アーカイブ - 2013年 4月 - car

4月 30日

サウスカロライナ大学図書館、F・スコット・フィッツジェラルドの直筆台帳を公開

「グレート・ギャツビー」等の作品で知られる米国小説家、F・スコット・フィッツジェラルドが残した直筆の会計台帳が、サウスカロライナ大学図書館の研究者によりデジタル化され公開されました。

台帳は5つのセクションに分けられており、“Record of Published Fiction”と“Published Miscelani”にはフィッツジェラルドの全作品の出版履歴の表、“Money Earned by Writing since Leaving Army”には1919年から1937年までの収入、“Zelda’s Earnings”には妻ゼルダの作品からの収入が記録され、“Outline Chart of my Life”は自伝的なセクションとなっているとのことです。

F. Scott Fitzgerald's handwritten ledger online (AP 2013/4/28付け記事)
http://bigstory.ap.org/article/f-scott-fitzgeralds-handwritten-ledger-online

F. Scott Fitzgerald’s Ledger 1919–1938 (University of South Carolina)

コネチカット州の図書館統計をビジュアル化:Tableau Publicを活用

WebJunction のオンラインコミュニティの1つであるWebJunction Conneticutのブログで、州内の図書館の貸出冊数や利用者数、イベントの参加者数などの各種の統計データを視覚化し提供する試みが紹介されています。無料のデータ視覚化ツールTableau Publicを用いたとのことで、インタラクティブなグラフやマップを提供しています。

Data Visualization with CT Library Statistics(2013/4/29付け)
http://webjunctionworks.org/ct/blog/index.php/2013/04/29/data-visualization-with-ct-library-statistics/

ウェールズ国立図書館で火事、コレクションの一部が水害

2013年4月26日、ウェールズ国立図書館の最上部において火災が発生しました。火災による被害を受けたのは、主にオフィススペースや新しく受入れた資料のためのスペースとして使用されている場所であり、職員・利用者は避難し全員無事であったとのことです。しかしながら、消火の際、水が5階、6階部分に漏れ、コレクションの一部が被害を受けたようです。被害を受けた資料は救出チームによりオックスフォードに運ばれているとのことです。

ウェールズ国立図書館は4月29日まで閉館し、30日には開館する予定となっています。

ウェールズ国立図書館からのリリース
Fire Damage(2013/4/26付け)
http://www.llgc.org.uk/index.php?id=1514&no_cache=1&tx_ttnews[tt_news]=5311

27/04/2013 Fire Update(2013/4/27付け)

米ジョージア州立大学図書館の電子リザーブ訴訟、LCAが法廷助言書を提出

2008年より続く米国ジョージア州立大学の電子リザーブ訴訟について、2013年4月25日、Library Copyright Alliance(LCA)が、ジョージア州立大学を支持する法廷助言書を提出しました。LCAは助言書の中で、ジョージア州立大学の電子リザーブの方針は、大学図書館・研究図書館でのフェアユースの一般的で確立したベストプラクティスと整合性のあるものであり、学問に負の影響を与えるものではないと主張しているとのことです。

LCAは、米国図書館協会(ALA)、北米研究図書館協会(ARL)、大学・研究図書館協会(ACRL)から構成される団体です。

Library Copyright Alliance Supports Georgia State University in Amicus Brief(2013/4/26付け)
http://www.arl.org/news/arl-news/2689-library-copyright-alliance-supports-georgia-state-university-in-amicus-brief

法定助言書(2013/4/25付け)
http://www.librarycopyrightalliance.org/bm~doc/announce-gsu-amicus-26apr13.pdf

Pew Research Center、市民のネット上での政治活動に関する調査結果を公表(米国)

2013年4月25日、米調査機関Pew Research CenterのPew Internet & American Life Projectが、“Civic Engagement in the Digital Age ”と題するレポートを公表しました。2012年7月16日から8月7日にかけて18歳以上の米国人に対して行われた電話調査をまとめたものです。これによると、大統領選のあった2012年において、米国人の39%がSNS上で何らかの政治的活動に参加していた、とのことです。

