アーカイブ - 2015年 8月 25日 - car

統計数理研究所とトムソン・ロイター社が協力体制を構築、Web of Scienceデータを利用し、統計科学の見地から新たな指標を研究

2015年8月19日、情報・システム研究機構 統計数理研究所とトムソン・ロイター社は、統計数理研究所が実施する2016年度の公募型共同利用の重点型研究のテーマとして、「学術文献データ分析の新たな統計科学的アプローチ」を採用し、トムソン・ロイターの協力のもと、研究機関・大学の研究成果分析の手法や研究活動の進展、効果を客観的に評価するための指標、及びIR(Institutional Research)に関する方法論等について統計科学的見地からの研究を推進していくことを発表しました。

研究者・研究評価担当者に広く利用されているWeb of Scienceデータを研究対象とすることにより、汎用性の高い指標についての研究成果が期待されるとともに、これまでWeb of Scienceデータによって行われてきた各種分析と関連性の高い指標の利用が可能になることで、研究者の利便性の向上と、より価値の高い分析が可能になることが期待されているとのことです。

統計数理研究所の公募型共同利用は、例年12月に公募受付が開始され、翌年1月半ばに締め切られます。採否は3月下旬に通知され、翌年度4月から利用開始になるとのことです。

【イベント】懇話会「ふくしま再生と歴史・文化遺産 2015Ⅱ」(9/5・郡山)

2015年9月5日、郡山市中央公民館において、ふくしま歴史資料保存ネットワーク事務局主催「ふくしま再生と歴史・文化遺産 2015Ⅱ」が開催されます。

同時に震災遺産の展示会も開催されるとのことです。

懇話会 ふくしま再生と歴史・文化遺産2015Ⅱ開催のお知らせ(ふくしま歴史資料保存ネットワークブログ,2015/8/23)
http://blog.ap.teacup.com/fukushimanet/136.html
http://www.mahoron.fks.ed.jp/pdf/konwakai2015-2.pdf

ふくしま歴史資料保存ネットワーク
http://www.geocities.jp/f_shiryounet/

テキサス州立大学、Flickr Commonsで画像を公開

テキサス州立大学が、キャンパスの歴史的写真を共有するため、写真共有サイト“Flickr”による、歴史的写真の共有・情報収集プロジェクト“Commons”へ参加しました。

情報不明の写真を、閲覧者が“Flickr”のソーシャルタグやコメント機能使って識別してもらうことも目的とのことです。

Welcome the Texas State University to the Flickr Commons!(Flickr blog,2015/8/22)
https://blog.flickr.net/en/2015/08/22/welcome-the-texas-state-university-to-the-flickr-commons/

Texas State University on Flickr
https://www.flickr.com/photos/txstateu/albums

Participating Institutions
https://www.flickr.com/commons/institutions/
※Flickr Commonsへの参加機関一覧

参考:
ミネソタ州ミネアポリス市、同市の歴史的なアーカイブ資料をデジタル化してFlickrで公開
Posted 2015年8月18日

米国議会図書館(LC)、Instagramに公式アカウントを開設

米国議会図書館(LC)が、Instagramの公式アカウントを開設しました。

librarycongress(Instagram)
https://instagram.com/librarycongress

参考:
米国議会図書館(LC)がPinterestに公式アカウントを開設
Posted 2014年6月23日
http://current.ndl.go.jp/node/26413

ニューヨーク公共図書館、1940~1980年代のレファレンス質問をInstagramで公開
Posted 2014年12月25日
http://current.ndl.go.jp/node/27722

米国議会図書館(LC)、BIBFRAMEの語彙変更案3件を公開

2015年8月12日、米国議会図書館(LC)が、BIBFRAMEの語彙変更案3件を公開しています。

BIBFRAMEは、LCによって検討が進められている新しい書誌データモデルです。今回公開された変更案は、”Identifier””Role””Authority”の3件で、2015年6月に公開された変更案2件に続くものです。

クラスによる識別子のタイプの定義、役割の記述方法の変更、典拠の下位クラスの鞍替え(属する上位クラスの変更)のほか、プロパティの削除、プロパティ名の変更などが提案されています。

BIBFRAME Model & Vocabulary(LC)
http://www.loc.gov/bibframe/docs/index.html

BIBFRAME Identifier Proposal(PDF: 47KB)
http://www.loc.gov/bibframe/docs/pdf/bf-identifierproposal-08-12-2015.pdf

