アーカイブ - 2015年 11月 - car

11月 13日

【イベント】「第7回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ」開催(11/27・岩手)

2015年11月27日に、岩手県立図書館において、第7回DAN(Digital Archive Network)ワークショップが開催されるとのことです。

ワークショップは二部構成で、杉本重雄氏(筑波大学図書館情報メディア系)の挨拶に続き、第一部では、柴山明寛氏(東北大学災害科学国際研究所)による基調講演「震災アーカイブの岩手県の現状と他県と比較」に続き、永森光晴氏(筑波大学図書館図書館情報メディア系)から「メタデータスキーマレジストリMetaBridgeに関して」、総務省情報流通振興課から「総務省におけるデジタルアーカイブの取り組み」、宮城県多賀城市から「震災アーカイブ構想から「たがじょう見聞憶」が生まれるまで」が話題提供として予定されています。

第二部は、デジタルアーカイブ構築・運用・利活用のための連携についてのフリーディスカッションが行われるとのことです。

対象は、デジタルアーカイブに関心のある団体及び行政機関の関係者で、事前の申し込みが必要です。

第7回DAN(Digital Archive Network)ワークショップの開催(総務省,2015/11/13)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_03000226.html

参考:

国際図書館連盟(IFLA)の情報への自由なアクセスと表現の自由に関する委員会(FAIFE)、モスクワ警察によるウクライナ文学の専門図書館への襲撃に対して声明を発表

モスクワ警察がモスクワのウクライナ文学の専門図書館を襲撃し、図書館長が逮捕され、当局が違法な反ロシアのプロパガンダと判定する図書を取り除いた事件に対して、国際図書館連盟(IFLA)の情報への自由なアクセスと表現の自由に関する委員会(FAIFE)が声明を発表しています。

IFLAは、世界人権宣言の第19条を尊重しており、図書館と図書館員はすべての国と社会において、幅広い知識と文学をもたらすものであり、この専門的な役割は高度なレベルで尊重され考慮されるべきであると述べています。

そして、この問題が、迅速に、エスカレーションせず、ロシア国内や国際的な法の枠組みの中で解決され、図書館が、法律の範囲内で妨害されずにその任務が継続されることを望むと述べています。

IFLA-FAIFE Statement on the targeting of the Library of Ukrainian Literature in Moscow(IFLA,2015/11/12)
http://www.ifla.org/node/9992

関連:
Russia raids Ukrainian library in Moscow, arrests head(Reuters,2015/10/29付け記事)

独の書誌ユーテリティhbzとGBVが“Kuali OLE”の開発パートナーに

ドイツにおける書誌ユーティリティであるノルトライン‐ヴェストファーレン州図書館サービスセンター(hbz)と図書館同盟(GBV)が、オープンソースの次世代型図書館業務システム“Kuali OLE”の開発パートナーになったと発表されています 。

hbzとGBVがドイツにおいて、300を超える大学図書館・研究図書館にサービスを提供しているとのことです。

Kuali OLEの2014/2015年度の評価の後、両ネットワークは、試行的に、2つの大学図書館で“Kuali OLE”を採用するとのことです。

3年間の試行期間において、ドイツの大学図書館における“Kuali OLE”の使いやすさや、如何にドイツの図書館ネットワーク基盤に統合するかを実証するとのことです。hbzとGBVは、ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)によってはじめられた作業を継続し、“Kuali OLE”を国際化するとのことです。

GBV and hbz Join Kuali OLE Partnership(Kuali,2015/11/12)
https://www.kuali.org/news/2015/11/12/gbv-and-hbz-join-kuali-ole-partnership

hbz
https://www.hbz-nrw.de/

GBV

英国図書館(BL)、ベンガル語の1,000冊の本・20万ページをデジタル化してオンラインで公開

英国図書館(BL)では、1714年から1914年の22の南アジアの言語の図書を所蔵しているとのことですが、状態が悪いため、閲覧と原本保存のためデジタル化を計画しているとのことです。

そのパイロットプロジェクトとして、需要が多いベンガル語の1,000冊の本20万ページをデジタル化してオンラインで公開するとともに、2,000タイトルの目録化作業を実施したとのことです。

