要です。

DESIGN THINKING FOR LIBRARIES

オランダ王立図書館、2015-2018の戦略計画を公開

2015年1月5日、オランダ王立図書館(KB)が、“The power of our network”をスローガンとして、KBの2015-2018の戦略計画を公開しました。オランダでは2015年1月1日から、“Wet Stelsel Openbare Bibliotheekvoorzieningen(the Public Library Provisions System Act)”が施行され、この法律のもと、KBは、これまで学術情報において果たしてきたように、公共図書館の分野においても中心的な役割を果たすこととされているとのことです。

2015-2018年の戦略計画の優先事項には、1.国家的な電子図書館の実現、2.国内および国際的な協力関係の強化が挙げられているとのことです。

Strategic Plan 2015-2018(KB, 2015/1/5)
http://www.kb.nl/en/news/2015/strategic-plan-2015-2018
※英語

The power of our network: Strategic plan 2015-2018
http://www.kb.nl/sites/default/files/docs/strategicplan-2015-2018.pdf
※戦略本文(英語版)

ソーシャルメディアの利用傾向2014:Pew Research Centerの調査結果より(米国)

2015年1月9日、米国調査機関Pew Research CenterのPew Internet & American Life Projectが、ソーシャルメディア利用に関する調査結果“Social Media Update 2014”を公表しました。この調査結果は、2014年9月に米国在住者2,003人を対象にして行われた電話調査に基づいているとのことです。

調査結果によると、回答者の81%がインターネットを利用しており、Facebookは依然として最も人気のあるプラットフォームですが、その成長は緩やかになり、TwitterやInstagram、Pinterest、LinkedInなどの他のプラットフォーム利用者が増加しているとのことです。

レポートの主な発見として、以下の内容があげられています。

・52%のインターネット利用者は2つ以上のソーシャルメディアサイトを利用している。その割合は2013年の42%から増加している。
・65歳以上のインターネット利用者の56%はFacebookを利用している。これは65歳以上の回答者の31%である。
・18歳から19歳のインターネット利用者の53%がInstagramを利用している。Instagram利用者の49%は毎日利用している。
・大学出身のインターネット利用者の50%はLinkedInを利用している。

英国図書館(BL)、2015年-2023年の戦略計画を公開

2015年1月12日、英国図書館(BL)が2015年-2023年の戦略計画“Living Knowledge: The British Library 2015-2023”を公開しました。この計画では、管財、調査、ビジネス、文化、教育、国際関係において、BLが公共的価値をいかに実現し、また、調査、インスピレーションや楽しみのために、すべての人に知的財産を利用可能とするというBLのミッションをどのように遂行するのかについて解説をしているとのことです。

Living Knowledge: The British Library 2015 – 2023(BL, 2015/1/13)
http://www.bl.uk/projects/living-knowledge-the-british-library-2015-2023

http://www.bl.uk/britishlibrary/~/media/bl/global/projects/living-knowledge/documents/living-knowledge-the-british-library-2015-2023.pdf
※本文

Launching Living Knowledge(BL, 2015/1/12)

HathiTrust訴訟、合意がなされる

米国作家協会(Authors Guild)等がHathiTrustとこれに参加していた5つの大学図書館に対して起こしていた著作権侵害の訴訟において、訴訟の争点である3つのサービスのうちの1つ、『参加図書館が一定の図書等(所蔵図書等,喪失・盗難等された図書等,代替物の購入が公正な価格では困難な図書等)について作成したデジタル複製物の利用者への提供』について、2015年1月6日、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所は、米国作家協会側と HathiTrust側の訴訟代理人により、訴訟上の合意がなされたとの決定をしました。この決定は、連邦第二巡回区控訴裁判所から同地方裁判所への差戻し裁判によるものです。合意の内容は、図書館が本件サービスにより無料で利用するケース、運用について、HathiTrust側が5年以内に速やかに、米国作家協会側に告知するというものです。

Statement on the Resolution of Authors Guild v HathiTrust(HathiTrust, 2015/1/8)
http://www.hathitrust.org/resolution_authors_guild_hathitrust

【イベント】国際セミナー「災害からの復旧に果たす図書館の役割」(2/11)

