アーカイブ - 2015年 4月 22日 - car

FINRA Investors Education FundとALAが金融教育に関するウェブサイトをリニューアル

2015年4月15日、金融業規制機構投資家教育基金(FINRA Investors Education Fund)と米国図書館協会(ALA)は、リニューアルしたウェブサイトを公開したと発表しました。

新しいウェブサイトでは、ティーンや大人が大学進学のために貯金することを学べ、また、子どもがお金について学習したり、お年寄りが引退後の計画を建てたりする際の助けとなるプログラムモデル等が公開されているようです。

他に図書館員の研修を行ったり査定したりするためのツールキットや、パーソナルファイナンスに関する知識や技能を向上させるためのオンラインセミナーもダウンロードできるとのことです。

Smart investing website redesigned, new features(ALA,2015/4/15)
http://www.ala.org/news/press-releases/2015/04/smart-investing-website-redesigned-new-features

Smart Investing@your library
http://smartinvesting.ala.org/

Program Resources
http://smartinvesting.ala.org/audiences/

ジョージ3世関連文書がデジタル化(英国)

英国王室によると、2015年4月1日、ジョージ3世関連文書をデジタル化してオンラインで利用可能とするプロジェクトが立ち上がるとのことです。

King’s College Londonとの共同プロジェクトであるこのプロジェクトは、ジョージ3世関連文書を中心に35万ページ以上に及ぶデジタル化を行うもので、数週間のうちに開始されるとのことです。そのうち、すでに刊行されているのは約15%で、英国王室文書館(Royal Archives)の文書が広く利用可能になるのは初めてとのことです。

Latest News and Diary(英国王室)
http://www.royal.gov.uk/LatestNewsandDiary/Overview.aspx
※2015年4月1日付で”The digitisation of George III's private archive”とあります。

「福島県双葉町の東日本大震災関係資料を将来へ残す」のホームページが公開

2015年4月16日、「福島県双葉町の東日本大震災関係資料を将来へ残す」のホームページが公開されました。

筑波大学図書館情報メディア系は、2012年6月に双葉町教育委員会と連携協定を結び、東日本大震災の記憶を将来へ残すとともに、双葉町の方々の被災経験を将来への教訓として広く国内外へ発信するための活動を続けてきましたが、このホームページは、その活動成果を公表するとともに、東日本大震災の被災の記憶を広く国内外へ発信することを目的として作られたとのことです。

福島県双葉町の東日本大震災関係資料を将来へ残す
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/futaba-archives/
※新着情報欄に、2015年4月16日付で「ホームページが公開されました。」とあります。