アーカイブ - 2015年 7月 6日 - car

【イベント】国文学研究資料館、「可能性としての日本古典籍」開催(7/31、8/1・東京)

2015年7月31日と8月1日の2日間、国文学研究資料館は、同館において、第1回日本語の歴史的典籍国際研究集会プログラム「可能性としての日本古典籍」を開催します。

・基調講演「古典籍共同研究とオープンサイエンス」(前九州大学総長・有川節夫氏)
・パネル1「古典籍研究の近未来」
・パネル2「総合書物学への挑戦」
・講演「国際共同研究の意義―古活字版の終焉に向けて」(ケンブリッジ大学アジア中東研究学部 名誉教授・ピーター・コーニツキー氏)
・パネル3「紀州地域と寺院資料・聖教―延慶本『平家物語』の周縁―」
・パネル4「キリシタン文学の継承:宣教師の日本語文学」

などのプログラムが開催される予定です。

なお、このイベントは、文部科学省による「大規模学術フロンティア促進事業」の1つである、全国の大学図書館等とのネットワークをもとに、歴史的典籍約30万点を網羅的に集積し、画像化による系統的なデータベースを構築し、日本文化の国際的な発信を目指す「歴史的典籍を通じた日本文化の国際的発信」の一環として行われるもののようです。

入場は無料で、聴講も自由とのことです。

第1回日本語の歴史的典籍国際研究集会(国文学研究資料館)
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/research20150731.html

静岡県立中央図書館、pdf化されインターネットで公開されている静岡県発行の行政資料の一部をデジタルライブラリーで公開

2015年7月6日、静岡県立中央図書館、pdf化されインターネットで公開されている静岡県発行の行政資料の一部がデジタルライブラリーで検索・閲覧できるようになったと発表しています。

デジタルライブラリーに静岡県発行の行政資料59点を追加しました(27年7月6日) 
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/index.html
※ニュース欄にその旨案内があります。

静岡県行政資料デジタルライブラリー公開 静岡県発行の行政資料の一部がデジタルライブラリーで閲覧できるようになりました(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2015/gyousei_1.html

明治日本の産業革命遺産、Googleのストリートビューで公開

2015年7月5日、世界遺産登録に合わせて、明治日本の産業革命遺産がGoogleのストリートビューで公開されました。

本日公開された「明治日本の産業革命遺産」一覧は以下の通りとのことです。(※ は公開済み)

1.端島炭坑 ※
2.松下村塾
3.松下村塾(吉田松陰幽因ノ旧宅)
4.三池炭鉱専用鉄道敷跡
5.三池港
6.三池炭鉱 宮原坑
7.三池炭鉱 万田坑 ※
8.小菅修船場跡
9.旧グラバー住宅 ※
10.高島炭坑
11.三重津海軍所跡
12.三角西(旧)港 ※
13.旧集成館(反射炉跡)
14.旧集成館(機械工場)
15.旧集成館(旧鹿児島紡績所技師館)
16.寺山炭窯跡
17.関吉の疎水溝
18.萩反射炉
19.恵美須ヶ鼻造船所跡
20.萩城下町(木戸孝允旧宅)
21.萩城下町(北の総門)
22.萩城下町(萩城外堀)
23.萩城下町(口羽家住宅)
24.萩城下町(指月山)
25.大板山たたら製鉄遺跡
26.橋野鉄鉱山・高炉跡
27.橋野高炉跡 ※
28.韮山反射炉

明治日本の産業革命遺産、ストリートビューに登場(Google日本Blog,2015/7/5)
http://googlejapan.blogspot.jp/2015/07/blog-post.html

国立国会図書館(NDL)、海外日本研究司書を対象とした研修を実施(2016/1/13-22・京都等)

国立国会図書館(NDL)は、2015年7月2日、海外日本研究司書を対象に研修を実施することを発表しました。

この研修は、海外日本研究支援のより一層の充実に資することを目的としており、研修生が日本情報の収集、提供等に関する知見を深める場とするとともに、研修生同士、研修生とNDL職員・関係機関職員との交流の機会とすることを意図しています。

