アーカイブ - 2014年 6月 - car

6月 30日

NISO、ディスカバリーサービスの透明性向上のための推奨指針を公表

2014年6月26日、米国情報標準化機構(NISO)が、ディスカバリーサービスの透明性向上を目的とした推奨指針“Open Discovery Initiative: Promoting Transparency in Discovery”を公表しました。この推奨指針は、2011年に設置されたOpen Discovery Initiative(ODI)ワーキンググループの最終成果として作成されたものです。

多種多様なコンテンツが検索できるディスカバリーサービスでは、例えば、どのようなコンテンツが、どの程度まで(メタデータのみ、本文まで)統合インデクスに含まれているのかなどが不透明になっているという問題があると指摘し、その改善に向け、第3章では、コンテンツプロバイダー向けおよびディスカバリーサービスのベンダー向けの推奨指針がそれぞれまとめられています。

また同日、ODIのメンバーでもあるEBSCO社が、同社のEBSCO Discovery Serviceではこの推奨指針に対応済みであるとプレスリリースを出しています。

NISO Publishes Recommended Practice on Promoting Transparency in Library Discovery Services(NISO 2014/6/26)

CBLDF、「禁書週間」に関するハンドブック等をウェブで公開(米国)

米国のCBLDF(Comic Book Legal Defense Fund; コミック弁護基金)が、2014年6月27日、「禁書週間」に関するハンドブック“CBLDF Banned Books Week Handbook ”を公開しました。禁じられたコミックにはどのようなものがあるかなどの情報をまとめたものとなっています。またあわせて、図書館員等が作品についての会話を進めていくための資料として、コミックごとにストーリの内容などを端的にまとめた“CBLDF Discussion Guides”を、『ドラゴンボール』など複数作品分公開しています。

Celebrate the Freedom to Read With CBLDF’s New Banned Books Week Handbook!(CBLDF, 2014/6/27付け)
http://cbldf.org/2014/06/celebrate-the-freedom-to-read-with-cbldfs-new-banned-books-week-handbook/

CBLDF Banned Books Week Handbook
http://cbldf.org/librarian-tools/cbldf-banned-books-week-handbook/

総務省情報通信政策研究所、「『ファブ社会』の展望に関する検討会」による報告書を公表

2014年6月27日、総務省情報通信政策研究所が、「3Dプリンター」等のデジタルファブリケーション機器の普及による新しい「ものづくり」の動きが、社会にどのような影響を与えるかを展望するため、2014年1月より開催してきた「『ファブ社会』の展望に関する検討会」による報告書を公表しました。

「ファブ社会」の展望に関する検討会 報告書の公表(総務省, 2014/6/27)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000019.html

参考:
E1556 - 図書館とファブスペース ~ 導入から1年
カレントアウェアネス-E No.258 2014.04.24
http://current.ndl.go.jp/e1556

「調査研究部門に隣接する図書館は、その価値をいかに高められるか」:『アジア情報室通報』にアジア情報関係機関懇談会の概要報告が掲載

国立国会図書館では、2014年3月19日に「調査研究部門に隣接する図書館は、その価値をいかに高められるか」をテーマとして2013年度のアジア情報関係機関懇談会を開催しました。これについてその概要報告を、『アジア情報室通報』第12巻2号(2014年6月)に掲載しました。

今回の懇談会には、アジア関係資料・情報を扱う図書館(室)のうち、調査研究部門に隣接する(附属、並列等のかたちで設置される)以下の7つの機関が参加しています。

・愛知大学国際問題研究所
・京都大学人文科学研究所
・京都大学東南アジア研究所
・公益財団法人九州経済調査協会
・公益財団法人東洋文庫
・東京大学東洋文化研究所
・日本貿易振興機構アジア経済研究所

調査研究部門に隣接する図書館は、その価値をいかに高められるか-平成25年度アジア情報関係機関懇談会 概要報告:アジア情報室通報 12巻2号
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin12-2-1.php

米国学校図書館員協会、教育と学習に役立つウェブサイトとアプリケーションのリスト2014年版を発表

2014年6月28日、米国学校図書館員協会(AASL)が、教育と学習に役立つウェブサイトのリストと、アプリケーションのリストの2014年版を発表しました。選ばれた25のウェブサイトは学校図書館等に学習支援やカリキュラム開発を提供するもので、“Media Sharing”や“Digital Storytelling”、“Manage & Organize”等の6つに分類されています。また、選ばれた25のアプリケーションは新しい技術リソースを提供するもので、“科学・技術・工学及び数学(STEM)教育”や“Organization and Management”等の5つに分類されています。

