アーカイブ - 2015年 2月 5日 - car

情報処理推進機構(IPA)、共通語彙基盤 コア語彙2 (Ver 2.2)を正式版として公開

2015年2月3日、情報処理推進機構(IPA)が、共通語彙基盤の基礎をなすコア語彙および関連するドキュメントをまとめ、「共通語彙基盤 コア語彙2 (Ver 2.2)」として公開しました。

共通語彙基盤 コア語彙2 (Ver 2.2)を正式版として公開しました。(IPA, 2015/2/3)
http://goikiban.ipa.go.jp/node756

参考:
情報処理推進機構(IPA)、共通語彙基盤のあり方についての検討成果を公開
Posted 2015年2月5日
http://current.ndl.go.jp/node/27935

情報処理推進機構(IPA)、共通語彙基盤のあり方についての検討成果を公開

2015年2月3日、情報処理推進機構(IPA)が、共通語彙基盤のあり方についての検討の成果を公開しました。行政機関が公開や交換を行うデータに含まれる用語について整理し、用語の意味や使い方の規則、電子的な表記法などの情報を電子的に提供する「情報連携用語彙データベース」のあり方について検討を行い、概念モデルとしてまとめたとのことです。

共通語彙基盤のあり方について検討を行い成果を公開しました。(IPA, 2015/2/3)
http://goikiban.ipa.go.jp/node744

カナダのCouncil of Canadian Academies、図書館等がデジタル時代において向き合う課題等に関するレポートを公開

2015年2月4日、カナダのCouncil of Canadian Academiesが、カナダの図書館、アーカイブズ、博物館等がデジタル時代に適応する際に向き合う課題等に関するレポート“Leading in the Digital World: Opportunities for Canada’s Memory Institutions”を公開しました。プレスリリースによると、レポートでは以下のような内容が述べられているとのことです。

・社会を作り変える、根本的かつ避けられないデジタル時代の変化に対応するために、カナダの「知の記録機関」(Memory Institutions)は各組織内でのリーダーとしての能力を発揮しなければいけない。
・直面する多くの課題はデジタルコンテンツや莫大な量のデジタル情報等の管理に関わる技術的問題に根差している。
・デジタル世界は知の記録機関と人々との関係性を変化させる可能性がある。
・協調は適応に必要不可欠である。それによって知の記録機関は、ユーザーがデジタル時代に期待するより良いサービスを提供するために必要な重要資源へのアクセスが可能になる。

Leading in the Digital World: Opportunities for Canada’s Memory Institutions(PDF:188ページ)

インド科学技術省の2機関によるオープンアクセス方針

インド科学技術省のDepartment of Biotechnology(DBT)とDepartment of Science and Technology(DST)が2014年12月にオープンアクセス方針を発表していました。DBTとDSTの助成を受けた研究プロジェクトの最終稿やメタデータ、補足資料の、研究機関のリポジトリへの登録の義務化について述べられています。研究機関がリポジトリを持っていない場合は、DBTとDSTが構築している中央リポジトリへの登録が必要とされています。

India’s Science and Technology Outputs are Now Under Open Access (Open Knowledge India blog, 2015/2/3)
http://in.okfn.org/2015/02/03/indias-science-and-technology-outputs-are-now-under-open-access/#sthash.SmptJpxr.dpuf

DBT and DST Open Access Policy

スミソニアン協会図書館、図書の形をしたアート作品の検索サイトを公開

米国のスミソニアン協会図書館が、同館と分館が所蔵する、20世紀から今日までのアーティストが制作した図書の形をしたアート作品コレクションの検索サイトを公開しました。作品情報や、コレクションへのアクセス方法等が提供されているとのことです。

Smithsonian Libraries Artists' Books (Smithsonian Libraries)
http://library.si.edu/collection/artists-books/about-collection