BIBFRAME Role Proposal(PDF: 56KB)
http://www.loc.gov/bibframe/docs/pdf/bf-roleproposal-08-12-2015.pdf

米国政府印刷局(GPO)、米国国立公文書館連邦官報事務局(OFR)と提携し、電子版連邦規則集(eCFR)のXMLフォーマットでの一括ダウンロードを可能に

2015年8月24日、米国政府印刷局(GPO)が、米国国立公文書館連邦官報事務局(OFR)と提携し、電子版連邦規則集(eCFR)を、GPOの政府刊行物のデジタル版の提供・保存サイト“FDsys”からXMLフォーマットで一括ダウンロードできるようにしたと発表しています。

OFRがGPOにeCFRのファイルを提供し、GPOがXMLファイルにコンバートしたとのことで、政府の公開度と透明度に貢献するものとのことです。

GPO & NATIONAL ARCHIVES MAKE eCFR AVAILABLE FOR BULK DOWNLOAD IN XML FORMAT(GPO,2015/8/24)
http://www.gpo.gov/newsroom-media/presspage/15presspage16.htm
http://www.gpo.gov/pdfs/news-media/press/15news16.pdf

電子版連邦規則集(eCFR)
http://www.ecfr.gov/cgi-bin/ECFR?page=browse

GPO’s bulk data repository
http://www.gpo.gov/fdsys/bulkdata

参考:
米国印刷局(GPO)、新しい政府刊行物提供サイト“FDsys”をリリース

ハーバード大学科学史学部、科学機器の画像データベース“Waywiser”を改善

ハーバード大学の科学史学部が運営する歴史的な科学機器のデータベース“Waywiser”が改善されたとのことです。

“Waywiser”は同大学が所蔵する約24,000点の科学機器の画像とデータを閲覧できるデータベースとのことです。

ハーバート大学科学史学部公式Twitter(2015/8/24付け)
https://twitter.com/harvardchsi/status/635823405527384064

研究図書館センター(CRL)、デジタル化資料が600万ページを超える

2015年8月5日、北米の研究図書館センター(Center for Research Libraries: CRL)が加盟館の研究者のためにデジタル化したページが600万ページを超えたと発表しています。

マイルストーンとなったのは、ナイジェリアの1963年の国勢調査で、CRL加盟館と“Cooperative Africana Materials Project (CAMP)”のメンバーの研究者のみ閲覧できるようです。

CRL Digital Delivery passes six million pages(CRL,2015/8/5)
http://www.crl.edu/news/crl-digital-delivery-passes-six-million-pages

Cooperative Africana Materials Project (CAMP)
http://www.crl.edu/programs/camp

Population census of Nigeria, 1963
http://catalog.crl.edu/record=b2882153~S35

参考:
CRL、デジタル化資料が500万ページに到達
Posted 2013年10月8日

米国の読書推進イベント“National Book Festival”、2015年は9月5日に開催 米国議会図書館(LC)が、イベント用のスマートフォンアプリを公開

今年で15回目を迎える米国の読書推進イベント“National Book Festival”が9月5に開催されます。

イベントに合わせて米国議会図書館(LC)が、スマートフォン用の無料アプリを公開しています。175人以上の作家のプレゼンやサイン会、数十ものプログラムなどイベントのスケジュールが入っており、個人的なスケジュールを計画・管理できるほか、イベント各会場への道案内や、イベントの格付け(評価)機能も備わっているとのことです。

また、撮影した写真や動画をハッシュタグ#NatBookFest15を付与して、個人のtwitterやInstagramに投稿する機能もあるようです。

New App Puts National Book Festival on Smartphones(LC,2015/8/24)
http://loc.gov/today/pr/2015/15-146.html?loclr=rssloc

Mobile Apps from the Library of Congress
http://www.loc.gov/apps/

National Book Festival 2015
http://www.loc.gov/bookfest/

参考:

国土地理院、治水地形分類図(更新版)の閲覧範囲を拡大

2015年8月24日、国土地理院が治水地形分類図(更新版)の閲覧範囲を拡大しました。

既存の範囲399面分に加え、新たに183面分の範囲が閲覧できるようになったとのことです。

治水地形分類図(更新版)の閲覧範囲が増えました(国土地理院,2015/8/24)
http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/lcmfcH25H26view.html

地理院地図による治水地形分類図(更新版)の閲覧
http://maps.gsi.go.jp/?z=5&base=std&ll=36,139&ls=LCMFC02,1#5/36.000000/139.000000