アーカイブ - 2015年 12月 22日 - car

電子図書館事業などを展開するODILO社、Gardners Books社と提携し、北米の図書館での電子書籍提供タイトル65万件増へ

2015年12月16日、欧州・ラテンアメリカを中心に電子書籍事業を展開し、図書館向けの電子図書館事業も行うODILO社が、英国の大手書籍卸であるGardners Books社と提携したことを発表しています。

ODILO社の発表によると、この提携により、2016年1月から同社が北米の図書館で提供する電子書籍が65万タイトル追加され、提供するタイトル数は100万を超す見込みとのことです。

OdiloNews(ODILO)
http://www.odilo.es/en/news/
※2015/12/17付で、“With Gardners, ODILO now offers over one million titles”というニュースが掲載されています。

ODILO
http://www.odilo.es/en/

Odilo and Gardners Partner to Boost Library Offering(Digital Book World, 2015/12/16)
http://www.digitalbookworld.com/2015/odilo-and-gardners-partner-to-boost-library-offering/

Gardners Books

いらないプレゼントを本と交換してくれるマシーンが稼働(ドイツ)

ドイツの出版者と書店が提携し、2015年12月28日から12月30日にかけて、いらないプレゼントを投入すると本と交換してくれるマシーンを稼働すると発表しました。

この企画を実施するのはBastei Lübbe(出版者)とHugendubel(書店)です。利用者はこのマシーンにいらないプレゼントを投入すると、Bastei Lübbe社の7タイトルの本のうちの1冊を代わりに受け取ることができます。マシーンは3日間の間に、Hugendubelの3店舗に1日ずつ設置されるとのことです。

投入されたいらないプレゼントは地元のチャリティに提供されます。

Publisher and Bookseller Partner to Solve the Unwanted Gift Problem(The Digital Reader、2015/12/21付け)
http://the-digital-reader.com/2015/12/21/95439/

Buchtrost für unglücklich Beschenkte(buchreport、2015/12/21付け)

「今までにない、驚くべき、革新的な」等のポジティブな表現が科学論文中で増加(記事紹介)

2015年12月14日付けのNature誌ニュース記事で、2015年11月にBMJ誌に掲載された論文” Use of positive and negative words in scientific PubMed abstracts between 1974 and 2014: retrospective analysis”が紹介されています。

BMJ誌掲載論文はオランダ・ユトレヒト大学のChristiaan H. Vinkers氏らによるものです。Vinkers氏らは1974年から2014年に出版された科学論文で、PubMedに収録されているもの全ての抄録を対象に、「たしかな」(”robust”)、「今までにない」(”novel”)、「革新的な」(”innovative”)などポジティブな結果を強調する単語25語と、ネガティブな結果を強調する単語25語、中立的な表現を示す単語25語を選定し、その出現回数の推移を集計しました。また、比較のためランダムに選んだ単語100語の出現回数や、各単語のGoogle Books Ngram Viewerでの出現回数(図書における出現回数)の変化も分析しています。

オンライン投稿・査読システムScholarOne ManuscriptsがRinggoldの機関情報データベースを導入

2015年12月18日、研究機関等にIDを付与し、機関情報データベースを管理・運用しているRinggold社が、同社の機関情報データベースがトムソン・ロイター社のオンライン投稿・査読システムScholarOne Manuscriptsに組み込まれたことを発表しました。

Ringgold社の機関情報データベースには41万6千以上の機関情報が登録されています。ScholarOne Manuscriptsを採用している雑誌に論文を投稿する研究者や、査読者、編集者等は、所属機関情報の入力時等にRinggoldのデータベースを用いて機関名や機関IDを選択・登録できるようになります。

ScholarOne Manuscripts now features Ringgold's Identify Database for institutional affiliations(Ringgold、2015/12/18付け)
http://www.ringgold.com/ScholarOne-Manuscripts-integrates-Identify-Database

参考:
米国コピーライト・クリアランス・センター(CCC)、Ringgoldの機関情報を“RightsLink”に統合し、APC管理等に活用
Posted 2014年9月12日

米コーネル大学、デジタルアートの保存とエミュレーションに関するホワイトペーパーを公表

米コーネル大学が2015年11月付けで、デジタルアートの保存とエミュレーションに関するホワイトペーパー”Preserving and Emulating Digital Art Objects”を公表しています。

