アーカイブ - 2015年 4月 16日 - car

岩手県下の3市村の共同事業により、東日本大震災に関する災害関連資料のアーカイブ「久慈・野田・普代 震災 アーカイブ」が正式公開

2015年4月15日、岩手県久慈市、野田村、普代村の3市村が共同で東日本大震災関連資料の収集・デジタル化を進める「久慈・野田・普代震災アーカイブ構築事業」において開発した「久慈・野田・普代 震災アーカイブ」が正式公開されました。

本事業の受託業者であるインフォコムによると、当アーカイブは、地域内各所から13万件を超える東日本大震災関連資料を収集し、デジタル化・マスキング・メタデータ付与を行ったものであるとのことです。

なお、当アーカイブでは、引き続き震災や復興の記録を募集しているとのことです。

インフォコムが岩手県下被災3市村から受託した「久慈・野田・普代震災アーカイブ」、正式公開~岩手県久慈市/野田村/普代村の東日本大震災関連資料をデジタルアーカイブ化~(インフォコム,2015/4/15)
http://www.infocom.co.jp/info/press/2015/p15041501.html

韓国国立中央図書館、視聴覚障害者のための遠隔、手話映像、チャットオンライン相談サービス開始

2015年4月1日、韓国国立中央図書館が、視覚障害者のための遠隔支援相談、聴覚障害者のための手話映像相談、障害者を含めたすべての人のためのチャット相談からなるオンライン相談サービスを開始しました。

このサービスは、すべての障害者がそれぞれのコミュニケーション方式で図書館にアクセスして資料を利用することを可能とするために開発されたもので、電話だけでは対応が難しい事項を問い合わせる視覚障害者や、文字・画像による相談を希望する聴覚障害者の要求を満たすものだとのことです。

国立障害者図書館のウェブサイトもしくはモバイルアプリをインストールすることで利用できるようです。

今後、このサービスを全国の公共図書館・障害者関連機関に普及させて活用を図る予定のようです。

[NLK] 4월 장애인의 달, 도서관장애인서비스 무엇이든 물어보세요!
시청각장애인 등을 위한 ‘원격, 수화영상, 채팅’ 온라인 상담서비스, 4월 1일(수)부터 본격 실시(国立中央図書館、2015/4/13)
http://wl.nl.go.kr/?p=26712

국립장애인도서관 온라인상담 서비스
http://ask.nl.go.kr/popup/userListMainAll.jsp

参考:

図書館におけるデジタル人文学に関するプロジェクトでの主題専門家(subject specialist)の役割(文献紹介)

米国大学・研究図書館協会(ACRL)により、“Digital Humanities in the Library: Challenges and Opportunities for Subject Specialists”が刊行されました。本書は14の章からなる、デジタル人文学プロジェクトにおける主題専門家の役割を論じた論文集です。デジタル人文学プロジェクトに関わる実践的なアドバイスや主題専門家の能力向上に資する事例紹介が含まれています。

Digital Humanities in the Library: Challenges and Opportunities for Subject Specialists
http://www.alastore.ala.org/detail.aspx?ID=11391

Library Journal誌、図書館システムの展望についての特集記事を掲載

Library Journal誌が、2015年4月7日、図書館システムの展望についての特集記事“Library Systems Landscape 2015”を掲載しました。特集“Library Systems Landscape”は昨年に続き今年が2回目となり、今回はシステムの多様性の管理、SirsiDynix社のコミュニティベースのサービススイート、Ex Libris社の“Developer Network”、オープンソース化の加速、Kualiプロジェクトの商業化、関連企業ダイレクトリ等を扱った記事6本が掲載されています。

Managing Multiplicity | Library Systems Landscape 2015(Library Journal, 2015/4/7)
http://lj.libraryjournal.com/2015/04/technology/managing-multiplicity-library-systems-landscape-2015/

SirsiDynix Adds to Community Funded Services Suite | Library Systems Landscape 2015(Library Journal, 2015/4/7)

【イベント】Code4Lib JAPANカンファレンス2015(9/5、6・東京)

Code4Lib JAPANが、2014年9月5日、6日に、東京都のリクルート本社でCode4Lib JAPANカンファレンス2015を開催すると発表しています。Code4Lib JAPAN カンファレンスは、図書館と技術、Web、ITをむすぶ、図書館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい、先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントとのことで、今回が3回目の開催となるそうです。

基調講演、口頭発表、ライトニングトークで構成される予定となっており、口頭発表およびライトニングトークの発表の募集が行われています。今回は、図書館システムまたは業務システムに関わる新しいソフトウェアやアイデア、図書館と技術のコミュニティに関わる新しいアイデア等に関する発表を歓迎するとのことです。

Code4Lib JAPANカンファレンス2015発表募集 (Call For Papers)
http://www.code4lib.jp/2015/04/1252/

参考:
E1486 - Code4Lib JAPANカンファレンス宮城県南三陸町にて初の開催
カレントアウェアネス-E No.246 2013.10.10
http://current.ndl.go.jp/e1486