2008年時にはSNSの利用者はインターネットユーザの33%であったのに対し、2012年には69%に増加しており、2012年に、政治に関する記事等へのリンクをSNS上にポストしたのは成人の17%(SNSユーザの28%)、SNS上で候補者や政治家をフォローしたりしたのは成人の12%(SNSユーザの20%)であったとのことです。

オーストリア国立図書館、Googleとの提携によるデジタル化事業、最初の10万冊分のデータをネット公開

オーストリア国立図書館がGoogleとの提携により進めているデジタル化事業について、10万冊分のデータが、オンラインでアクセス可能になっています。
オーストリア国立図書館では、この事業において16世紀以降の資料60万冊のデジタル化を進めていますが、その最初の10万冊分であるとのことです。専用のビューアが用意されており、またTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアボタンも用意されており、表示画面を直接投稿などすることも可能となっています。

Österreichische Nationalbibliothek stellt die ersten 100.000 Bücher ins Netz - Pressemeldung(2013/4/29)
http://www.onb.ac.at/services/presse.htm

FAQ
http://www.onb.ac.at/austrianbooksonline/faq.htm

参考:
オーストリア国立図書館でのGoogleとの提携によるデジタル化事業についての報告(文献)Posted 2012年2月10日
http://current.ndl.go.jp/node/20150

カリフォルニア州議会に、州の助成を受けた研究のパブリックアクセス義務化を求める法案提出

カリフォルニア州議会に、州の助成を受けた研究のパブリックアクセスの義務化を求める法案(The California Taxpayer Access to Publicly Funded Research Legislation: AB 609)が提出されました。この法案は州議会議員のBrian Nestande氏が提出したもので、州の助成を受けた研究者に対し、成果の電子版を公的にアクセス可能なオンラインデータベースに提供することを求めるものとなっています。研究成果を、出版後6ヶ月以内に、カリフォルニア州立図書館を通じて無料で利用可能とすることが目指されているようです。

米SPARCでは、カリフォルニア州の住民に対し、法案を支持する意見を州議会議員に送るよう求めています。

Call to Action: Support the California Taxpayer Access to Publicly Funded Research Act (AB 609)(米SPARCによるAB609の紹介ページ, 2013/4/17付け)
http://www.sparc.arl.org/media/california-considers-state-level-public-access-pol.shtml

4月 26日

価格の差は雑誌の評価の差よりも大きい? 2013年雑誌価格調査の結果(米国)

2013年4月25日付の記事で、Library Journal誌が2013年版の雑誌価格調査の結果“The Winds of Change: Periodicals Price Survey 2013”を掲載しています。学術分野や出版国ごとなどの学術雑誌の平均価格、平均価格上昇率がまとめられており、全体としては2013年の平均価格上昇率は2012年と変わらず6%程度とのことです。

また、2013年の新たな試みとして、雑誌の価格と、被引用数に基づく雑誌評価指標の関係についても調査されています。ここでは対象雑誌を価格によって5グループに分け、各グループのインパクトファクター(Impact Factor)やアイゲンファクター(Eigenfactor)、論文影響値(Article Influence Score)の平均値を算出、比較しています。その結果、確かに価格の高いグループほど評価指標の平均値も高い傾向があるものの、平均価格は最も低いグループと最も高いグループで20倍もの差があり、それに比べると雑誌評価指標間の差は小さいことなどが示されています。

The Winds of Change | Periodicals Price Survey 2013(Library Journal 2013/4/25付け記事)

米OverDrive社とInnovative Interfaces社がAPI統合 オンライン目録から電子書籍の借り出しが可能に

2013年4月25日、図書館向けに電子書籍サービスを提供する米国のOverDrive社と図書館システムベンダInnovative Interfaces社が、APIの統合計画について合意したと発表されています。