AASL announces 2014 Best Websites for Teaching & Learning (ALA, 2014/6/28)
http://www.ala.org/news/press-releases/2014/06/aasl-announces-2014-best-websites-teaching-learning

AASL announces 2014 list of Best Apps for Teaching & Learning(ALA, 2014/6/28)

米国図書館協会会長講演会「インフォプロと図書館の新たな役割 米国図書館協会(ALA)の取り組み:Libraries Change Lives」

2014年7月28日から8月1日にかけて、大阪、東京、沖縄、福岡の4会場で、米国図書館協会(ALA)会長のバーバラ・ストリプリング氏による講演会が開催されます。

案内によると、会長イニシアティブとして、Libraries Change Livesを掲げて図書館の重要性を提言するストリプリング氏を迎え、「地域の学校図書館、公共図書館におけるインフォプロや図書館司書の教育的役割」について、また、「日々変化する司書やインフォプロへの資質、能力に対応するため、ALAがどのような取り組みをしているのか」についての講演が行われるとのことです。

日程及び会場は以下の通りとなっています。

2014年7月28日 (月) 15:00~17:00  会場:大阪府立中之島図書館
https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/2014-ala-forum.html

2014年7月29日(火)15:30~17:30  会場:日比谷図書文化館 コンベンションホール
http://japan2.usembassy.gov/j/irc/ircj-signup-20140729.html

2014年7月31日(木)14:00~15:30 会場:浦添市男女共同参画推進ハーモニーセンター

津山郷土博物館、津山藩松平家「江戸日記」の高精細デジタル画像を公開

津山郷土博物館が、津山藩主松平家が江戸藩邸で記録していた日記「江戸日記」について、高精細デジタル画像をインターネットで公開しています。全762冊のうち、重複を避けて375冊を選別し、2013年度に撮影したものとのことです。また、津山藩江戸屋敷の絵図11点、江戸全域の絵図2点もあわせて公開しています。

デジタル画像は、 TRC-ADEAC社の「ADEAC:歴史資料検索閲覧システム」上で閲覧できるようになっています。

津山藩松平家「江戸日記」高精細デジタル画像をインターネット上で公開します。(津山郷土博物館)
http://www.tsu-haku.jp/untitled53.html
※2014年6月20日トップページにお知らせ掲載

『津山郷土博物館/「江戸日記」等』 検索・閲覧 
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/3320315100

6月 27日

Toronto Starの写真アーカイブ100万点が、トロント公共図書館へ

トロントの新聞及びニュースサイトであるToronto Starが、その写真アーカイブの100万点以上の写真を、トロント公共図書館に寄贈するとのことです。コレクションに含まれているのは、1900年から1999年の写真であり、生活、ファッション、経済・社会の発展などを捉えたものとのことです。2014年7月7日からその大部分がToronto Reference Libraryで利用可能になるとのことです。また一部は、後日同館のデジタルアーカイブにおいて公開されるそうです。

The Star donates more than one million archive photos to Toronto Public Library(Toronto Star Newspapers Ltd、20146/25付け)
http://www.thestar.com/news/gta/2014/06/25/the_star_donates_more_than_one_million_archive_photos_to_toronto_public_library.html

Toronto Star donates century of photos to Toronto Public Library(Tronto Public Library, 2014/6/25付け)

CNN、国立視聴覚資料保存センターのデジタル保存の取組を紹介

米CNNが、2014年6月25日、バージニア州カルペパーにある米国議会図書館(LC)の国立視聴覚資料保存センター(National Audio Visual Conservation Center)のデジタル保存への取り組みを紹介しています。動画とテキストが公開されています。

デジタル化の必要性などを報じるとともに、目下取り組まれている次のステップは、インターネットを介した利用提供であることが言及されています。

Preserving 120 years of U.S. cultural history(CNN, 2014/6/25付け)
http://edition.cnn.com/2014/06/25/tech/innovation/library-congress-digital-archives/
※動画は約2分。

Digital Preservation: Take a Brief Video Tour of the Library of Congress’ National Audio-Visual Conservation Center Library in Culpeper, Virginia(infoDOCKET, 2014/6/25付け)

米ミネソタ州、20世紀の公文書をデジタル化し公開

米国ミネソタ州議会の議会図書室(Minnesota Legislative Reference Library)と州務長官室が、1900年から1990年の40,000点の公文書等をデジタル化し、オンラインで公開したとのことです。2014年6月23日に発表しています。

40,000 Secretary of State Documents are now available(Minnesota Legislative Reference Library, 2014/6/23付け)
http://www.leg.state.mn.us/lrl/blog.aspx?articleid=248

