アーカイブ - 2015年 1月 22日 - car

英グラスゴー大学が、“ Historical Thesaurus of English (HT) ”をオンラインで公開

英国のグラスゴー大学が、“ Historical Thesaurus of English (HT) ”をオンラインで公開しました。この1000年間の任意の時点で使用された800,000語に近い英単語の記録を含んでいるとのことです。

この新しいウェブサイトでは、同大学の“Historical Thesaurus of English Project”という44年間に及ぶ取り組みにより2009年に最初に紙媒体で刊行された情報を使用しており、同プロジェクト開始50周年を記念して公開されたとのことです。

New web resource detailing 1,000 years of the English language launched(University of Glasgow)
http://www.gla.ac.uk/news/headline_387358_en.html

Historical Thesaurus of English (University of Glasgow)
http://historicalthesaurus.arts.gla.ac.uk/

via;

【イベント】日本図書館協会資料保存委員会が、資料保存セミナー 「被災資料の復旧支援報告及び水損資料への対処方法について」を開催(3/6・東京)

2015年3月6日、日本図書館協会資料保存委員会が、日本図書館協会研修室において、資料保存セミナー「被災資料の復旧支援報告及び水損資料への対処方法について」を開催するそうです。

事前申込は不要とのことです。

日本図書館協会資料保存委員会 資料保存セミナー被災資料の復旧支援報告及び水損資料への対処方法について (日本図書館協会,2015/1)
http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/98/Default.aspx

英国ウェルカム図書館、医学史に関する100,000以上の画像をWikimedia Commonsに提供

英国ウェルカム図書館は、医学史に関する100,000以上の画像をWikimedia Commonsに提供したようです。

Wellcome Library donates 100,000 medical images to Wikimedia Commons
(WIKIMEDIA blog,2015/1/20)
http://blog.wikimedia.org/2015/01/20/wellcome-library-donation/

参考:
スイス国立図書館、絵画作品コレクションの画像1000点以上をWikimedia Commonsで公開
Posted 2015年1月21日
http://current.ndl.go.jp/node/27843

静岡県立中央図書館、静岡県の過去の震災に関する資料をデジタル化して公開

静岡県立中央図書館が、県東部を中心に大きな被害を受けた、1923年の関東大震災や1930年の北伊豆地震に関する所蔵資料4点をデジタル化して公開しています。

静岡県の過去の震災に関する資料をデジタル化しました(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2015/sinsai.html

参考:
静岡県立中央図書館、「東日本大震災関連記事一覧」を公開
Posted 2011年6月9日
http://current.ndl.go.jp/node/18371

リポジトリ用ソフト“DSpace”、バージョン5.0がリリース

オープンソースの機関リポジトリ用ソフト“DSpace”のバージョン5.0がリリースされています。改良点として、DSpaceのバージョン5を導入すると、過去のバージョン(1.x, 3 or 4)のデータベースも自動的に最新版に更新されること、新しいRDFのインタフェースでのLinked Open Data対応、OpenAIRE v3対応を含むOAI-PMHの改善などが挙げられています。

DSpace 5 is Now Available!(DuraSpace, 2015/1/20)
http://duraspace.org/articles/2436

SourceForge
https://sourceforge.net/projects/dspace/files/

GitHub
https://github.com/DSpace/DSpace/

DSpace 5.x Documentation
https://wiki.duraspace.org/display/DSDOC5x/DSpace+5.x+Documentation

参考:
E1459 - DSpaceコミッター就任の鈴木敬二さんにインタビュー カレントアウェアネス-E No.242 2013.08.08
http://current.ndl.go.jp/e1459

鳥取県立図書館、遠隔手話通訳サービスを開始

2015年1月13日、鳥取県立図書館が遠隔手話通訳サービスを開始すると発表しました。

遠隔手話通訳ができるタブレット型端末のビデオ通話機能を使って、手話通訳者の方が画面越しに手話通訳をし、聴覚障がい者の方と図書館職員のコミュニケーションをサポートするとのことです。端末は、鳥取県立図書館1階中央カウンターに設置されるとのことです。

鳥取県では、ろう者が聞こえる人と円滑に意思疎通を図ることができるよう、日本財団の支援を受けて、ICTを活用した遠隔手話通訳サービスモデル事業(実施期間:2013年12月~2015年3月)を行っているとのことです。

【ニュース】遠隔手話通訳サービスを開始しました!(鳥取県立図書館, 2015/1/13)
http://www.library.pref.tottori.jp/hp/menu000003000/hpg000002961.htm

ICTを活用した遠隔手話通訳サービスモデル事業(鳥取県)
http://www.pref.tottori.lg.jp/239848.htm

via:
鳥取県/タブレット端末を使った遠隔手話通訳サービスを図書館で開始(ICT教育ニュース, 2015/1/16)
http://ict-enews.net/2015/01/16tottori/

参考: