アーカイブ - 2013年 1月 - car

1月 31日

PLOS発行のオープンアクセス誌掲載論文の補足データをfigshareがホスト

オープンアクセス出版のPLOSと、研究データの公開プラットフォームfigshareの提携が発表されました。提携によりfigshareは、PLOSの発行する7タイトルのオープンアクセス誌に掲載された論文の補足データ(supplemental data)をホストし、そのデータをPLOSの論文中で表示するためのウィジェットを提供することになります。発表文では、研究成果の公表形態の多様化に伴い、出版社側は多様な種類のデータを論文中に含めるための方法を模索していると、提携の背景が述べられています。

figshare partners with Open Access mega journal publisher PLOS(figshare 2013/1/30付けブログ記事)
http://figshare.com/blog/figshare_partners_with_Open_Access_mega_journal_publisher_PLOS/68

PLOSデータの最大活用(PLOSブログ紹介)(情報管理Web STI Updates 2013/1/31付け記事)
http://johokanri.jp/stiupdates/2013/01/008166.html

参考:

LC、ALA、NARA等12機関、デジタル学習ツール等を作成する“Declaration of Learning”に調印

2013年1月30日、米国議会図書館(LC)は、11の政府機関および非政府組織とともに“Declaration of Learning”へ調印しました。

これは、米国国立公文書館(NARA)や米国図書館協会(ALA)等の関係機関とともに、所蔵資料と教育に関する専門知識を活用して、PCやタブレット端末、携帯端末からアクセスできる、デジタル/非デジタルな学習ツールの開発を行うというものです。最初のツールのテーマは「外交」とされており、今後も2年ごとに新規のテーマが選ばれるようです。

Library Signs “Declaration of Learning” (Library of Congres Blog 2013/1/30付けの記事)
http://blogs.loc.gov/loc/2013/01/library-signs-declaration-of-learning/

米シカゴ大学図書館がAquaBrowserからVuFindによるオンラインカタログへ移行予定

米国のシカゴ大学図書館が2013年夏以降にオープンソースのVuFindを用いた新しいオンラインカタログをリリースすると発表しました。

同館では現在、SirsiDynix社の図書館システム“Horizon”のOPACと、Serials Solutions社のAquaBrowserを用いた次世代OPAC“lens”を運用していますが、いずれのベンダもこれらの製品のサポートを今後終了する計画があるという事情です。

なお、VuFindは、2013年1月28日にバージョン1.4がリリースされ、次のメジャーバージョンアップは現在ベータ版が公開されているバージョン2.0になる予定です。VuFindは、イェール大学、ミシガン大学、HathiTrustなどでも使用されています。

Library developing new catalog(シカゴ大学図書館 2013/1/28付けニュース)
http://news.lib.uchicago.edu/blog/2013/01/28/library-developing-new-catalog/

VuFind
http://vufind.org/

参考:
オープンソースの次世代型図書館システムを開発するKuali OLEプロジェクトが75万ドルの追加助成を獲得、2013年中にはシカゴ大学とリーハイ大学が初導入へ

「デジタル人文学と図書館」に関する情報提供 “dh+lib”がウェブサイトに機能追加へ

2013年1月30日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)のデジタル人文学に関するディスカッショングループが、同グループのウェブサイト“dh+lib”で、デジタル人文学と図書館に関し広く情報提供を行うと発表しています。

これは、グループが2012年夏に行ったメールアンケートで、デジタル人文学と図書館に関する情報のアグリゲーションを求める声があったことから行われるものです。

グループのウェブサイト“dh+lib”は今後デザインを変更し、他のウェブサイトで掲載されたデジタル人文学と図書館に関する情報を、「必読」や「プロジェクト」等のカテゴリに分けて、スニペット表示させる予定とのことです。同グループは、このアグリゲーションを手伝うボランティアの協力を呼びかけています。

Introducing the dh+lib Aggregator (dh+lib 2013/1/30付けの記事)
http://acrl.ala.org/dh/2013/01/30/introducing-the-dhlib-aggregator/

ホメロス、プラトン、ソポクレス... バチカン図書館が写本256点をデジタル化公開

2013年1月30日、バチカン図書館が所蔵している写本256点をデジタル化公開しました。

公開された写本は、同館に所蔵されているホメロスやプラトン、ソポクレス、ヒポクラテス、ヘブライ語の写本等の他、ルネサンス期にイタリアで印刷された初期刊本等が含まれているとのことです。

これは、2012年4月に発表された、同館とオックスフォード大学ボドリアン図書館との共同デジタル化プロジェクトに基づくもので、今回のデジタル化にあたってはNASAの技術協力があったとのことです。今後もプロジェクトは続けられ、資料の公開が行われるようです。