両社の発表によれば、Innovative Interfaces社のクラウド型図書館サービスSierraやディスカバリプラットフォームEncoreにOverDrive社のサービスを統合し、図書館のオンライン目録から直接、電子書籍を借り出すことなどができるようにするとのことです。またこのほかに図書館員のコレクション構築作業に役立つようなサービスも提供するとしています。

なお、2013年6月に開催される米国図書館協会(ALA)年次大会でAPIのデモンストレーションが行われる予定とのことです。

III and OverDrive Announce Plans for Deep API Integration(2013/4/25、Innovative Interfaces社によるプレスリリース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=565

OverDrive and III announce plans for deep API integration(2013/4/25、OverDrive社のブログ)

ブッシュ大統領図書館・博物館の開館式典が開催

2013年4月25日、米国テキサス州ダラスの南メソジスト大学構内に建設された、ジョージ・W・ブッシュ大統領図書館・博物館(George W. Bush Presidential Library and Museum)の開館式典が行われました。開館式典には、現職のバラク・オバマ大統領をはじめ、歴代大統領5人が出席しました。

一般への公開は5月1日からの予定とのことです。

George W. Bush Presidential Center Dedication Ceremony (George W. Bush Presidential Center)
http://www.bushcenter.org/bush-center/george-w-bush-presidential-center-dedication-ceremony

ブッシュ前米大統領の記念図書館が開館 (ウォールストリートジャーナル日本版 2013/4/26付け記事)
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324289404578445661016824692.html

米国議会図書館が第1回"Library of Congress Prize for American Fiction"受賞者を発表

2013年4月25日、米国議会図書館が、9月に開催される"National Book Festival"において、第1回Library of Congress Prize for American Fictionを、米国作家ドン・デリーロ氏に贈ると発表しました。この賞は、一連の作品が芸術を極めているだけでなく、思考力と想像力の独創性も際立っている米国の作家に贈られる賞とのことです。

ドン・デリーロ氏の代表作には、全米図書賞を受賞した「ホワイト・ノイズ」等があります。

Library of Congress Prize for American Fiction Awarded to Don DeLillo(Library of Congress 2013/4/25付け)
http://www.loc.gov/today/pr/2013/13-079.html

National Book Festival(Library of Congress)
http://www.loc.gov/bookfest/

Novelist Don DeLillo named first recipient of Library of Congress Prize for American Fiction(Washington Post2013/4/25付け記事)

Gale社、「ナショナルジオグラフィック・キッズ」のアーカイブも提供開始

Cengage Learning傘下のGale社が、「National Geographic Virtual Library」の4番目のコンテンツ群として、「ナショナルジオグラフィック・キッズ(National Geographic Kids)」の提供を開始しています。雑誌「National Geographic Kids」の2009年以降の号をはじめとして、500点の画像、200点の書籍も含まれているとのことです。

Gale Announces National Geographic Kids(Gale, 2013/4/23付け)
http://news.cengage.com/school/gale-announces-national-geographic-kids/

National Geographic Virtual Library
http://www.cengagesites.com/Literature/776/national-geographic-for-research-libraries/

参考:
Gale社、1888年創刊「ナショナルジオグラフィック」誌の1994年までのアーカイブを販売へ Posted 2012年1月24日
http://current.ndl.go.jp/node/19995

ウィキペディアの編集をモニタリングしてニュース速報を発見する“Wikipedia Live Monitor”

ウィキペディアの編集件数や編集者の数をモニタリングすることによりニュース速報の候補(breaking news candidate)を発見するアプリ「Wikipedia Live Monitor」が公開されていました。これは、GoogleのエンジニアThomas Steiner氏らが、ニュース速報が出るとウィキペディアですぐにカバーされるとの観察に基づき作ったもので、部分的にはウィキペディアの更新状況をリアルタイムで伝える「Wikistream」をベースにしているとのことです。