2015年2月11日、日本図書館協会2階研修室にて、IFLAアジア・オセアニア地区常設委員会と日本図書館協会の共催で、国際セミナー「災害からの復旧に果たす図書館の役割」が開催されます。

Teresita C. Moran氏(ファーイースタン大学)による「ハイヤン台風から学んだこと:フィリピン図書館の経験」、Premila Gamage博士による「スリランカの津波で影響を受けた図書館の復旧努力」、河村宏氏(DAISY Consortium前会長)による「インクルーシブな災害アーカイブの開発-人類の共有資産としての被災体験と災害知識の共有における図書館の役割」の3つの講演が予定されているとのことです。講演には通訳がつくとのことです。

参加費は無料ですが、なるべく事前の申し込みが推奨されているとのことです。

国際セミナー「災害からの復旧に果たす図書館の役割」(日本図書館協会企画調査部, 2015/1/8)
http://jlakc.seesaa.net/article/411999773.html

1月 13日

【イベント】国立国会図書館のウェブページを使い尽くそうアイデアソン~NDLオープンデータ・ワークショップ~(2/21・東京)

2015年2月21日、国立国会図書館(NDL)において、「国立国会図書館のウェブページを使い尽くそうアイデアソン~NDLオープンデータ・ワークショップ~」を開催します。NDLのウェブページで提供される「国立国会図書館デジタルコレクション」「国立国会図書館サーチ」などの様々なサービスで利用できるデータを使い尽くすためのヒントやアイデアを考えるワークショップです。

アイデアソンの成果や当日の様子は、後日、ホームページ等で公開予定です。定員は20名、参加費は無料、申込締切は2015年1月30日です。

国立国会図書館のウェブページを使い尽くそうアイデアソン~NDLオープンデータ・ワークショップ~ のご案内 (NDL Lab)
http://lab.kn.ndl.go.jp/cms/?q=opendata2015

米OverDrive、2014年の電子コンテンツ貸出数は2013年に比べて33%増加したと発表

米OverDrive社は2015年1月8日付けで、同社の図書館・学校向けのプラットフォームを通じて貸し出された電子コンテンツの数は2013年に比べて33%増加し、のべ1億3,700万件のコンテンツが借りられていたことを発表しました。

電子コンテンツの貸出統計の中には電子書籍とオーディオブックが含まれていますが、電子書籍に限定した場合の貸出数は1億500万回で、2013年に比べ32%の増加でした。特にモバイル端末からの利用が伸びており、モバイル端末からの利用に限定した場合、貸出数の伸びは43%に至っていたとのことです。

また、OverDrive社のプラットフォームを利用している図書館・学校のウェブサイトへのアクセス数は4億100万件で前年比77%の増加で、アクセス元端末別に見るとタブレット端末からのアクセスが43%、スマートフォンからのアクセスが21%でした。デスクトップ端末からのアクセスは36%で、2013年の48%よりシェアを落としています。コンテンツの貸出についても、タブレット端末とスマートフォンからの利用が全体の52%と過半数に至っているとのことです。

eBook Use Up 33% in 2014 in Libraries through OverDrive(OverDrive、2015/1/8付け)

arXivの収録論文数が100万件を突破

物理学を中心としたプレプリントサーバ"arXiv"の収録論文数が100万件を突破したことを、現在"arXiv"を運営しているコーネル大学図書館(Cornell University Library)が発表しています。既に英Nature誌オンライン版ニュース記事で2014年12月29日に100万件を突破したことが報じられていましたが、2015年1月12日付けでコーネル大学図書館から正式にプレスリリースが出されました。また、arXiv設立者のPaul Ginsparg氏等から寄せられた、収録論文数100万件突破に対する祝福のコメントがYouTubeで公開されています。

arXiv Hits 1 Million Submissions(Cornell University Library、2015/1/12付け)
https://www.library.cornell.edu/about/news/press-releases/arxiv-hits-1-million-submissions-0

Celebrating arXiv's 1 millionth paper, January 2015(YouTube、2015/1/9付け)
https://www.youtube.com/watch?v=ntoxZzh0ha8

