アーカイブ - 2015年 7月 2日 - car

大学図書館における「学生協働」と「ゲーミフィケーション」の実例(文献紹介)

早稲田大学図書館報『ふみくら』No. 87(2015.3)に、利用者支援課の長谷川敦史氏による「大学図書館における「脱出ゲーム」とゲーミフィケーションの可能性」という論文が掲載されています。同論文は、2014年10月に行われた「脱出ゲーム」のイベント経緯が記載され、その成果と、大学図書館で展開された「学生協働」と、「ゲーミフィケーション」の実例が報告されているとのことです。

ふみくら2011-|早稲田大学図書館(早稲田大学図書館)
http://www.wul.waseda.ac.jp/Libraries/fumi/f_index09.html

参考:

早稲田大学中央図書館で「脱出ゲーム」開催
Posted 2014年11月10日
http://current.ndl.go.jp/node/27395

CA1817 - オープンキャンパスにおける図書館イベントの現状-受験生・学生協働・教職協働の観点から- / 澁田勝
カレントアウェアネスNo.319 2014年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1817

CA1795 - 動向レビュー:大学図書館における学生協働について-学生協働まっぷの事例から- / 八木澤ちひろ
カレントアウェアネスNo.316 2013年6月20日

宇都宮市立図書館、講座「オンリーワンの地酒を目指して」を開催

2015年7月4日、宇都宮市立東図書館で「オンリーワンの地酒を目指して」と題した講座が開催されます。地酒の「澤姫」の醸造元である株式会社井上清吉商店の蔵元を講師に迎え、その歩みや地域に根ざした事業の発展について扱うとのことです。

また、講座開催にあわせ、「地元のお酒をたのしもう!」と題してお酒に関連する本の特集も組まれているようです。

なお、宇都宮東図書館では宇都宮餃子、宇都宮の地酒、宇都宮のプロスポーツチーム、大谷石、黄ぶな、自転車、宮染めなど、宇都宮の文化や工芸品等に関する様々な資料を収集し、後世に残していく事業「宮ぶら(うつのみやブランド)アーカイブ事業」を実施していて、過去にもこれらを扱った企画展を実施しているようです。

【参加募集中】講座「オンリーワンの地酒を目指して」開催のお知らせ(東図書館, 2015/6/13)
http://www.lib-utsunomiya.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=bbs_view_main_post&post_id=553&block_id=669
http://www.lib-utsunomiya.jp/?action=common_download_main&upload_id=2918

「大阪市の1冊の絵本」を選ぶ、“One Book One OSAKA”の第5回投票受付開始

2015年7月1日、大阪市民が選ぶ「大阪市の1冊の絵本」を決定する取組みである“One Book One OSAKA”の投票受付が開始されました。インターネット又は大阪市立図書館全館に置かれた投票用紙を通じて、投票が可能とのことで、期間は12月27日までです。

“One Book One OSAKA”は大阪市教育委員会により2009年度から開始された取組みですが、今年で5回目の開催となります。なお、第4回(2014年)は、いわいとしおの『100かいだてのいえ』が選ばれていました。

OneBookOneOSAKA(大阪市立図書館, 2015/7/1)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=878

集計結果(大阪市立図書館
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=891

アイオワ大学図書館、オープンアクセスポリシーを採用

2015年6月18日、アイオワ大学図書館がオープンアクセスポリシーを採用しました。

University of Iowa Libraries Open Access Policy Statement(The University of Iowa Libraries,2015/7/1)
http://blog.lib.uiowa.edu/hardin/2015/07/01/university-of-iowa-libraries-open-access-policy-statement/

University of Iowa Libraries Open Access Statement
http://www.lib.uiowa.edu/collections/oa-statement/

オーストラリア、納本対象資料をデジタル資料へ拡大

Australian Libraries Copyright Committee(ALCC)によると、オーストラリアにおいて、オーストラリア国立図書館(NLA)への納本対象資料をデジタル資料へ拡大する著作権法の改正法案が先週議会で可決されたとのことです。

改正された「著作権法1968」に、冊子体資料に加えて、2016年1月からデジタル資料が納本対象として加わるようです。

Collecting Digital: Legal Deposit extended for the National Library
(ALCC,2015/7/1)
http://libcopyright.org.au/news/collecting-digital-legal-deposit-extended-national-library

Digital Legal Deposit is here(NLA,2015/7/2)
https://www.nla.gov.au/news/2015/07/02/digital-legal-deposit-is-here

参考:
国際出版連合(IPA)、各国のデジタルコンテンツの納本制度についてのレポートを公開
Posted 2014年8月18日
http://current.ndl.go.jp/node/26815

国立国会図書館のアジア情報室通報、「多文化共生施策と図書館の多文化サービス―平成26年度アジア情報関係機関懇談会 概要報告―」等の記事を掲載

国立国会図書館(NDL)は、「アジア情報室通報」の第13巻第2号(2015年6月号)をウェブサイトに掲載しました。本号では、「多文化共生施策と図書館の多文化サービス―平成26年度アジア情報関係機関懇談会 概要報告―」と題する記事等が掲載されています。

多文化共生施策と図書館の多文化サービス―平成26年度アジア情報関係機関懇談会 概要報告―(アジア情報室通報 13巻2号)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin13-2-1.php

アジア情報室の刊行物(『アジア情報室通報』)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-pub.php

横浜市立図書館、サッカークラブ・横浜F・マリノスとの共催で食育などをテーマにした「横浜F・マリノス×図書館!! 2015」シーズン2を開催

2015年7月22日から8月16日まで、横浜市立図書館において、Jリーグのサッカークラブ・横浜F・マリノスとの共催企画「横浜F・マリノス×図書館!! 2015」のシーズン2が開催されます。

企画の内容は、「体を強くするごはん~『教えて食育』から」、「夏をのりきる!食と体づくり」と題した、関連資料・パネル展示のほか、「横浜F・マリノスを応援しよう!メッセージ」と題した、同クラブの選手への応援メッセージの掲示などが行われるようです。

また、8月9日には、中学生・高校生向けの食育講座として「横浜F・マリノスに聞く!体を強くするごはん」も同館で開催されます。横浜F・マリノスの講師による、強い体をつくるための食事やストレッチなどの紹介が行われるようです。

横浜市立図書館 としょかんで夏休み!2015(中央図書館)(横浜市立図書館)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/bunka/natsucam/2015/20150619180402.html

F・マリノスと横浜市立図書館の共催企画「横浜F・マリノス×図書館!! 2015」シーズン2 中高生向け食育講座「横浜F・マリノスに聞く!体を強くするごはん」開催のお知らせ(横浜F・マリノス 公式サイト, 2015/7/1)