このホワイトペーパーはコーネル大学が2013年に全米人文科学基金(National Endowment for the Humanities :NEH)の助成を受けて開始した、デジタルアートに関する保存とアクセスのためのフレームワーク構築プロジェクト、”The Preservation and Access Frameworks for Digital Art Objects project (PAFDAO)”の成果をまとめたものです。PAFDAOプロジェクトはコーネル大学とRose Goldsen Archive of New Media Artの協働の下で進められたとのことです。

Preserving and Emulating Digital Art Objects(eCommons: Cornell’s digital repository)
http://hdl.handle.net/1813/41368

参考:
技術の急速な変化によってデジタルアートが失われる危険性(記事紹介) Posted 2011年5月12日

日本図書館協会、「図書館利用における障害者差別の解消に関する宣言」を公表

2015年12月18日付で、日本図書館協会(JLA)が、「図書館利用における障害者差別の解消に関する宣言」を公表しています。

同宣言は、2015年第101回全国図書館大会(東京大会)障害者サービス分科会に提案し参加者に承認されたもので、JLAではこれを協会宣言として発表し、全国のあらゆる図書館及びその職員に対し、障害者権利条約でいう合理的配慮の提供と基礎的環境整備を行うことで、図書館利用における障害者差別の解消、つまりすべての人が利用できる図書館に図書館自らが変わるべきことを求めるとのことです。

図書館利用における障害者差別の解消に関する宣言(JLA,2015/12/22)
http://www.jla.or.jp/demand/tabid/78/Default.aspx?itemid=2785

京都大学図書館機構、学術情報リポジトリ「KURENAI」で公開している博士学位論文へのDOI付与について発表

2015年12月22日、京都大学図書館機構は、学術情報リポジトリ「KURENAI」で公開している博士学位論文にデジタルオブジェクト識別子(DOI)の付与を開始することを発表しました。

対象は、2013年度のインターネット公表の義務化が課せられた以降に学位が授与された論文で、2017年1月に「KURENAI」登録されるるデータから、登録と同時にDOIが付与されるとのことです。

また、2012年度以前のデータについても、順次遡及してDOIを付与し、一部の論文(1990年代に学位を授与された論文で、著者が国立国会図書館による電子化を許諾し、「KURENAI」に登録されているもの)については、国立国会図書館が付与したDOIを追記するとのことです。

図書館機構 : 京都大学学術情報リポジトリKURENAIで公開している博士学位論文にDOIを付与します(京都大学, 2015/12/22)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1810
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/uploads/flyer_kurenai-etd-doi+eng.pdf
※2つ目のリンクはチラシです。

参考:

北米研究図書館協会(ARL)、リエゾン業務の役割についての議論を促進させる「ライブラリーリエゾン」に関する報告書を公開

2015年12月21日、北米研究図書館協会(ARL)は、コロンビア大学図書館、コーネル大学図書館、トロント大学図書館によって組織化され、2015年6月にコーネル大学図書館で開催された“Library Liaison Institute”の最終レポートを公表しました

同レポートでは、“Library Liaison Institute”を概説するとともに、将来の“Library Liaison Institute”について提案するための案内書であるだけでなく、リエゾン業務を再編成するための重要なアイデアや提言を示しているとのことです。

Library Liaison Report to Spur Discussion of Liaison Roles(ARL,2015/12/21)
http://www.arl.org/news/arl-news/3804-library-liaison-report-to-spur-discussion-of-liaison-roles#.VnirsVKQZ1E

バラクオバマ財団、7つの建築事務所に、オバマ大統領センター設計のための提案依頼書の提出を依頼

オバマ大統領図書館設立のための財団であるバラクオバマ財団(The Barack Obama Foundation)が、7つの建築事務所に対して、提案依頼書(RFP)の提出を求めたとのことです。4社がニューヨーク、1社がシカゴ、2社がヨーロッパの事務所とのことです。

最終的にそのうちの1事務所が、シカゴのサウスサイドに建設予定の、図書館・アーカイブス・博物館機能を持つオバマ大統領センターの設計者に選ばれることになるとのことです。

Barack Obama Foundation Issues RFP to Seven Potential Architects for the Future Presidential Center(The Barack Obama Foundation,2015/12/21)
http://www.barackobamafoundation.org/news/entry/barack-obama-foundation-issues-rfp-to-seven-potential-architects-for-the-fu

