アーカイブ - 2015年 8月 - car

8月 3日

図書館情報資源振興財団(CLIR)、図書館における出版の取組の過去と未来をまとめた報告書を発表

2015年7月付けで、図書館情報資源振興財団(CLIR)が、図書館における出版の取組の過去と未来をまとめた報告書“The Once and Future Publishing Library”を公開しています。

本レポートでは、図書館の出版の再生と、その見込まれる将来、図書館での出版の取組の成功と持続可能性に影響する要素を調べているとのことです。

また、図書館での出版の歴史と出版の光景を転換した要因を明らかにしており、過去20年間に構築されたいくつかの重要な図書館と出版業の協業を述べているとのことです。

さらに、如何に現在の図書館の出版の取組が金融的に支援されているかをより理解するための彼らが行った調査の結果を盛り込んでおり、米国の学術図書館の出版の取組の範囲についての一連の観察で締めくくられているとのことです。

The Once and Future Publishing Library(CLIR)
http://www.clir.org/pubs/reports/pub166

PDF Download of Report (1.7 MB)
http://www.clir.org/pubs/reports/pub166/Pub166-pdf

参考:

鎌倉駅東口に、会員制図書館・かまくら駅前蔵書室がオープン

2015年8月1日、鎌倉駅東口に、会員制図書館・かまくら駅前蔵書室がオープンしたそうです。

かまくら駅前蔵書室は、鎌倉好きが鎌倉の本を持ち寄って、お互いに閲覧したり情報交換できる会員制の図書室で、会員登録時には入会金の代わりに鎌倉に関する本を1冊以上と年会費1年分をおさめることになっているようです。

鎌倉の本を持ち寄り交流 会員制の小さな図書室が鎌倉駅前にオープン(湘南経済新聞,2015/8/3)
http://shonan.keizai.biz/headline/2186/

かまくら駅前蔵書室(Facebook公式ページ)
https://www.facebook.com/kamakuraekimae

かまくら駅前蔵書室
http://www.kamakuraekimae.com/

READYFOR?鎌倉好きが繋がる場「かまくら駅前蔵書室」をつくりたい!
https://readyfor.jp/projects/kamakurabooks

参考:
九州における知の集積・交流・創造拠点を目指す会員制ライブラリー「ビズ・コミュニケーション・ライブラリー」(BIZCOLI)がオープン
Posted 2012年4月4日
http://current.ndl.go.jp/node/20547

県立長野図書館、戦後70年特別企画「発禁 1925-1944;戦時体制下の図書館と知る自由」を開催(8/1~8/30)

県立長野図書館が、2015年8月1日から30日まで、戦後70年特別企画「発禁 1925-1944;戦時体制下の図書館と知る自由」を開催するとのことです。

県立長野図書館には1925(大正14)年から1944(昭和19)年までの間の、発行禁止・閲覧禁止とされた本たちと図書館の記録があり、戦後70年を迎えるにあたり、県立図書館ではこれらの記録をデジタル化し「信州デジくら」で公開するとともに、図書館で関係する資料や戦争を語り継ぐ記録を展示するとのことです。

特別展示 戦後70年特別企画「発禁 1925-1944;戦時体制下の図書館と知る自由」(県立長野図書館,2015/8/1)
http://www.library.pref.nagano.jp/kikaku_1508

信州デジくら
http://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000307cross

大阪市立図書館、わたしのお気に入りの1さつ!セレッソ大阪の選手のOneBookをホームページで紹介

大阪市立図書館では、12月27日まで、大阪の一冊のえほんを決定する"One Book One OSAKA" の投票をうけつけており、投票をもとに第5回大阪の一冊のえほん"One Book One OSAKA"を決定しますが、この企画にあわせて、セレッソ大阪の選手たちが、「わたしのOneBook」を紹介するページが設けられたようです。

わたしのお気に入りの1さつ!セレッソ大阪の選手のOneBookご紹介します(大阪市立図書館,2015/8/2)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jom5vd4tf-510#_510

わたしのお気に入りの1さつ!セレッソ大阪藤本康太選手のOneBookご紹介
(大阪市立図書館,2015/7/31)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=878

参考:
大阪市立図書館、第5回One Book One OSAKAの出張投票を実施
Posted 2015年7月28日
http://current.ndl.go.jp/node/29015

大阪市立中央図書館で「セレッソ大阪展~2015明治安田生命J2リーグ開幕!一年でJ1へ~」開催
Posted 2015年2月19日

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、Pinterestのアカウントを開設

2015年7月30日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)は、Pinterestのアカウントを開設したことを発表しました。

”Conservation”、”Hockey Cards”、オタワ、バンクーバーなど5都市の”Canadian Cities”など合計7件のボードがあり、歴史的な写真や、資料保存に関する作業の様子などを紹介するようです。

Library and Archives Canada is now on Pinterest(LAC, 2015/7/30)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/news/Pages/2015/pinterest.aspx

Library and Archives Canada(Pinterest)
https://www.pinterest.com/library_archive/