パイロットプロジェクトは、英国芸術・人文科学研究会議(Arts and Humanities Research Council: AHRC)がNewton財団を通じて支援するとともに、ジャダプール大学Cultural Texts and Records school(インド)、Srishti Institute of Art, Design and Technology(インド)、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院図書館と連携しており、インド国立図書館、National Mission on Libraries(インド)やインドの研究機関とともに実施しているとのことです。

今後は、デジタル研究との連携を刺激し、インドの研究機関と連携して技術とデジタル調査を構築することを計画しているとのことです。

ProQuest社、アメリカンインディアンと米国の西進研究に関する資料をデジタル化した“American Indians and the American West, 1809-1971”を公開

ProQuest社は、アメリカンインディアンと米国の西進研究に重要な資料である、インディアン管理局やアメリカ・インディアン部族の主要な委員会会議の20世紀の記録や、米国国立公文書館とシカゴ歴史博物館所蔵の19世紀の主要な一次資料をデジタル化した“American Indians and the American West, 1809-1971”を公開しました。

“American Indians and the American West, 1809-1971”の新しい36のコレクションの多くは、以前はマイクロフィルムで閲覧できたもので、今回9万ページもの資料が初めて閲覧できるとのことです。また、米国史のデジタルアーカイブである“ProQuest History Vault”を拡張するものとのことです。

ProQuest’s Digitization of American Indian Records Opens Paths for Exploring the Impact of Westward Expansion(ProQuest,2015/11/12)
http://www.proquest.com/about/news/2015/ProQuests-Digitization-of-American-Indian-Records.html

横浜市、2015年度の「販路開拓支援事業」に、タックポート社の公共図書館向けの座席予約システム「eBOOTH」を認定

2015年10月29日、横浜市は優れた商品・技術を生産又は保有する事業者を同市が認定し、展示会出展に係る経費を助成する事業「販路開拓支援事業」のうち「行政課題解決型」の認定対象商品として株式会社タックポートの「公共図書館向けセルフ座席予約システム「eBOOTH」」が認定されました。

「eBOOTH」は、千葉県の成田市立図書館や、島根県の浜田市立中央図書館、東京都の葛飾区立中央図書館などで導入されているようです。

優れた商品・技術を生産する事業者を10社認定~横浜市販路開拓支援事業~(横浜市経済局, 2015/10/29)
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h27/271029mono.html

Taylor & Francis社とEIFLが、開発途上国の研究者が、APC(論文処理費用)の大幅な値引きもしくは無料で、研究成果をオープンアクセス(OA)で公開できる協定を締結

大手出版社Taylor & Francis社と、開発途上国において図書館を通じたデジタル情報へのアクセスを推進しているElectronic Information for Libraries(EIFL)が、APC(論文処理費用)の大幅な値引きもしくは無料で、開発途上国の研究者が、Taylor & Francis社とRoutledge社の雑誌において、オープンアクセス(OA)で研究成果を公開できる1年間の協定を結んだと発表しています。

これにより、EIFL連合の国々の研究者は、自然科学・社会科学・人文学分野の66のOA雑誌を選択することが可能とのことです。

開発途上国のOAを支援するこの種の出版社との契約は初めてとのことです。

慶應義塾大学、同学の専任教員の研究業績をElsevier社の研究者情報システム“Pure”を用いて公開

2015年11月10日、慶應義塾大学は、同学の専任教員の研究業績をElsevier社の研究者情報システム“Pure”のポータルサイトで公開しました。「慶應義塾研究者情報データベース」(K-RIS)を補完するものとのことです。

なお、“Pure”の新ポータルサイトによる研究業績の公開は世界で初となるとのことです。

Keio University
https://keio.pure.elsevier.com

研究者情報システム「Pure」慶應義塾大学版の公開(慶應義塾大学, 2015/11/12)
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2015/osa3qr000001830v.html

山形県立図書館、「山形県立図書館クリスマス・フェスタ」で一箱古本市や図書館地下探検ツアーを実施(12/19)

2015年12月19日、山形県立図書館が、「山形県立図書館クリスマス・フェスタ」で、一箱古本市や図書館地下探検ツアーを実施するとのことで、出店者や参加者を募集しています。