Digitized manuscripts (Vatican Libaryのウェブサイト)
http://www.vaticanlibrary.va/home.php?pag=mss_digitalizzati&BC=11

Digitalizados los 256 primeros manuscritos de la Biblioteca Vaticana (Religion Digital 2013/1/30付けの記事)

ITHAKA S+R、大学や図書館等のデジタルコンテンツの永続的な保存をテーマとしたレポートを刊行

2013年1月29日、ITHAKA S+Rが、図書館等の文化機関におけるデジタルコンテンツの永続的な保存をテーマにした調査レポート“Sustaining Our Digital Future”を刊行しました。

レポートでは、英国の80以上のプロジェクト責任者や大学、図書館、博物館の管理者に対し2段階に分けてインタビューを実施し、助成終了後のデジタルコンテンツの支援の現状や、機関が支援するデジタルコンテンツの状況、機関の運営方針におけるデジタルコンテンツの位置づけ等を調べ、その結果をまとめています。そのほかにも、デジタルコンテンツを扱うプロジェクトのための永続性チェックツールも掲載されています。

Sustaining Our Digital Future: Institutional Strategies for Digital Content (ITHAKA S+R 2013/1/29付けの記事)
http://www.sr.ithaka.org/research-publications/sustaining-our-digital-future

1月 30日

地図資料をGoogle Earthに重ね合わせる“ジオレファレンサー”求む(英国)

2013年1月28日、英国図書館(BL)が、“Georeferencer Project”への参加協力者を募集するプレスリリースを発表しました。同プロジェクトへの協力呼びかけはこれで3回目となります。

この“Georeferencer Project”は、BLの地図資料と現在のオンライン地図上の地点とを結びつけ、Google Earth上にオーバーレイするクラウドソーシングプロジェクトです。今回、BLの450万点の地図資料の中から800点が選ばれ、一般利用者によるマッピング協力が呼びかけられています。なお、これまでにマッピングされた資料は、BLのOld Maps Onlineで提供されているとのことです。

Georeference
www.bl.uk/maps/

Crowdsourcing the past -- georeferencing website puts historic maps in their place (British Library 2013/1/28付けの記事)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/Crowdsourcing-the-past-georeferencing-website-puts-historic-maps-in-their-place-5f1.aspx

「図書館の未来」という名のインフォグラフィクス

2013年1月28日に、OpenSiteで“The Future of Libraries”と題したインフォグラフィクスが公開されています。

米国図書館協会(ALA)等のデータを元に、米国の図書館の利用状況、電子書籍への対応状況、大学・研究図書館の現状や図書館によるソーシャルメディアの利用状況等がまとめられています。

The Future of Libraries (OpenSite)
http://open-site.org/blog/the-future-of-libraries/

HathiTrustが2012年の活動報告を公表

2013年1月29日、HathiTrustが、2012年の活動報告をウェブサイトで公開しました。2012年はHathiTrustにとって、助成を受けて活動していた5年間の立ち上げ期の最後の一年でした。参加機関は66から78に増加し、搭載コンテンツは1,060万点に達しました(うち31%がパブリックドメイン)。また、Authors Guild訴訟においてはフェアユースが認められるなどの前進があったということです。その他、様々な取り組みやプロジェクトの進行状況、アクセスランキングなどについて報告されています。

HathiTrust Year in Review 2012
http://www.hathitrust.org/updates_review2012

参考:
CA1760 - デジタル化資料の共同リポジトリHathiTrust―図書館による協同の取り組み/ 田中 敏
http://current.ndl.go.jp/ca1760

国立国会図書館、電子展示会「近代日本人の肖像」に252人の肖像写真を追加

2013年1月30日、国立国会図書館が、電子展示会「近代日本人の肖像」に252人の肖像を追加しました。これにより、閲覧できる肖像の数は約600人になりました。今回追加された肖像には、吉田茂、市川房枝、小林一三、金森徳次郎、貞奴、大川周明らのものがあります。併せて、出身地や生年月日による検索もできるようになっています。

近代日本人の肖像(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/portrait/

吉田茂(近代日本人の肖像)
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/350.html?cat=66

市川房枝(近代日本人の肖像)
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/506.html?cat=30

小林一三(近代日本人の肖像)
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/369.html?cat=38

金森徳次郎(近代日本人の肖像)
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/366.html?cat=34

貞奴(近代日本人の肖像)
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/600.html?cat=39

大川周明(近代日本人の肖像)

1月 29日

神奈川新聞社、連載記事『県立図書館「廃止」を問う』を掲載開始

神奈川新聞社のウェブサイト「カナロコ」で、連載『県立図書館「廃止」を問う』が開始されました。2012年11月に報じられた、神奈川県立図書館および神奈川県立川崎図書館の機能集約・廃止に関する連載記事で、第1回目の記事は「財政危機を一つの機会と捉え、県立2館でなければできないことを再確認したい。」と結ばれています。現在、第2回目までが掲載されています。

【連載】県立図書館「廃止」を問う(1)=本にさわれない?/神奈川(カナロコ 2013/1/29付け記事)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1301290003/

【連載】県立図書館「廃止」を問う(2)=そこにポリシーはあるか/神奈川(カナロコ 2013/1/29付け記事)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1301290004/

国立国会図書館、全国書誌のRSS配信を開始

2013年1月25日、国立国会図書館が、国立国会図書館サーチを通じて全国書誌のRSS配信を開始しました。それに伴い、これまで提供していた「作成完了書誌RSS」は配信を停止しました。同日付けで、国立国会図書館サーチにはその他にも様々な機能拡充や画面改修が加えられています。

全国書誌のRSS 最新分
http://iss.ndl.go.jp/rss/ndlopac/index.xml

全国書誌のRSS 最新7日分
http://iss.ndl.go.jp/rss/ndlopac/7.xml

全国書誌のRSS 最新15日分
http://iss.ndl.go.jp/rss/ndlopac/15.xml

文化庁が電子書籍の配信実験「文化庁eBooksプロジェクト」を開始

2013年1月29日、文化庁が、2月1日から3月3日にかけて、電子書籍の配信実験「文化庁eBooksプロジェクト」を実施することを発表しました。「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験」の一環として位置付けられたもので、野村総合研究所が受託事業者となり、紀伊國屋書店が配信協力を行います。

この実験プロジェクトでは、国立国会図書館のデジタル化済み資料から配信対象資料が選定され、著作権処理、電子書籍の制作、電子書店を通した配信、一般ユーザからの評価の検討が行われます。そして、将来、民間事業者や公的機関などが、既存のデジタル化資料を基に電子書籍を作成・配信する場合のガイドが作成される予定です。

発表文では、第1回配信予定資料(2月1日~)として以下の7タイトルが挙げられています。

(1)浪花禿箒子著・石川豊信画「絵本江戸紫」(1765)
(2)「平治物語〔絵巻〕」(第一軸:三条殿焼討巻)(1798)住吉内記写
(3)上田萬年訳(グリム原著)「おほかみ」(1889)吉川半七
(4)竹久夢二「コドモのスケッチ帖」(1912)洛陽堂
(5)芥川龍之介「羅生門」(1917)阿蘭陀書房
(6)芥川龍之介「河童」(1927)直筆原稿
(7)酒井潔「エロエロ草紙」(1930)竹酔書房

国立国会図書館、インターネット資料収集保存事業(WARP) をリニューアル

2013年1月29日、国立国会図書館が、インターネット資料収集保存事業(WARP)をリニューアル公開しました。名称が「インターネット資料収集保存事業(ウェブサイト別)」から「インターネット資料収集保存事業」に変更され、ロゴマークが作成されました。主な改善点としては、地図による一覧など検索画面を一新したほか、ウェブアーカイブのしくみや各国の事業などについて紹介するコーナーが新設されています。また、差分収集(CA1733参照)の機能を実装し、保存のために必要なストレージ容量を大幅に節約できるようになりました。

インターネット資料収集保存事業(WARP)
http://warp.da.ndl.go.jp/

「インターネット資料収集保存事業(WARP)」をリニューアルしました(国立国会図書館 2013/1/29付けニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1198625_1827.html

参考:
CA1733 - 動向レビュー:ウェブアーカイブの課題と海外の取組み / 中島美奈
http://current.ndl.go.jp/ca1733

E1046 - 国立国会図書館,インターネット情報の制度収集を開始
http://current.ndl.go.jp/e1046

“デジタル人文学と図書館:概念モデル”(論文紹介)

2013年1月25日、米Pratt Instituteで情報・図書館学大学院の助教を務めるChris Alen Sula氏が、Journal of Library Adiministration誌(2013, 53(1))の掲載の自著論文“Digital Humanities and Libraries: A Conceptual Model”を自身のウェブサイトで全文公開しています。

論文では、デジタル人文学の興隆と図書館・図書館情報学の関わり、デジタル人文学の現状、文化インフォマティクス(cultural informatics)という枠組みに焦点を合わせたデジタル人文学と図書館の概念モデルの提示、そしてそれらを踏まえ、図書館員がデジタル人文学にどのように関わればよいのかを論じています。

なお、論文が掲載されているJournal of Library Adiministration誌の2013年53巻1号は、“Digital Humanities in Libraries: New Models for Scholarly Engagement”と題したデジタル人文学特集となっており、その他にもこの研究領域と図書館の関わりを論じた論考が複数掲載されています。

Palgrave Macmillan社、図書およびPalgrave Pivot出版物にオープンアクセスオプションを導入

2013年1月28日、Palgrave Macmillan社が、図書およびPalgrave Pivotの出版物に対してオープンアクセスオプションを導入したことを発表しました。著者が費用を負担することにより、Palgrave Openプラットフォームにおいて無料で利用できるようになります。ライセンスはクリエイティブコモンズライセンスのCC BYが適用されます。

このPalgrave Pivotは、2012年10月に発表されたもので、雑誌論文と図書の中間的な長さに相当する研究成果を、受付から12週間以内で査読・出版するというプログラムです。

2013年中には、人文・社会科学分野のオープンアクセスジャーナルを創刊する予定ともしています。

Palgrave Macmillan announces open access option for monographs and Palgrave Pivot publications(PDF:2ページ)
http://www.palgrave.com/open/PalgraveOpenPRJan282013.pdf

Zepheira社エリック・ミラー氏による、新しい書誌データモデル“BIBFRAME”の解説資料

米Zepheira社の共同創業者・社長であるEric Miller氏が、米国議会図書館(LC)によって検討が進められている新しい書誌データモデル“BIBFRAME”を解説した講演の資料(72ページ)が公開されました。同社は、LCとの契約のもと、BIBFRAMEモデルの作成に関わっています(E1386参照)。

Translating the Library Catalog from MARC into Linked Data: An Update on the Bibliographic Framework Initiative(NISO)
http://www.niso.org/news/events/2013/dcmi/bibframework

Eric Miller provides BIBFRAME Update at NISO/DCMI Webinar(Zepheira 2013/1/28付けニュース)
http://zepheira.com/2013/01/eric-miller-provides-bibframe-update-at-nisodcmi-webinar/

Eric Miller(Zepheira)
http://zepheira.com/about/people/eric-miller/

参考:

仏・マリ軍奪回のトンブクトゥで歴史的文書が放火により焼失か

西アフリカ・マリの武力紛争に関し、軍事介入したフランス軍とマリ軍が、2013年1月28日に北部のトンブクトゥを奪回したことが報じられていますが、これに関し、過激派が同市からの撤退に際し、13世紀以降の歴史的文書を多数所蔵するAhmed Baba Institute等の建物に放火し、これにより文書が焼失した可能性があることが伝えられています。

Islamist rebels torch SA-funded Timbuktu manuscript library: mayor (Times LIVE 2013/1/28付けの記事)
http://www.timeslive.co.za/africa/2013/01/28/islamist-rebels-torch-sa-funded-timbuktu-manuscript-library-mayor

Timbuktu mayor: Mali rebels torched library of historic manuscripts (Guardian 2013/1/28付けの記事)
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jan/28/mali-timbuktu-library-ancient-manuscripts

Springer社が創業以来の図書をデジタル化する“Springer Book Archives”をリリース、まずは37,000点の英語図書から

2013年1月25日、Springer社が、“Springer Book Archives(SBA)”をリリースしました。これは、同社が創業以来出版してきたほぼすべての図書をデジタル化して、オンラインプラットフォームSpringerLINK上で提供するというプロジェクトです。まずは、37,000点の英語図書の提供が開始されており、2013年末までには約10万点にまで拡張される見込みです。大半のタイトルはプリントオンデマンドを申し込むことができるようになっています。

Springer launches the “Springer Book Archives”(Springer 2013/1/25付けプレスリリース)
http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1403441-0

民間企業と提携したBNFの資料デジタル化に対し、COMMUNIA等6団体が抗議声明を発表

2013年1月15日にフランス国立図書館(BNF)が所蔵資料デジタル化で民間企業2社と提携を発表した問題について、1月18日に、COMMUNIA、Open Knowledge Foundation France、Creative Commons France、La Quadrature du Net、Framasoft、そしてSavoirsCom1の6つの団体が連名でこれに抗議する声明文書を発表しました。

文書では、デジタル化対象となっている資料が既にパブリックドメインとなっているものでありながら、今回の提携がその2社に対して今後10年間デジタル化した資料の排他的な商業利用を認めているとして批判する内容となっています。

Non à la privatisation du domaine public par la Bibliothèque nationale de France ! (6団体の抗議声明)
https://www.laquadrature.net/fr/non-a-la-privatisation-du-domaine-public-par-la-bibliotheque-nationale-de-france

ページ