国土地理院、国内の調べたい地点の浸水リスクがわかる「浸水ナビ」(地点別浸水シミュレーション検索システム)を公開

2015年7月31日、国土地理院は、国内の調べたい地点の浸水リスクがわかる「浸水ナビ」(地点別浸水シミュレーション検索システム)を公開しました。

この「浸水ナビ」は、
(1)どの河川が氾濫した場合に浸水するか
(2)河川の決壊後、どれくらいの時間で氾濫水が到達するか
(3)どれくらいの時間、浸水した状態が継続するか
などの浸水リスクを簡単に把握できるものとのことで、利用者が調べたい地点の浸水リスク等をアニメーションやグラフで表示させることができます。

7月29日現在、119河川に関する洪水浸水想定区域図(河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及びその区域が浸水した場合に想定される水深等を示した図で、国土交通省または都道府県が作成するもの)の検索が可能とのことで、今後データは追加されるとのことです。

従来、河川ごとに公表された図面を見る必要があったものが、このシステムによって、地点から検索することが可能となるなど、図面での課題のいくつかが解消されるようです。

地点別浸水シミュレーション検索システム
http://suiboumap.gsi.go.jp/ShinsuiMap/Map/

日本点字図書館、本間一夫生誕百年記念で限定日本酒(寄付つき商品)を販売

本間一夫氏の生誕百年を記念して、北海道・増毛町にある本間一夫氏の生家であり日本最北端の酒蔵として日本酒ファンに広く知られる国稀酒造株式会社と日本点字図書館の共同企画として、限定商品2種を、生誕百年記念の特別商品として2015年12月18日まで販売することになったとのことです。

商品の売り上げの一部は、社会福祉法人日本点字図書館へ寄附され、目の不自由な人たちの読書のために役立てられるとのことです。

本間一夫 生誕百年記念 限定日本酒(寄付つき商品)の販売について(日本点字図書館)
http://www.nittento.or.jp/about/honma100th/sake.html

宮内庁、1945年8月15日正午の玉音放送の録音資料など、先の大戦に関する資料をウェブサイト上で公開

2015年8月1日、宮内庁は同庁が管理する先の戦争に関係する資料についてウェブサイト上で発表しています。

●御文庫附属庫
大本営会議室等の防空用施設として、陸軍築城部本部により1941年に建設されたもので、1945年8月10日の最高戦争指導会議、8月14日の御前会議などが開催されたもの。公開された資料は、位置図や平面図、映像や写真。

●1945年8月15日正午にラジオ放送された玉音放送等
戦後70年の節目に当たって、70年ぶりに玉音放送の録音原盤を再生し、録音に成功したもの。公開された資料は、音声、原盤の写真、「大東亜戦争終結に関する詔書」の3つ。

●1946年5月24日のラジオ放送(玉音放送)
公開された資料は、音声と、「食糧問題に関するお言葉」の2つ。

御文庫附属庫の映像(ビデオ)
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taisenkankei/obunko/obunko-h27-mov.html

御文庫附属庫の写真
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taisenkankei/obunko/obunko-h27.html

終戦の玉音放送

賀茂県主同族会、ADEACに搭載されている『賀茂祢宜神主系図』の全画像と全文検索システム(系図データベース)の維持・拡張を実現するための費用をクラウドファウンディングで募集

賀茂県主同族会が、ADEACに搭載されている『賀茂祢宜神主系図』(同会所蔵、国指定重要文化財)の全画像と全文検索システム(系図データベース)の維持・拡張を実現するための費用45万円を、クラウドファウンディングREADYFORにて募集しています。

ADEAC搭載費用をクラウドファウンディングで募集(TRC)
http://www.trc.co.jp/information/150730_kamo.html

READYFOR 重要文化財「賀茂祢宜神主系図」データベースを維持・拡張したい
https://readyfor.jp/projects/keizuDB

ADEAC 賀茂祢宜神主系図
https://trc-adeac.trc.co.jp/wj11c0/wjjs02u/2600515100

英国バース大学、カモメ対策に活躍するフクロウ・Yodaに図書館の利用者カードを発行(記事紹介)

2015年7月23日付の英国バース大学図書館のブログで、同大学のキャンパスでのカモメなどの害鳥対策として飼われている、Yodaという名のフクロウに、その貢献を賞して、図書館の利用者カードを発行したことが記されています。

今回発行されたカードの期限は2020年7月23日までのようですが、Yodaは現在7才で、長ければ60才まで生きることができるとのことです。

Library Card for Yoda!(University of Bath: Library News, 2015/7/23)
https://unibathlibrary.wordpress.com/2015/07/23/library-card-for-yoda/

イギリスの大学がカモメの監視任務を担ったフクロウに図書館利用カードを発行(IRORIO, 2015/8/2)
http://irorio.jp/kondotatsuya/20150802/249090/

参考:
E1013 - 子どもたちの読書を楽しくするセラピー犬
カレントアウェアネス-E No.165 2010年2月3日
http://current.ndl.go.jp/e1013

E881 - 図書館ねこデューイ <文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.142 2009年1月21日

ページ