このアプリを取り上げた2013年4月15日付けのUS Newsでは、Steiner氏は、なぜウィキペディアを使う理由について、Twitterよりも頼りになるかもしれないとし、また、ニュース速報に関連するほとんどすべてのことについてウィキペディアのページがあることを指摘しています。

In the media: Wikipedia inaccurate, says Florence; New Wikipedia app for breaking news(The Signpost, 2013/4/22付け)
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Wikipedia_Signpost/2013-04-22/In_the_media

4月 25日

読書履歴を残す「うちどく10通帳」 可児市立図書館で無料配布 こどもの読書週間で

2013年4月17日、岐阜県可児市立図書館は、こどもの読書週間に併せて、「うちどく(家読)10通帳」を無料配布をするとしています。これは、銀行の通帳と同じデザインで、1冊で100冊分の読書履歴を書き残せるというものとのことです。

こどもの読書週間特集②うちどく(家読)10通帳 (可児市立図書館 2013/4/17付けの記事)
http://www.tosyokan.kani.gifu.jp/html/130106634239864420/index.html

うちどく10通帳:家族でたくさん読書を 可児市立図書館、借りた記録や評価記入 職員が考案、無料配布中 /岐阜 (毎日jp 2013/4/25付けの記事)
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20130425ddlk21040053000c.html

慶應大医学部の電子教科書配信実験に、京セラコミュニケーションシステム等がBookLooperを提供

2013年4月23日、京セラコミュニケーションシステム株式会社と京セラ丸善システムインテグレーション株式会社は、慶應義塾大学医学部で2013年4月から行われる電子教科書の配信実験に、両社が開発・販売を行う電子書籍配信サービス「BookLooper」を提供すると発表しました。

BookLooperは、メモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能をはじめ電子書籍のDRMや決済機能を備えたクラウド型電子書籍配信サービスです。

慶應義塾大学医学部では、医学系学術出版社3社(医学書院・南江堂・医歯薬出版)の協力を得て、2013年4月から医学部の2年生全員と教職員の約140名にiPadを配布し、半年(一部の教材は1年)かけて授業や自宅などで利用します。その中で学習・研究に適した電子出版物の利用モデル、商品モデルの開発に必要な基礎データの収集を行うとのことです。また、学生は、BookLooperを使ってiPadにダウンロードした電子教科書を学習利用できるほか、同大学メディアセンターが提供する学術書や学術雑誌などもiPadで閲覧することができるとのことです。

慶應義塾大学医学部の電子教科書配信に「BookLooper」を提供~約140名の学生・教職員を対象に利用実験を開始~ (京セラコミュニケーションシステム株式会社 2013/4/23付けの記事)

Internet2がスミソニアン協会との協力を発表

2013年4月23日、米国のInternet2が年次会合で、スミソニアン協会と協力することを発表しました。

これにより、スミソニアン協会の博物館や研究施設等は超高速なネットワークでつながれ、Internet2に加盟している大学等は、スミソニアン協会とのデジタルコンテンツのやりとりがより容易になるとのことです。また、コンテンツの共有に加え、Internet2のオーディオやテレビ会議技術を使ったスミソニアンのシアターセンター等の共同企画も検討されているとのことです。

Internet2 Announces Strategic Content and Distribution Initiative with Smithsonian (Internet2 2013/4/23付け)
http://www.internet2.edu/news/pr/2013.04.23.smithsonian-internet2-initiative.html

Smithsonian
http://www.si.edu/

Internet2 Signs Deal With Smithsonian to Connect Colleges to Digitized Artifacts(The Chronicle of Higher Education 2013/4/23付け)

中央館の屋上を“天空の庭”に?バンクーバー公共図書館が新戦略計画を公表

バンクーバー公共図書館が、2013年から2015年までの新戦略計画を策定したとのことで、その概要をニュースリリースと動画、イラストにより伝えています。中央館の屋上を“天空の庭(garden in the sky)”へと改築することに向けプラニングを進めることが目玉のようで、協同作業スペース、創作スペースを含むコミュニティスペースの拡大等の方針が示されています。