Secretary of State Documents - 1900-1990
http://www.leg.state.mn.us/lrl/sos/

詩を聞く:米ペンシルバニア大学の“PennSound”の現在

ペンシルバニア大学の“PennSound”を紹介する記事が、同大学のPennNewsに2014年6月26日付で掲載されています。PennSoundは、2005年1月1日に開始された、詩の朗読の音声ファイルを収集・提供するウェブサイトであり、同大学のCenter for Programs in Contemporary Writingによるものです。

記事によると、これまでに、45,000点の詩の音声ファイルなどを提供しており、MP3形式のそれらのファイルは、学校や大学の先生にとって役に立つツールとなっているとのことです。

PennSound Transforms How Poetry is Taught the World Over (PennNews, 2014/6/26付け)
http://www.upenn.edu/pennnews/news/pennsound-transforms-how-poetry-taught-world-over

PennSound
http://writing.upenn.edu/pennsound/

PennSound: All the Free Poetry You Care to Download(2005/1/5付け)

国際児童図書評議会2013年推薦図書を展示する「世界のバリアフリー絵本展2013」が国内の巡回を開始

国際児童図書評議会(IBBY)障害児図書資料センターが2013年に選定した、世界20か国以上の国の60作品を展示する展示会が、2014年7月から国内を巡回する形で実施されます。

日本国際児童図書評議会(JBBY)のウェブサイトに巡回スケジュールが示されています。

国立国会図書館国際子ども図書館では、7月29日から8月24日まで開催します。

「世界のバリアフリー絵本展2013」巡回開始(2014/6/6付け)
http://www.jbby.org/news/index.html?c=4#151

世界のバリアフリー絵本展2013-国際児童図書評議会2013年推薦図書展(国際子ども図書館、2014/6/26掲載)
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2014-03.html

国立大学図書館協会、「学術情報の利用促進と保存プロジェクトチーム報告」をウェブに掲載:シェアードプリントについて報告

2014年6月26日、国立大学図書館協会のウェブサイトに、国立大学図書館協会 学術情報委員会 学術情報の利用促進と保存プロジェクトチームによる報告が掲載されました。2013年度の活動報告のテーマは、シェアード・プリントとなっており、諸外国における動向、日本で実施する際の留意点、文献リストがまとめられています。

学術情報の利用促進と保存プロジェクトチーム報告(総会資料№61-4、PDF、17ページ)
http://www.janul.jp/j/projects/si/gkjhoukoku201406b.pdf

参考:
CA1819 - 北米における冊子体資料の共同管理の動向 / 村西明日香 カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1819

国立大学図書館協会、「オープンアクセスジャーナルと学術論文刊行の現状-論文データベースによる調査」をウェブに掲載

2014年6月26日、国立大学図書館協会のウェブサイトに、国立大学図書館協会 学術情報委員会 学術情報流通検討小委員会による調査報告「オープンアクセスジャーナルと学術論文刊行の現状 -論文データベースによる調査-」(2014年4月付け)が掲載されました。

要約では、調査結果の要点として、以下の3点を示しています。
1.学術ジャーナル数、学術論文数は、依然として増大し続けている。
2.オープンアクセスジャーナルに掲載された論文数が論文数全体に占める比率は、現時点でなお小さいが、いずれの分野でも増大している。
3.購読ジャーナルは、依然として巨大なシェアを占めている。

また、そのうえで、APCについて広く大学内外の関係者・部局、機関で検討する必要があること、など3点の提案が示されています。

「鯖江市役所JK課」、鯖江市図書館の空席状況が確認できるアプリを作成、図書館にセンサーを設置

2014年6月26日、「鯖江市役所JK課」が作成した、図書館の空席状況が確認できるアプリの実現のため、鯖江市図書館にセンサーが設置されたとのことです。

「鯖江市役所JK課」は、2014年4月14日より鯖江市が開始したプロジェクトで、実在の課名ではないとのことです。このプロジェクトは、これまで市役所や公共サービスに直接関わることの少なかった女子高校生たちが、様々な市民団体や地元企業、大学、地域メディアなどと連携し、新しいまちづくりを模索していく市民協働推進プロジェクトとのことです。

図書館の空席状況が確認できるアプリの名称は、「sabota」で、由来は sabae x bon(本) x data を組み合わせたとのことです。

JK課、図書館空席センサー設置とアプリづくり(福野泰介の一日一創, 2014/6/26付)
http://fukuno.jig.jp/701

JK課企画アプリ、図書館空席センサーとアプリデザイン(福野泰介の一日一創, 2014/4/28付)
http://fukuno.jig.jp/642

館内整理日は大忙し(福井県鯖江市図書館のブログ:さばとごはん, 2014/6/26付)
http://ameblo.jp/sabaeto/entry-11884497565.html

