アーカイブ - 2015年 3月 10日 - car

チャンス・フォー・チルドレン、「被災地・子ども教育調査」報告セミナーを開催、発表資料として、調査の分析結果報告を公開

2015年2月23日、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)が、東日本大震災「被災地・子ども教育調査」報告セミナーを開催しました。このセミナーでは、CFCの教育クーポン応募者など東日本大震災の被災家庭2,338件を対象に、普段の生活や教育等についてアンケート調査を行った「被災地・子ども教育調査」について、その分析結果が発表されたとのことです。分析については、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社様が主催している「ソーシャルビジネス支援プログラム」の一環で、同社のプロボノ社員の方々が担当したとのことです。

CFCのページで、当日の発表概要に加え、発表資料として、調査の分析結果報告が公開されています。

【実施報告】2/23(月)「被災地・子ども教育調査」報告セミナーのご報告(チャンス・フォー・チルドレン, 2015/2/26付)
http://cfc.or.jp/archives/event/2015/02/26/8551/

「被災地・子ども教育調査」報告セミナー 発表資料|「被災地・子ども教育調査」分析結果の報告(三菱UFJリサーチ&コンサルティング, チャンス・フォー・チルドレン, 2015/2/23付)
http://cfc.or.jp/wp-content/uploads/2015/03/MURC0220_revised.pdf

ボドリアン図書館とバチカン図書館によるデジタル化プロジェクト、100万ページに到達

オックスフォード大学ボドリアン図書館とバチカン図書館(Biblioteca Apostolica Vaticana:BAV)による、共同の資料デジタル化プロジェクト“Polonsky Foundation Digitization Project”において、デジタル化された資料が100万ページに到達したとのことです。100万ぺージを記念する資料として、ボドリアン図書館は完全なギリシャ語のフォントで印刷された最初の図書“Auct. L 3.33”を、バチカン図書館は1475年に出版されベストセラーとなった料理本“De honesta voluptate et valetudine” Stamp.Barb.BBB.II.41をデジタル化し、公開しています。

1 million images(Polonsky Foundation Digitization Project, 2015/2/24)
http://bav.bodleian.ox.ac.uk/news/1-million-images

参考:
オックスフォード大学ボドリアン図書館とバチカン図書館によるデジタル化プロジェクトのウェブサイトで歴史的資料公開
Posted 2013年12月3日
http://current.ndl.go.jp/node/24995

青空文庫、コメント“「TPP著作権条項に関する緊急声明」について”をウェブに掲載

青空文庫のお知らせ掲載ページ「そらもよう」で、“「TPP著作権条項に関する緊急声明」について”と題するコメントが掲載されています。環太平洋パートナーシップ(TPP)著作権条項に関して「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」が公開した「TPP知財条項への緊急声明案」について、「青空文庫有志一同」という名義で名を連ねることを決定したとのことです。

「TPP著作権条項に関する緊急声明」について(青空文庫のお知らせ「そらもよう」, 2014/3/8付け)
http://www.aozora.gr.jp/soramoyou/soramoyouindex.html#000466

TPP知財条項への緊急声明案の公開と、ご意見・賛同の呼びかけ(TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム, 2015/2/23)
http://thinktppip.jp/?p=519

参考:
図書館問題研究会、「TPP著作権条項についての声明」を公開
Posted 2015年3月10日
http://current.ndl.go.jp/node/28131

TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム、TPP知財条項への緊急声明案を公開、意見や賛同を呼びかけ
Posted 2015年2月26日

図書館問題研究会、「TPP著作権条項についての声明」を公開

2015年3月8日、図書館問題研究会が「TPP著作権条項についての声明」を全国委員会で決定し、同研究会のサイトに掲載しました。環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉について、その透明化と著作権に関して対立のある条項について妥結案からの除外を求めるものとのことです。また、TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラムの「TPP著作権条項に関する緊急声明」について、賛同団体となることも決定したとのことです。

TPP著作権条項についての声明 (図書館問題研究会全国委員会, 2015/3/8)
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/statement/%EF%BD%94%EF%BD%90%EF%BD%90/

TPP著作権条項についての声明を掲載しました (図書館問題研究会, 2015/3/8)
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/blog/2015/03/08/tpp/

TPP知財条項への緊急声明案の公開と、ご意見・賛同の呼びかけ(TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム, 2015/2/23)
http://thinktppip.jp/?p=519

参考:

国立国会図書館デジタルコレクションに、図書約2,100点および古典籍資料約1,200点を追加

2015年3月10日、国立国会図書館デジタルコレクションに、古典籍資料約1,200点を追加し、インターネット公開しました。

また、同日、図書約2,100点を追加しました。図書については国立国会図書館内のみで閲覧可能ですが、書誌情報、目次情報はインターネット上でも利用できます。

国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/

2015年3月のお知らせ
http://dl.ndl.go.jp/information?targetInformationDate=2015-3

文化遺産防災ネットワーク推進本部、ウェブサイト「文化財防災ネットワーク」を開設

2015年3月10日、文化財防災ネットワーク推進本部がその事業案内、活動実績等を公開するウェブサイト「文化財防災ネットワーク」を開設しました。文化財防災ネットワーク推進本部は、独立行政法人国立文化財機構に設置されたもので、東日本大震災等における文化財レスキュー事業等の経験を踏まえ、大規模災害に対応した文化財等の救出・救援体制を確保するため、文化財等の防災に関するネットワークを構築するとともに、人材の養成、情報の収集・分析・発信を行うためのものとのことです。

文化財防災ネットワーク
http://ch-drm.nich.go.jp/

ウェブサイト「文化財防災ネットワーク」を開設しました(国立文化財機構, 2015/3/10付)
http://www.nich.go.jp/news/news/2015/03/20150310bosai-website.html

国立国会図書館、『調査と情報-ISSUE BRIEF-』で「忘れられる権利」をめぐる動向を公開

国立国会図書館の調査及び立法考査局は、2015年3月10日付けで、立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』シリーズのNo.854号として、「『忘れられる権利』をめぐる動向 」を公開しました。

「忘れられる権利」をめぐる動向 (2015/3/10付け)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_9055526_po_0854.pdf?contentNo=1

参考:
E1655 - 「忘れられる権利」の適用範囲-EUとGoogleの見解
カレントアウェアネス-E
No.276 2015.02.19
http://current.ndl.go.jp/e1655

英国図書館(BL)、オンライン教材“My Digital Rights”で、オンライン上のプライバシー等についての教育用動画を公開

英国図書館(BL)では、マグナ・カルタ制定から800年、WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)誕生から25周年を機に、若者を対象に、オンライン上での権利と責任について教育・啓蒙を行うためのオンライン教材“Magna Carta: My Digital Rights”を公開しています。講義の動画、解説記事、授業のカリキュラム案などが提供されています。

“Magna Carta: My Digital Rights”は、BLのほか、World Wide Web Foundation、Southbank Centre、British Councilが協力しているとのことです。2015年3月3日には、オンライン上のプライバシーをテーマにした教育用動画がYoutubeを使って公開されました。

BLでは、“Magna Carta: My Digital Rights”を使って授業を行った教師に対し、2015年1月28日から4月30日までデジタル時代のマグナ・カルタの条項の提案を求めています。2015年6月には、新しいインターネット権利法として公開する予定とのことです。

Magna Carta: My Digital Rights(BL)
http://www.bl.uk/my-digital-rights

About the project(BL)