また、イベント開催時は、姿は熊そっくりの「くまのさん」が館内を時々巡回するとのことです。

「山形県立図書館クリスマス・フェスタ」 一箱古本市出店者募集&図書館地下探検ツアー参加者募集!(2015/11/12)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/osirase/index.html

山形県立図書館クリスマス・フェスタチラシ
http://www.lib.pref.yamagata.jp/exhibit/Xmasfesta1.pdf

国際ロータリー第2820地区と水海道ロータリークラブが、図書購入資金として常総市立図書館に義援金2,000万円を寄贈

茨城県の国際ロータリー第2820地区と水海道ロータリークラブが、常総市立図書館復旧のための図書購入資金として義援金2,000万円を寄贈したとのことです。

今回の義援金は同図書館の年間購入額の約2倍に相当するとのことです。

義援金贈呈式(水海道ロータリークラブ週報,2015/11/10)
http://www.mitukaido-rc.jp/syuhou/2015-16/11/1111-2.pdf

鬼怒川決壊 図書購入へ2000万円 RCが常総市に義援金(茨城新聞,2015/11/11付け記事)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14471625265399&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

参考:
茨城県教育委員会、「27年9月関東・東北豪雨災害」による被害額を公表 社会教育施設では8億5,989万円の被害を見込む
Posted 2015年11月12日
http://current.ndl.go.jp/node/29943

常総市、「常総市立図書館 臨時休館のお知らせ」と「常総市民が利用できる図書館のご案内」を市のウェブサイトに掲載
Posted 2015年10月2日

北米研究図書館協会(ARL),米SPARC,カナダ研究図書館協会(CARL)など、Elsevier社を辞職した言語学雑誌‘Lingua’の元・編集者及び編集委員への支持を表明

2015年11月12日、北米研究図書館協会(ARL)などの組織が、言語学雑誌‘Lingua’の「公正な」オープンアクセス(OA)化などをめぐって、10月27日にElsevier社を辞職したとされる、同誌の元・編集者及び編集委員への支持を表明しています。

支持を表明している組織として挙がっているのは、ARLのほか、米SPARC,カナダ研究図書館協会(CARL)、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、Association of State Colleges and Universities (AASCU)、American Council on Education(ACE)、米国のNPOであるEDUCAUSEです。

「公正な」オープンアクセス(OA)に関しては、2015年10月12日にオランダ大学協会(VSNU)のウェブサイトで、プレスリリース“Linguists to Publish Journal Articles in ‘Fair’ Open Access”が発表されていて、Johan Rooryck氏、VSNUのBastiaan Verweij氏の名があります。

ARL, Higher Education Groups Support Lingua Editors, Open Access(ARL, 2015/11/12)

11月 12日

九州大学附属図書館、同館の展示会の情報と電子展示会を集約した「デジタルギャラリー」と同学が所蔵するコレクションを紹介した「九州大学百年の宝物」を公開

2015年11月12日、九州大学附属図書館は「デジタルギャラリー」と「九州大学百年の宝物」を公開しました。「デジタルギャラリー」は、同館による電子展示のページと過去の展示会の情報を集約したものです。なお、展示会は、1979年以降、同学の開学記念行事の一環として、毎年開催されているものです。

「九州大学百年の宝物」は、2011年に九州大学百周年を記念して発行されたもので、同学が所蔵するコレクションの中から精選された100点が紹介されていて、「九州大学学術情報リポジトリ」から公開されています。

デジタルギャラリー
http://guides.lib.kyushu-u.ac.jp/gallery

九州大学百年の宝物
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/recordID/1526202

デジタルギャラリー及び『九州大学百年の宝物』を公開しました(九州大学附属図書館)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/1845

ニュース(九州大学附属図書館 ※2015/11/12付で「デジタルギャラリー及び『九州大学百年の宝物』を公開しました」とあります。)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news

参考:

2015年の“Library of the Year”は多治見市図書館に

NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)が授与している“Library of the Year”の2014年の最終選考が、2015年11月12日に第17回図書館総合展において開催され、先に優秀賞として発表されていた「くまもと森都心プラザ図書館(熊本県)」「塩尻市立図書館/えんぱーく(長野県)」「多治見市図書館(岐阜県)」「B&B」の中から、大賞として、多治見市図書館が選出されたようです。

また10回目の今回をもってライブラリー・オブ・ザ・イヤーを休止することが発表されています。

多治見市図書館(Twitter)
【速報】多治見市図書館がLibrary of the year (ライブラリー・オブ・ザ・イヤー)2015大賞を受賞いたしました! #LoY2015
https://twitter.com/tajimi_lib/status/664713852790046721

Library of the Year(Twitter)
LoY2015最終選考会、盛況のうちに終了しました。ご来場頂いた皆さんどうもありがとうございました。そして、大賞を受賞された多治見市図書館の皆さん、おめでとうございます! #LoY2015
https://twitter.com/IRI_LoY/status/664753677379309568

三重県立図書館・三重県立美術館・三重県総合博物館、「フキだしバルーンプロジェクト」のプレイベントとして、司書、学芸員によるスペシャル・トークを開催(11/28-29)

三重県立図書館・三重県立美術館・三重県総合博物館では、3館が連携して、それぞれの施設の魅力をアピールしながら、周辺の街路に賑わいを創出する「フキだしバルーンプロジェクト」を2016年2月20日と21日に実施する予定ですが、そのプレイベントとして、2015年11月28日と29日に、図書館の司書、美術館と博物館の学芸員が、各施設の所蔵資料の魅力を分かりやすく説明するスペシャル・トークと、文化施設をPRする「ことば」を考えるワークショップを開催するとのことです。

3館を会場にして行われ、定員は30名(事前申込。先着順)とのことです。
対象は小学生以上の両日参加可能な人とのことです。

図書館の司書、美術館と博物館の学芸員がスペシャル・トークを開催します(三重県立図書館,2015/11/12)
http://www.library.pref.mie.lg.jp/app/details/index.asp?cd=2015110186

アートでつなぐ・三重の文化創造事業 「フキだしバルーンプロジェクト」(三重県立美術館)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/artdetunagu/fukidashi.htm

チラシ

CrossRefがロゴを変更

CrossRefが15周年を記念して、来週開かれる年次大会で、新しいブランドアイデンティティとしてキーメッセージとロゴを発表するにあたり、そのキーメッセージとロゴをホームページで公開しています。

再ブランド化は、これまでと異なることをしようとしているのではなく、既に行っていることをよりよく表現するためだとのことです。

理由としては、CrossCheck、CrossMark、FundRefのような取り組みの背後にCrossRefが存在することを人々が知らなかったということがあるようです。

新しいロゴは、メタデータを扱う人にはおなじみ相互リンクの角括弧で構成され、またメタデータの入出力を表す矢印として表現されているようです。

またロゴのCrossとRefの単語を分割せずCrossrefと表現することで、名称の分割を回避しており、また、“R”を小文字としたのは公式の変更であるとのことです。

色合いは、赤と濃い灰色はCrossRefのこれまでの歴史を承認するものである一方、我々の業界では独特で新鮮な色合いを表現するために現代的な色も使用しているとのことです。

The logo has landed(CrossRef,2015/11/11)

オックスフォード大学ボードリアン図書館、書籍のデジタル化作業が1,200万点に達したと発表 

オックスフォード大学ボードリアン図書館は、2015年11月、書籍のデジタル化作業が1,200万点に達したと発表しています。

1,200万点目の書籍は、1811年に刊行された、オックスフォード大学の学生、シェリー(Percy Bysshe Shelley)氏による“Poetical Essay on the Existing State of Things”というパンフレットとのことです。

このパンフレットは、11月11日から12月23日まで、ボードリアン図書館のウェストン図書館のブラックウェルホールで展示されるとのことです。

Shelley's Poetical Essay the Bodleian Libraries' 12 millionth book(オックスフォード大学ボードリアン図書館)
http://poeticalessay.bodleian.ox.ac.uk/

Shelley's Poetical Essay: the Bodleian Libraries' 12 millionth book(オックスフォード大学ボードリアン図書館)
http://www.bodleian.ox.ac.uk/whats-on/upcoming-events/2015/nov/shelleys-poetical-essay