鯖江市役所JK課

欧州委員会、EUの著作権法等の権利制限による経済的影響についてのレポートを公開

2014年6月23日、 欧州委員会が、EUの著作権法等の権利制限による経済的影響について評価したレポート“Assessing the economic impacts of adapting certain limitations and exceptions to copyright and related rights in the EU – Analysis of specific policy options” を公開しました。

このレポートは、EUの著作権改革の対象を評価するための研究の2部目にあたるもので、1部目が2013年10月1日付で公開されています。

第1部では、著作権の権利制限を評価するための方法論を確定し、今回公開されたレポートでは、1部目のレポートで用いられた方法論により、以下の論点に焦点を当て、その経済的影響を評価しているとのことです。
・文化遺産機関や教育機関によるデジタル保存
・文化遺産機関や教育機関のコレクションへの遠隔アクセスの提供
・公的にアクセス可能な図書館における“E-lending”
・研究目的のテキスト・データ・マイニング
・私的利用のための複製

6月 26日

OCLC、教育、学習と図書館に関するレポートを公開

2014年6月25日、OCLCが教育、学習と図書館に関するレポート“At a Tipping Point: Education, Learning and Libraries”を公開しました。

MOOC(大規模公開オンライン講座)やモバイル技術により、高等教育と図書館は転換点を迎えているという認識のもと、このレポートでは、オンライン教育についての受講者の認識、キャンパスライフと図書館利用に関する学生やその保護者の認識が取り上げられており、図書館によるオンライン教育の受講者の支援の在り方について検討されているようです。

At a Tipping Point: Education, Learning and Libraries
http://www.oclc.org/news/releases/2014/201422dublin.en.html

OverDrive社とCivica社が提携、図書館サービスプラットフォーム“Spydus 9”に電子書籍を統合

Civica社が、OverDrive社と提携し、同社の図書館サービスプラットフォーム“Spydus 9”において、電子書籍へのシームレスなアクセスを提供することになることを、発表しています。

OverDrive and Civica Partner for Improved eBook Integration in Spydus 9(Civica, 2014/6/25付け)
http://civicalld.com/news/overdrive-and-civica-partner-for-improved-ebook-integration-in-spydus-9

via.
OverDrive and Civica partner for Improved eBook Integration in Spydus 9(Library Technology Guides, 2014/6/25付け)
http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=19481

参考;
E1563 - 2013年から2014年の図書館システム市場動向は?(米国) カレントアウェアネス-E No.259 2014.05.22

コネットクォット公共図書館が“The Library is...”と題する動画を公開

ニューヨーク州のコネットクォット公共図書館が、“The Library is...”と題する動画をYouTubeに公開しています。Billy Joelの“We Didn't Start the Fire”の音楽にのせて、図書館とは何ができる場所かを伝えています。

Arts&Crafts、Concerts、Cooking、eBooks、Fun & Games、Karaoke、LEGO、knitなどを挙げ、「これが図書館の新しい顔 ようこそコネットクォット公共図書館へ」(This is the new face of the pubilc library / Welcome to the Connetquot Public Library)と表現する内容となっています。

The Library is...(Connetquot Public Library)
https://www.youtube.com/watch?v=qmQIfn54m9s

米国情報標準化機構(NISO)、“Demand Driven Acquisition of Monographs”の推奨指針を公開

2014年6月24日、米国情報標準化機構(NISO)が単行書の“Demand Driven Acquisition of Monographs”(需要駆動型購入方式:DDA)に関する推奨指針を公開しました。DDAは、PDA(Patron-Driven Acquisitions)とも呼ばれ、利用者からの要求をきっかけとして資料を収集し、コレクションを構築するしくみのことです。

推奨指針では、出版社、ベンダー、アグリゲータ―や図書館に対して、DDAの主な特徴、DDAプログラムの目標、パラメーターの選択、プロファイルの選択肢、DDAのためのMARCレコードの管理、検討から除外すべきコンテンツ、プログラムの評価、所蔵しないコンテンツへの長期的なアクセスの提供、コンソーシアムでのDDAの検討、公共図書館におけるDDAなどについての推奨事項が掲載されているとのことです。

DDAは電子書籍においてより一般的ではありますが、この手法は、紙媒体の資料にも適用できるとのことです。

NISO Publishes Recommended Practice on Demand Driven Acquisition of Monographs(NISO, 2014/6/25付)

ページ