米カリフォルニア大学出版局が新たに創刊するOAメガジャーナルで査読者と編集者に謝礼を支払うことを発表

2015年1月12日付けの米Science誌オンライン版で、カリフォルニア大学出版局が新たに創刊するオープンアクセス(OA)メガジャーナル”Collabra”では、査読者と編集者に対して謝礼を支払うことが紹介されています。

Collabraは論文処理加工料(APC)を875ドルに設定する予定ですが、そのうちの250ドルを編集者と査読者への謝礼にあてるとのことです。支払いを受けた編集者・査読者は、自分で受け取るほかに、投稿者のAPC支払いの支援や、自身の所属機関からの投稿論文のAPC補助のために寄付することもできる制度も設けられるそうです。

Collabraは2015年3月から論文の公開を開始します。

New open-access journal plans to pay peer reviewers(Science、2015/1/12付け)
http://news.sciencemag.org/scientific-community/2015/01/new-open-access-journal-plans-pay-peer-reviewers

Collabra
http://www.collabraoa.org/

参考:

2014年の10大論文撤回(記事紹介)

2014年12月23日付けのThe Scientist誌オンライン版記事で、2014年に起こった10の印象的な論文撤回事件が取り上げられていました。執筆者は論文撤回監視サイト、Retraction Watchの共同設立者、Adam Marcus氏とIvan Oransky氏です。

記事では最初にSTAP細胞事件に関連する論文撤回が取り上げられているほか、SAGE社の雑誌” Journal of Vibration and Control ”で1人の著者が複数の別名を使って自分の投稿論文を自分で査読していたことが発覚した事件や、SpringerとIEEEの出版する会議録に機械生成されたでたらめな論文が掲載された事件等、査読をめぐる不正も取り上げられています。

The Top 10 Retractions of 2014(The Scientist、2014/12/23付け)
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/41777/title/The-Top-10-Retractions-of-2014/

Scholarly Publishing: The Top 10 Retractions of 2014(LJ INFOdocket、2015/1/10付け)

Elsevierが2015年中に全科学分野を対象とするオープンアクセス雑誌を創刊予定

2015年1月8日付けのElsevier社のブログElsevier Connectの記事で、同社が2015年中に、全科学分野を対象とするオープンアクセス(OA)雑誌を創刊する予定であることが発表されました。

同記事によれば、このOA雑誌ではScopusのデータや技術を用いて投稿論文を担当する編集者や査読者を迅速に発見する仕組みを導入し、査読にかかる期間を短くすることや、Mendeleyで開発された技術を用いて論文の発見可能性を高めること等を試みるとのことです。

New open access journal will publish across all disciplines(Elsevier Connect、2015/1/8付け)
http://www.elsevier.com/connect/new-open-access-journal-will-publish-across-all-disciplines

Elsevier Launches Open Access Journal Publishing Sound Research Across All Disciplines(STM Publishing News、2015/1/9付け)

【イベント】JAIRO Cloudの今後の運用モデルと利用料金に関する説明・懇談会(2/24・京都、4/23・福岡、5/18・東京、6/5・仙台)

国立情報学研究所が、共用リポジトリサービスJAIRO Cloudの今後の運用モデルと利用料金に関する説明・懇談会を開催することを発表しました。

この説明・懇談会は2015年2月24日の京都会場を皮切りに、4月23日に福岡、5月18日に東京、6月5日に仙台と国内4か所で順次開催されます。それぞれ2部構成で、第1部ではJAIRO Cloudへの参加を検討している機関を対象とする機関リポジトリとJAIRO Cloudの説明会、第2部は今後の運用モデルと利用料金に関する意見交換の場となるとのことです。

JAIRO Cloudの今後の運用モデルと利用料金に関する説明・懇談会(機関リポジトリ構築連携支援事業、2015/1/9付け)
http://www.nii.ac.jp/irp/2015/01/jairo_cloud_2.html

福井県ふるさと文学館が福井県立図書館内に開設

2015年2月1日の14時から、福井県ふるさと文学館が、福井県立図書館内にオープンします。福井県ふるさと文学館では、福井ゆかりの作家や福井が登場する文学作品など、福井の文学に関する資料を収集・保存し、さまざまな切り口で紹介するとのことです。また、文学を身近に感じられるイベントにより、幅広い世代が文学に親しみ、学び、交流できる場を目指すとのことです。