Obama Foundation announces 7 finalists for library architect(AP,2015/12/21付け記事)

EIFL、第8回・公共図書館イノベーション賞の受賞館を公表:リテラシー支援

2015年12月21日、図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる非営利組織“Electronic Information for Libraries(EIFL)”の公共図書館イノベーションプログラム(EIFL-PLIP)が、第8回・イノベーション賞の受賞館を公表しました。

今回の賞はコミュニティにおけるリテラシーを支援する公共図書館を表彰するもので、受賞館は以下の2館です。

・Biblioteca Oasis del Saber(コロンビア)
・Lviv Regional Children’s Library (ウクライナ)

受賞館には1,500米ドル、表彰状、トロフィーが贈られるとのことです。

Congratulations to two EIFL Innovation Award winners(EIFL,2015/12/25)
http://www.eifl.net/news/congratulations-two-eifl-innovation-award-winners

Contributing to literacy: Innovation Award Library’s intensive literacy classes transform lives in Colombia(EIFL)

ブックオフコーポレーションが、ブクログを完全子会社化

2015年12月21日、中古書店等を運営するブックオフコーポレーションが、書籍レビューサイトと電子書籍作成プラットフォームを運営するブクログを完全子会社化すると発表しています。

ブクログ社の保有する700万超の書籍レビューのブックオフの店舗及び「BOOKOFF Online」サイトでの有効活用のほか、「BOOKOFF Online」サイトとブクログサイトとの相互送客、ブックオフの店舗とブクログサイトでのO2O(Online to Offline)サービスの提供、ブックオフが運営する新刊書店「青山ブックセンター」及び「流水書房」の書店員によるプロフェッショナルレビューの拡充などが考えられているとのことです。

ブックオフコーポレーション 最新ニュース
https://www.bookoff.co.jp/corporate/
※「2015年12月21日 株式会社ブクログの株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ」とあります。

株式会社ブクログの株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ(ブックオフコーポレーション)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1313004

ブックオフ、書籍レビューのブクログを買収(ITmediaニュース,2015/12/21付け記事)

エドモントン公共図書館(カナダ)、2015年の同館を振り返る動画をYouTubeで公開

2015年12月21日、カナダのエドモントン公共図書館は、写真や動画とともに2015年の同館を振り返りながら、同館の事業を紹介する動画をYouTubeで公開しました。

なお、エドモントン公共図書館は2014年のLibrary Journal誌の“Library of the Year”をカナダの図書館として初めて受賞しています。

Canada: Edmonton Public Library Shares Accomplishments in 2015 Year-in-Review Video(LJ INFOdocket, 2015/12/21)
http://www.infodocket.com/2015/12/21/canada-edmonton-public-library-shares-accomplishments-in-2015-year-in-review-video/

YouTube(EPL Year in Review 2015, 2015/12/21)
https://www.youtube.com/watch?v=EKi1yudQQ5k

参考:
リテラシー・バンで地域を巡回:2014 Library of the Yearのエドモントン公共図書館の取組(カナダ)
Posted 2014年7月25日

JT生命誌研究館、季刊誌『生命誌』のインタビュー記事と研究者、生命研究のあゆみをまとめたデータベース「生命研究のあゆみと広がり年表」を公開

2015年12月15日、大阪府高槻市にある生命科学に関する博物館であるJT生命誌研究館は、同館が発行する季刊誌『生命誌』に関し、「生命研究のあゆみと広がり年表」というデータベースを公開しました。

「生命研究のあゆみと広がり年表」は、『生命誌』の記事のうち「サイエンティストライブラリー」という種別の記事(生命研究に携わる科学者への研究や人生に関するインタビュー記事)の全85名分をまとめ、研究者の人生と分子生物学誕生からの生命研究のあゆみを重ね、プロットしたものです。

時系列に沿ってブラウズすることも可能なほか、研究者の一覧や研究分野、掲載号ごとの閲覧も可能なようです。

サイエンティスト・ライブラリー
http://brh.co.jp/s_library/

「生命研究のあゆみと広がり年表」ができました(2015/12/15, JT生命誌研究館)
http://www.brh.co.jp/news/#renewalsl