・日程
 2016年1月13日(水)~22日(金)
・主会場
 NDL関西館
 その他、京都国際マンガミュージアム、天理大学附属天理図書館、国際交流基金関西国際センター、国際日本文化研究センターの見学・実習があります。
・定員
 10名程度
・申込締切
 【一次】2015年9月30日(水)17時(日本標準時)
 【最終】2015年10月30日(金)17時(日本標準時)

平成27年度の研修(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/fy2015/index.html
※「研修案内・報告」に、「2015年7月2日 海外日本研究司書研修のご案内」とあります。

海外日本研究司書研修のご案内(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1211059_1485.html

多様な読書席・学習スペースを有し、無料託児サービスも提供する複合施設・八千代市立中央図書館・市民ギャラリーが開館

2015年7月1日、千葉県の八千代市で、八千代市立中央図書館・市民ギャラリーが開館しました。

中央図書館は、最大約46万冊の収蔵が可能とのことで、可能と川や森に面した読書席を備えるほか、多様な学習室、テラスなども備えた施設となっています。また、市民ギャラリーは、可動式の壁で区切られた4つの展示室と展示ホールからなり、市民の芸術活動の発表の場として活用されるようです。

株式会社図書館流通センター(TRC)の発表によれば、(1)八千代市内の図書館の蔵書容量の拡充、(2)地域図書館における学生向けの学習スペースの確保、(3)新規転入者が多く、子ども・子育て世代の人口が増加傾向にある同市における、子ども・子育て世代の交流・憩いの場の提供、などを目的として開館されたようです。

なお、同館では図書館利用者を対象に、生後6ヶ月~未就学児の子どもを無料で預かるサービス(無料託児サービス)も提供されています。

八千代市立中央図書館・市民ギャラリーホームページ
http://yachiyo-library-gallery.jp/

八千代市に緑に囲まれた中央図書館完成(産経ニュース, 2015/6/19)
http://www.sankei.com/region/news/150619/rgn1506190065-n1.html

OpenAIRE、600を超えるデータ提供機関から1,150万件超のオープンアクセス記事を公開

2015年6月30日、EUが助成した研究成果をオープンアクセスで提供するリポジトリを連携させるOpenAIREが、600のデータ提供機関から1,150万件のオープンアクセス記事を公開していると発表しています。本年中に、60を超える新しいデータ提供機関(リポジトリ及びジャーナルアグリゲータ)が加わり、50を超える機関が再登録されたとのことです。

OpenAIRE is growing! Many more data providers have signed up(OpenAIRE,2015/6/30)
https://www.openaire.eu/newsletter-items/openaire-is-growing-many-more-data-providers-have-signed-up#OpenAIRE_eu

DateCite等数機関がTHOR(Technical and Human infrastructure for Open Research)プロジェクトへ参加

2015年6月30日、DataCiteがTHOR(Technical and Human infrastructure for Open Research)プロジェクトへの参加を発表しています。

THORプロジェクトはECのHorizon2020プログラムによって助成されている共同プロジェクトで、すべての研究者の永続識別子(PIDs)へのシームレスなアクセスを保証し、プラットフォーム・分野・機関を超えての研究成果への一意的なリンクを可能にする30か月のプロジェクトで、英国図書館(BL)、ORCID、CERN、EMBL-EBI、Pangaea、Australian National Data Service(ANDS)、Dryad、Elsevier、Labs、PLOSが共同で行なうもののようです。

THORは当初は、生物学及び医学・環境及び地球科学、物理学、社会科学および人文科学4つの専門的な領域を支援するそうですが、THORが成長するにつれて、すべての研究者・分野・機関にサービスを提供することを想定しているようです。

THORの主な目標は、維持可能なサービスの創造と、コミュニティの領域への学際的な支援の提供で、以下の4つがあげられています。

山形県立図書館、山形県立博物館で「読み聞かせ会」を開催

2015年7月29日、山形県立図書館が、絵本の読み聞かせと自然科学や歴史にかかわる体験とを組み合わせた「読み聞かせ会」を、県立博物館で開催するとのことです。

当日は、県立図書館の絵本や図鑑なども移動図書館として、多数展示するとのことです。

参加費は無料ですが、参加には申し込みが必要です。
対象は、幼児(3~5歳)<午前の部>及び小学1~4年生<午後の部>の子どもとその保護者で、先着順各20組とのことです。

