アーカイブ - 2012年 9月 18日 - car

岡山県立図書館、個人貸出冊数の累計が1,000万冊突破

2012年9月16日、岡山県立図書館は、2004年9月25日の開館から8年足らずで、個人貸出冊数の累計が1,000万冊を突破する見込みとなったと発表しました。これを記念して、9月17日に記念品の配布が行われたようです。

個人貸出冊数累計1000万冊突破について (岡山県立図書館 2012/9/14付けの記事)
http://www.libnet.pref.okayama.jp/news/h24/news0914.htm

県立図書館の貸出数1千万冊 見込みより10年以上早く (山陽新聞 2012/9/17付けの記事)
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012091718151051/

“嵐を乗り切る”米国の公共図書館 - ALAがイシューブリーフを公表

米国図書館協議会(ALA)が、財政難の中電子政府サービスへのアクセスの提供やITの研修機会の提供を行っている公共図書館の状況について、"U.S. Public Libraries Weather the Storm "と題するイシューブリーフを公表しています。 ゲイツ財団の資金提供によりまとめられた調査報告書"2012 Public Library Funding & Technology Access Study"を短くまとめなおしたものです。

2012年の「学習へのアクセス賞」、ドミニカ共和国のコミュニティテクノロジーセンターへ

今年で13年目となる米国のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の「学習へのアクセス賞」が、ドミニカ共和国のコミュニティテクノロジーセンター(CTC)に贈られることが発表されていました。貧困率や失業率の高さ、健康に関する教育の欠如などの問題を抱える同国において、CTCは、全住民がハイテクツールや研修の機会にアクセスできる機会を提供しているとの点が評価されたようです。

Ref.
Dominican Republic Wins International Library Award for Providing Access to State-of-the-Art Technology to Those Most in Need(Bill&Melinda Gates foundation 2012/8/13付けプレスリリース)
http://www.gatesfoundation.org/press-releases/Pages/dominican-republic-ctc-atla-8132012.aspx

2012 Access to Learning Award: The Dominican Republic's Community Technology Centers (CTCs)

Wikimedia財団、英語版Wikipediaの記事を電子書籍化できる機能をリリース

2012年9月17日、Wikimedia財団が、英語版Wikipediaの記事をEPUB形式等でエクスポートできる機能をリリースしました。これにより、Wikipediaの記事を利用した電子書籍を作成し、オフライン環境でもモバイル端末・タブレット端末等での利用等が可能になるとのことです。

Book creator
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Special:Book&bookcmd=book_creator&referer=Main+Page

IFLA Journalに掲載されるベスト・ペーパーの投票受付中

国際図書館連盟(IFLA)の「図書館情報専門職の継続発達,職場での学習」分科会(CPDWL)が、2012年8月に開催されたIFLAヘルシンキ大会で公表されたペーパーへの投票を9月25日まで受け付けています。IFLA Journalに掲載される論文を推薦するためとのことです。

Ref.
Vote for the best paper for IFLA Journal(IFLA 2012/9/17付け)
http://www.ifla.org/en/news/vote-for-the-best-paper-for-ifla-journal

フランス国立図書館(BNF)、フランス語圏情報ポータルとEU情報ポータルを開設

2012年9月17日、フランス国立図書館(BNF)は、世界におけるフランス語やフランス文学等のフランス語圏に関する情報ポータル“Portail Francophonie”と、EUに関する情報ポータル“Potail Europe”を開設しました。BNFが提供するテーマ別のポータルサイトはこの2つが初のようです。

Portail Francophonie
http://guides.bnf.fr/francophonie

Potail Europe
http://guides.bnf.fr/europe

Actualités de la BnF (2012/9/17付けのニュースに、Portail FrancophonieとPortail Europeがあります。)
http://www.bnf.fr/fr/la_bnf/actualites_bibliotheque.html

米ジョージア州公文書館が予算削減により一般公開から予約制サービスに変更を発表 アーキビスト・歴史家らは反発

2012年9月13日、米国のジョージア州が、予算削減のため、州の公文書館を2012年11月1日から、これまでの一般公開から事前の申込みを必要とする予約制サービスに変更すると発表しました。これにより、ジョージア州は米国で唯一公文書館が一般公開されていない州になる見込みです。

これに対し、米国アーキビスト協会(Society of American Archivists)や歴史家等の団体で構成されるコンソーシアムNational Coalition for History等の団体が反対する声明を発表しています。

Budget Cuts: Georgia To End Public Access to State Archives (INFOdocket 2012/9/13付けの記事)
http://www.infodocket.com/2012/09/13/budget-cuts-force-georgia-to-end-public-access-to-state-archives/

Georgia to Close State Archives Due to Budget Cuts (National Coalition for History 2012/9/14付けの記事)

ALA、図書館におけるWordPressの使用事例等を紹介する書籍刊行

米国図書館協議会(ALA)が、オープンソースのCMSプラットフォームであるWordPressの図書館における使用事例を紹介する書籍を刊行しています。

なぜWordPressが採用されてきたのかや、どこまでカスタマイズされているのかといった観点も含め様々な使用事例を紹介するとともに、WordPressの長所・短所を分析し図書館がこれまで面してきた制約についての議論も掲載されているようです。

Ref.
Learning from libraries that use WordPress as a content-management system(ALA 2012/9/14付けプレスリリース)
http://www.ala.org/news/pr?id=11427

第14回図書館総合展「L-1グランプリ2012」が開催中止

2012年11月22日に第14回図書館総合展内での開催が予定されていた「L-1グランプリ2012-若手ライブラリアンのためのワークショップ式登竜門」が、エントリー締切までに応募がなかったため、開催中止となっています。なお、2011年にグランプリを獲得した「いわてを走る移動図書館」チームによるフォーラムは予定通り開催するとのことです。

L-1グランプリ2012、開催中止のお知らせ (第14回図書館総合展 2012/9/17付けの記事)
http://2012.libraryfair.jp/node/304

参考:
第14回図書館総合展が、L-1グランプリ・主催者フォーラム・図書館総合展音楽会の出場者等を募集中
http://current.ndl.go.jp/node/21644

Library Journal誌の新編集主幹がMichael P. Kelley氏に決定

2012年9月17日、Library Journal誌を運営するMedia Source社が、Francine Fialkoff氏の後任として、Michael P. Kelly氏をLibrary Journal誌の新たな編集主幹(Editor-in-Chief)に据えたことを発表しました。Michael P. Kelly氏は、これまでLibrary Journal誌のニュース記事部門の編集長だった人物です。

Library Journal Names Michael P. Kelley as Editor-in-Chief (Library Journal 2012/9/17付けの記事)
http://lj.libraryjournal.com/2012/09/people/library-journal-names-michael-p-kelley-as-editor-in-chief/