アーカイブ - 2012年 8月 29日 - car

東北大学附属図書館、機関リポジトリで医学系研究科・医学部による「東日本大震災記録集」を公開

2012年8月29日、東北大学附属図書館が、機関リポジトリ“TOUR”で同大学医学系研究科・医学部の「東日本大震災記録集」を公開しました。

東日本大震災記録集(完全版)
http://hdl.handle.net/10097/54278

東日本大震災記録集(分割版)
http://hdl.handle.net/10097/54280

分野別震災対応の記録(web版限定)
http://hdl.handle.net/10097/54279

東日本大震災記録集(東北大学大学院医学系研究科・医学部)
http://www.med.tohoku.ac.jp/d_report/index.html

米パロアルト市立図書館によるGoogle Chromebooks貸出サービス(記事紹介)

Official Google Enterprise Blogに、2012年5月27日付けで、米カリフォルニア州パロアルト市立図書館によるGoogleのノートパソコン“Chromebook”貸出サービスに関する記事が掲載されています。執筆者は同館のMonique le Conge氏です。同館では貸出サービスを2011年11月に試行開始しました。60台のChromebookを用意し、利用者には7日間まで貸し出ししています。利用者にとって使いやすいだけでなく、ソフトウェアの更新が必要なくメンテナンスが楽だという図書館側のメリットにも触れられています。好評なので来年には分館にも広げていく予定であることや、他の図書館からもサービスについて問い合わせを受けているとも書かれています。

Palo Alto Library pioneers a Chromebooks check-out program(Official Google Enterprise Blog 2012/5/27付け記事)
http://googleenterprise.blogspot.jp/2012/08/palo-alto-library-pioneers-chromebooks.html

Check Out Chromebooks for 7 Days

電子書籍の売り上げでマーク・トウェインの創設した公共図書館を支援?(英国)

閉鎖が提案されているロンドンのKensal Rise Library(ブレント・ロンドン特別区)では、現在支援者が、1年間の運営費及び施設修繕費として7万としてポンドを目標とする寄付がよびかけられています。このキャンペーンについて、電子書籍販売サービスBilbraryを手掛けるTim Coates氏が、同館や学校に対し電子書籍サービスを提供し、その売り上げの半分をキャンペーンに還元する計画である、と報じられています。

なお、同館は、1900年にマーク・トウェインにより創設されたものであり、閉鎖阻止のキャンペーンは、フィリップ プルマン、ゼイディー・スミスらの作家からも支援されているとのことです。

Ref.
Ebook sales help bid to reopen library(London Evening Standard 2012/8/24付け記事)
http://www.standard.co.uk/news/london/ebook-sales-help-bid-to-reopen-library-8078743.html

Bilbary partnership 'could raise thousands' for Kensal Rise(The Bookseller 2012/8/28)

米Amazon、Kindle専用電子書籍の購入・貸出回数が合計1億回を突破と発表

米Amazon.comが、Kindle専用電子書籍の購入・貸出を含めた利用回数が合計1億回を突破したと発表しました。貸出については、同社が2011年11月に開始した有料会員向けサービス“Kindle Owner's Lending Library”によるものです。Kindle用電子書籍は現在18万タイトルを数えるということです。人気タイトルには、27万回以上利用されたHelen Bryanの“War Brides”や、合わせて50万回以上となるKaren McQuestionの“A Scattered Life”“Easily Amused”“The Long Way Home”などがあるそうです。

Kindle-Exclusive Books Have Been Downloaded Over 100 Million Times(Amazon.com 2012/8/28付けプレスリリース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1729200&highlight=

参考:
米Amazonの有料会員向け電子書籍貸出サービス“Kindle Owner's Lending Library”に「ハリーポッター」全7作が追加

米サイモンズ財団、数学・物理学系プレプリントサーバarXivに対して5年間の資金助成を実施

数学・物理学系プレプリントサーバのarXivが、米国のサイモンズ財団(Simons Foundation)より、2013年1月から2017年の5年間にわたって助成を受けることが発表されました。

arXivの運営元であるコーネル大学図書館は、2010年1月に、持続的な運営のために、世界中の利用機関に対して運営資金への協力を呼びかけていました。その結果、120機関から合計28.5万ドルの協力の表明があったそうです(arXivを非常に利用している100機関のうち4分の3近くが5年間の協力を約束しているそうです)。

サイモンズ財団からは、利用機関から集められた金額へのマッチングギフトとして年間最大30万ドルが、さらに無条件の助成金として年間5万ドルが提供されるということです。

Ensuring arXiv’s Future(コーネル大学図書館 2012/8/28付けニュース)
http://news.library.cornell.edu/news/120828/arXiv

Simons Foundation
https://simonsfoundation.org/

参考:
E1297 - 分野別リポジトリの持続可能性について実例をもとに考える
http://current.ndl.go.jp/e1297

図書館振興財団、2012年度「郷土資料・貴重資料(図書資料)等のデジタル化および公開事業」への助成を公募

図書館振興財団が「郷土資料・貴重資料(図書資料)等のデジタル化および公開事業」への助成対象者を募集しています。申請書の受付期間は2012年9月3日から10月31日までです。

地域資料等のデジタル化・公開事業(図書館振興財団)
http://www.toshokan.or.jp/jigyou/digital.php

図書館振興財団(2012/08/20付けお知らせとして「活性化事業の一環として「郷土資料・貴重資料(図書資料)等のデジタル化および公開事業」への助成のための公募を実施します。」とあります)
http://www.toshokan.or.jp/