県立博物館での「読み聞かせ会」のお知らせ(平成27年度 読育推進連携講座)(山形県立図書館)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/cgi-bin/cttcgi/info_back_content.cgi

和歌山県立図書館と和歌山大学教育学部、芸術振興・人材育成のための連携を発表

和歌山県立図書館と和歌山大学教育学部が、和歌山県の芸術振興とすぐれた人材の育成のため連携を推進するようです。

その第1弾として2015年7月3日に、和歌山県立図書館メディア・アート・ホールでコンサートが行われたようです。

県立図書館エントランス・コンサート
https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/bunjyo/news/cms_docs/H27.7.3.entorance.pdf
※「和歌山大学教育学部と和歌山県立図書館は、和歌山県の芸術振興とすぐれた人材の育成のため連携を推進します」とあります。

協定:芸術振興、人材育成へ 和大と県立図書館 /和歌山(毎日新聞,2015/7/4付け記事)
http://mainichi.jp/edu/news/20150704ddlk30040488000c.html

PLOS、データリポジトリの選択を支援するための“Data Repository Recommendation Guide”を公開

2015年7月2日、PLOSは、データリポジトリの選択を支援するための“Data Repository Recommendation Guide”を公開しました。

PLOSが、個々のコミュニティーで認識され活用されている開設されたリポジトリを割り出したもので、リスト作成にあたっては、PLOSによって出版されている分野・主題の広がりをカバーするために、編集者、データリポジトリを運営している機関、出版社に相談したとのことです。

PLOSは、オープンデータポリシー遵守のリポジトリの選択を指示してはいなけれども、各々の論文がそうであるようにCC BYライセンス以上の制限ではないライセンスポリシーで基本的なデータが公開でアクセス可能あることを要求するとのことです。

PLOS Recommended Data Repositories(PLOS BLOGS,2015/7/2)
http://blogs.plos.org/everyone/2015/07/02/plos-recommended-data-repositories/

PLOS Data Repository Recommendation Guide

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、厚生労働省動画チャンネル(YouTube)に掲載されている東日本大震災関連の除染等に関する動画を新規コンテンツとして追加

2015年7月6日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に厚生労働省動画チャンネル(YouTube)に掲載されている東日本大震災関連の除染等に関する動画を新規コンテンツとして追加しました。

厚生労働省~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(35)(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ,2015/7/6)
http://kn.ndl.go.jp/information/399

厚生労働省動画チャンネル
https://www.youtube.com/user/MHLWchannel

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、浦安震災アーカイブを新規コンテンツとして追加

2015年7月6日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に浦安震災アーカイブを新規コンテンツとして追加しました。

浦安震災アーカイブは、東日本大震災により被災した千葉県浦安市により構築されたアーカイブで、浦安市の行政文書・写真・動画のほか、民間の研究機関や大学などで作成された学術資料や調査記録、市民の皆さんから集めた体験談などが収録されています。

浦安震災アーカイブ~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(34)(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ,2015/7/6)
http://kn.ndl.go.jp/information/399

参考:
浦安市(千葉県)、「浦安震災アーカイブ」を公開
Posted 2015年7月1日
http://current.ndl.go.jp/node/28798

三鷹市立図書館、中高生に本の感動や読んでほしい本などを伝えるPOPのコンテスト「中高生におススメ!POP大賞」と、「POPの書きかた講座」を開催

2015年6月30日、三鷹市は、中高生世代に対して本の感動や、読んでほしい本を伝えたPOPのコンテスト「中高生におススメ!POP大賞」の開催を発表しました。応募期間は7月7日から8月16日までで、誰でも応募でき、市立図書館各館に応募用ポストが設置されるとのことです。

7月28日には、同館で書店の店員を講師に迎え、「POPの書きかた講座」も開催されるようです。

なお、コンテストは今回が3回目の開催とのことで、9月下旬に受賞者が発表される予定であるとのことです。

みたかとしょかん中高生におススメ!POP大賞(三鷹市, 2015/7/1)
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_event/052/052421.html

