アーカイブ - 2015年 2月 13日 - car

国立情報学研究所(NII)、学術雑誌公開支援事業を2016(平成28)年度末で終了へ

2015年2月6日、国立情報学研究所(NII)が、学術雑誌公開支援事業のウェブサイトに「学術雑誌公開支援事業の終了について」のページを新たに設け、同事業の終了をアナウンスしています。

学術雑誌公開支援事業は、国内の大学等が発行する研究紀要等の学術コンテンツ登録システムの提供を通じて大学等の情報発信を支援する事業で、2002(平成14)年から実施されてきました。同事業により、12年に渡って継続、蓄積されたコンテンツは、NIIが提供するCiNii Articlesを通じて広く利用されています。

研究紀要等の公開について検討を重ねてきた結果、今後は機関リポジトリでの公開を中心に据えるとし、学術雑誌公開支援事業 は2016(平成28)年度末(2017年3月末)を以て、終了することとしたそうです。

学術雑誌公開支援事業の終了について(NII)
http://www.nii.ac.jp/nels/about/

【イベント】第4回LRGフォーラム「貧困と図書館-困った時に頼れる図書館へ」(3/8・神奈川)

2015年3月8日に、アカデミック・リソース・ガイドの主催により、第4回LRGフォーラム「貧困と図書館-困った時に頼れる図書館へ」が、神奈川県 さくらWORKS<関内>において開催されます。「貧困と図書館」をテーマとし、講師は、貧困ジャーナリズム大賞2014を受賞したみわよしこ氏と、『困ったときには図書館へ』を出版した神代浩氏とのことです。

第4回LRGフォーラム「貧困と図書館-困った時に頼れる図書館へ」
https://www.facebook.com/events/719123688186860/

総務省、情報通信白書への意見をSNSで募集

2015年2月13日、総務省は、2015年(平成27年度)版情報通信白書について、SNSを活用し意見を募集することを発表しました。

「ICTは私たちの暮らしや仕事をどのように変えたか」をテーマに、4月下旬まで、意見を募集するとのことです。また、現在「フィクションで描かれたICT社会の未来像」というテーマでアンケートが行われています。

みんなで考える情報通信白書2015-情報通信白書「SNSを活用した読者参加型企画」の実施-
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000078.html

情報通信白書(総務省)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html

College Art Association、視覚芸術のフェアユースにおけるベストプラクティスの基準を刊行

2015年2月9日、College Art Associationが視覚芸術のフェアユースにおけるベストプラクティスの基準“Code of Best Practices in Fair Use for the Visual Arts”を発表しました。視覚芸術の専門家との議論を通じて形成された合意にもとづいて記述されているとのことです。この基準では、研究者等による引用や複製、美術教育、美術作品の制作、美術館・博物館での利用、古文書や特別コレクションへのオンラインアクセスといった5つの分野におけるフェアユースについて取り扱っているとのことです。

CAA ANNOUNCES PUBLICATION OF CODE OF BEST PRACTICES IN FAIR USE FOR THE VISUAL ARTS(CAA, 2015/2/9)
http://www.collegeart.org/news/2015/02/09/caa-announces-publication-of-code-of-best-practices-in-fair-use-for-the-visual-arts/

Code of Best Practices in Fair Use for the Visual Arts(CAA)

米国図書館協会(ALA)、図書館情報学修士号の認定基準を改訂

米国図書館協会(ALA)が、ALA冬季大会で2015年2月2日に開催された委員会において、2015年版の図書館情報学修士号の認定基準の改訂を承認しました。2008年版以来の改訂となります。

Standards for Accreditation of Master’s Programs in Library and Information Studies
Adopted by the Council of the American Library Association on February 2, 2015
http://www.ala.org/accreditedprograms/sites/ala.org.accreditedprograms/files/content/standards/Standards_2015_adopted_02-02-15.pdf

ALA Council approves revised Standards for Accreditation(ALA, 2015/2/12)
http://www.ala.org/news/press-releases/2015/02/ala-council-approves-revised-standards-accreditation

東亜図書館協会(CEAL)の東アジア研究の基盤強化を目指したプログラム、アンドリュー・メロン財団から助成

2015年1月5日、東亜図書館協会(CEAL)が、北米における東アジア研究の基盤強化を目指し、蔵書構築等の課題解決に取り組むプログラムについて、アンドリュー・メロン財団から28万8,000ドルの助成を得ることが決定したと発表しています。2015年1月15日には、プログラムの提案の募集が開始されています。

Mellon Foundation Awards Grant to the Council on East Asian Libraries(CEAL, 2015/1/5)
http://cealnews.blogspot.jp/2015/01/mellon-foundation-awards-grant-to.html

Innovation Grants for East Asian Librarians(CEAL)
http://www.eastasianlib.org/MellonGrants.htm

Innovation Grants for East Asian Librarians RFP(CEAL, 2015/1/15)
http://www.eastasianlib.org/RFPInnovationGrantsforEastAsianLibrarians.pdf