アーカイブ - 2015年 6月 19日 - car

英国ウェルカム図書館のクラウド型の電子図書館プラットフォームのプロトタイプ構築計画

2015年6月16日付けの英国ウェルカム図書館のブログによると、クラウド型の電子図書館プラットフォームのプロトタイプの構築を計画しており、成功した際には他の文化遺産機関が利用できるようにするとのことです。

その第1歩として、ウェルカム図書館では、Digirati社の協力を得て、電子図書館クラウドサービス(Digital Library Cloud Services;DLCS)のプラットフォームのプロトタイプを開発したようです。

プロトタイプでは、IIIF画像APIのエンドポイントとして、すべての図書館の画像を公開し、これらを利用者にクラウドを通じて配信することに焦点があるとのことです。また、プロトタイプでは、現在のメディアプレーヤーにかわって、動画・音声、その他、画像でない資料を扱えるユニバーサルビューアーで見ることができるようです。

次の段階では、

・ALTO標準に基づいたOCRでのインデキシングと検索
・W3C Open Annotation標準に基づいたアノテーションのストレージ
・簡単に使えるAPIのセット
・自身のデジタルコンテンツを見せるためのディスカバリープラットフォームを持たない機関のためのディスカバリー層の開発

トムソン・ロイター社、Journal Citation Reports(JCR)の2015年版をリリース

2015年6月18日、トムソン・ロイター(Thomson Reuter)社が、学術誌評価分析データベース“Journal Citation Reports”(JCR)の2015年版をリリースしました。

2015年版では、自然科学と社会科学の論文の2014年の引用データを含んでおり、82か国、237分野における11,149タイトルの学術雑誌の情報が収録されているとのことです。今回は272の学術雑誌に初めてインパクトファクターが付与されているとのことです。

また、53%の学術雑誌では昨年からインパクトファクターの増加がみられ、43%では減少がみられるとのことです。

Thomson Reuters Breaks New Ground in Journal Evaluation with Release of 40th Annual Journal Citation Reports(Thomson Reuter,2015/6/18)

島根大学附属図書館、同館所蔵の電子ブックの利用増加を図るため、書籍の情報とQRコードを表示したカードの展示を開始

2015年6月18日付の島根大学附属図書館のブログで、同館が所蔵する電子ブックの利用増加を図るため、書籍の情報とQRコードを印字したカードを、同館の壁面に設置する取組みを開始したことが紹介されています。

図書館で電子ブックが使えることを知らない学生向けにはじめられた取組みとのことで、大学構内で無線LANが使用できることや、学生の多くがスマートフォンを所有していることから、考案されたもののようです。

カードに印字されたQRコードを読み取ることで、電子ブックにアクセスすることができ、裏面には電子ブックの利用方法の他、署名や、簡単な内容紹介も印字されているとのことです。

同ブログでは、設置されたカードの様子も写真付きで紹介されています。

電子ブックあります(島根大学附属図書館のブログ, 2015/6/18)
http://shimadai-lib.hatenablog.jp/entry/2015/06/18/191627

参考:
図書館のデジタルコレクションをQRコード付きの壁紙で案内:サンアントニオ公共図書館の取組
Posted 2014年7月25日
http://current.ndl.go.jp/node/26655

地下鉄駅でQRコードを利用した電子書籍提供プログラムを実施(メキシコ)
Posted 2012年9月12日

明治大学米沢嘉博記念図書館、「赤塚不二夫生誕80周年 赤塚キャラ誕生のひみつ展」を開催

明治大学米沢嘉博記念図書館は2015年10月4日まで、「赤塚不二夫生誕80周年 赤塚キャラ誕生のひみつ展」を開催しています。

展示は、キャラクターや同氏の誕生のルーツを紹介するものとのことで、作品の原画や、キャラクター、創作について語る同氏の映像等が展示されているようです。

なお、関連イベントとして、6月20日に、赤塚りえ子氏と手塚るみ子氏による父(赤塚不二夫、手塚治虫)の作品の「キャラクター談義」や、7月18日に赤塚不二夫の作品である「天才バカボン」の編集を担当していた五十嵐隆夫氏による講演などが開催され、9月には赤塚不二夫の生誕を祝うイベントも開催されるようです。

赤塚不二夫生誕80周年 赤塚キャラ誕生のひみつ 展(米沢嘉博記念図書館)
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-akatsuka.html
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/pdf/2015_akatsuka_omote.pdf
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/pdf/2015_akatsuka_ura.pdf
※2つ目のリンクは、展示に関するチラシの表面で、3つ目のリンクはその裏面です。

台東区立図書館、企画展 「谷中の自然を見る 本草学者・岩崎灌園の世界」を開催

東京都の台東区立図書館は、2015年9月16日まで、企画展 「谷中の自然を見る 本草学者・岩崎灌園の世界」を開催しています。

江戸時代に台東区で活躍した本草学者・岩崎灌園にスポットを当て、その著作に関する展示を行い、同館谷中分室の開館(2015年4月1日に開館)にあわせ、谷中地域を基盤に、江戸をフィールドにした、岩崎灌園の活動を明らかにするもの、とのことです。

企画展に関連し、7月4日は樹木医・杉崎光明氏、7月11日は同館の郷土・資料調査室専門員・平野恵氏による講演が行われます。両日とも定員80名で、参加費は無料とのことですが、事前申込みが必要です。

その他、関連講座「専門員によるスライド・トーク」も展示期間中に開かれるようです。

企画展 「谷中の自然を見る 本草学者・岩崎灌園の世界」を開催します(台東区立図書館)
https://www.taitocity.net/tai-lib/contents/news/20150526_kyodo-kikakkuten_iwasakikannenn.html
https://www.taitocity.net/tai-lib/contents/news/images/iwasaki.pdf