「中高生におススメ!POP大賞」「POPの書きかた講座」を開催!(三鷹市, 2015/6/30)
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_press/052/052828.html?ref=rss

参考:
京都女子大学の司書課程で行われた「レファレンスPOP」という試み
Posted 2011年10月5日
http://current.ndl.go.jp/node/19237

第1回「てこぽん大賞」決定:愛知県図書館のティーンズコーナー特別企画

東京薬科大学 図書館・情報センター、「低反発クッション」の館内貸出開始

2015年6月29日、東京薬科大学 図書館・情報センターは、利用者の要望に応じ、利用者への低反発クッションの館内貸出サービスを開始したと発表しています。

低反発クッションの館内貸出を始めました(東京薬科大学 図書館・情報センター, 2015/6/29)
http://libnews.bus.toyaku.ac.jp/news/news/index.htm#0629

参考:
図書館で貸出しできるモノ、拡大中。米国サクラメント公共図書館が“Library of Things”を開始
Posted 2015年3月16日
http://current.ndl.go.jp/node/28161

ノースカロライナ州立大学図書館、Apple Watchを貸出
Posted 2015年5月13日
http://current.ndl.go.jp/node/28458

図書館で「塩分測定器」を貸し出すサービス開始
Posted 2015年4月30日
http://current.ndl.go.jp/node/28398

米国ダルース公共図書館の種子貸出図書館、州法に違反?
Posted 2014年12月5日
http://current.ndl.go.jp/node/27585

南フロリダ大学図書館がドローンを貸出へ

北海道大学附属図書館、企画展示「北海道の地名」を開催中

2015年9月30日まで、北海道大学附属図書館は企画展示「北海道の地名」を開催しています。

同館の「北方資料コレクション」を活用したもので、道内の地域ごとにいくつかの地名をピックアップし、関連する資料を紹介する形でパネル展示がおこわなわれているようです。

附属図書館企画展示「北海道の地名」を開催(北海道大学附属図書館)
http://www.hokudai.ac.jp/events/2015/07/post-408.html
http://www.hokudai.ac.jp/events/20150702101832.PNG
※2つ目のリンクは「北海道の地名」のチラシです。

熊本県立図書館、戦後70年記念特別絵本展「あの日を忘れない ~考えよう、戦争と平和~」を開催

2015年7月18日まで、熊本県立図書館は戦後70周年を記念して、特別絵本展「あの日を忘れない ~考えよう、戦争と平和~」を開催しています。

戦争と平和をテーマに絵本等を集めて展示することで、物語を読むことを通じ、子どもたちが戦争と平和について理解を深めるものとのことです。

7月5日には高校生による「おはなし会」も開催されたようです。

戦後70年記念特別絵本展 あの日を忘れない ~考えよう、戦争と平和~(熊本県立図書館)
https://www.library.pref.kumamoto.jp/kodomo/ehonten/ty-ehonten_sheet.pdf

「戦後70年記念特別絵本展」開催要項(熊本県立図書館)
https://www.library.pref.kumamoto.jp/kodomo/ehonten/ty-ehonten_yoko.pdf

facebook(熊本県立図書館子ども図書室)
https://www.facebook.com/kumalib/posts/1152232654792456

参考:
熊本近代文学館が「まんが王国熊本マンガミュージアム展」を開催
Posted 2012年6月29日
http://current.ndl.go.jp/node/21236

【イベント】福島大学附属図書館、リニューアル開館し、記念イベントを開催(7/18・福島)

福島大学附属図書館はラーニング・コモンズを新設し、リニューアルオープンしました。これを記念し、2015年7月18日に同学出身で芥川賞受賞者でもある中村文則氏を講師にトークショー等が開催されます。

同学の方針では、同館にラーニング・コモンズを新設し、アクティブラーニングを採り入れ、人材育成を強化する狙いがあるようです。

新館プレオープンについて(福島大学附属図書館, 2015/5/29)
http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/rebuild/20150529open.pdf
http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/event20150718.pdf
※2つ目のリンクはイベントのチラシです。