参考:

オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)が、戦略目標と作業計画である“Strategy for 2016-2018 and Work Plan for 2016-2017”を発表

2015年11月11日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)が、戦略目標と作業計画である“Strategy for 2016-2018 and Work Plan for 2016-2017”を発表しています。

この戦略目標と作業計画は、COARのこれまでの継続的な活動を基に建てられており、地位の確立を促進し、この急速な変化の環境の中で、オープンアクセスリポジトリが今日的意味を持ち続けることを保証する付加価値サービスを採用することを支援することを目的としているとのことです。

COAR Strategy and Workplan 2016-2018 published(COAR,2015/11/11)
https://www.coar-repositories.org/news-media/coar-strategy-and-workplan-2016-2018-published/

Strategy for 2016-2018 and Work Plan for 2016-2017.
https://www.coar-repositories.org/about/coar-ev/strategic-plan/

英国図書館(BL)で、British Library Labs Symposium 2015が開催される

2015年11月2日、英国図書館(BL)が、British Library Labs Symposium 2015を開催しました

このシンポジウムはBLのデジタルコンテンツを用いた革新的なプロジェクトを紹介するもので、開発・ネットワーキングのためのプラットフォームを提供し、デジタル研究分野について議論するものです。

基調講演は、ロウレ(David De Roure)教授による“Intersection, Scale and Social Machines: The Humanities in the digital world ”で、学際的なフレームワークでのデジタル研究の現在の活動を取り上げたものとのことです。

英国図書館(BL)、アフリカと南アジアの学者や専門家をチーヴニング奨学金の研究員として募集 研究員はBL所蔵の南アジアの新聞・雑誌の調査やビックデータの活用について研究

英国図書館(BL)が、英国外務省と文化機関が資金を提供しているチーヴニング奨学金制度を活用して、図書館やデジタルイノベーションに関心があるアフリカや南アジアからの研究員を公募しています。

この奨学金制度では、BLで1年間の専門調査が可能で、初開催の2016/2017年度(2016年9月開始)は、南アジアに関連した新聞や雑誌のライブラリのコレクションを探索する機会が得られるほか、図書館が、ビッグデータの力を活用できるかについて調査する実習科目が含まれるとのことです。

採用された場合、チーヴニング滞在研究員として、BLの研究施設へのフルアクセス権を持つことになり、このプログラムのユニークにデザインされたプロジェクトに関与し、BLのコレクションと助言を活用して、新しいタイプの研究、情報提供、国際協力の拡大を行なうことが可能であるとのことです。

Call for scholars and professionals from around the world to join the British Library as Chevening Fellows(BL,2015/11/10)
http://www.bl.uk/press-releases/2015/november/british-library-calls-for-chevening-scholars

茨城県教育委員会、「27年9月関東・東北豪雨災害」による被害額を公表 社会教育施設では8億5,989万円の被害を見込む

茨城県教育員会が、「27年9月関東・東北豪雨災害」による県内の教育機関の被害額を公表したと報じられています。

県立学校で5億3,501万円、市町村立学校は現在調査中、市町村立のスポーツ施設が1億8,642万円、同じく社会教育施設が8億5,989万円を見込んでいるとのことです。

社会教育施設で主なものは、

○下妻市
・ふるさと博物館
床上浸水により1億2,170万円(現在は休館中。2016年4月の再開見込み)。

○常総市
主に床上浸水により、
・常総市立図書館  3億5,832万円
・生涯学習センター 1億4,000万円
・地域交流センター 1億1,000万円
・大生公民館    1億0,216万円
・石下文化センター   1,060万円
・石下集会所       540万円

○境町
床上浸水と空調機故障により
・研修センター     1,166万円

の被害額となるとのことです。

県立学校 被害額は5億円 豪雨災害被害状況 来月10日から災害査定(茨城県教育委員会)(日刊建設新聞,2015/10/30付け記事)
http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=15302

東日本豪雨 茨城県立校被害5.3億円 社会教育施設は8.5億円(産経新聞,2015/11/12付け記事)

ページ