また、開設を記念するイベントとして、福井県立図書館多目的ホールで2015年2月1日に開館記念対談「夫婦作家が語る!小説家の人生」が、福井県ふるさと文学館企画展示ゾーンで2月1日から4月5日まで開館記念特別展「津村節子と吉村昭 果てなき旅 ~夫婦作家の軌跡~」が、福井県立図書館多目的ホールで2月8日には語りと独演「坂本長利『越前竹人形』」が開催されるとのことです。

なお、開館記念対談については、すでに申込みが締め切られています。

福井県ふるさと文学館が県立図書館内にOPENします!(福井県, 最終更新日:2015/1/5)
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/syoubun/bungaku_open.html

http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/syoubun/bungaku_open_d/fil/bungakukan_open_p.pdf

1月 9日

日本図書館協会、「障害者差別解消法に基づく基本方針(原案)に関する意見」を公開

2014年12月26日付で、日本図書館協会が「障害者差別解消法に基づく基本方針(原案)に関する意見」を公開していました。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)に基づき、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針を政府が定めることとされています。政府において取りまとめられた基本方針の原案について、内閣府障害者施策担当が2014年11月26日から12月25日まで、意見募集を行っていました。

日本図書館協会は、この基本方針(原案)の方向性や内容について、高く評価しているとのことです。また、障害者が現代社会で生きていくためには平等な情報の入手が不可欠であるとし、障害者の情報環境は甚だ貧しい現状にあることを指摘しているようです。そこで、情報提供機関である図書館はもちろん、社会のあらゆる場所で(政府・自治体・民間会社・個人等)、障害者への情報提供を自ら行うこと(=合理的配慮と環境整備)が必要であることを明らかにすることを求めているようです。

障害者差別解消法に基づく基本方針(原案)に関する意見(日本図書館協会, 2014/12/26)
http://www.jla.or.jp/demand/tabid/78/Default.aspx?itemid=2518

岩手県遠野市、「3.11東日本大震災 遠野市後方支援資料館」の整備を予定

2014年12月25日の岩手県遠野市長記者懇談会にて、「3.11東日本大震災 遠野市後方支援資料館」の整備について発表されたようです。

記者発表資料によると、東日本大震災において、遠野市が行った沿岸被災地への後方支援活動にかかる記録資料を展示するため、仮設展示場として、「3.11東日本大震災 遠野市後方支援資料館」を整備するとのことです。

震災発生以来、遠野市が官民一体で取り組んだ後方支援活動は、災害支援における先進的な取り組みとして、「遠野モデル」と称され、国内外から評価、注目されており、視察や講演依頼が相次いでいることが資料館整備の背景とのことです。

また、遠野市では、後方支援活動に関する手書きの模造紙(約80枚)、情報処理票(約8,000枚)、写真(約15,000枚)等、膨大かつ貴重な記録資料を保存しているとのことです。資料館は、遠野市総合防災センター駐車場敷地内に、2015年3月から、3年間設置されるとのことです。設置期間は必要に応じて延長されるとのことです。

遠野市長記者懇談会(平成26年12月25日)発表項目
http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/1,30710,c,html/30710/20141225-193545.pdf

遠野市長記者懇談会(平成26年12月25日)(遠野市)

ほぼ日刊イトイ新聞、思想家の吉本隆明氏の講演デジタルアーカイブ「吉本隆明の183講演」を公開

ほぼ日刊イトイ新聞において、2012年に死去した思想家の吉本隆明氏による講演のデジタルアーカイブ「吉本隆明の183講演」が公開されました。2015年1月9日に、「子どもの心」をテーマとした子どもや教育に関する6講演が無料で公開され、今後、テーマに沿った講演を順次公開していき、最終的には1960年代から2008年までの183講演が利用できるようになるとのことです。

吉本隆明の183講演 (ほぼ日刊イトイ新聞)
http://www.1101.com/yoshimoto_voice/index.html

吉本隆明さん講演をサイトで公開 無料、183講演を順次(47News 2015/1/9付けの記事)
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010901001649.html

ページ