中井プラン 2021~「地域と共に歩む人材育成大学」の発展をめざして~(福島大学, 2015/1)
http://www.fukushima-u.ac.jp/new/6-syokai/naiyo/plan2021.html

参考:
福島県立図書館と福島大学附属図書館が連携開始
Posted 2009年2月10日
http://current.ndl.go.jp/node/11799

伊万里市民図書館、7月7日の開館20周年を記念し、第20回「図書館☆まつり」が開催される

2015年7月3日から5日まで、伊万里市民図書館で第20回「図書館☆まつり~支えあい 育みあって20年~」が開催されました。市民参加による図書館づくりが行われたとされる、同館は、7月7日に開館20周年を迎えます。

7月3日は前夜祭として、「映像でふりかえる、図書館の20年」などが行われ、4日、5日とも市民らによって多くのイベントが開催されたようです。

伊万里市民図書館 第20回図書館☆まつり(伊万里市民図書館)
https://www.library.city.imari.saga.jp/hoshimatsuri27.html
https://www.library.city.imari.saga.jp/download/20th_hoshimatsuri.pdf
※2つ目のリンクは、チラシです。

伊万里市民図書館、祝20周年「☆まつり」開幕(佐賀新聞, 2015/7/5)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/204787

伊万里市民図書館友の会 図書館フレンズいまり
https://www.library.city.imari.saga.jp/sonota/friends/friends.htm

市民参加での図書館づくり 佐賀県伊万里市民図書館(文部科学省)

【イベント】鳥取県立図書館、同館の「環日本海交流室」開設20周年等を記念し、「本でひらこう世界への扉」を開催(8/2・鳥取)

2015年8月2日、鳥取県立図書館は、1995年から開設していた「環日本海交流室」の20周年記念と、英語の資料などを充実させ、同室の機能を拡充して2014年に開設された「国際交流ライブラリー」の1周年を記念し、「本でひらこう世界への扉」を開催します。

同イベントでは、

・基調講演「世界遺産への旅~図書館を使って楽しむ世界~」
 講師:鳥取県図書館協会会長・JICAシニア海外ボランティア・山田晋氏

・報告「環日本海交流室・国際交流ライブラリーの歩み」

・シンポジウム「グローバル時代の図書館を考える」
 登壇者:鳥取大学地域学部教授・キップ・A・ケイツ氏
      鳥取市環日本海経済交流センター長・チェブラコワ・イリーナ氏
      前環日本海交流室・薛末子氏
      鳥取県統轄監・元県立図書館長・野川聡氏

と基調講演の関連展示「世界を旅した!見た!写した!」が実施されるようです。

入場は無料で、事前申込不要、手話通訳も行われ、誰でも参加可能とのことです。

【行事】環日本海交流室開室20周年・国際交流ライブラリー開設1周年記念事業(H27.8.2)(鳥取県立図書館)
http://www.library.pref.tottori.jp/hp/menu000003200/hpg000003105.htm

鳥取県立図書館、「図書館で夢を実現しました大賞」の募集開始を発表

2015年7月3日、鳥取県立図書館は、「図書館で夢を実現しました大賞」の募集開始を発表しました。

鳥取県内の図書館のビジネス支援機能を活用し、起業、商品開発、技術開発、経営改善等に成功した事例を募集し、最優秀賞(1事例)と優秀賞(2事例)を決定するもので、副賞として、その事例について成功に至るまでの道のりを漫画にし、応募者に贈呈するとのことです。同館では、この取組みを2008年から実施しています。

11月30日まで応募を受けつけているとのことです。

鳥取県立図書館ホームページ(※「お知らせ」欄に2015/7/3付で「【募集!】図書館で夢を実現しました大賞(~11月30日(月)必着)」とあります。)
http://www.library.pref.tottori.jp/index.html

【募集!】図書館で夢を実現しました大賞(~11月30日(月)必着)
http://www.library.pref.tottori.jp/hp/menu000003200/hpg000003104.htm
http://www.library.pref.tottori.jp/ct/image000003800/tirasi.jpg
※2つ目のリンクは「図書館で夢を実現しました大賞」のチラシです。