これを報じたThe Vancouver Sun紙によると、同館のSandra Singh館長は、屋上を緑化し、読書スペースやカフェを設置するビジョンを示しているようです。

Vancouver Public Library Announces New Strategic Plan(VPL, 2013/4/24付け)
https://www.vpl.ca/news/details/highlights_of_vpls_new_strategic_plan

Vancouver Public Library Strategic Plan 2013 Video(イラスト、動画3分42秒)
https://www.vpl.ca/news/details/stratplan_2013_video

ベネッセ教育研究開発センター、「大学生の学習・生活実態調査」(第2回)を公表

ベネッセ教育研究開発センターが、2012年11月に実施した「大学生の学習・生活実態調査」の結果を公表していました。この調査は、大学生の学習・生活全般にわたる意識や実態をとらえることを目的に実施しているものとのことで、2008年に第1回に続いて今回が2回目となります。サンプル数は4,911名です。

このうち第2章第4節の「大学への適応と満足度」において、通っている大学の「施設・設備(図書館やインターネットの利用など)」の満足度が尋ねられています。これについては、2008年が「とても満足している」26.1%、「まあ満足している」49.9%であったのに対し、2012年はそれぞれ17.5%、50.3%となり、満足度が減少している結果となっています。

「大学生の学習・生活実態調査」(ベネッセ教育研究開発センター)
http://benesse.jp/berd/center/open/report/daigaku_jittai/2012/hon/index.html

米アマゾンが「全米で最も本を読む都市」トップ20を発表 1位はバージニア州アレクサンドリア

米国のAmazon.com社が「全米で最も本を読む都市」トップ20を公開しました。同社が2011年から毎年公開しているもので、人口10万人以上の都市が対象です。同社の図書・雑誌・新聞(紙、デジタルとも対象)の売上データに基づき、人口一人あたりの販売量を集計しています。今回は2012年6月1日からの売上データを集計したものとのことです。今年のトップ20は以下の都市です。

1. アレクサンドリア(バージニア州)
2. ノックスビル(テネシー州)
3. マイアミ(フロリダ州)
4. ケンブリッジ(マサチューセッツ州)
5. オーランド(フロリダ州)
6. アナーバー(ミシガン州)
7. バークレー(カリフォルニア州)
8. シンシナティ(オハイオ州)
9. コロンビア(サウスカロライナ州)
10. ピッツバーグ(ペンシルバニア州)
11. セントルイス(ミズーリ州)
12. ソルトレイクシティ(ユタ州)
13. シアトル(ワシントン州)
14. バンクーバー(ワシントン州)
15. ゲインズビル(フロリダ州)
16. アトランタ(ジョージア州)
17. デイトン(オハイオ州)
18. リッチモンド(バージニア州)
19. クリアウォーター(フロリダ州)
20. タラハシー(フロリダ州)

4月 24日

ニューヨークタイムズ、オンラインビデオを無料化:すべての利用者が回数制限なくアクセス可能に

ニューヨークタイムズが、2013年4月23日、オンラインビデオへの無料のアクセスの範囲を、すべての利用者に無制限とするとのプレスリリースを出しています。

プレスリリースでは、この実現にあたっては、本田技研工業の米国の高級車部門アキュラと、マイクロソフト社が支援したとされています。

The New York Times to Offer Free Unlimited Access to Online Video: All NYTimes.com Users Will Have Free Access to Video on NYTimes.com and on Mobile Apps Courtesy of Acura and Microsoft (NYTプレスリリース, 2013/4/23付け)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=105317&p=irol-newsArticle&ID=1809766&highlight=

The New York Times makes its online videos available to all users for free(The Next Web, 2013/4/23付け)

ページ